2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

カテゴリー「野生の生き物観察」の108件の記事

2015年8月 2日 (日)

ゆきの好きな鳥さんたちなど

こちらは先週、大変暑かったです。

暑いと庭に出るのが億劫になります…
***
ゆきは鳥観察に余念がありません。
外に出られない時でも、窓からいつも庭を見ています。
外に出た後は、入念に、お手入れをします。
Dsc00946
ということで、ゆきの見ている鳥さんたちの紹介です。
***
オウゴンヒワさん。
Dsc00817
***
ムラサキマシコさん。
メスと幼鳥でしょうか。
Dsc00834
***
たぶん、ホシムクドリの成鳥と幼鳥・・・手前の色の薄いのが幼鳥です。
Dsc00823
***
こちらは、ナゲキバト。庭には、3羽来ます。動きがのんびりで、飛び立つときに大きな声を出すので、かなり目立ちます。
Dsc00819
***
ほかにも、オオクロムクドリモドキさんや、ユキヒメドリさんなど、いろいろ来ます。写真がうまく取れなかったのが残念です。
ゆきの写真もなかなかうまく撮れません…

2014年5月21日 (水)

花が見られるように。

庭に花が見られるようになってきました。

今、リフォームを始めたので、植物の名前を探せません。(ファイルを段ボール箱にしまってしまいました。)
クロッカス
背が高いもの
Dsc07721
クロッカス
背の低いもの
Dsc07719



パンジー(スーパーで買いました。)

Dsc07688



こちらはビオラ。(ホームセンターで買いました。)


Dsc07687




ペチュニアとアリッサム(スーパーで買いました。)



Dsc07711


チオノドクサ


Dsc07695


シラー・シベリカ


Dsc07713


芝桜の仲間のはず…。


Dsc07689


オニゲシの葉(だと思います)が出てきました。

Dsc07714



チューリップはまだまだ。 

Dsc07692

5月19日にお隣さんに燕が来て、5月20日には私たちの庭にオウゴンヒワさんが来ました。


Dsc07727

つがいでしょうか。手前がメスで、奥がオスのようです。

Dsc07731
下はベニヒワさん?

Dsc07729






ゆきは、外に出て、のぼせて(?)帰ってきます…
てぃも毎日外に出て過ごしているようです。


Dsc07704



今日、種を庭に植えました。芽が出るといいなあ、と思います。

2014年5月 7日 (水)

春が近づいてきています

雪はまだ積もったままで、昨日は雪が積もりましたが…

それでも春の訪れを感じます。

ユキヒメドリさん 5月6日から庭に来ます。数十羽くらいでしょうか。

ユキヒメドリさんは英語でDark-eyed Junco、フランス語で Junco ardoisé、学名はJunco hyemalis だそうです。

Dsc07634


Dsc07632

ゆきは外に出て、テラスから庭に下りる階段の裏に隠れて、鳥の観察をしています。

私は仕事がはかどります。
鳥さん、ありがとう!

Dsc07625

家の中では、遊ぶよりも、お昼寝することが多くなりました。


Dsc07628


Dsc07620


そうそう、パンジーが発芽しました。

Dsc07635


咲けばこんなふうになるはずですが・・・
(写真は種の袋から)


Dsc07637


ネモフィラは相変わらずです。
大丈夫かしら…


Dsc07638

2014年4月28日 (月)

キレンジャク

今年は、キレンジャクの群れがずいぶん長いこと、見られます。

いつもは一週間くらいですが、今年は一か月近くいるようです。
Dsc07548_2
Dsc07562
Dsc07570
Dsc07573
Dsc07576

逆光でした。
見にくいので、以下の写真は、加工済みです。


Dsc07553

Dsc07567


Dsc07570_2


Dsc07571


Dsc07576_2




下の写真には、二羽います。

Dsc07579


***

いま、ゆきが膝にいて、ちょっと大変です。
ゆきの写真です。(前に使った写真(の続き)です。)




Dsc07498



(下)ごろごろ転がっているうちに…大好きな毛布に、乗っていません・・・でも、本猫は満足そうです。

Dsc07514


2014年4月14日 (月)

細くなっていたリスさん

リスさんを久しぶりに見ました。

寒くなかったのせいか、毛が逆立っていなくて、細かったです。

気温は5度くらいでした。

Dsc07534

我が家近くに住むりすさんです。

Dsc07519

やせたな、と思いました。

Dsc07517


Dsc07518



ゆきです。暖かいところでのんびり。

Dsc07509

2014年4月10日 (木)

テラスの上にうさぎさん?

(下の写真)テラスの上に奇妙な足跡が…

Dsc07528


(下の写真)ゆきの足跡と比較すると、ゆきの足跡よりも少し大きいことがわかります。
(上の写真を撮った後、ゆきが歩いたのですよ。)

リスの足跡はもっと小さいと思います。

この足跡はお隣さんのほうからずっと続いてきて、私たちの家のテラスのあたりで一周していました。

うさぎかな、と思うのですが、どうでしょう。

Dsc07535


うさぎさんの写真がないので、ゆきの和み写真を・・・


Dsc07511


下に敷いてあるマットは、羊毛とアルパカでできた毛糸で編みました(毛糸の値段が結構高かったです…)。見た目はかなり質素ですが、ゆきが気に入っています。

下の写真はよくあるお休み写真・・・sleepy


Dsc07501

2014年4月 7日 (月)

ヒメレンジャクさん(?)

2013年から2014年にかけては非常に寒くて、鳥たちはかなり南下したようです。ですので、私たちの庭で冬季普段見られる鳥たちが、今年は見られませんでした。

4月に入って、ヒメレンジャクさんらしき鳥の群れがやってきました。ナナカマドの実が目当てのようです。

下の写真程度にしか見られなかったのですが、ヒメレンジャク(英語名: Cedar Waxwing、フランス語名:Jaseur d'Amérique、 学名:Bombycilla cedrorum)ではないかと思います。
ヒメレンジャクさんは群れで来て、数秒木にとまったかと思うとあっという間にどこかに飛び去ってしまいます。


Dsc07536


Dsc07537



Dsc07538


ゆきは大興奮でした。


でも、ゆきが外に出ている間に鳥さんたちは来ません…

Dsc07492



Dsc07494


ゆき、目立ちすぎですよね。

2013年11月 5日 (火)

カラスとリス

201310291_004

いつも庭にカラスさんが三羽きます。

201310291_007
最近来るリスさんはこちら↑です。このリスさんは非常に攻撃的で、カラスさんが来ると追い払いに出てきます。(リスさんの住居は近所のお宅のガレージの地下です。)

ある日、フェンスの上にリスさんとカラスさんがいるのを発見。

201310291_009


201310291_010

じっと見ていたら…




リスさん、カラスさんに突進しました。
逃げるカラスさん。

201310291_011



背景についてのコメントと写真の質についてのコメントはご容赦願います。m(_ _;)m

2013年10月31日 (木)

ハッピー・ハローウィン♪

201310301_001
ハッピー・ハロウィン♪

201310301_002


カメラを前にするとむっとしてしまうゆきです。



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

オウゴンヒワさん。まだいます。

かなり心配ですが、マイナス15度くらいまでなら大丈夫でしょうか。
今年生まれた鳥たちだと思うので、暖かい地方に行くということがわからないのかな、なんて思ってしまいましたが、近所の森でコマツグミさんなど(たぶん)も見かけたので、まだ大丈夫なのだと思います。

201310292_001


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

おかえりなさい、ギンザンマシコさん。こちらの鳥は私たちの近所で冬を過ごします。
アメリカナナカマドの実を食べています。


メス


201310302_004


201310302_005

201310302_006





オス

201310302_008


201310302_009



2013年10月13日 (日)

9月初めの庭と暖かい地方へ向かう鳥たち

9月初めは8月末とたいして変わりません。

下は、オオベンケイソウと、アケボノフウロ。

20130902_001





下は、たぶん、シャンプラン…

20130902_002





下は、ウィリアム・バッフィン

20130902_003




F. J. グローテンドースト(グル―テンドルスト)   


20130902_004_2





ヘメロカリスのジョアン・シニア


20130902_006







下は、Astilbe japonica 'Deutschland'というのですが、日本語ではAstilbe japonicaは「アワモリショウマ」と呼ぶようです。直訳ですと、「日本のアスチルベ」ですが…
'Deutschland'は「ドイツ」ですね。

20130902_007






下は、 'Blanc Double de Coubert'(ブラン·ドゥブル·ドゥ· クベール)。
白薔薇です。

20130902_008




.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


このころから、オオクロムクドリモドキさんたちが大群でやってくるようになりました。
こんな感じです。
下の写真に写っているのがオオクロムクドリモドキさん。
20130906_001





多い時は150羽くらいでしょうか。少なくて、30羽くらいかと…
うるさいです。

20130906_002




食べる群れと見張る群れとに分かれているようで、電線に見張っている群れがいます(下の写真)。
よくよく見ると、この群れは、ホシムクドリの群れのようです。同時に撮影しているので、食べているのが、オオクロムクドリモドキ、見張っているのが、ホシムクドリなのでしょうか…

20130906_004


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ある日、ゆきを外につないでおいたら、オオクロムクドリモドキさんがやってきました。猫がいてもお構いなしに、大騒ぎをしながら、餌を食べていました。
ゆきは相当怖い思いをしたらしく(ゆきは外階段の下に隠れていました)、それ以来、オオクロムクドリモドキさんがやってくると、家に入ってしまうようになりました。
たしかに、ヒッチコックの「鳥」は怖いですよね。ゆきは体験してしまった感じです。


ゆきです。のびていても、まるまるしています。


20130913_001



庭で観察中のゆき。   



26092013_001





カメラに超接近のゆき。

30092013_001



最近一か月ほど地下室をリフォームしていたのですが、業者さんが来て、おっかなびっくりモードのゆき。  表情が豊かです。
リフォームし始めのころ、リフォーム業者さんが大きな音を立てたので、すっかりおびえてしまったのですが(この写真のころ)、最後の日には、業者さんに頭をなでてもらってご機嫌でした。人懐こい猫です。


30092013_004


白と灰色の猫だなあ、と見ていて思います。

より以前の記事一覧