2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 寒中お見舞い申し上げます | トップページ | メキシコ通り(大多喜) »

2014年1月 9日 (木)

養老渓谷 12月初旬

去年の12月初旬、千葉県の養老渓谷に行きました。

紅葉は終わりを迎えているころ、と聞きましたが、実際にそうでした。
下の写真はゆきで、本文とは関係ありません。
Dsc06785

養老渓谷に降りていきます。


Dsc06797

猫さん。口のあたりがちょっと心配です。   


Dsc06796

養老渓谷には、人がたくさんでした。
粟又の滝あたりではお弁当を食べる人たち…
カメラを持った人、三脚を抱えた人…
川に落ちてしまう人、滑って転んでしまう人…

Dsc06806



下の写真が粟又の滝あたりの様子です。人が多いでしょう?
旗を持った添乗員さん(ガイドさん)に連れられたグループをいくつも見かけました。

Dsc06805



Dsc06807


養老渓谷には、子供のころ、写生旅行で来たことがあります。その時には、滝は大きく、渓谷は恐ろしく見えたものです。
でも、大人になって来てみると、のどかな風景で…
不思議なものだ、と思います。


« 寒中お見舞い申し上げます | トップページ | メキシコ通り(大多喜) »

お散歩&運動日記」カテゴリの記事

コメント

空が真っ青で、紅葉が綺麗ですね
猫ちゃん、毛並みは綺麗なのに、何か病気なのかな。治るといいけど…。
養老渓谷、懐かしいです!
私も○十年も前に行ったきりですが、もっとすごい渓谷のイメージがありました。
子どもの目にうつる景色は、大人とはまた違って見えるんでしょうね

子供と大人では見る位置が変わるからだと思いますよ 場所は違えど私も有りますよ 子供の頃ウワーっと思って見ていた所が大人になってからは何だこんな所だったのかって云う事が。

イルカねこさん
こんばんは。
紅葉は、しているものは綺麗だったです。(もう散っているものが多かったので。)夫は、モミジの葉が小さいと大喜び。夫の実家近辺のサトウカエデのたぐいのほうが大きいのでうれしかったみたいです。(大きさで比較するのはどうかと思いますが~。)
猫、実際の口の様子がけっこう目立ったので、なんだったのだろうと思います。お年を召していたのかもしれませんが…
本当、大人になって見る風景って、子供のころ見た風景と違いますね。

ハッピーのパパさん
こんばんは。
パパさんもこういう経験、ありますか。
思い出の中の風景と実際があまりに違うとなんだか本当、不思議な気がします。

ゆきちゃん良いお顔ですね、どこを見ているのかしら目も可愛いです。
今「ねこなんてよんでもこない」と言う漫画を夫殿が買って来たので読んでいますが、我が家のやんちゃ兄弟みたいで猫の事よく観察しているな〜と思いました。
 猫ちゃん外猫かしら?早く獣医さんに見てもらえば良いのにと思っても外猫は可哀想・・・
我が脂の3匹の猫が代わる代わる来まるのでご飯を用意してあります。せめて寒いのにお腹をすかせては可哀想なので!

せせらぎさん
こんばんは。
ゆきのこと、どうもありがとうございます♪ゆきはたまにこうやってぼぉっと一点を見つめることがあります。るぅさんには「置物みたい」と言われます。
「ねこなんてよんでもこない」という漫画、アマゾンで見ました。黒猫さんですね。
この猫は、たぶん、商店(食堂?)の猫だと思うのですが…養老渓谷のある場所は結構な田舎なので、お仕事をしている方には、獣医さんのところに連れて行くのは一苦労だろうな、と思いました。
たしかに、寒くておなかがすいていたら、たまりませんね。ひとでもたまりません…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 養老渓谷 12月初旬:

« 寒中お見舞い申し上げます | トップページ | メキシコ通り(大多喜) »