2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2021年庭のハーブ | トップページ | 最近の水彩画 »

2021年10月21日 (木)

2021年9月庭の植物

2021年の庭の様子です。

今年は暖かくて、庭が賑やかでした。

キャットが「花がたくさんの庭がいい」というので、種を植えたら、気候がいいのが幸いして、花が結構咲きました。「野の花の種セット」みたいなものに入っていた種を蒔いたので、名前のわからない花が多いです。名前がわからなくても、見ていると、元気が出ますね。

下のこちらはデージーのベッキー、多年草です。

Dsc03245

 

下のこちらはシモツケですね。

Dsc03244

下のこちらは…ゼラニウムでしょうか。

Dsc03242

こちらから下三つは、今年は久しぶりにたくさん咲いて長生きしてくれた(というか、10月下旬の今でも咲いています)せんにちこう (千日紅) です。 学名は Gomphrena globosa。 英語名は Globe amaranth、フランス語ではGomphrena (Gomphrena globosa )でよく見かけます。

 

Dsc03241 Dsc03240 Dsc03239

下は紫陽花のアナベルです。もう、花は終わりかけていますが、乾燥しても、きれいです。

 

Dsc03236

下はヒャクニチソウです。いろいろな色があって、楽しいです。お得だと思いました。

 

Dsc03234 Dsc03233 Dsc03231Dsc03018Dsc02885

下は朝顔です。今年は大成功でした。私たちがなにもしなくても、さまざまな困難に立ち向かい、花を咲かせてくれました。種が取れるかと思ったのですが、種ができる前に寒くなりすぎてしまいました。

Dsc03227Dsc03002Dsc03021

こちらは、たぶん、アイスランドのポピーとかそういう名前で売られていた種を植えて、花が咲いて、できました。

Dsc03225

下の三枚はグラジオラスです。私が子供のころ、母が、庭に、グラジオラスとオシロイバナを植えていたようにおぼえていて、キャットが大きくなったら植えようと思って、去年から毎年植えています。凍る土の中で冬は越せないので、秋には掘り起こして、球根を干して、地下室にしまうのですが、10月下旬の今でも花が咲いています。

Dsc03224

Dsc03223 Dsc03222

 

下の花は…わかりません。おそらく、撫子などに近い花だろうな、と思います。もしかしたら、ヤグルマソウかしらとも思ったのですが、ピンクなのですよ。

Dsc03210

下のこちらは、おそらく、ヨーロッパ系のタチアオイではないかと思うのですが、野の花セットに入っていたのが不思議です。豪華な野の花の種セットだと思いました。

Dsc03209 Dsc03208

下は、アマランサス。ですよね・・・

Dsc03207

こちら下の青い花は、ヤグルマソウ、英語ではGarden cornflower、フランス語ではbleuet(カナダ・フランス語圏などではCentaurée bleuet)というそうです。学名はCyanus segetum だそうです。カナダのフランス語圏でbleuetというと、ブルーベリーのことになるので注意してください。

Dsc03206 Dsc03205

ゆきは、キャットのお人形さんのテントが気に入っています。普通の猫用テントより大きいのがいいようです。見えますでしょうか。

 

 Dsc03285Dsc03284Dsc03282Dsc03280

 

ストレスからか、私の頭にはげができてしまいました。

気晴らしになるかと思い、学童保育でパートタイムで働き始めました。始めたばかりで、右も左もわからない感じですが、教員時代とは違った感じで驚きました。時代と場所が違うと、ほんとう、違いますね。まあ、「先生」と「学童保育の人」では、違う感じかしら、と思いますが…

« 2021年庭のハーブ | トップページ | 最近の水彩画 »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ガーデニング・室内植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年庭のハーブ | トップページ | 最近の水彩画 »