2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 神戸の夜景 | トップページ | 厳島神社(12月中旬) »

2014年1月20日 (月)

宮島(12月中旬)

朝、新幹線で新神戸から広島に行き、広島からローカル線で宮島口に、そこから、9時10分から16時10分の間は厳島神社の大鳥居に近づいて接岸するというJRフェリーで、宮島に行きました。

新神戸駅の様子。トンネルに挟まれています。


Dsc06905


Dsc06906


たくさんの消火器。


Dsc06907


宮島行のフェリー乗り場


Dsc06908


フェリーです。

Dsc06909

外人さんが多いのにびっくりしました。
カップルで、友だち同士で、集団で…こんなにたくさんの外人さんを見るのは、久しぶりかもしれないと思ったくらいです。(上野動物園界隈でも外人さんを多く見かけますが、日本人も多いので、それほど目立たない感じがします。このフェリー内では日本人よりも外人さんのほうが数で圧倒していたような感がありました。)とくに、楽し気なオーストラリア人の女学生さんの集団が目立っていました。


瀬戸内海~瀬戸内の町を舞台にした映画などを見たとき、「海がだいぶ違う」と思ったものです。(私にとって身近な海は、東京湾と太平洋なので…)

Dsc06910


情緒がいっぱいです。

大鳥居(国重要文化財)が見えてきました。
感動です!
私は、日本三景のうち、これまで松島しか見たことがなかったので、すごく感動しました。
いつか天橋立にも行ってみたいものです…。
干潮のようでした。(満潮なら、フェリーが大鳥居にかなり接近するようです。)
Dsc06915

大きいです。
高さ 約16.6m
棟の長さ 24.2m
主柱周り 9.9m
総重量 60t
だそうです。60トン、とは…

そのほか、公式サイトには以下のような文章が載っていました。
「嚴島神社の大鳥居は、木造で鳥居の種類としては両部鳥居(四脚鳥居)です。高さ約16.6m、棟の長さ24.2m、主柱周り9.9m、総重量は約60t、木部は丹塗り(光明丹[こうみょうたん])、主柱は楠の自然木を、袖柱[そでばしら]は杉の自然木を使っています。
現在の大鳥居は、平安時代から8代目にあたり、明治8年(1875)に再建されました。笠木は箱になっており、拳大の石が約7t詰められています。根元は海中に置かれているだけで、自重で立っています。主柱の基礎は、千本杭[せんぼんくい]の工法が用いられ、45cmから60cmの松杭がそれぞれの柱に約30本から100本打ち込まれています。楠は、比重が重いことと、腐りにくく、虫に強いからです。
棟の西側には三日月が、東側には太陽の印があり、陰陽道の影響がみられます。
沖側の扁額[へんがく]には厳嶋神社、御本社側は伊都岐島神社[いつきしまじんじゃ]と筆書きされていて、現在の額は、明治8年の再建時のもので有栖川宮熾仁親王[ありすがわのみやたるひとしんのう]の染筆です。」
到着しました。^^

Dsc06930


日本の観光地という感じがして、とてもうれしかったです。

ここのシカは、食いしん坊で、観光客の食べているものをとってしまうばかりではなく、パンフレットなどの紙類も食べてしまうそうです。かなり気をつけたほうがいいと言われました。
見た目はとってもかわいいです。
そういえば、小さな小屋の中で、整備の方がおせんべいを食べていたのですが、窓の外から、シカたちがじ~っと整備の方の様子を見つめていたのが印象に残っています。


ひそひそ話をしているみたいなシカさんたち。

Dsc06933


Dsc06934


写真が多くなってきましたので、次回に続きます。

« 神戸の夜景 | トップページ | 厳島神社(12月中旬) »

お散歩&運動日記」カテゴリの記事

コメント

今回はほんと色々回られましたね~
宮島、行ったことないので、行ってみたいです♪

↓神戸も20年くらい前に行ったきりで・・・
ルミナリエ、素敵ですねー
1度は見てみたいです~♪


ヒカリさん
こんばんは。
宮島は広島まで出られましたらかなり近いです。
昔ながらの観光が楽しめました。
神戸のルミナリエ、お勧めです♪

宮島も結婚したばかりの頃行ったきりなので、また行きたいです。
海の中の大鳥居は素敵だけど、干潮の時はすぐ近くまで歩いていけるので、それもいいいですよね
鹿さんがいたるところにいて可愛いけど、気をつけないといけないんですね。
鹿の方が人間慣れしているような感じですね

イルカねこさん
こんにちは。
本当に、満潮でも干潮でも楽しめますね。私のいたときは干潮で、鳥居のそばまで行きました。
シカさんは本当に要注意です。観光案内の人、友人、知り合い、皆に言われました。ここのシカは、パンフレットだけではなく、観光客が手にしていた串焼きのイカを食べてしまったそうです。イカってシカのえさになるんだとびっくりしましたが~。奈良公園のシカよりも食いしん坊、などとも聞きました。
シカは、かなり慣れています。かわいいのですよ~

宮島は、高校の修学旅行で行きましたが、
シカさんは、奈良もそうでしたが、ほんと、積極的で、
修学旅行のしおりを食べられてしまったクラスメイトがいました(^^;
かわいい食いしん坊さんですね(笑)

根元は海中に置かれているだけ...というのには、
びっくりしましたー!今日まで知りませんでしたよぅ!(@_@;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮島(12月中旬):

« 神戸の夜景 | トップページ | 厳島神社(12月中旬) »