2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

カテゴリー「グルメ・クッキング」の53件の記事

2012年2月10日 (金)

おいしかったです。

esさんの猫のシンジケートの「炬燵でアイスが好き」の記事( http://es-es-es.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-42ec.html?cid=88298063#comments )で紹介されていた簡単冷菓を作ってみました。

レシピは、全般的に簡単で、変に火加減を間違えなければ、おかしなことにはならないだろうと思いました。私ですら、できたので・・・健康上の不安があるので、レシピより砂糖を少なめに、作りましたが、おいしくできました。

ただし、「途中フォークで何回かかきまぜながら、冷凍庫で4時間以上冷やしたら出来上がり」のところは注意が必要かと思いました。ウチの冷凍庫では、4時間冷やしても、固まりませんでした。6時間くらいかかりました。

それから、現材料のコンデンスミルク140ccは、コンデンスミルクでやったほうがいいです。(最初にレシピを試したとき、エバミルクしかなかったので、エバミルクでやったのですが、なんだか、あまりおいしくなかったです。^^;そして、二回目にコンデンスミルクを使ったら上手くいきました。)

ということで写真です。

Oyatsu_2


レシピどおり作ったら、さぞかしおいしいのだろうと思います。私のいい加減なさじ加減でもおいしくできたので。

2011年9月29日 (木)

Pouding chômeur ケベックのデザート 失業者のプディング 

全然グルメではないですけれど・・・

クッキングというほどのものでもないかもしれません。

そのうえ、私は料理が得意ではないので…

ということで。

Pouding chômeur プディン・ショマー(ショムァー?) です。このブログはフランス語圏に興味があると書いていますが、フランス語圏のケベック州独特のデザートです。

名前について

Pouding chômeur または Pouding au chômeur と呼ばれます。(英語のスペル)puddingが使われることもあるようです。

フランス語の発音は、プディン・ショマー、プディン・ショムァーという感じに聞こえると思います。eurの発音が、日本人には簡単に発音できるようなのですが、日本語に書き表すのが難しいようです。

意味は、「失業者のプディング」くらいになると思います。

**

味・材料について

これは甘いデザート(絶対に高カロリーだと思います)です。マドレーヌと黒糖味の好きな人は好きかな、と思います。たくさんバリエーションがあるので、自分好みにアレンジするのもありかと思います。

このデザートはもともとシンプルな原材料で作るレシピで、高価な材料は入っていないはずでしたが、最近ではいろいろ(卵などを)入れるレシピも多いようです。私はシンプルなのが好きです。ケベックのデザートということで、メープルシロップが入っていることが多いみたいです。私もメープルシロップを入れます。

***

このデザートの起源について

ウィキペディアのPouding Chômeurのページ

http://fr.wikipedia.org/wiki/Pouding_ch%C3%B4meur_(dessert)

)とPassion cuisine Pouding au chômeurのページ

http://passioncuisine.over-blog.com/article-pouding-au-chomeur-56912333.html

)によると、

1929年の世界恐慌の際、職を失い、食事後のデザートを労働者階級の人々が満足に楽しめなくなったとき、ケベックの労働者階級の女性がレシピを考案したのだろうとのことです。

上に挙げたPassion cuisineによると、伝説では、世界恐慌のとき、モンレアル市(モントリオール市)市長Camilien Houde カミリアン・ウドの妻Georgette Falardeau ジョルジェット・ファラルドーが、失業してしまった労働者の妻が夫を甘い黒砂糖味で慰められるようこのデザートを発明したのだそうです。世界恐慌の時期は、失業者がたくさん出て、食べるのがやっとだったと聞きます。そういうときに、失業して、デザート(甘いもの)も抜きでは、確かに、なんだか、踏んだりけったりですよね。「デザートくらいは」という気持ち、わかるような気がします。

同じサイト(先ほど挙げたPassion cuisine)によると、もうひとつ伝説があるようです。それによると、ヌーヴェル=フランスの時代(フランスが北米大陸の現在のケベックを含む地域を植民地化していた時代)に愛されたデザート les «cachettes» aux petits fruits (「ベリー類のカシェット」とでも、訳せるのでしょうか?発音は「レ・カシェット・オ・プチ・フリュイ」位でいいと思います。)の名残だというのです。les «cachettes» aux petits fruits とは、いちご、ラズベリー、そして(または)ブルーベリーがスポンジケーキのようなものの下に隠れているケーキの類ですが、確かに、レシピのベースは、Pouding chômeur (「失業者のプディング」)と同じだなあと思います。(les «cachettes» aux petits fruitsのレシピについては、 http://lesgourmandisesdisa.blogspot.com/2006/06/cachettes-tides-aux-petits-fruits.html

 )を参考にしました。(«cachettes»とは一般的には「隠れ家」「隠し場」という意味だそうです。確かに、ベリー類がスポンジの下に隠れていますね。)

それから、先ほど挙げたPassion cuisineに引用されているのですが、シェフのAnne Desjardins アンヌ・デジャルダン氏によると、 冬に、こういうベリー類が不足すると、(砂糖より安く同じくらい甘い)粗糖(黒砂糖)がベリー類に取って代わり、そして、そのうち、粗糖(黒砂糖)がメープルシロップに取って代わられたのではないだろうか、そうこうしているうちに、現在のPouding chômeur プディン・ショマー が出来たのではないか、とのことです。(ケベックはメープルシロップ生産世界一です。)

***

ということで、レシピです。私は原材料に卵を使っていません。牛乳は使っていますが、牛乳の代わりに豆乳でも良いのではないかと思います。ということで、小麦は抜かせませんが、卵アレルギー対応食(卵・牛乳アレルギー対応食)になります。

レシピはRecettes du QuébecPouding Chômeur

http://www.recettes.qc.ca/recettes/recette.php?id=391&rdj=&pub=

からとりました。

準備に35分、調理に45分、12人分できます。

***

原材料です。

「ソース」

☆メープルシロップ250 ml

☆粗糖250 ml (ロワイヤル仏和辞典のcassonadeの項に「粗糖」と訳があるので書きました。ウィキペディアにもありましたが、「黒砂糖」のことだと思います。)

☆熱湯250 ml(個人的には100ml?くらいしか私は使いません(目分量です)。250mlも入れるとソースが多くなりすぎるような気がします。実際、私が作ったら多かったので。)

☆バター65 ml

「ケーキ」

☆小麦粉375 ml (いわゆる普通の何にでも使えるような小麦粉で良いかと。)

☆ベーキング・パウダー5 ml

☆バター65 ml

☆砂糖250 ml(普通の白砂糖でよいかと思います。)

☆牛乳250 ml

***

用具としては

入れ物(ボウル) 2個くらい(小麦を入れるもの)(バターを入れるボウル)

☆13x9 インチ(32x22 センチ)のオーブンOKの入れ物(深めのほうが無難です)

☆鍋(1リットルくらいはOKのもの)

☆かき混ぜるものいくつか

☆オーブン

☆こんろ

があればいいかなと思います(大雑把で申し訳ないです・・・)

***

作り方

1オーブンを華氏325度・摂氏110度くらいに温めておきます。

2小麦粉とベーキング・パウダーをあわせて篩っておきます。

3ボウルにバターを入れ、かき混ぜて、クリーム状にします。それに徐々に砂糖を加えていって、滑らかな感じになるまで混ぜ続けます。

4 3のボウルに牛乳を四分の一、2でつくった小麦粉とベーキング・パウダーをあわせたものを四分の一、混ぜてかき混ぜます。それを繰りかえし、牛乳も2の粉も全て混ぜてしまいます。けっこうどろどろした生地になると思います。

5 13x9 インチ(32x22 センチ)の入れ物の内側にバターを薄く引きます。そこに4で出来た生地を流し込みます。

6鍋に、ソースの材料全てを入れ、こんろにかけ、沸騰させ、沸騰後、少し放っておきます。それから火を止めます。(沸騰が止むのを少し待ったほうがいいと思います。)

7ソースを生地の上に流し込みます。混ぜてはいけません!(重要)

8華氏325度・摂氏110度くらいのオーブンで45分焼き、その後、冷ましてください。(冷めていないとどろどろしているかと思います。)(冷めると、ソースが下に、焼かれた生地が上になっているはずです。)

大雑把な私でも出来るので、普通の人ならもっと上手に出来ると思います。

めちゃめちゃ甘いので、黒糖味の駄菓子などが好きな人は好きだと思います。

写真は、きれいに撮れなかったので、無しなのです。catface

2011年6月27日 (月)

ライス・クリスピーのスクエア(覚書)

とても久しぶりのレシピです。
ライス・クリスピーのスクエアのレシピです。
なつかしの味、でしょうか。

ケロッグのライス・クリスピーの箱に載っていたと思います。
ということで、材料と用具です。

50ミリリットルくらいのバターか、マーガリン
250グラムくらいの極普通のマシュマロ
2ミリリットルくらいのバニラエッセンス
1.5リットルくらいのライスクリスピー

大き目の鍋かフライパン
3.5リットルくらいの大きさの入れ物
ヘラ

作り方
1バターまたはマーガリンを弱火で鍋で溶かす。マシュマロを加える。かき混ぜて、マシュマロを溶かす。マシュマロがとけて、均一になったら、火から下ろす。そこにバニラエッセンスを入れてかき混ぜる。そして、ライスクリスピーを入れてかき混ぜる。
2バターをひいた入れ物(3.5リットルの大きさ)に、(1で作った)ライスクリスピーを入れる。ヘラで表面をならし、さます。さめたら、切る。

こんなレシピは暗記できるようですが、私にはなかなか出来ないので、ブログに載せておきます。

2011年4月16日 (土)

おいしかったです。

全然グルメでもクッキングでもないですが。

1_002

わかめスープ、おいしいですよね。器に袋の中身をあけ、熱湯を150ml注いで軽くかき混ぜるだけです。2分で出来上がるそうです。里帰りしたときに、また同じものが買えたら良いなと思いますが…

それから、ショートブレッドを作りました。これもまあまあでした。さくさくして軽い歯ざわりでした。大体いつも市販品のほうがおいしいと思うのですが、これについては自作のほうがおいしいと思いました。自作と書きましたが、ショートブレッドのミックスを買ってきたので、実は本当の自作ではないです…材料を用意して、混ぜて、焼いただけです。

1_001

ゼラニウムの葉や花を以前記事にしたのですが、つぼみを…おまけです。

これはpatriotパトリオットという種類だそうです。詳しくはわかりませんが…今度調べておきます。

1_007

2011年2月23日 (水)

食べ物を保存すべき温度・消費期限・賞味期限…ケベック政府のPDF文書から 31 生鮮食品よりも長持ちする食品の場合 6

食品の賞味期限

Durée d’entreposage des aliments moins périssable

食品名Aliments

室温 20

Température ambiante 20 °C

涼しい部屋 7度から10

Chambre froide 7 °C à 10 °C

Noix dans l’écale

殻つきクルミ

1 an

1年間

3-4 semaines

,4週間

Oignons secs, jaunes

乾燥玉葱(黄色)

1 jour

1日

Olives 

オリーブ

1 an

1年間

乾燥玉葱(たまねぎ・タマネギ)が一日しか持たないというのはおかしいと思います。

2011年2月22日 (火)

食べ物を保存すべき温度・消費期限・賞味期限…ケベック政府のPDF文書から 30 生鮮食品よりも長持ちする食品の場合 5

食品の賞味期限

Durée d’entreposage des aliments moins périssable

食品名Aliments

室温 20

Température ambiante 20 °C

涼しい部屋 7度から10

Chambre froide 7 °C à 10 °C

Mélanges à gâteaux

ケーキ・ミックス

1 an

1年間

Mélanges à pouding

プディング・ミックス

18 mois

1年半

Mélasse

糖蜜

2 an

2年間

Miel

蜂蜜

18 mois

1年半

Moutarde sèche

乾燥マスタード

3 ans

3年間

2011年2月21日 (月)

食べ物を保存すべき温度・消費期限・賞味期限…ケベック政府のPDF文書から 29 生鮮食品よりも長持ちする食品の場合 4

食品の賞味期限

Durée d’entreposage des aliments moins périssable

食品名Aliments

室温 20

Température ambiante 20 °C

涼しい部屋 7度から10

Chambre froide 7 °C à 10 °C

Huiles végétales

植物油

1 an

1年間

Lait concentré en conserve

缶詰に入ったコンデンスミルク(練乳)

9 -12 mois

9ヶ月から1年間

Lait concentré sucré en conserve

缶詰に入った加糖練乳

6 mois

半年

Lait écrémé en poudre*

脱脂粉乳

1 mois

1ヶ月間

Lait écrémé en poudre

脱脂粉乳

6 mois

半年

Légumineuses sèches

乾燥豆類

1 an

1年間

Levure sèche

乾燥酵母(?)またはベーキングパウダー(?)

1 an

1年間

*脱脂粉乳は容器によって賞味期限が異なるそうです。

2011年2月19日 (土)

有機栽培のほうが良さそうな野菜・果物

有機栽培のほうが良さそうな野菜・果物について聞いたので、メモしておきます。

1 糖分があるもの(虫がつくので、農薬を多く使う)

りんご、ブルーベリー、さくらんぼ、イチゴ、桃など

2 生育環境が厳しいもの

セロリ、ホウレンソウなど虫が食べるもの、ピーマンの類(凹凸に農薬が残りやすい)、じゃがいも、ぶどうなど

2011年2月18日 (金)

有機栽培でなくてもよいらしい野菜・果物(本当かな?)

有機栽培でなくても良い野菜や果物について話を聞いたので、メモにしておきます。

1 皮をむいたりするので、農薬の影響のないもの。または、農薬が洗い流せるもの。

パイナップル、アボカド、なす、メロン、とうもろこし、マンゴー、キャベツなど

2 農薬をあまり(殆ど)使わないで栽培されているもの

サツマイモ、たまねぎ、アスパラガス

本当でしょうか?

キャベツは農薬のついている葉は落とすから大丈夫、と言われたのですが…

食べ物を保存すべき温度・消費期限・賞味期限…ケベック政府のPDF文書から 28 生鮮食品よりも長持ちする食品の場合 3

Durée d’entreposage des aliments moins périssable

食品名Aliments

室温 20

Température ambiante 20 °C

涼しい部屋 7度から10

Chambre froide 7 °C à 10 °C

Garnitures pour tartes

タルト用詰め物

18 mois

18ヶ月間

Gélatine

ゼラチン

1 an

1年間

Gelée en poudre

ゼリーの粉

2 an

2年間

Gruau d’avoine

オートミール

6 – 10 mois

610ヶ月

オートミールが10ヶ月くらいまでしか持たないとは…知らなかったです。

より以前の記事一覧