2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

カテゴリー「美容・コスメ」の10件の記事

2011年3月12日 (土)

Lushの入浴剤

入浴剤が美容やコスメに関係あるのかわかりませんが、私にとっては「ぜいたく品」ということで…

Lushの入浴剤を買いました。まだ使っていません。使うのが楽しみなのですが、とりあえず、記念に記事にします。

Lushはイギリス発祥の会社のようですね。知りませんでした。

下はバレンタインデー商品のカエルくん(Frog Prince Ballistic)なのです。

1_1379

王子様のはずが唇が赤いのですがsweat01

それから、下は、Tisty Tostyです。ハートの形をしていて(たぶん)バラが入っています。

1_1380

それから、下は、Happy Brooming Meltです。

1_1382

最後に、Amandopondo Bubbleです。

1_1381

上の二つは、水を張ったお風呂に入れて、下の二つはお湯を浴槽に入れている最中に、流水にあてることであわ立たせるようです。

使用後に、感想をアップしようかな、と考えています。

また、LUSHはフランス語圏にもあると思うので、今度フランス語の商品名も探そうかな、とも考えています。

2011年2月17日 (木)

口紅(スティック状)の特許は1940年代…

いわゆる棒状の「口紅」についてです。

このような形状の口紅はいつごろからあったのだろうと疑問に思っていました。ですので、調べてみたら、すぐに答えがインターネット上で見つかりました。

Eleanor Kairalla という方が、1941年7月2日に特許の申請をし、1944年3月21日に特許を取ったようです。(Patent 2344883)アメリカの方のようです。

唇の輪郭にあわせて塗れるようにスティック状にしたようですね…

案外最近のような、でも女性の社会進出を考えると結構昔のような…微妙な時期です。

2010年12月21日 (火)

シャネルのホワイト エサンシエル メークアップ ベース ロゼについて(感想・覚書)

化粧に詳しくない私の書くことですので、あまり真剣に読まないで下さい…

White essentiel Base de teint blanchissante effet sculptant SPF 30 PA +++、日本語では「ホワイト エサンシエル メークアップ ベース ロゼ」と書いてありました。

これを使うと、「化粧がよれない」といわれたのですが、私は「よれない」の意味がわかりませんでした。そこで、「私の化粧はよれていますか」と尋ねたところ、「よれていませんね」とのことでした。

後で、インターネット上で「よれる」の意味を調べたら、いろいろページが出てきました。「しわにファンデーションがたまる」ような感じの意味だそうですが・・・私は、いまのところ、自分のメイクがよれているのかわかりません。化粧が薄いのかもしれませんし、このベースが効果を発揮しているのかもしれません…

「ホワイト エサンシエル メークアップ ベース ロゼ」の、インターネット上のページは

http://www.chanel.com/ja_JP/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9-%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3/%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9-WHITE-ESSENTIEL-100747

です。ロゼは「アジア女性の肌に合わせ、くすみを飛ばし、明るい印象に仕上げる」そうですが、そうかもしれない、と思いました。

でも、他のメークアップベースでも、いいものはあるとおもいます。自分の肌色との兼ね合いが重要かな、と思います。

2010年12月20日 (月)

シャネルのイドラマックスプラス アクティブセラム (感想・覚書)

シャネルのイドラマックスプラス アクティブセラム について 感想です。

私は化粧品に全く詳しくないです。ですので、本当に、ぼやっとしたことしか書けませんが・・・

この保湿美容液はお値段が高いのですが、それなりの効果はあると思います。私は得した気持ちですが…他に似たような商品があると思うのですが、それらと比較したわけではないので、「これだけがいい」のか、「これも、他の商品と同じように、いい」のか、それとも、「もっと良い商品がある」のか、明言はできません。すみません。

説明書には、HYDRA MAX + ACTIVE SÉRUM concentré hydratation active と書いてあって、日本語では、「肌にうるおいを与え、水分バランスを整える保湿美容液」と書いてありますが、しっとりはしますが、べたべたした感じはぜんぜんしません。これが気に入りました。

説明として、「イドラマックスプラス アクティブ 」は「うるおいを取り込みやすい肌環境に導き、肌本来の水分バランスに整えます。肌にすばやく水分を与え、乾燥から肌を保護しながら、快適な保湿レベルを持続させます。」と書いてありました。

使い方としては、「朝晩、クレンジング、化粧水で整えた肌に、アイケアをお使いの後、顔と首すじになじませます。」とのことです。

要は化粧水の後につける美容液ですよね。私の肌は水分が非常に不足しているらしいので、この美容液がよかったようです。

ちなみにインターネット上のページは

http://www.chanel.com/ja_JP/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9-%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%82%A2-%E4%BF%9D%E6%B9%BF%E3%82%B1%E3%82%A2-HYDRAMAX-%2B-ACTIVE-S%C3%89RUM-101343

になります。「シャネル イドラマックスプラス アクティブセラム」で検索したほうがいいかもしれませんが…

説明が紙の場合とネット上の場合と少し違っていますが、大体同じことが言いたいのだろうと思います。 

2010年8月23日 (月)

シャネルのマニキュア「ミストラル」517(レビューではないのですが)

記事数が250を越えたというのに、文章力がまったくつかず、すみません。慣れても上手にはならないものですね…閑話休題です。

さて、今年の春、勧められるままにシャネルのマニキュア(le vernis(フランス語) nail colour(英語))Mistral 517を購入しました。シャネルのカウンターでためしたところ、「あわないかな」と私は思ったのですが、強く勧められたので買いました。

このマニキュアの色(ナチュラルでみずみずしいソフトピンク(Chanel Summer 2010 サイトのアドレス http://summer.chanel.com/ja_JP/ )という事ですが、結構派手です。)は綺麗で健康的なのですが、私の肌は疲れているので、ミスマッチではないかなと思ったのですが、家に帰ってつけてみたら、案外よく合います。若い頃、安いマニキュアでこの手の色をつけたときには、爪が奇妙に浮き上がったように見えたものですが、そういうことはあまり感じられません。さすが勧められただけあると感心しました。

ということで、プロの人のお勧めは試してみるものだなあ、と思いました。私は、自分の爪を、思い込みで見ていました。たまには冒険してみるのも良いですね。

ちなみにこのマニキュアは、私の持っている他のマニキュアに比べると、塗りむらが目立つような気がします。ですので、時間のあるときに、ゆっくり丁寧に塗ると良いかなと思います。あるサイト(英語です。アドレスは、

http://www.temptalia.com/chanel-les-pop-up-de-chanel-mistral-riviera-le-vernis-review-photos-swatches )で、3度塗って不透明になるとありましたが、その通りだと思います。

家事をするときマニキュアは邪魔ですが、週末などのんびり出来るときにマニキュアを塗っていると楽しいですよね(って私だけかしら…)。手をしっかり見ると年齢を感じて少しがっかりしてしまいますが…

2010年8月 3日 (火)

口紅 自分のための覚書

口紅は、自分の唇に塗ってみます。それができない場合は、手の甲に(セロハンテープを手の甲などに張って、かな?)、その上に塗ってみます。口紅選びって、結構、賭けですよね。

唇の色が透けて見えて、奇妙だったら似合っていないと思います。(オレンジ色の口紅は赤紫系の唇に塗られると、変に見えることがあります。また、その逆もありえます。)

顔色が病気っぽく(青白く、または黄色く、または妙に茶色く)見えたら、似合っていないと思います。

唇のひだが強調されているようだったら、口紅を塗る前に、唇を保護するクリーム(いろいろな名称で売られています、チューブ状・リップスティック状のもの(クリーム状のものも?)があるかと思います)などを塗ったほうが良いかも。

唇の周りの欠点(しみのようなもの)が目立つようなら、その口紅を塗るときは、ファンデーションなどでお顔全体をきちんとメイクしたほうが良いかも。

似合わない色の口紅を買ってしまったとき

もし、唇の色が出てしまうようだったら、ファンデーションを唇に薄く塗ってその上に口紅を塗るとごまかせる事が多いようです。

単純に色が似合わないだけなら、重ね塗りということで、グロスなどを上に塗ってみたらどうでしょう。私は口紅を二色重ねた(?)こともありますが…

唇の輪郭が曖昧な場合には、リップペンシルを使うと良いかも。

口紅を塗るときは、リップブラシを使うとむらなく塗れるから良いです。それにくちびるの輪郭もきちんと取れます

唇の大きさ・厚さと色の関係が重要という人もいますが、わたしは、そこまで重要視しなくても、と思います。どうでしょう。重要かしら。

補足:口紅とアイメイクを両方すると結構すごい様相になってしまうことがありますよね。似合う口紅と似合うアイメイクが同じ色系統・伝統的にある色合わせならまだ良いですが、違う場合には、どちらかに重点をおいたほうがいいかと。唇をヌーディーな感じにして、アイメイクをしっかりするとか。

補足:場所によっては、化粧は薄いほうが良い場合があります。その場合は健康に見えるような色のファンデーションと唇が健康に見えるような口紅くらいで良いと思います。

補足:いくら似合うからといっても、会う人を引かせてしまう化粧はどうかと思います。ということで、健康で綺麗に見えることを第一にしたほうがいいかも。

2010年7月 6日 (火)

目元のメイク落とし 注意(当たり前だけれど)

もっとよい方法があったら教えてください。私の知っているのは以下の通りです。

まず、目元用のメイク落としを使います。顔用のメイク落としは目元の薄い皮膚には刺激があるかもしれないので。

1目元用メイク落としに特別に使い方が書いていない場合は、メイク落とし用コットンにそれを含ませて、軽く押し付けるようにして、メイク落としが肌になじむようにします。こすってはだめです。

2それから、コットンを瞼の上から下に向かって、または、顔の中心から外側へ動かし、落ちたメイクをふき取ります。

3それから、まつげに移ります。まつげの根元から先に向かってコットンを動かします。

4目を半分閉じて、まつげの上と下を顔の内側から外側に向かってコットンを動かします。

5コットンの汚れ具合によっては、何枚かコットンを使ってください。(私は二枚です。)

とりあえず大事なのは、目元をこすらないことです。

私の知り合いで、「メイク落としをするとき、目元がこすられて赤くなってひりひりするから、私は肌が敏感なの」と言っていた人がいましたが、目元をメイク落としのついたコットンでこすったら、結構な数の人が目元が赤くなってひりひりすると思います…

2010年7月 2日 (金)

化粧ポーチの整理について 聞き書き 覚書 

化粧ポーチって、いつもバッグの中に入れているせいか、結構、不要なものが入っていたりします。ということで、化粧ポーチの中を整理するときのポイントです。

まず化粧ポーチの中に入っているもの全てを外に出して全てがしっかり見える状態にします。

そして捨てるものがあるかチェックです。

化粧品サンプルなど、「使えそう」と思って、いつも携帯していたら既に数ヶ月がたっていたなんていう場合、旅行で必ず使うとわかっている場合などは別にして、処分したほうが良いかも。

消費(使用)期限を確かめて、それが過ぎていたら捨てる。化粧品の箱に示されている使用期限や、化粧品の裏などに示されている使用期限(瓶のイラストの中の数字のことが多いかな)をしっかり見て、それを過ぎていたら、使わないほうが無難。

匂いが変化しているもの、変なにおいがしているもの、色が変わってしまったもの、手触りが変わってしまったものは捨てる。(変質している可能性があるから。)

それから、本当に必要なものだけ、化粧ポーチに戻すためより分けます。化粧ポーチに戻さないものは家の化粧品コーナー(?)に整理しておきましょう。

そのときの選択基準は

外での化粧直しに最低限必要なもの

最大10品まで

にすると無難です。

それから、化粧用具は清潔にしておきます。

筆やスポンジ、ブラシなどは石鹸(洗剤の事もあり)で泡立てた生ぬるい水で洗う事が多いかと。必要によっては、除菌作用のあるウエットティッシュなどで(もち手や容器などの外部分などを)拭く必要もあります。

夏に向けて、化粧の色味を変えたり、人によってはパウダーファンデーションからリキッドファンデーションに変えたりするなど、化粧品の入れ替えの激しい時期ですね。化粧ポーチが満杯になって重くならないよう気をつけましょう。

香水とオー・ド・トワレについて 聞き書き 覚書

香水は、8パーセントから15パーセントのエッセンシャルオイルを含み、4時間から6時間香りが持続し、自分の周囲1メートルくらい香るそうです。

オー・ド・トワレは、4パーセントから8パーセントのエッセンシャルオイルを含み、2時間から4時間香りが持続し、自分の周囲50センチメートルくらいが香るそうです。

たまに、1メートル以上離れたところにいる方の香水のにおいがしたりしますが、沢山つけている証拠でしょうか。

2010年7月 1日 (木)

爪の手入れ 良いこと悪い事 ほんとうかしら。聞き書き 覚書

爪の手入れで良いことは

ハンドクリームで水分補給

アセトンの入っていないマニキュア落とし

爪保護成分の入っているマニキュア

爪磨きのブロック(スポンジみたいなもの)月に一回か二回くらいなら良い

温めたオリーブオイル

爪の手入れでだめなこと

爪とぎを左右に動かして使うこと(爪の外側から内側に向かって使うのはいい)

ぬれた爪を切ること

爪補強液を使いすぎること

金属製の用具を使うこと

爪を長くしすぎること

ほんとうかしら。