2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« お知らせ | トップページ | Demain j'arrête!を読んで »

2014年2月17日 (月)

ゆき

この前気温がマイナス10度くらいだったので、ゆきが外に出たがり、外に出しました。

Dsc07230

Dsc07231

Dsc07232

後姿ばかりだと、味気ないですよね。正面から。

Dsc07301

顔を大きく。


Dsc07307

« お知らせ | トップページ | Demain j'arrête!を読んで »

ペット」カテゴリの記事

コメント

ゆきちゃん・・・。
雪の中の散歩、楽しそうね
さすが・・・。
北国ニャンです

ゆきちゃん、雪の中でも元気に歩いていますね~。
さすが“ゆき”ちゃん
点々と付いた足跡が可愛いです
↓てぃちゃん、調子が良くなってくれるといいですね。

ゆきちゃんは、雪の上も、楽しそうにお散歩してますねぇ
雪のあしあとも、すごくかわいいです
うちもいつかゆきちゃんみたいに
お散歩させてあげたいな
窓から吹き込む雪程度でも、「キャーッ!」と逃げちゃうので
猫娘たちには無理かしら
ゆきちゃんに雪道の歩き方を、教わらなければなりませんネ!

こんにちは
いつも拝見しております。

ゆきちゃん雪の中を凛々しく美しく
端正なお顔を見られて嬉しいです。

てぃちゃんは
私ときいろひわさんを結び付けてくれた
大切な存在で

るぅさんと
きいろひわさんご夫妻に
とてもとても可愛がられ
愛され

時に人と人の間を
取り持ってくれる猫さんであり

時に人では埋められない寂しさを
癒してくれる猫さんであることを
知っています。

祈っています
祈り続けております。

ミヤンビックさん
こんばんは。
ゆきはほんとう、飼い主と違って、北国ニャンです。マイナス15度くらいまでなら外に出たいようです。


イルカねこさん
こんばんは。
はい、ゆきは名の通り、雪とは友達です。
雪についた足跡、私もかわいいと思います。ゆきは素足で冷たいだろうな、と思うのですが…知り合いに「ブーツをはかせたら?」と言われるのですが、果たしてブーツをはいてネコ(というかゆき)が嫌がらずに歩けるのか、疑問です…

ちなみにゆきは、今日は、家の中で日向ぼっこでした。(鳥のコガラさんが庭に来て騒ぐので、外に出るのは怖かったようです。)


てぃは、結局のところ夫の両親の猫なので、してあげたかったことができなくて…今のところ、お医者様に出してもらった強い薬が効いていて、大分調子を取り戻したそうです。でも、るぅさんがお医者様に同じ薬をもっと出してほしいとお願いしたところ、「強い薬ですので、長い間は使えないのですよ」と断られてしまいました。長期間使える良い薬があるといいのですが…

クシネさん
こんばんは。
はい、ゆきは気分の向いたときは雪の上の散歩がものすごく楽しいみたいです。
雪の上の足跡は、私もお気に入りです。本猫は素足で大変なような気がしますが。
猫娘さんたちの反応、実は、ゆきもやります。気温がマイナス20度を下回っているとき、ドアを開けると、一目散にドアから一番離れた場所へ逃げます。
ちびちゃん、おねいちゃん、待っているにゃ~。(byゆき)

esさん
おはようございます。
ありがとうございます。
胸に響いて、今は言葉もありません…
私たちの祈りが通じますように…。

雪の上でも平気なんですね 犬なら分かりますが 少し驚きです 流石北国の猫ちゃんですね。

雪ちゃん雪の上を散歩ですか?
雪国の猫ちゃんは皆雪が平気なのかな?
キョトンとしたお顔で見られたら恥ずかしいですよ~

ハッピーのパパさん
こんばんは。
はい。マイナス10度くらいまでなら大丈夫で、マイナス15度くらいまでなら外に出たがります。
ほんとうに、短毛なのに、びっちり生えていて、雪国の猫っぽいです。

レオママさん
こんばんは。
はい、雪の上のゆきです。♪
こちらの猫はマイナス10度くらいまでなら大丈夫とのことです。猫は体温が高いのでマイナス10度くらいまでなら外に出していいと愛玩動物専門誌に(たしか)書いてありました。
(夫の実家の猫てぃはマイナス10度くらいなら一日外に出ていたこともありました。)
ゆきにこういう目をして見つめられると、たまりません…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆき:

« お知らせ | トップページ | Demain j'arrête!を読んで »