2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

カテゴリー「ガーデニング・室内植物」の446件の記事

2021年10月21日 (木)

2021年9月庭の植物

2021年の庭の様子です。

今年は暖かくて、庭が賑やかでした。

キャットが「花がたくさんの庭がいい」というので、種を植えたら、気候がいいのが幸いして、花が結構咲きました。「野の花の種セット」みたいなものに入っていた種を蒔いたので、名前のわからない花が多いです。名前がわからなくても、見ていると、元気が出ますね。

下のこちらはデージーのベッキー、多年草です。

Dsc03245

 

下のこちらはシモツケですね。

Dsc03244

下のこちらは…ゼラニウムでしょうか。

Dsc03242

こちらから下三つは、今年は久しぶりにたくさん咲いて長生きしてくれた(というか、10月下旬の今でも咲いています)せんにちこう (千日紅) です。 学名は Gomphrena globosa。 英語名は Globe amaranth、フランス語ではGomphrena (Gomphrena globosa )でよく見かけます。

 

Dsc03241 Dsc03240 Dsc03239

下は紫陽花のアナベルです。もう、花は終わりかけていますが、乾燥しても、きれいです。

 

Dsc03236

下はヒャクニチソウです。いろいろな色があって、楽しいです。お得だと思いました。

 

Dsc03234 Dsc03233 Dsc03231Dsc03018Dsc02885

下は朝顔です。今年は大成功でした。私たちがなにもしなくても、さまざまな困難に立ち向かい、花を咲かせてくれました。種が取れるかと思ったのですが、種ができる前に寒くなりすぎてしまいました。

Dsc03227Dsc03002Dsc03021

こちらは、たぶん、アイスランドのポピーとかそういう名前で売られていた種を植えて、花が咲いて、できました。

Dsc03225

下の三枚はグラジオラスです。私が子供のころ、母が、庭に、グラジオラスとオシロイバナを植えていたようにおぼえていて、キャットが大きくなったら植えようと思って、去年から毎年植えています。凍る土の中で冬は越せないので、秋には掘り起こして、球根を干して、地下室にしまうのですが、10月下旬の今でも花が咲いています。

Dsc03224

Dsc03223 Dsc03222

 

下の花は…わかりません。おそらく、撫子などに近い花だろうな、と思います。もしかしたら、ヤグルマソウかしらとも思ったのですが、ピンクなのですよ。

Dsc03210

下のこちらは、おそらく、ヨーロッパ系のタチアオイではないかと思うのですが、野の花セットに入っていたのが不思議です。豪華な野の花の種セットだと思いました。

Dsc03209 Dsc03208

下は、アマランサス。ですよね・・・

Dsc03207

こちら下の青い花は、ヤグルマソウ、英語ではGarden cornflower、フランス語ではbleuet(カナダ・フランス語圏などではCentaurée bleuet)というそうです。学名はCyanus segetum だそうです。カナダのフランス語圏でbleuetというと、ブルーベリーのことになるので注意してください。

Dsc03206 Dsc03205

ゆきは、キャットのお人形さんのテントが気に入っています。普通の猫用テントより大きいのがいいようです。見えますでしょうか。

 

 Dsc03285Dsc03284Dsc03282Dsc03280

 

ストレスからか、私の頭にはげができてしまいました。

気晴らしになるかと思い、学童保育でパートタイムで働き始めました。始めたばかりで、右も左もわからない感じですが、教員時代とは違った感じで驚きました。時代と場所が違うと、ほんとう、違いますね。まあ、「先生」と「学童保育の人」では、違う感じかしら、と思いますが…

2021年8月30日 (月)

2021年庭のハーブ

こんにちは。

今年のハーブです。

たくさんミントがあるのですが、写真がないことに気づきました。

あまりに当たり前すぎて、写真を撮らなかったようです。それからローズマリーも。今度撮影してきます。

ということで、まずは、オレガノです。たくさん咲いていて、蜂がたくさん来ます。

Dsc02824 

こちらには、紫のバーベナが写っていますが、黄色いキンセンカも写っています。キンセンカはこちらではハーブとして考えられています。

 

Dsc02818

 

下の写真には猫の好きなイヌハッカが写っています。

Dsc02809

下の写真には、ゼラニウムの隣に、ラベンダーが…このピンクのコンテナーはキャットのものということで。

キャットの選んだ植物が植わっています。

Dsc02805

下の写真にはラベンダーです。こちらのラベンダーはこちらで冬越しをするようなのですが、どこに地植えすべきか今、考え中です。

Dsc02793

そういえば、レモンバームとか、バジルもあるのですが、写真にとっていません。今度撮影したいと思います。

暑かったので、のぼせていたみたいです。ということで…

 

 

2021年8月27日 (金)

2021年庭の花(続き)

庭の花の続きです。

今年は、ものすごく悲しいことに、エキナセアが全然出てきません。残念過ぎてなんて言っていいのかわかりません。

それから、クレマチスも元気がありません。

Dsc02820

ゼラニウムは元気です。それから、紫陽花のアナベル(たしかこういう名前だったはず)も元気です。

 

Dsc02816

下の写真に写っているのは、「野の花セット」というような名前で売られていた種を植えて出てきたものです。ほかにもいろいろ咲いています。

 

Dsc02815 Dsc02814

こちらはアマランサスです。種を植えたのですが、発芽するまで時間がものすごくかかるので、てっきり発芽しないものだと思っていたら、いつの間にか発芽して大きくなっていました。一年草らしいのですが、これからが見ごろのようです。見ごろになる前に霜がおりないといいなあ、と思います。

 

Dsc02813

 

下の写真は、確か、小松菜です。種をまいたのはいいのですけれど、発芽して、葉がたくさん出る前に花芽がついてしまい、なんだか、かわいそうになって、そのままにしてしまいました。毎年、こんなふうにして、葉物野菜が食べられません… ほうれん草も種をまいたのですが、葉よりも花芽が先に出てきた感じで、食べられませんでした。

Dsc02812

 

次の記事では、庭のハーブの写真を載せたいと思います。

 

 

 

 

 

 

2021年8月24日 (火)

2021年庭の花

 

今年は花が良く咲いています。

暑いせいだと思います。この前など、家の前の気温が38度ありました。

私の実家で子供のころ育てていた植物が見たくて、今年はいろいろ植えてしまいました。

ひまわりに、グラジオラスに、朝顔…

唯一植えられなかったのが、オシロイバナです。こちらではどういうわけか種が売っていないのですよ。田舎すぎるのでしょうか。

 

ということで、ブログですこしずつ紹介したいと思います。

まずはリスが埋めたひまわりの種から、でてきたひまわりです。

Dsc02819

下の写真にも、ヒマワリが写っているのですが、こちらの向日葵の種は買いました。レモンイエローの花びらの向日葵です。

 

Dsc02837

グラジオラスです。こちらでは球根が土の中で冬を越さないので、秋になったら掘り起こして、室内の冷暗所で保管します。

色はレモンイエロー、オレンジ、赤、紫などが咲いています。

Dsc02810Dsc02811

それから、朝顔です。

紫、青などが咲いています。

Dsc02796 Dsc02794 

 

今年は花が良く咲いてうれしいのですが、来年はどうなるだろうと思うと、なんだか寂しく思ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

2021年7月24日 (土)

最近のこと (5月末から7月くらいのこと)

おひさしぶりです。

きいろひわです。

暖かい季節となり、キャットの学校がお休みになって、家のことと子どものこととで、大忙しでした。千葉の実家なら2月から始められることをこちらでは6月から始めるので、4か月分の庭仕事・家の修繕などを一気に片づける感じです。

天気が良く、特別な用事のない日の夕方には散歩に出すことにしました。また、土日にも、できるだけ、自然に触れるようにしました。

下の写真は、近所の公園です。週に3回くらい行きます。見慣れた風景になりました。

Dsc01916 Dsc01917 Dsc01918 Dsc01922 Dsc01921 Dsc01923 Dsc01941

下の写真の砂浜は、近所にあるもう一つの公園です。人がいませんね。上の写真にある公園も、こちらの公園も、住宅地からすぐなので、割と人が来ているのですが、いざ写真を撮ってみると、写っていません。

Dsc02073Dsc02082Dsc02084Dsc02091

下の写真は、砂浜のある公園です。車でいくので、土日が中心です。でも、夏休み中は天気が良いときには結構行きます。週に一回くらいでしょうか。潮が引いているときは、砂浜がものすごく広くなります。地元住民だけではなくて、いろいろなところから観光客が来ています。

Dsc02380 Dsc02383 Dsc02393 Dsc02394 Dsc02395 Dsc02396

では、話を少し変えますね。

室内で育てているホヤ・カルノサが咲きました。嬉しいです。サクラランとか、呼ばれることもあります。夜、匂いが強くなるようで、仕事をしていて、匂いにはっとします。Hoya carnosaと書きますが、英語・フランス語では、独特な花のせいで、porcelainflower・wax plant 、 fleur de porcelaine(フラァ・ドゥ・ポルスレーン)・fleur de cire(フラァ・ドゥ・シーィ)などとも呼ばれます。どちらも、最初のが磁器の花、次のが蠟の花という意味になります。

Dsc01467_20210724114701 Dsc01563 Dsc01562 Dsc01513

そうそう、散歩しているときに、見た花を写真に収めたので、紹介しますね。野の花には詳しくないので、花の名前が載せられなくてごめんなさい。

 

Dsc02086 Dsc01958 Dsc01943 Dsc01937 Dsc01935Dsc02333Dsc02334

ということで、ではまた。

次回は、前に住んでいた町に行った時のことを書きますね。

 

2020年11月11日 (水)

2020年10月の庭の様子(2)

10月の庭の様子の続きです。

雪が降っても気温が0度を下回って、-10度になっても、咲いている花はあります。というか、凍ってしまったのでしょうか…

 

Dsc00783

鉢植えのグリーンピース。花が咲いています。

 

 Dsc00779ヘメロカリス。蕾がいくつかついています。

Dsc00778西洋風蝶草(クレオーメ)。結局枯れてしまいました。

 

Dsc00774 Dsc00773

オレガノです。さあ、冬を越すでしょうか???

 

Dsc00772

デルフィニウム、何か、勘違いしていそうです。今から花咲くつもりみたいです。

Dsc00770

セージは元気です。

Dsc00771オダマキも、なんだか、葉が緑です。

Dsc00769 Dsc00767

ゼニアオイでしたか。花が咲いています。

Dsc00788

キャットニップはものすごい勢いで茂っています。ちぎって、ゆきにやると、喜んで、食べます。そのせいか、乾燥キャットニップに反応してくれなくなりました。

***

渡り鳥たちの大半は旅立ってしまい、近所で冬を過ごす鳥たちが増えてきました。また、渡るけれど、遠くの南には行かない鳥たちがやってくるようになりました。おなかがすいているのか、餌を与えるときも、遠くには逃げません。

濃い灰色と白の鳥は、ユキヒメドリですね。

Dsc00799 Dsc00798 Dsc00797

***

皆さんの秋はいかがでしょうか。

こちらは、関東南部出身の私としては、冬の一月・二月の気分です。

2020年11月 4日 (水)

2020年10月の庭の様子(1)

こんにちは。

10月の庭の様子です♪

リスが隠したらしいひまわりが今頃になって蕾をつけています。もう、雪が降っているし、気温がマイナスの日が多いので、だめかな、と思っていますが。でも、記念に。

Dsc00776 Dsc00775

 

我が家は、ハローウィンの飾りは、あるもので間に合わせました。買ったのは、カボチャ(5個で1000円くらい、安売りを狙いました!)と、人の顔のマスク3面、450円)と、猫の飾り(300円?)と、クモの巣もどき(50円)くらい、いろいろ小物を合わせても、値段的には、2500円くらいだと思います。布類は、ただで、知り合いからもらったのがあったので、それを再利用です。

ご近所では、何千円もする飾りを家の前にたくさん置いてあるお家が何件かあったので、うちの家の飾りは「安っぽいかな」と思いましたが、キャットが「うちの飾りには、かわいいのも、きれいなのも、怖いのもある」と言ってくれたのでよかったです。私は、お墓を連想させる飾りは嫌いなので、そういうのはないです。かぼちゃと黒猫とお化けで十分ということで…

 

Dsc00755 Dsc00754 Dsc00752 Dsc00756 Dsc00757 Dsc00764

Dsc00765 Dsc00785

 

キャットと一緒に、デコレーションのキットを買って作りました。(下の写真)こういうのをいくつも作って、家じゅうの壁に貼りました。

Dsc00749

ハローウィンに子どもたちは来ないだろうと思ったら、来たので、びっくりしました。

家の前に、お菓子を詰めた袋をいくつも置いておきましたが、お菓子は一時間くらいですべてなくなってしまいました。おそらく、30人くらいは来たのではないかと思います。お菓子代は、安売りを狙って買ったので、2000円くらいで済みました。

私たちの住むあたりは、比較的豊かな界隈なので、車などで、遠方からきて、お菓子だけ持っていく家族が結構いました。近所の子どもたちだけ来てくれればいいのに、と思いました…

 

雪は、日向の雪は日中消えるのですが、日陰の雪はなかなかとけません。凍っています。

Dsc00781

Dsc00782

上の写真の鉢には、グリーンピースが植えてあります。まだ、花が咲いているので、なんというか、見捨てられません…

***

ということで、次回に続きますね!

私の実家近辺ではハローウィンを祝っていましたが、今年はどうなったんだろうな、と思います。(私の親は、ハローウィンに疎いので、聞いても無駄だろうな、と思っています。)

きっと、ショッピングセンターやスーパーで、飾りはある、という感じでしょうか。お菓子の詰め合わせとかもあるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年10月 7日 (水)

8月の庭の様子を写した写真がなかったので、9月のものを(3)

Dsc00210 西洋風蝶草(クレオーメ)、変わらないです。

下の二枚はツリフネソウの仲間ですね。学名はImpatiens capensisで、英語名は the orange jewelweed, common jewelweed, spotted jewelweed, orange balsam、フランス語名はimpatiente du Cap ですね。

Dsc00214

Dsc00215

薔薇は終わってしまいました。

Dsc00217 

 

***

 

こんな風に写真を撮っている間、鳥は餌を求めて、庭に来ています。それを見ているゆき、飽きたのか、裏庭の奥の、がけ(坂)の林に入っていったので、私も付いていくことにしました。

Dsc00219

 Dsc00231

Dsc00232

Dsc00233

裏庭の奥はこんな感じの林です。手入れがされていなくて、残念です。

Dsc00234

空は、こんな感じです。

Dsc00237

ゆきの後についていきます。こんな荒れた場所ですが、小学生は遊び場にしているようで、たまに私たちの裏庭から子供たちの姿が見えます。

Dsc00238

ゆきが見えますでしょうか。

Dsc00239

Dsc00240

奥深いわけではないので、林から道が見えます。

Dsc00241

Dsc00242

ヤナギランは、もうおしまいで、種ができているようです。花の跡が綿毛のように見えます。

Dsc00243

Dsc00245

Dsc00246

Dsc00247

Dsc00248

Dsc00249

ゆきは、楽しいようなのですが、私は退屈なので周囲を撮影しました。

Dsc00252ヤマハハコですか。

Dsc00255これは、ラズベリー。野生ですね。

Dsc00259ゆきはじっとしてうごきません。私は退屈です。

Dsc00260道には車も人気もありません。天気の良い日で、気持ちがいいです。 Dsc00261ゆきに声を掛けましたが、しらんぷりされてしまいました。

周囲は秋らしい風情です。紅葉はまだですが…

Dsc00264

Dsc00265

Dsc00266

Dsc00267

Dsc00268

Dsc00262やっと動き出したと思ったら、草を食べています。

Dsc00271

セイヨウノコギリソウ、まだ咲いていました♪

そのあと、ゆきを急かして、家に入りました。

すると、窓から、リスの姿が…頬がすごいことになっています。思いっきりヒマワリの種をほおばったようです。

Dsc00281 Dsc00277

ということで、庭のことは今回でいったんおしまいになるかも、しれません…

猫と一緒に外に出ると、猫に振り回されてしまうことが多いですね。今回、庭の写真を撮ったのは5分くらいだと思うのですけれど、ゆきと林の中に30分以上いたように思います。「こんなだから写真が撮れないんだなあ」と思いました。

 

2020年9月30日 (水)

8月の庭の様子を写した写真がなかったので、9月のものを(2)

前回からの続きで、私たちの庭の9月の様子です。今年は、庭を構いませんでした。でも、自力で頑張ってくれた植物に大感謝です。

Dsc00188ゼニアオイの仲間、です。

Dsc00191こちらのも、ゼニアオイ。

Dsc00192これはヒャクニチソウ(ジニア)ですね。

Dsc00193これもヒャクニチソウ。

Dsc00194

これもヒャクニチソウ。

Dsc00196これは、エキナセアですよね。セージに圧倒されています。来年の春、どうにかしたいと思います。ココナッツライムだったかな~~~

 

Dsc00198これもエキナセア、確か、色から覚えた名前はトマトスープ…^▽^

Dsc00200西洋オダマキ、もう葉もおしまいでしょうか。

Dsc00203オレガノですね。花が咲いています。

 

下の三枚は、アマランサスです。一年草とのころですが、気に入ったので、種から育てて、来年も植えようと思います。

Dsc00207 Dsc00208 Dsc00209

関係ないですが、ゆきです。庭に一緒に出ます。丸々です。

Dsc00219

皆さんのお庭、今はどんな感じでしょうか。それから、来年の抱負とか、ありますでしょうか。

こちらは、庭は今年はもうほとんどおしまいなのでちょっと寂しい感じです。来年は、もう少し庭の面倒を見る、というのが目標です。

続きます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年9月25日 (金)

8月の庭の様子を写した写真がなかったので、9月のものを(1)

8月の庭の様子を写した写真が見つかりませんでした。驚きました。

あったのはこれだけです…

Dsc09654これは誰だかわかりません…

Dsc09653

Dsc09652これはおなじみ、春と秋にやってくる、カラスよりも小さくて、光沢のある黒い鳥です。オオクロムクドリモドキですね。見ていて飽きない鳥です。ゆきは、引っ越し前、前の家の裏庭にいたときに、この鳥たちの大集団がやってきて、怖い思いをしたせいか(外階段の下に隠れていました)、この鳥が来ると隠れます…

 

Dsc09651デルフィニウムに、デージーですね。

Dsc09650キゥイはどうやらこうやら根付いた模様ですが、冬は、越せるでしょうか。 Dsc09649こちらは、ブラックベリー。根付いたようです。 Dsc09648これは西洋風蝶草(クレオーメ)ですね。

なんだか、7月の時と同じような… 鳥さんたちが写っています。メモ代わりですね。

あとは、植えた植物の、「その後」というのでしょうか。

***

さて、そういうわけで、9月の庭は頑張って撮影しました。何回かに分けて紹介しますね。

ということで、9月の庭の様子です。

今、9月24日なのですが、寒いので、鉢の植物は屋内に入れました。野菜は収穫しました。

Dsc00153

トマトです。ミニトマトも、普通のトマトも、たくさん実ったのですが、霜でかなりやられてしまいました。

Dsc00158 ゼラニウムです。放っておいても元気です。葉があまり出なくて、花がつくタイプです。

Dsc00160球根で植えたグラジオラス。9月になって咲くとは思わなかったです。 赤、ピンク、オレンジなど、なかなかいい色で、大満足です。

Dsc00159 グラジオラス、たくさん咲いてくれました。球根を冬の間は掘り起こして保存しなくてはならないのですが、まだ花が咲いているので、できそうにありません…

Dsc00224ユウゼンギクとか、アスターとか、そういうものの仲間です。学名はSymphyotrichum puniceum 、英語では、purplestem aster, red-stalk aster, red-stemmed aster、swamp aster、 early purple aster、 meadow scabish とか、いろいろな名前で呼ばれているようです。フランス語では、aster ponceauというようです。

Dsc00164シモツケです。名前はわかりません。よく咲いてくれますが、今年は咲いている期間が短かったような気がします。

Dsc00166ゼラニウム。

Dsc00167ゼラニウム…

Dsc00168 ゼラニウムの鉢、寒いので、軒下に避難させました。この後、屋内に入れました。Dsc00170こちらはまたたび代わりになる、キャットニップです。 よその猫も来て寝っ転がっているようで、荒れた感じになっています。

Dsc00174これは、たぶん、ミント。スペアミントでしょうか Dsc00177これも、ゼラニウム、キャットが欲しいというの買ったのですが…買った後、少しの間、花がつかなかったところ、「赤い花が咲いているのがいい」とキャットが言い出して、結局、いまは居間に置いてあります。今、赤い花がついているのですが…

Dsc00169 西洋紫陽花です。アナベルと言います。今年は丈が短かったです。Dsc00163紅葉したシモツケの葉と、クサフジ、でしょうか。クサフジは、学名、Vicia cracca 、 英語でもVicia cracca というようですが、tufted vetch, cow vetch, bird vetch, blue vetch, boreal vetchなどともいうようです。フランス語では(La) vesce jargeau とか、vesce craqueとかいうようです。

Dsc00161 ジャガイモです。鉢で育てています。今週末、収穫予定ですが、凍っていないといいのですが。

Dsc00179これは…ミントですよね。

Dsc00180こちらは、去年、分けたアイリスです。

Dsc00181 Dsc00182 Dsc00184鳥さんたち(⋈◍>◡<◍)。✧♡

秋です。私たちの庭は鳥だらけです。

キャットのお友達とそのお母さんが来たとき、鳥があまりにもいるので、驚いていました。ゆきは、鳥が来ると興奮していますが、あまりたくさんいると、私が一緒に庭にいても、家に入りたがります。やっぱり、ヒッチコックの「鳥」の世界は怖いですよね。

続きます♪

 

 

 

 

より以前の記事一覧