2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

カテゴリー「ペット」の123件の記事

2019年3月 2日 (土)

ゆきの換毛(ついに!)

こんにちは。
前回の食事スタイルについて、コメントをどうもありがとうございました。
返信ができそうにないので、こちらにて、しますね。
私は犬を長いこと飼っていたので、朝晩の二回に慣れていました。また、犬は、何事に関しても、基本的に、飼い主を待つんですよね。ハッピーのパパさんと同じ感じです。ですので、ゆきのふるまいに、「猫って犬とはかなり違うんだなあ」と思いました。
ゆきは猫なので、一回にたくさん食べることはなく、少しずつ一日何度も食べます。お皿を下げてしまうと、いやなようで、いつもお皿に何かがのっているのがいいようです。
何かの本かインターネット上のサイトに、「猫は一日10回くらい食べることもある」、「お皿が空になっているのは猫にはストレスになることもある」と書いてあって、「そういうこともあるんだなあ」なんて、思ったりもしました。
コメントを頂けて、なんだかすごく安心しました。どうもありがとうございます。
***
ゆきは最近めっきり年取った感じがします。(今年で8歳になります。誕生日は8月21日です。)口元とか、毛の感じとか、なんとなく、ですが…でも、かわいいことには変わりありません。
そうそう、こちらに引っ越してきてから、ゆきは年に一回くらい(たぶん、ですが)毛が抜けるようになりました。
前の家にいたとき、ゆきの毛が抜けないので、ゆきは冬毛と夏毛の区別のない猫なのだと思っていたのですが、こちらの家に来てから、ゆきは毛が抜けるようになりました。
ゆきの抜け毛で毛玉を作るなんてありえないと思っていたころが懐かしいです。
今では、季節によっては、シーツを洗って乾燥機にかけたら、灰色の毛がいっぱい出てきた、なんてことがあります。
なにはともあれ、毛を梳いて、念願の(ゆきの毛で)毛玉を作ることができました。うれしいです。
さて、不思議なのは、どうしてゆきの毛が抜けるようになったのか、ということです。
こちらに引っ越してきたとき、ゆきは5歳、年齢的に、換毛するようになったのでしょうか…なんだかありえないような気がするのですが…
それとも、気候が変わったからでしょうか。
前に住んでいた町では、一年に、2週間くらい暑いときがありました。最高気温が20度を超えるくらいです。時に、30度近くいくこともありました。
今住んでいる町は、一年を通じて、前に住んでいた町よりも気候が温暖です。今年、前住んでいた町が気温マイナス50度だった時に、ここではマイナス30度にしかなりませんでした。しかも、一年に、一か月ほど暑いです。ここでは庭で、キュウリとなすを育てて、食べました。前の町だったら、キュウリとなすを育てるには温室が必要だと思います。
こうやって書いてみると、気候は、結構な違いですよね。
ゆきの体が気候の変化に対応したのかなあ、と書いてて思いました。
カメラの音に気が付いたゆき。
耳が反応しています。
Dsc07222
前足の白と灰色がちょっとアンバランスなんです。
Dsc07223
ゆきの寝ている毛布はゆきのお気に入りです。洗って乾燥機にかけると、灰色の毛がいっぱい埃取りのネットについています。

2019年2月26日 (火)

ゆきの食事スタイル

こんにちは。
今回はゆきのことを主に話しますね。
ゆきには、前まで、床にプラスチックのマットを引いて、その上にお皿を置いて、そこで、食べてもらっていました。
ところが、その方法だと、キャットが、いたずらをするのです。餌のお皿に水を入れてしまう、ゆきが食べるのを邪魔する、餌を床に並べてしまう…困りました。
最初のころは、「キャットは子どもだし」と気にしないようにしていたのですが、そのうち、「キャットは意図的にやっているな」とわかるようになりました。
キャットにいくら注意してもダメ、いたずらはやみませんでした。ふだん、こういうことに関しては、聞き分けのよい子なので、私には意外でした。
そこで、キャットを変えられないなら、ということで、ゆきに頑張ってもらうことにしました。
まず、床に低いテーブルのようなものを置いて、そこにお皿を置いて、食べてもらうことにしました。
結果は…キャットがそのテーブルをおもちゃにしてしまいました。
仕方がないので、私はゆきのお皿をテーブルの上に置くことにしました。
(テーブルは大きい6人用なので、ゆきの皿の分の広さは十分あります。)
そうしたら、キャットのいたずらがやみました。私には不思議でたまりませんが…
でも、ゆきのお皿を床に下ろすと、キャットはあからさまにすごく嫌がるようになりました。
ですので、私が皿を持ち、ゆきは、椅子に座って食べます。もしくは椅子の上に皿を置いて、ゆきは食事をとります。
誰も食べていないときは(深夜など)、ゆきはテーブルにのって食べます…そりゃそうですよね。お皿がテーブルの上にあるのですから。
夫は嫌がるだろうと思ったのですが、夫は案外平気で、というか、普通くらいに思っているようです。
写真を撮ってみました。ゆきが動くのでぶれています。
大きい耳です。ウサギみたいだと思いました。
Dsc07204
椅子の上のゆき。
Dsc07215
こちらは床の上に置いた、ダイエット用のエサ入れ。これも、キャットのいたずらの対象です…
Dsc07221
カメラ嫌いなので、不信感まるだしのゆき。
Dsc07214
キャットの昔使ったビニール製のプール。私たちの家では、室内で、ボールを入れて使っていました。今はゆきが入ります。
Dsc07213
そうそう、それから、一つ疑問に思っていることがあるのですが…
ゆきは、私たちと同じく、一日三回食事をとります。ところが、キャットが午前と午後におやつを食べるようになってから、食事が一日五回になってしまいました。そして、深夜午前二時ごろ何か食べているようです。 
それから、夫や私がキッチンにいると、やってきて催促することもあります。
皆さんのお宅はどんな感じですか。やはり、飼い主と同じ時間に食べたがるものなのでしょうか。

2016年9月28日 (水)

待つのは無駄ではなかったようです。

ゆきは、今年の夏、鳥さんを何羽か、リスさんを少なくとも二匹、捕まえました。

つながれているのに、なんで捕まえられるのか、不思議でした。
Dsc03053
リラックスゆき。
***
そんなある日、見てしまいました。
鳥さんが、ゆきに着陸(?)しようとするのを…
私とキャットがテラスで遊んでいたのですが、ゆきは、私たちのそばで(3,4歩離れたところで)香箱座りをしていました。
そのゆきに向かって、鳥が直降下です。
ゆきは、鳥の降りてくる奇妙な音にあわてた様子でした。ゆきは、上を向き、前足を伸ばして、降りてくる鳥さんを捕まえようとしました。鳥さんは、音を立てて、ゆきの前足の間をすり抜けて、飛び去ってしまいました。鳥さん、危機一髪でした。
というか、鳥さん、「飛んで火にいる夏の虫」という感じです…ゆきが灰色なので、石か何かだと思ったのでしょうか。
そのあとも、同じような事件が続き…
どうやら、じっとしているだけで、鳥がゆきの上に降りてくる、ということが分かりました。
リスにしても同様で、じっとしているゆきのそばに、走ってきます。
よかったね、ゆき。
でも、私はあまりうれしくありません。
***
Dsc03076
ふたりとも、お昼寝中です。
***
そうそう、もうそろそろ帰省の季節になりました。

2016年9月 1日 (木)

庭のゆきを見て思うこと

天気がいい日には、ゆきを外につないでおきます。
Dsc02950
ゆきは、鳥さんやリスさんが来るのをじっと待っています。
Dsc02951
私の頭の中に、「待ちぼうけ」の歌が流れてきます。
ウィキペディアには、「北原白秋作詞、山田耕筰作曲の唱歌(童謡)である。1924年(大正13年)に、満州唱歌の一つとして発表された」とあります。「まちぼうけ、まちぼうけ、あるひせっせとのらかせぎ、そこにうさぎがとんできて、ころりころげたきのねっこ、まちぼうけ、まちぼうけ、しめた、これからねてまとか、まてばえものがかけてくる、うさぎぶつかれきのねっこ」だったでしょうか。
ゆきは、農民ではないですし、ゆきが待っているのはウサギではないですし、どこがどう、と言われると、「無駄に待っていること」くらいしか、共通点がないような感じです。^^;
Dsc02967
ゆき:「無駄かどうかは、待ってみないとわからにゃいにゃ」
きいろひわ:「そうだね」
***
ヤナギラン、花が終わって、綿毛がいっぱいです。
Dsc03020

2016年8月21日 (日)

ゆきのニャイコン

イルカねこさんのブログで見たニャイコンがとてもかわいらしかったので、私も、試してみました。
ゆきです。
お耳が大きくて、白い部分が目立つ猫なのですが、白い部分を入れられなかったので、ちょっと雰囲気が違うような気がします。
Monpetit_nyaicon
ゆきです。「おっきなおみみのゆきちゃん」です♪
写真がボケボケです。
Dsc02507
庭のゆき。ちょっと野性的。
Dsc02351_2
甘えているときのゆき。
Dsc02611
意表を突かれた時のゆき。
Dsc02806
お昼寝中のゆき。
Dsc02883
写真を撮るのがうまくないので、かわいさが伝わりにくいですが、かわいい猫なんですよ。
そういえば、数年前、夫の部下が家に来た時、お出迎えに出たゆきを見て一言、「太った猫っすね」みたいなことを言ったんです。しつれいですよね!こんなことを覚えている私も私ですが~。

2016年3月13日 (日)

ゆきとキャット

Dsc016430002

ゆきです。キャットの遊び場にいます。
キャットは、赤ん坊なのに、お昼寝の時間が比較的短いです。午前中に45分、午後に45分といった感じです。
その時間がゆきと私のリラックスタイムか、私の家事に集中できる時間です。
キャットは、ベビーベッドに寝るのが嫌いで(ベビーベッドに寝かせた瞬間目を覚まして大騒ぎすることが結構あります)、お昼寝の時は、お昼寝用布団もどきで寝ています。
ところが最近、キャットがうとうとし始めて、お昼寝用布団もどきを用意すると、ゆきがその上に寝っ転がってしまいます。そして、動いてくれません。というか、ゆきがお昼寝を始めてしまいます。
いつもこんな感じなので、お昼寝用布団もどきだけではなくて、毛布を何重にも重ねてものにキャットを寝かせたりしています。
この写真は、キャットが一人で(私の腕の中ではなく)寝てしまった時です。運よくヨガマット&フリースブランケットの上にいました。
Dsc015350004touche
昨日、ゆきもキャットも お昼寝してしまいました。私もなんだか眠かったので、ゆきのわきで寝てしまいました。
ゆきは私のそばにどんどん近づいてきて、私にぴったりくっついてきて、そのうち、どういうわけか、後ろ足で私のおなかを蹴ってきました。実はこういうことがいつもなんです。
「なんで蹴り蹴りするのかな」と思いましたが、同時に、「キャットも同じことをするなあ」と思い出しました。
キャットもゆきも、私にぴったりくっついて寝るのが好きなようなのですが、ぴったりくっついてしばらくすると、足で、私を蹴っ飛ばし始めるのです。
私のおなかは脂肪で守られているので、猫や赤ん坊に蹴られたくらいでは、痛くもないですけれども…でも、変な感じがします。
ゆきの寝顔をアップで見られて、ゆきの寝息をじかに感じられるのですから、とてもいいのですけれど…
Dsc015140014
皆さんのお宅のねこさん(たち)も同じような感じでしょうか。それとも、寝ているとき、飼い主のおなかを蹴っとばしてくるのはうちのゆきくらいのものでしょうか。

2016年2月 1日 (月)

ゆきのつめきり

これは、かなりまえのこと、いまから7か月ほど前の話です。

キャットが、二、三時間おきくらいに起きていたころの話です。私たちは、健康でしたがちょっと疲れ気味でした。

***

夫がゆきの爪を切った時の話です。

***

うちでは、夫がゆきの爪を切るのですが、その日はやけに機嫌よく、勢いよく切っていました。

わたしはちょっと気になって、「大丈夫?」と声をかけたのですが、夫は「大丈夫だよ」と。

一度、ゆきがびくっと動いたような気がしたので、夫に言ったのですが、ゆきはのどをごろごろ鳴らしていたので、夫は「大丈夫」と。

ゆきはごろごろのどを鳴らして夫のひざの上で気持ちよさそうにしていました。

そして爪切りが終わり、ゆきはごろごろのどを鳴らして夫のひざの上で過ごした後、定位置の白いフリースの上に移動しました。そして、ゆったりと伏せていたのですが…ゆきがちょっと動いたときに、フリースに染みが見えました。それは赤くて…血でした。

ゆきは出血していたのです。

フリースには血の染みがあちこちについていました。一か所しか出血していなかったのですが、ゆきが動くので、血の跡があちこちについたようでした。

***

お気に入りの場所、白いフリースの上です。

Dsc015150015

***

どうして、ゆきが何も言わなかったのか、実際のところ、わかりません。痛かったはずなのに…

そのころ、私たちがゆきのことを十分にかまってやれなかったのは事実…

遊んでやろうとしても、なかなか時間が見つからず。

おいしいエサだけは与えるようにしていましたが…

やっぱりさびしかったのでしょうか…

2016年1月30日 (土)

帰省中のゆきのこと

去年、10月から11月にかけての一か月間、私の実家に帰省していました。そのとき、ゆきは夫の実家で預かってもらいました。

そのときのことを、書きたいと思います。
***
昨日か、おとといのゆきのようすです。
Dsc015510020
***
ゆきは、夫の実家でるぅさんに預かってもらいました。これは、毎回のことです。
2年前に預かってもらった後は、毛並みをはじめとして、様子がかなり変わってしまったので、私たちは大変心配しました。
毛並みがぼさぼさになって、すごくやつれた様子だったのですよ。しかも、ちゃんとしたエサを食べていないで、お菓子みたいなものしか食べていませんでした。また、るぅさんが誘っても、自分のテリトリーに閉じこもっていたようでした。
るぅさんは、私たちの帰省中、「ゆきは元気よ」としか言わなかったので、こんな様子だとは予想だにしていなかっただけに、私は本当にショックでした。
そういうわけですので、今回預かってもらうとき、私は本当に心配で心配でたまりませんでした。私の実家に一緒に連れて帰りたいと思ったくらいでした。というか、実際、相談したのですが、実務的なことから、連れていくことはできませんでした。
今回の帰省中は、るぅさんは、電話をするたびに、ゆきについていろいろ話をしてくれました。ぼぶるちゃん(るぅさんの飼い猫・メスで、とっても太っています。内気です。)に向かって、ゆきがシャーをしたとか、ゆきがテーブルの上に乗るので、叱ったとか…
ゆきは、シャー「される」ことはあっても、シャーしたことはなかったので、私たちは本当にびっくりしました。
ゆきがテーブルの上に乗るのはわかっていたので、「すみません」としか、言いようがありませんでした。
そんなこんなで、帰省中は大変心配していたのですが…
帰省から帰ると、ゆきはとても健康そうで、毛並みはつやつや、ちゃんとしたエサを食べていました。そして、私たちの前では、ぼぶるちゃんに向かって、いちども、シャーをしませんでした。というか、ぼぶるちゃんが、ゆきにむかって、シャーをしているのを、何度も見ました。ゆきは私たちの前でもテーブルの上には何度も乗っていました…^^;
私たちはなんだかほっとしました。
***
ぼぶるちゃん。内気ですが、遊ぶのが大好きです。
この写真を撮った時は、キャットのおもちゃで遊んでいるところでした。
短毛なのですが、長毛に見えます。
Dsc011830011
水彩画にする時間がまだ見つからないので…

2014年12月25日 (木)

メリー・クリスマス!

メリー・クリスマス!

ゆきは、すっかり襟巻に慣れて、普通に過ごしています。
私は、カメラを構えすぎないように、頑張っています。
Dsc098510004_2
カメラのレンズ汚れは、内部のレンズについているようで、修理に出すべきか、悩んでいます。一台しかないカメラなので、これが手元にないと、写真が撮影できません。
もう一台、予備用に買うかどうか、悩み中です。

2014年12月24日 (水)

まったりゆき(冬至あたり)

ゆきのドアップ。
よく寝ています。
Dsc098340002
しまった口元がかわいいです。
○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*



くつろぎ中のゆき。


Dsc097750007


まっすぐ見てくれました。
どうやら、私が気負わないと、平気なようです…
○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*
でも、やっぱり一番見慣れているのは、熟睡中の姿…
Dsc098470015


○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*
冬至のあたりも、相変わらず、のんびりムードでした。

より以前の記事一覧