2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

カテゴリー「ペット」の131件の記事

2023年5月27日 (土)

あきとぼぶる

16851264247101328682809437703831あきです。

20230324_224014

20230324_223002ぼぶるちゃんです。るぅさんがなくなって、うちに来ました。

2022年8月14日 (日)

こんななので、記事が書けません…

私のコンピューターのキーボードの上を歩き回り、キーボードをおかしくしてくれたり、私の手にかみついてくれたり・・・

この子が「あき」です。2021年4月生まれだそうです。全身灰色で、目が緑色です。耳が大きめ(ゆきの耳ほどではないです)で、体重が2.7キログラムくらいです。

この文章を書く間にも、3回コンピューターがあきにやられてしまいました…

次は、あきの寝ている午後に記事を書きたいと思います。

ということで、私たちは皆元気です。

ではまた。
Win_20220813_20_18_27_pro Win_20220813_20_18_23_pro Win_20220813_20_18_20_pro Win_20220813_20_18_17_pro Win_20220813_20_18_14_pro Win_20220813_20_18_14_pro Win_20220813_20_18_11_pro Win_20220813_20_18_04_pro Win_20220813_20_18_07_pro Win_20220813_20_18_00_pro Win_20220813_20_17_12_pro

2022年3月 6日 (日)

ゆきとのおわかれ

今年の2月の末日にゆきとおわかれしました。

舌のがんでした。

診断がおりたときに、あと数週間、と言われていたのですが、一か月以上普通に暮らしました。

でも、ある朝、結局、のどがかなりふさがってしまい、いきなり、病気の猫のようになり、そのまま、病院に連れて行って…でした。体重も減らず、毛並みもきれいなままでした。ただ、口のなかと、口の周りから足元までが健康な時と違いました。

ゆきのことを、私の目線で思うと、悲しくてたまりませんが、ゆきの立場に立って考えてみると、この選択でよかったのだと思います。獣医さんにも、「より良い選択だと思います」と言われました。

延命治療を選ぶなら、外科手術をいくつも受けたうえ、いくつもの治療を受けて、最後にチューブにつながれて、運が良ければ、数か月生きるくらいだと言われ、そんな延命治療は受けさせられないと思いました。

夫は、「次の猫も、灰色と白の雌猫で、耳が大きくて、肩に乗って、よくなついてくれて、おりこうさんなのがいい」と言います。

キャットは、「遊んでいる時に一緒にいてくれて、お風呂にも来てくれて、寝るときにも来てくれる猫がいい」と言います。

私は、いまだに、気持ちの整理があまりつきません。朝から晩まで一緒だったので…

そう、わたしとゆきが一緒に写った写真が一枚もなかったので、動物病院で、最後に一緒に撮ってもらいました。

写真は、そのうち追加しますね。

では。

 

2021年10月21日 (木)

2021年9月庭の植物

2021年の庭の様子です。

今年は暖かくて、庭が賑やかでした。

キャットが「花がたくさんの庭がいい」というので、種を植えたら、気候がいいのが幸いして、花が結構咲きました。「野の花の種セット」みたいなものに入っていた種を蒔いたので、名前のわからない花が多いです。名前がわからなくても、見ていると、元気が出ますね。

下のこちらはデージーのベッキー、多年草です。

Dsc03245

 

下のこちらはシモツケですね。

Dsc03244

下のこちらは…ゼラニウムでしょうか。

Dsc03242

こちらから下三つは、今年は久しぶりにたくさん咲いて長生きしてくれた(というか、10月下旬の今でも咲いています)せんにちこう (千日紅) です。 学名は Gomphrena globosa。 英語名は Globe amaranth、フランス語ではGomphrena (Gomphrena globosa )でよく見かけます。

 

Dsc03241 Dsc03240 Dsc03239

下は紫陽花のアナベルです。もう、花は終わりかけていますが、乾燥しても、きれいです。

 

Dsc03236

下はヒャクニチソウです。いろいろな色があって、楽しいです。お得だと思いました。

 

Dsc03234 Dsc03233 Dsc03231Dsc03018Dsc02885

下は朝顔です。今年は大成功でした。私たちがなにもしなくても、さまざまな困難に立ち向かい、花を咲かせてくれました。種が取れるかと思ったのですが、種ができる前に寒くなりすぎてしまいました。

Dsc03227Dsc03002Dsc03021

こちらは、たぶん、アイスランドのポピーとかそういう名前で売られていた種を植えて、花が咲いて、できました。

Dsc03225

下の三枚はグラジオラスです。私が子供のころ、母が、庭に、グラジオラスとオシロイバナを植えていたようにおぼえていて、キャットが大きくなったら植えようと思って、去年から毎年植えています。凍る土の中で冬は越せないので、秋には掘り起こして、球根を干して、地下室にしまうのですが、10月下旬の今でも花が咲いています。

Dsc03224

Dsc03223 Dsc03222

 

下の花は…わかりません。おそらく、撫子などに近い花だろうな、と思います。もしかしたら、ヤグルマソウかしらとも思ったのですが、ピンクなのですよ。

Dsc03210

下のこちらは、おそらく、ヨーロッパ系のタチアオイではないかと思うのですが、野の花セットに入っていたのが不思議です。豪華な野の花の種セットだと思いました。

Dsc03209 Dsc03208

下は、アマランサス。ですよね・・・

Dsc03207

こちら下の青い花は、ヤグルマソウ、英語ではGarden cornflower、フランス語ではbleuet(カナダ・フランス語圏などではCentaurée bleuet)というそうです。学名はCyanus segetum だそうです。カナダのフランス語圏でbleuetというと、ブルーベリーのことになるので注意してください。

Dsc03206 Dsc03205

ゆきは、キャットのお人形さんのテントが気に入っています。普通の猫用テントより大きいのがいいようです。見えますでしょうか。

 

 Dsc03285Dsc03284Dsc03282Dsc03280

 

ストレスからか、私の頭にはげができてしまいました。

気晴らしになるかと思い、学童保育でパートタイムで働き始めました。始めたばかりで、右も左もわからない感じですが、教員時代とは違った感じで驚きました。時代と場所が違うと、ほんとう、違いますね。まあ、「先生」と「学童保育の人」では、違う感じかしら、と思いますが…

2021年8月10日 (火)

夏の朝 ゆきと一緒に

お久しぶりです。

都会にある夫の実家に行っていました。

夫の実家にはベランダがあって、朝はそこで、ゆきやキャットと涼んでいました。

ゆきは、写真に撮られるのを嫌がるのですが、この日の朝はいやいやながらも写真を撮らせてくれました。

嫌そうでしょう^^;

目つきと言い、耳と言い…

でも、最後まで、動きませんでした。なんででしょう。

Dsc02646 Dsc02639 Dsc02632 Dsc02631 Dsc02620

 

 

 

 

2021年2月17日 (水)

太ってしまったゆき、どうしましょう。

キャット(私の娘)が「ゆきにネックレスをつける」と言って、言うことを聞かないので、ゆきにピンクの首輪をつけました。きらきら光る偽物クリスタルがついています。キャットは、いつか、都会に行ったら、ゆきにハート型のメダルを買うのだそうです。

生まれて初めての首輪の生活ですが、ゆきは外そうとせず、普段通りの暮らしをつづけています。

短毛のはずなのですが…毛がものすごく厚くて(なんと表現していいのかわかりません)、これでも、首輪がゆるゆるです。(おそらく、前足でひっかけば首輪は抜けてしまいます。)北国の猫だからでしょうか。

Dsc01106

そうそう、少し話題を変えますね。

今年の初めまで、ゆきは、おなかがいつも空いていて、いつも私たちの後にくっついて、食べ物の催促をしていました。

正直言って、かわいそうなくらいでした。ダイエット食を与えているせいだと分かっていても、痩せない上、いつもおなかをすかせているなんて…ということで、量を少なくして、普通の食事にしました。量はかなり少なくて、カロリー的にはダイエット食よりも少ないはずです。でも、ゆきは満足らしく、ご飯を食べると、のんびり過ごすようになりました。よかったです。

Dsc01107

 

 Dsc01105

とはいえ、太っているのには変わりありません。どうしたらいいのでしょう。外に出すわけにはいかないし、遊びに誘っても、遊ばないのですよ。私たちが寝た後、ひとりで遊んではいるのですが…。でも、結果が出ないので(痩せないので)、いつか、動物病院に行ったときに、きつく言われそうで、「いやだなあ」と思います。

***

さて、私たちは、週末には、スケート場に行ったり、そこら辺を散歩したりして過ごしています。

Dsc01096

屋外リンクです。

人の多い日だったのですが…写真には人があまり写っていませんね…

私はスケート靴を持っていないので、普通の雪靴で歩いています。

 

 

 

 

 

2020年10月21日 (水)

ゆきがよその猫に出会ったとき

こんにちは。

今日は、最近あった、私たちの飼い猫ゆきのことで、興味深かったことを書こうと思います。

10月の初旬、まだ雪が降っていなく、気温も氷点下ではなかったころ、ゆきは私と一緒によく庭に出たものでした。私が庭いじりしている間、ゆきはコニファーが三本植えてある根元に香箱座りをしているものでした。その根元はゆきの場所だったのですが…

この夏位から、ゆきがそのあたりのにおいをかぐようになりました。あまりにしつこくにおいをかいでいるので、ほかの猫も来ているのかな、とは思っていたのですが…

ある朝、外に一緒に出たら、なんと、ゆきのいつもの場所に、よその猫がいました。その猫は私たちに気づくと、ぱっと逃げ出しました。

ゆきは、「にゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃ~」と叫びながら、後を追いかけました。よその猫は、脱兎のことく、逃げ去ってしまいました。

そういうことで、さいわいなことに、けんかにはならなかったのですが、それよりも、ゆきの叫びかたにちょっと驚きました。

なんというか、きっと、犬が「ワン、ワワワワワワワワ~ン」と吠えながら、追いかけるのと同じなのでしょうけれど…

なんというか、猫がああいう風に吠える(???)とは思いませんでした。

 

Dsc00310

 

私の編み物の上で寝るゆき。編み物が進みません。結局10月になって、終わらせました。冬の来る前で、間に合ってよかったです。

 

2020年2月24日 (月)

猫の日、ということで。

2月22日は猫の日でしたね。

ということで、ゆきです♪

写真撮影が苦手なゆきなので…水彩画で。

Dsc08927sansnom  

最近、キャットがゆきと仲良くしようとすることが増えました。

でも、キャットはゆきには、大きすぎます。

Dsc08913sansvisage

困っているゆき。キャットがギュッとだきしめるのですよ。

Dsc08914

それでも、おやつは、キャットのほうが、私よりも、たくさんやるので、ゆきはご機嫌です。

Dsc08898

なにはともあれ、丸々した猫です。夏になれば少しスリムになるのですが…

 

 

2019年3月 2日 (土)

ゆきの換毛(ついに!)

こんにちは。
前回の食事スタイルについて、コメントをどうもありがとうございました。
返信ができそうにないので、こちらにて、しますね。
私は犬を長いこと飼っていたので、朝晩の二回に慣れていました。また、犬は、何事に関しても、基本的に、飼い主を待つんですよね。ハッピーのパパさんと同じ感じです。ですので、ゆきのふるまいに、「猫って犬とはかなり違うんだなあ」と思いました。
ゆきは猫なので、一回にたくさん食べることはなく、少しずつ一日何度も食べます。お皿を下げてしまうと、いやなようで、いつもお皿に何かがのっているのがいいようです。
何かの本かインターネット上のサイトに、「猫は一日10回くらい食べることもある」、「お皿が空になっているのは猫にはストレスになることもある」と書いてあって、「そういうこともあるんだなあ」なんて、思ったりもしました。
コメントを頂けて、なんだかすごく安心しました。どうもありがとうございます。
***
ゆきは最近めっきり年取った感じがします。(今年で8歳になります。誕生日は8月21日です。)口元とか、毛の感じとか、なんとなく、ですが…でも、かわいいことには変わりありません。
そうそう、こちらに引っ越してきてから、ゆきは年に一回くらい(たぶん、ですが)毛が抜けるようになりました。
前の家にいたとき、ゆきの毛が抜けないので、ゆきは冬毛と夏毛の区別のない猫なのだと思っていたのですが、こちらの家に来てから、ゆきは毛が抜けるようになりました。
ゆきの抜け毛で毛玉を作るなんてありえないと思っていたころが懐かしいです。
今では、季節によっては、シーツを洗って乾燥機にかけたら、灰色の毛がいっぱい出てきた、なんてことがあります。
なにはともあれ、毛を梳いて、念願の(ゆきの毛で)毛玉を作ることができました。うれしいです。
さて、不思議なのは、どうしてゆきの毛が抜けるようになったのか、ということです。
こちらに引っ越してきたとき、ゆきは5歳、年齢的に、換毛するようになったのでしょうか…なんだかありえないような気がするのですが…
それとも、気候が変わったからでしょうか。
前に住んでいた町では、一年に、2週間くらい暑いときがありました。最高気温が20度を超えるくらいです。時に、30度近くいくこともありました。
今住んでいる町は、一年を通じて、前に住んでいた町よりも気候が温暖です。今年、前住んでいた町が気温マイナス50度だった時に、ここではマイナス30度にしかなりませんでした。しかも、一年に、一か月ほど暑いです。ここでは庭で、キュウリとなすを育てて、食べました。前の町だったら、キュウリとなすを育てるには温室が必要だと思います。
こうやって書いてみると、気候は、結構な違いですよね。
ゆきの体が気候の変化に対応したのかなあ、と書いてて思いました。
カメラの音に気が付いたゆき。
耳が反応しています。
Dsc07222
前足の白と灰色がちょっとアンバランスなんです。
Dsc07223
ゆきの寝ている毛布はゆきのお気に入りです。洗って乾燥機にかけると、灰色の毛がいっぱい埃取りのネットについています。

2019年2月26日 (火)

ゆきの食事スタイル

こんにちは。
今回はゆきのことを主に話しますね。
ゆきには、前まで、床にプラスチックのマットを引いて、その上にお皿を置いて、そこで、食べてもらっていました。
ところが、その方法だと、キャットが、いたずらをするのです。餌のお皿に水を入れてしまう、ゆきが食べるのを邪魔する、餌を床に並べてしまう…困りました。
最初のころは、「キャットは子どもだし」と気にしないようにしていたのですが、そのうち、「キャットは意図的にやっているな」とわかるようになりました。
キャットにいくら注意してもダメ、いたずらはやみませんでした。ふだん、こういうことに関しては、聞き分けのよい子なので、私には意外でした。
そこで、キャットを変えられないなら、ということで、ゆきに頑張ってもらうことにしました。
まず、床に低いテーブルのようなものを置いて、そこにお皿を置いて、食べてもらうことにしました。
結果は…キャットがそのテーブルをおもちゃにしてしまいました。
仕方がないので、私はゆきのお皿をテーブルの上に置くことにしました。
(テーブルは大きい6人用なので、ゆきの皿の分の広さは十分あります。)
そうしたら、キャットのいたずらがやみました。私には不思議でたまりませんが…
でも、ゆきのお皿を床に下ろすと、キャットはあからさまにすごく嫌がるようになりました。
ですので、私が皿を持ち、ゆきは、椅子に座って食べます。もしくは椅子の上に皿を置いて、ゆきは食事をとります。
誰も食べていないときは(深夜など)、ゆきはテーブルにのって食べます…そりゃそうですよね。お皿がテーブルの上にあるのですから。
夫は嫌がるだろうと思ったのですが、夫は案外平気で、というか、普通くらいに思っているようです。
写真を撮ってみました。ゆきが動くのでぶれています。
大きい耳です。ウサギみたいだと思いました。
Dsc07204
椅子の上のゆき。
Dsc07215
こちらは床の上に置いた、ダイエット用のエサ入れ。これも、キャットのいたずらの対象です…
Dsc07221
カメラ嫌いなので、不信感まるだしのゆき。
Dsc07214
キャットの昔使ったビニール製のプール。私たちの家では、室内で、ボールを入れて使っていました。今はゆきが入ります。
Dsc07213
そうそう、それから、一つ疑問に思っていることがあるのですが…
ゆきは、私たちと同じく、一日三回食事をとります。ところが、キャットが午前と午後におやつを食べるようになってから、食事が一日五回になってしまいました。そして、深夜午前二時ごろ何か食べているようです。 
それから、夫や私がキッチンにいると、やってきて催促することもあります。
皆さんのお宅はどんな感じですか。やはり、飼い主と同じ時間に食べたがるものなのでしょうか。

より以前の記事一覧