2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« Demain j'arrête!を読んで | トップページ | 私の実家から戻ってきたころ »

2014年2月21日 (金)

近所のペットショップに行きました。

Mes_premires_photos2

ゆき、生後8か月頃の写真です。
この写真を撮った日が出会いの日です。


ペットショップの人に、「貰い手がいないから処分しようかと思っているんですよ」(というようなこと)と言われたことを思い出します。(のちのちになって、買い手がないから猫を処分するということはこちらではほとんどないということを知りました。私の関心を引くために店員さんが言ったようです。)
ゆきは、私たちの住んでいる場所から車で3時間くらいかかる場所から(きょうだいといっしょに(店長さん談))私たちの住む場所にやってきたようです。
ゆきの前の飼い主は(理由不明ですが)、ゆきを育てられないからとゆきをペットショップに引き取ってもらいました。そしてゆきは2か月近くペットショップで暮らしていたある日、私に出会いました。
私は、猫か犬が飼いたかったのですが旅行の多い生活ゆえ動物を飼うのは夫が退職してからだと思っていました。知り合いにそのことを話していたら、「『いつか』は結局来ないことがある」「今が一番いいかも」と言われ、意を決して、ペットショップに行きました。そして、たった一匹売られていたのがゆきです・・・


(ゆきとの出会いについて昔書いた記事はこちらです。いろいろぼかしてありますが、上の文章に比べれば詳しく書いてあります。)
***
この前、近所のペットショップに行きました。こちらのペットショップは、日本のとは少し違って、飼い主を失った猫や犬たちがいます。ペットショップで治療を受けながら暮らしている猫もいます。大半の猫は販売用ではないです。


こちらのペットショップは、動物を売るわけではなくて、家にいる愛玩動物向けのもの(エサやおもちゃ、ゲージなど)を売っている感じかもしれません。
また、ペットホテルやペット用美容室もしています。預ける場合、エサは飼い主が用意して、料金は猫は一日600円です。外に勝手に出ない猫さんは店内で好きに過ごしています。外に勝手に出てしまう猫さんは、3畳ほどのガラス張りの部屋にいます。
ニ週間ほど前、ペットショップに行ったら、ゆきにそっくりな、でもずっと細くて、お鼻のまわりが灰色の猫さんがいました。(写真にもあるように、ゆきは鼻のまわりの半分が白いです。)ゲージにバスタオルがかかっていて、うす暗くなるようになっていて、近いうちに子どもを生むのだとわかりました。



クリスマス時期に猫の需要が増えるので、子どもを産んでもらおうと思ったら期待通りにならず、結局二月になったそうです。子猫の父親は、シャムネコの入っていそうな青い目の雑種猫かアメリカンショートヘアーみたいな雑種の猫だそうです(どちらの猫も売る予定はないです)。




そして二日前ペットショップに行ったら、その猫さんが子猫四匹にお乳を与えているところでした。この猫さんはゆきと同い年だそうで、飼い主が老齢で亡くなってしまい、だれも面倒を見れないことからペットショップに暮らしているそうです(売る予定はないそうです)。私は、「もしかしたら、ゆきと一緒に連れてこられた猫かもしれない」と思いました。子猫は二匹が母親猫似で、二匹が縞があって父親似だとのことでした。手のひらに乗る大きさで、ビックリするくらいでした。
「この母親猫はよく面倒を見るんですよ」と店員さんがゲージの中の母親猫に手のひらを伸ばすと母親猫がその手にゆっくりと顔をこすりつけて、その様子が本当に、ゆきに似ていました。
母親猫も子猫たちも、去勢手術を受けるそうです。猫の需要がある時期ではないので、子猫たちはとりあえずペットショップで暮らす予定だそうです。(買い手がいないと予想済み。)

ゆきのほんとうの子猫時代(手に乗るほどの大きさのころ)を知らないので、なんだか、胸がジーンとしてしまいました。




下の写真は子供のころのゆきです。


Tired1






下の写真は今年の1月の写真です。
貫録たっぷりです…。



Dsc07282



ゆきは、上から見るとまるさがはっきり♪
なんだか七面鳥(丸焼き)を思い出します…。sweat01


Dsc07180

« Demain j'arrête!を読んで | トップページ | 私の実家から戻ってきたころ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

ゆきちゃん・・・。
生後8ヶ月までペットショップにいたんですね。
良い出会いがあって・・・。
良かったですねwink

ゆきちゃん いい人と出会えて 良かったですね 写真から幸せがにじみ出ていますよ。

ご縁があったんですねwink

ゆきちゃんの姿・・・うちのミルcatと丸さが似てますcoldsweats01

日に日に成長していってるゆきちゃんを見ると、
やはり、時間の経過は、大事だなと思いました。
これからも、お家のアイドルになってくれることでしょう。

最近新聞で、売れなくて処分される子犬や子猫をひきとる団体が出来たという記事を読みました。
こちらに比べると、きいろひわさんのお家の近くのペットショップで暮らしている子たちは、まだ幸せなのかなと思いました。
ゆきちゃん、きいろひわさんに出会えて本当に良かったですね。
ご縁を感じますhappy01
そうそう、猫って鶏の丸焼きに似てるって、昔から思っていました~smile

ペットショップの犬や猫達あまり見たくないです。
目が合っても引き取ってあげられないから…
 我が家のやんちゃ兄弟もはじめ一匹貰う予定だったのに小さな二匹がくっついておどおどしていたので引き離せなくて二匹釣れて来たんです。
今でも二匹で仲良く暮らしている姿は可愛いです。
時々いたづらが激しくて手を焼きますが癒されていますから!
 ゆきちゃんの兄弟気になりますね〜
そうそうやんちゃ兄弟のお母さんは一年とわずかの命、この仔達を産んでしばらくして風になったと獣医さんから聞きました。悲しい気持ちになりました。
お母さんの分まで元気でいて欲しい。

こんばんは~
ゆきちゃんとの出会い、偶然の幸せな出会いでしたねw
猫ちゃんには癒されますねw
無償の愛です(=^・^=)

ミヤンビックさん
こんばんは。
はい、良い出会いです。ゆきが来てから、生活が一層豊かで楽しいものになりました。

ハッピーのパパさん
こんばんは。
幸せがにじみ出ているでしょうか。私たちの幸せとゆきの幸せ、ダブルです。^^

marumiさん
こんばんは。
本当、縁って不思議ですね。
ミルちゃんも、こんな感じですか。お揃い(?)ですね♪

saku18meguさん
こんばんは。
本当、時間の積み重ねって重要ですね。
ゆきは我が家のアイドルです。

イルカねこさん
こんばんは。
引き取る団体ができたんですね。うれしいです。そういう運動が広がるといいですね。ヽ(´▽`)/
ゆきとは、ほんとう、縁がありました。縁をこれからも大切にしたいです。
イルカねこさんも、やっぱり似ていると思いました。うれしいです~!ヽ(*≧ε≦*)φ

せせらぎさん
こんばんは。
こちらでは引き取る必要はない(というか販売用の動物がいないことが多い)ので、ペットショップには猫犬が見たい時に私たちは行きます。
兄弟仲良く、いいですね。ゆきを見ていて、独りぼっちだと寂しくないかな、と思うことがあります。
やんちゃ兄弟のお母さん…命のリレーをして、風になってしまったんですね。やんちゃ兄弟がお母さんの分も精いっぱい楽しく生きることがきっと良い供養になりますでしょうか。

マコさん
こんばんは。
はい、ゆきのおかげで毎日幸せが増え続けています。
本当、無償の愛ですね♪

今は皆家族としてくらしてる子達との出会いは色々でしょうね。
ノラちゃんから家猫になったりどなたからか頂いたり高いお金払って買ってきた子とかそれぞれにドラマがありそうですね。

ゆきちゃん本当によかったね。
素敵な家族ができて。

うちのレオも小さい頃貰われて行った先でいたずらして返されてきて何ヶ月もゲージにいたらしいんです。
息子がこんな子がいるんだけれど飼わない?と言われ一度は断ったんですが一ヵ月後あの子はどうした・と聞くとまだゲージで飼われてるというので相当の決心で引き取りました。
でも今はレオに出会えて本当に良かったと思っています。

レオママさん
こんにちは。
本当に、それぞれドラマがありますね。同じ話は二つ無いというか…
ありがとうございます。ゆきはうちの永遠のお姫さまです。
レオ君も、一回戻ったんですね。幼いうちは人も猫も犬もみないたずらをするものですが…それが理由になるなんて。
レオ君、レオママさんのところに来て良かったです。毎回、甘えん坊な様子を見せてくれるレオ君、レオママさんへの愛情表現いっぱいですね。happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384934/55056541

この記事へのトラックバック一覧です: 近所のペットショップに行きました。:

« Demain j'arrête!を読んで | トップページ | 私の実家から戻ってきたころ »