2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年6月の2件の記事

2018年6月 6日 (水)

庭の花 2 2018年5月30日前後

こんにちは。
雪が消えたころから、庭では、どんどん芽が出、花が咲き始めました。
水仙
Dsc057280003
ゆきと一緒に庭に出て、撮影しています。
Dsc057260001
水仙の球根、詰め合わせを買ったので、さまざま、いろいろな水仙が咲きます。
Dsc057270002
Dsc057330008
Dsc057290004
チューリップは、ピンク色の花の咲くチューリップの球根の詰め合わせを買ったはずなのですが、紫が大半のような気がします。
Dsc057300005
下の写真にあるつぼみはきっとピンクだと思います。
Dsc057310006
チューリップ。おそらく原種系ですが、そういうことは袋には書かれておらず…
でもきれいです。
Dsc057340009
茎が短く、細いので、花束にはあまり向かないと思います。
Dsc057350010
黄色だけではなく、赤もあります。
Dsc057360011
私の育て方が悪かったのかと思いましたが、どうやら、こんな風に咲くみたいです。
下の写真は普通のチューリップ。八重が多いです。
小さな花壇ですが、咲いてくれれば華やかです。
Dsc057390014
オレンジ色のチューリップ。八重です。
これらのチューリップなんですが、この後、キャット(娘)の通う保育園に持っていったら、子供たちが喜んでくれました。
Dsc057410016
キャットが、チューリップの花に水をかけるので、心配していましたが、無事開花し、花びらも無事でした。
Dsc056910015
Dsc057430018
上から見ても、チューリップ、かわいいです。
Dsc057450020
その数日後…
ピンクのチューリップが咲き始めました。
Dsc058660016
猫の額ほどの土地で咲いています。
Dsc058670017
Dsc058680018
Dsc058690019
空いた土地に植えているだけなのですが、子供たちなどは、「あ、咲いている!」などと言ってくれます。
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
そうそう、私たちの家の花壇のアイリスのところにに芝が入り込んでいます。引っ越してきた時からそうなのですが、どうしたら、芝を花壇から取り除くことができるでしょうか。アイリスは大きいうえ、球根(根)が張っているので、芝生だけを取り除く、というのが簡単にはできません・・・ほかのところ(花壇)の芝生は、土を変えるついでに取り除けたのですけれど…アイリスの場合は、アイリスを引っこ抜かなくてはいけないのでしょうか…
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
それから、今年、種まきを室内でしました。ラベンダーは、全然芽が出なくて、「全滅だわ、種が悪かったのかしら、それとも、冷蔵庫で種を冷やさなかったのが悪かったのかしら」と
思っていたのですが、植えてから一ヵ月以上経って、芽が出てきました。びっくりしました。
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
それから、キャットが裏庭で遊んでいる様子を少し…
6月の様子です。
裏庭用におもちゃを用意しました。
Dsc058650015
駆け回っています。
Dsc058580008
ゆきが裏庭の崖を上りたがったので、一緒に上りました。
Dsc058780028
Dsc058790029
ゆきといっしょに、キャットの様子を高みから。
写真だと見えないですね。カメラって、不思議です。人の目には明らかに見えるものなのに・・・実際にはかなり近いのですが。
Dsc058810031
見えました!
Dsc058830033
そのあと、キャットが合流して、みなで林を歩きました。
Dsc058890039
ゆきはあちらこちらですりすりしています。やっぱり、よそのネコさんが来ているのでしょか。
Dsc058850035
 
 
 

2018年6月 2日 (土)

2018年冬から春にかけての鳥

冬の終わるころ、小鳥たちが私たちの庭にやってきました。
Dsc054610014
Dsc054670020
暦では春のころです。
下の写真のこの鳥は、ベニヒワでしょうか。(学名:Carduelis flammea、英語名:common redpoll、フランス語名:Sizerin flammé)
Dsc054730004
下の写真のこの鳥は、アメリカコガラでしょうか。(学名:Parus atricapillus、英語名: black-capped chickadee、フランス語名: mésange à tête noire)人慣れてしていて、びっくりします。餌のヒマワリの種を持っていくと、私たちの近くに来ます。
Dsc051510011
下の写真のこの鳥は、セジロコゲラでしょうか。(学名:Dryobates pubescens、英語名:downy woodpecker、フランス語名:Pic mineur)我が家の庭木に来だした頃は人見知りをしていたのですが、最近では、私たちが近づいても平気でいます。私たちに慣れてしまったようです。
Dsc051540014
Dsc051670027
ゆきは、鳥が来るほうばかりを見ていました。
Dsc051690029
この後ろ姿は…ギンザンマシコですね。きっと。(学名:Pinicola enucleator、英語名:pine grosbeak、フランス語名:Durbec des sapins)
Dsc052310003
やっぱり。
Dsc052320004
この鳥は・・・???羽が見えないので…ギンザンマシコの雌かと思ったのですが。
Dsc052360002
これは…スズメ目の鳥ですよね。
Dsc052410007
アメリカコガラさん、再び。
Dsc052440010
これは…スズメ目の鳥ですよね。いくつか、名前が浮かびますが、ちょっとはっきり言えません。
Dsc056700003
この写真の鳥は、日本語名はわからないのですが、英語から直訳すれば黄腰鶯(キゴシウグイス)くらいの名前になります。学名Setophaga coronata、英語名yellow-rumped warbler、フランス語名Paruline à croupion jauneです。
Dsc056720005
このほかにもフタスジモズモドキらしき鳥さんなどがいるのですが、そのうち、写真に撮れたら紹介しますね。
そうそう、冬から春にかけて、我が家の居間はほんとうにめちゃめちゃでした。怪獣が襲来したわけではないのですが…ちなみにキャットが持っているのは、たぶん、誕生日プレゼントの馬のおもちゃの手綱です。
Dsc053010007

« 2018年5月 | トップページ | 2018年9月 »