2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の269件の記事

2024年1月23日 (火)

2023年はとんでもない一年でした。

こんにちは。

おひさしぶりです。

きいろひわです。

去年は殆どブログの更新ができませんでした。

理由はいくつもありますが、いくつか挙げてみますね。

1仕事を始めたこと

2仕事が教育関係ではなくて、ちょっと精神的に戸惑ったこと

3仕事が精神的にきつかったこと

4仕事が個人情報にかかわるような内容だったので、他人と会話するのすら気が重かったこと

5子供が習い事などをしていて、その手伝いをしたこと

6夫の母(るぅさん)がなくなって、そのあとの手続きがたくさんあったこと

7子供の友達関係が多くて、誕生日会とかに招待されることが多く、その面倒を見たこと

8あき(猫)が逃げて、行方不明になってしまったこと

9新しい猫(ぐりぐり、または、ぐり、またはグリゼット、または ふゆ)が来たこと

10行方不明だったあきが、大みそかに突然戻ってきたこと

などなど

仕事を引退してから15年以上外で仕事をしていなかったうえ、教育関連ではない分野というのはちょっと大変でした。教育関連だといつでも『先生』ですけれど…

それから、仕事先が、コロナ禍で生活苦に悩む人や薬物中毒の人などが来る場所だったので、気を使いました。

子どもは、バレエを習ったり、チアーリーディングをしたり、楽しく過ごしているのですが、送り迎えや発表会などで大変です。それに、お友達からのお呼ばれがあったので、こちらもお誕生日会をしたりなんたりしたり…慣れないことだけに大変でした。

それから、夫の母が亡くなって、手続きがとにかく煩雑で、今もその最中です。幸いなことに、けんかなどはありません。本当によかったです。

そして、8から10までが、2023年の出来事の中で、本当にメインでした。

私の実家に帰省する3日前に、亡くなったるぅさん(夫の母)の家に猫と到着した時、あきが逃げてしまったのです。捕まえたら、すごい勢いでひっかかれて、噛みつかれて…あきは体をよじって私の腕からすり抜けて逃げてしまいました。

夫は大怒りで、これまた大変でした。夫は「あきが見つからないなら帰省しない」とか言い出して、私は困ったものだと思いました。

結局帰省したのですが、帰省中も帰省後も、あき探しの毎日でした。動物保護団体に連絡して、毎日過ごしました。なんどもるぅさんの家に行きました。

で、年末年始の帰省期になりました。夫の実家(亡くなったるぅさんの家です)で過ごすことになりました。

私は庭に出て、あきの名前をいつものように呼びました。返事はありません。でも、リスがいました。大きなリスです。(ハイイロリスです。)私はリスに向かって、あきという猫を探していること、あきという猫は夏にこのあたりにいたこと、あきは灰色で毛が短くて、目が緑色だということ、あきという猫を見つけたらこの家に戻ってくるように言ってくれ、と何度か繰り返して言いました。

リスは、(不思議なことに)黙って、動かず、私のほうをじっと見ていました。で、私が何度かメッセージを繰り返した後、それを理解したのか、パッと走り出して、どこかに行ってしまいました。

私は変な気持ちになりました。

で、翌々日の朝、灰色の猫が猫用の罠にかかったけれど、にがしてしまったと、夫の弟に言われました。

で、その翌々日、また猫が猫用の罠に入っていました。あきでした。

行方不明だった5か月24日間、何をしていたのかわかりませんが、のどが渇いていたらしく、戻ってきてからは水のそばから離れませんでした。

それから、餌をものすごい勢いで食べました。

動物病院に連絡したところ、喜んでくれました。寄生虫駆除の薬を、家にいる3匹分出してもらいました。2万円くらいかもっとして、「夫がびっくりするかな」とひやひやしましたが、夫は案外平気な顔をしていました。

ということで、今、家には猫が3匹います。エサ代が3倍になりました。おもちゃも壊れるのが早くなりました。噴水みたいな給水器を使っているのですが、水を足す頻度が高くなりました。トイレが4つあるのですが、トイレの一つはベッドの下の収納に使うプラスチックの箱です。大きいです。掃除も時間がかかります。

夜、ぼぶるちゃんは私の横で寝ています。ぐりはキャットと寝ています。あきは夫のそばの猫タワーの頂上で寝ています。で、朝の4時過ぎに、皆私のそばに来て、ぐり(グリゼット、ふゆ)は私の上で寝たり、私の上を歩き回ったり、寝室にある衣装ダンスの上に登ってそこから私の上に飛び降りてきたりします。あきは何もせず私のそばにいます。で、ぐりとけんか(シャー)になります。ぼぶるちゃんは、なめてきます。

朝の四時からこんな感じなので、眠っていられません。「更年期障害で朝三時に起きてしまった」とか、「ストレスで眠れなくて朝になってしまった」とか、同僚の人から話を聞くのですけれど、私は、朝の四時は眠いです。眠いです。でも、みんにゃが起こすので、結局5時過ぎから朝ごはんになってしまいます。

でも、幸せです。

ということで、私の2023年のまとめでした。

絵のことや俳句のことなど、次回にでも書ければ、と思います。

ではでは。

 

2022年8月14日 (日)

こんななので、記事が書けません…

私のコンピューターのキーボードの上を歩き回り、キーボードをおかしくしてくれたり、私の手にかみついてくれたり・・・

この子が「あき」です。2021年4月生まれだそうです。全身灰色で、目が緑色です。耳が大きめ(ゆきの耳ほどではないです)で、体重が2.7キログラムくらいです。

この文章を書く間にも、3回コンピューターがあきにやられてしまいました…

次は、あきの寝ている午後に記事を書きたいと思います。

ということで、私たちは皆元気です。

ではまた。
Win_20220813_20_18_27_pro Win_20220813_20_18_23_pro Win_20220813_20_18_20_pro Win_20220813_20_18_17_pro Win_20220813_20_18_14_pro Win_20220813_20_18_14_pro Win_20220813_20_18_11_pro Win_20220813_20_18_04_pro Win_20220813_20_18_07_pro Win_20220813_20_18_00_pro Win_20220813_20_17_12_pro

2022年1月 4日 (火)

2022年いい年になりますように。

Torakagamimochi

 

2022年、いい年になるといいですね。

さて、こちらのブログにコメントを頂いた際に、「名前とメールアドレス入力」をお願いすることにしました。
去年、結構な数のスパムもどきコメントが来たので、これで予防になるかしら、と思っているのですが、どうでしょう。

そうそう、私は去年から、学童保育でパートで働いています。そのせいで、ちょっと忙しいです。

パートなので、一日数時間の仕事なのですけれど、コロナ禍+深刻な人材不足ということで、お役に立てればいいなと思っています。

もともと高校生を主に教えていたので、小学生は専門外なのですが、学生時代の小学生向け塾でのアルバイト経験が結構役立っています。

なにはともあれ、子ども相手で少し若返ったような気がします。絵をかいたりいろいろしていますが、コロナ禍で発表の機会や他人を交流するような機会がほとんどなくなってしまったので、外に出る機会ができてよかったです。

2021年10月23日 (土)

最近の水彩画

最近制作した水彩画の話をしますね。

いまは、大作の準備段階です。

前にいた町では寒すぎて、その場でスケッチがなかなかできず、写真を車内からとったりしていました。短い夏は忙しすぎて、スケッチがなかなかできませんでした。

キャットがやってきてからは、キャットの安全を考えるとおちおちスケッチなどしておれず、やっぱり写真に頼ってしまいました。

そんな風にして、写真と記憶といくつかのクロッキーから、現在、作品を制作しています。

いつか大作を制作できるようになりたいものです。大きな作品はテーマとかテクニックの配分とか材料とかきちんと考えていかないといけないので、心の平安が大事だと思います。コロナ禍で、せわしない気持ちでいるので、なかなか大作に向かう勇気が出ません。

ということで、今は、大作の前の習作の時期です。

上は、滝のある光景です。

下は、その滝の落ちた先、川の様子です。

やっぱり、滝のある風景のほうがインパクトがありますね。でも、川の様子も、大作にして、きちんと仕事をすると、かなり思索的できれいになるはずです。

Dsc03322

Dsc03313

そうそう、キャットとの会話を思い出したので、ここに、ちょっとメモしておきますね。

上の滝の絵をかいていた時です。参考にしていた写真がそばにありました。


キャット:「お母さんの絵は、写真に似ていない。落書きみたいだよ。」
私:「絵だもの。写真が好きなら、それでいいと思うなあ。写真だって、好きなように加工できるんだよ。コンピューターでできるよ。」
写真と私の絵を見比べながら、キャット:「お母さんの絵の滝、水に見えないよ。」
私:「写真を触ってごらん。水に触れるかな。写真だと、水だ、滝だと思うだろうけれど、お母さんの絵だと水や滝に思えないって、そりゃそうだよ。だって、実際、水や滝はここ(紙)にはないし、私は水や滝を描きたいと思っているわけではないからね。そういえば、世の中には、写真そっくりに描かれた絵もあるんだよ。」

私:「どうして、実際にあったとおりに描かなきゃいけないんだろうね。私はキャットの紫色の空が好きだよ。確かにあり得ないけれど、でもも、きれいだもの。」
キャット:「青の色鉛筆の芯が折れて、削ったけれど、うまくいかなくて、紫色の色鉛筆を使ったんだよ。」

私:「なにはともあれ、作品はとてもいいよ。で、それが重要なんだと思う。」
結構前の写真(今年の春あたりだと思います)ですけれど、ゆきの寝姿です。ピンクの首輪があるので、どこに首があるのかわかります。
Dsc01289

最近だんだん寒くなってきました。ゆきが毛布にくるまって寝る時期がやってきそうです。

2021年10月21日 (木)

2021年9月庭の植物

2021年の庭の様子です。

今年は暖かくて、庭が賑やかでした。

キャットが「花がたくさんの庭がいい」というので、種を植えたら、気候がいいのが幸いして、花が結構咲きました。「野の花の種セット」みたいなものに入っていた種を蒔いたので、名前のわからない花が多いです。名前がわからなくても、見ていると、元気が出ますね。

下のこちらはデージーのベッキー、多年草です。

Dsc03245

 

下のこちらはシモツケですね。

Dsc03244

下のこちらは…ゼラニウムでしょうか。

Dsc03242

こちらから下三つは、今年は久しぶりにたくさん咲いて長生きしてくれた(というか、10月下旬の今でも咲いています)せんにちこう (千日紅) です。 学名は Gomphrena globosa。 英語名は Globe amaranth、フランス語ではGomphrena (Gomphrena globosa )でよく見かけます。

 

Dsc03241 Dsc03240 Dsc03239

下は紫陽花のアナベルです。もう、花は終わりかけていますが、乾燥しても、きれいです。

 

Dsc03236

下はヒャクニチソウです。いろいろな色があって、楽しいです。お得だと思いました。

 

Dsc03234 Dsc03233 Dsc03231Dsc03018Dsc02885

下は朝顔です。今年は大成功でした。私たちがなにもしなくても、さまざまな困難に立ち向かい、花を咲かせてくれました。種が取れるかと思ったのですが、種ができる前に寒くなりすぎてしまいました。

Dsc03227Dsc03002Dsc03021

こちらは、たぶん、アイスランドのポピーとかそういう名前で売られていた種を植えて、花が咲いて、できました。

Dsc03225

下の三枚はグラジオラスです。私が子供のころ、母が、庭に、グラジオラスとオシロイバナを植えていたようにおぼえていて、キャットが大きくなったら植えようと思って、去年から毎年植えています。凍る土の中で冬は越せないので、秋には掘り起こして、球根を干して、地下室にしまうのですが、10月下旬の今でも花が咲いています。

Dsc03224

Dsc03223 Dsc03222

 

下の花は…わかりません。おそらく、撫子などに近い花だろうな、と思います。もしかしたら、ヤグルマソウかしらとも思ったのですが、ピンクなのですよ。

Dsc03210

下のこちらは、おそらく、ヨーロッパ系のタチアオイではないかと思うのですが、野の花セットに入っていたのが不思議です。豪華な野の花の種セットだと思いました。

Dsc03209 Dsc03208

下は、アマランサス。ですよね・・・

Dsc03207

こちら下の青い花は、ヤグルマソウ、英語ではGarden cornflower、フランス語ではbleuet(カナダ・フランス語圏などではCentaurée bleuet)というそうです。学名はCyanus segetum だそうです。カナダのフランス語圏でbleuetというと、ブルーベリーのことになるので注意してください。

Dsc03206 Dsc03205

ゆきは、キャットのお人形さんのテントが気に入っています。普通の猫用テントより大きいのがいいようです。見えますでしょうか。

 

 Dsc03285Dsc03284Dsc03282Dsc03280

 

ストレスからか、私の頭にはげができてしまいました。

気晴らしになるかと思い、学童保育でパートタイムで働き始めました。始めたばかりで、右も左もわからない感じですが、教員時代とは違った感じで驚きました。時代と場所が違うと、ほんとう、違いますね。まあ、「先生」と「学童保育の人」では、違う感じかしら、と思いますが…

2021年8月20日 (金)

旅先でいいなと思ったこと。

Dsc02686

夫の実家に行っていたときに、近所を出歩いたのですが、花があちこちで見られて、「いいな」と思いました。

上の写真のコンテナー、今見ると、「どうってことない」のかもしれませんが、見たときは、「あら、いいな。すごくきれいだし、見ごたえがあって、低予算でできそう。ボリュームたっぷりで、豪華にできてる。」と思いました。たしか、赤いペチュニアと、紫のバーベナ、ふさふさの穂のある草、イングリッシュ・アイビー(だったかな)でできていました。実際に見ると、きれいだったです。

参考になるかな、と写真に撮ったのですが、もっと至近距離で写真を撮るべきでした。

今年、家の花に、いつもより、お金をかけてしまいました。いつもは安めに済ますのに、今年はどういうわけか一年草を幾鉢も買ってしまいました。大反省です。来年は気を付けなくてはと思います。

なにはともあれ、低予算で見ごたえのある花の組み合わせ、難しいです。

Dsc02685

そうそう、遠くにコンテナ船が見えました。コンテナ船、ですよね…^^;

2021年8月14日 (土)

夫の実家に帰省しました。

Dsc02650 Dsc02649

 

今年の夏、夫の実家に帰省しました。

夫の母は、健康で、ワクチンも接種済み、そういうことでは言うことなしなのですが、年のせいか、かなり「あいまい」になってきました。

できるときにはできるのですけれど、できないときは(前にはできたことでも)できない、みたいな。

思い出せるときには思い出せるのですけれど、思い出せないときにはそもそも覚えていない・覚えた記憶がない、みたいな。

昔話もかなりいいかげんに。でも、本人が気持ち良さそうなので、そのまま聞いています。

私が話し相手をすることが主なのですが、重要なことがあれば夫が話し相手にならざるとえないので、夫はほんのすこしばかりストレスがたまったようです。でも、年ですものね。本人に悪気がないのですから。

ただ、食べ物などの管理がかなりいい加減になってきたのが心配です。昔から、比較的いいかげんだと思っていたのですが…それでも…心配です。年を取るとおなかを壊さなくなる、と、昔、誰かに教わったとはいえ、心配です。

写真は、夫の実家近くの公園で咲いていたスイレンです。日本のみたいにピンクで、懐かしく思いました。でも、大賀ハスとはちょっと違うなあ、と思います。

 

2021年8月 6日 (金)

2021年夏の旅行2

今年の夏、初めて、この地域では有名な滝に行ってきました。

Dsc02351 Dsc02350 Dsc02349

 

この地域にしては、ほんとうに小さめの湖に、滝があり、なかなか素晴らしいところでした。水深があまりなく、子どもでも歩いて渡れるくらいでした。小さめの湖で、湖岸には人がいっぱいで、どうしようかと思ったのですが、写真を見ると、人が写っていませんね。

水は最初はものすごく冷たく感じて、「凍る~」と思ったのですが、すぐに慣れて、「冷たくて気持ちいい」と思いました。そのくらい暑かったのです。

滝の脇のがけを上る人が結構いました。「危ないなあ」と思ったのですが、事故はありませんでした。

プールがあまりない地域なので、こういう湖は人気があります。

ではまた!

2021年7月30日 (金)

2021年夏の旅行1

夏の初めに、前に住んでいた町に行ってきました。住んでいた家を売らずに貸しているので、毎年、家の様子を見に行っています。家の庭はかなりあれていますが、まだ、花が咲いていました。

来年、少し手入れをする予定です。

 

Dsc02127 Dsc02126 Dsc02125 Dsc02124

 

お宿からの風景です。

寒い地域らしいでしょう。黄色いスイレンが咲いていました。

Dsc02150 Dsc02149 Dsc02145 Dsc02152 Dsc02151

行き帰りの道も、なんというか、タイガの森という感じです。

Dsc02159 Dsc02158 Dsc02157

ということで、2021年の夏の旅1でした。皆さんは今年の夏お出かけしますでしょうか。

2021年7月24日 (土)

最近のこと (5月末から7月くらいのこと)

おひさしぶりです。

きいろひわです。

暖かい季節となり、キャットの学校がお休みになって、家のことと子どものこととで、大忙しでした。千葉の実家なら2月から始められることをこちらでは6月から始めるので、4か月分の庭仕事・家の修繕などを一気に片づける感じです。

天気が良く、特別な用事のない日の夕方には散歩に出すことにしました。また、土日にも、できるだけ、自然に触れるようにしました。

下の写真は、近所の公園です。週に3回くらい行きます。見慣れた風景になりました。

Dsc01916 Dsc01917 Dsc01918 Dsc01922 Dsc01921 Dsc01923 Dsc01941

下の写真の砂浜は、近所にあるもう一つの公園です。人がいませんね。上の写真にある公園も、こちらの公園も、住宅地からすぐなので、割と人が来ているのですが、いざ写真を撮ってみると、写っていません。

Dsc02073Dsc02082Dsc02084Dsc02091

下の写真は、砂浜のある公園です。車でいくので、土日が中心です。でも、夏休み中は天気が良いときには結構行きます。週に一回くらいでしょうか。潮が引いているときは、砂浜がものすごく広くなります。地元住民だけではなくて、いろいろなところから観光客が来ています。

Dsc02380 Dsc02383 Dsc02393 Dsc02394 Dsc02395 Dsc02396

では、話を少し変えますね。

室内で育てているホヤ・カルノサが咲きました。嬉しいです。サクラランとか、呼ばれることもあります。夜、匂いが強くなるようで、仕事をしていて、匂いにはっとします。Hoya carnosaと書きますが、英語・フランス語では、独特な花のせいで、porcelainflower・wax plant 、 fleur de porcelaine(フラァ・ドゥ・ポルスレーン)・fleur de cire(フラァ・ドゥ・シーィ)などとも呼ばれます。どちらも、最初のが磁器の花、次のが蠟の花という意味になります。

Dsc01467_20210724114701 Dsc01563 Dsc01562 Dsc01513

そうそう、散歩しているときに、見た花を写真に収めたので、紹介しますね。野の花には詳しくないので、花の名前が載せられなくてごめんなさい。

 

Dsc02086 Dsc01958 Dsc01943 Dsc01937 Dsc01935Dsc02333Dsc02334

ということで、ではまた。

次回は、前に住んでいた町に行った時のことを書きますね。

 

より以前の記事一覧