2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 厳島神社(12月中旬) 続き | トップページ | 広島(12月中旬) »

2014年1月27日 (月)

宮島から広島へ(12月中旬)

厳島神社を見た後、あちこち見て回り、もみじ饅頭を買って、再びフェリーで宮島口に戻りました。

もみじ饅頭のあんにはいろいろあって、チョコレート(あん)とか、カスタードクリーム(あん)などあって、こしあん・つぶあんの苦手な人にも大丈夫な感じでした。私は、一番最初に入った店だったので、「藤い屋」で買いました。

広島の原爆ドームあたりに出るのに、広島電鉄(路面電車)に乗りました。
広島電鉄の列車内。

Dsc06970



お昼近かったので、原爆ドームに行く前に、お好み焼きを食べました。
お店は「大昌」(ぐるなびのページです)といい、雑居ビルの二階にあるのですが、ランチがお好み焼きとコーヒー(飲み放題)で550円、お好み焼きとサラダと飲み物、コーヒー、アイスクリームで800円(だったかな、値段が間違っているかも)で、店員さんがとても親切なうえ、お好み焼きがとてもおいしくて、お値段がとてもリーズナブルでした。外国人のお客さんもいて、そのうち外人さんが多く詰めかけそう、なんて思いました。


食事後、原爆ドームに行く前に、爆心地の記念碑によりました。(大昌から原爆ドームに行く途中にあります。)当時も病院だったそうですが、現在も医院でした。(写真はありません…)

ということで、原爆ドームです。

Dsc06971



中には入れません。
竣工年月日(広島県物産陳列館)は1915(大正4)年4月5日だそうです。
もともと広島県物産陳列館として開館し、原爆投下時は広島県産業奨励館だったそうですが、設計者がヤン・レツル(現在のチェコ出身の建築家)という方だそうで、建物はなんとなく欧風な気がします。
広島平和記念資料館のサイトには、以下のような説明が出ていました。
広島県物産陳列館
広島県物産品の販売促進を図る拠点として造られた広島県物産陳列館は、大胆なヨーロッパ風の建物で、県下の物産品の展示・販売のほか、博物館・美術館としての役割も担っていました。その後、広島県立商品陳列所、広島県産業奨励館と改称し、戦争が激しくなった1944(昭和19)年3月には産業奨励館としての業務が廃止され、内務省中国四国土木出張所や広島県地方木材・日本木材広島支社などの統制会社の事務所として使用されていました。
Dsc06972


下の写真は、時代の変遷とともに、原爆ドームとなるまでの説明です。


Dsc06973



周囲の様子です。原爆後、町が再建されたので、整備された町という印象があります。


Dsc06978


Dsc06979

橋を渡って、広島平和記念資料館のほうに向かいます。(下の写真)


Dsc06990


遠くに原爆ドーム。


Dsc06991


たくさんの千羽鶴がおさめられている場所。「原爆の子の像」が真ん中に。


Dsc06992

先ほども引用しましたが、広島県平和記念資料館のサイトには
http://www.pcf.city.hiroshima.jp/virtual/VirtualMuseum_j/tour/ireihi/tour_16.html
「特記事項」として、以下のような文章がありました。
佐々木禎子さん
2歳の時被爆した佐々木禎子さんは、幸いけがもなく、元気で活発な少女に成長しました。ところが、10年後の小学校6年生の時に突然白血病と診断され、8か月間の闘病生活の後、1955(昭和30)年10月25日に短い生涯を終えました。禎子さんは「鶴を千羽折ると病気が治る」と信じ、薬の包み紙や包装紙などで1,300羽以上の鶴を折り続けました。病気を乗りこえ、懸命に生きようとした「サダコ」の物語は、ヒロシマの悲劇の象徴として、日本だけでなく海外でも広く語り継がれています。
子どもたちの運動
禎子さんの死に衝撃を受けた同級生たちは、「原爆で亡くなったすべての子どもたちのために慰霊碑をつくろう」と全国へ呼びかけました。やがて、子どもたちによる募金活動が始まり、全国3,100校余りの生徒と、イギリスなどの国外からの支援により、像を完成しました。
鐘と金色の鶴
塔の内部には、子どもたちの気持ちに感動したノーベル物理学賞受賞者の湯川秀樹博士の筆による「千羽鶴」、「地に空に平和」の文字が彫られた銅鐸を模した鐘がつられ、その下に金色の鶴がつるされ、風鈴式に音が出るようになっています。(この鐘と鶴は2003(平成15)年に複製されたもので、オリジナルは広島平和記念資料館東館1階ロビーに展示されています。)


金色の鶴(複製なんですね)

Dsc06995
折り鶴台(ブース)の整備
この「原爆の子の像」に捧げられる数多くの折り鶴を雨露から守るため、2002(平成14)年4月に、像の周囲に新たに屋根付きの折り鶴台(ブース)が整備されました。
という説明がありました。


千羽鶴の物語、かなしいですね…

**************

話が長くなってしまいましたので、続きは次回に…



 

« 厳島神社(12月中旬) 続き | トップページ | 広島(12月中旬) »

お散歩&運動日記」カテゴリの記事

コメント

最近のもみじまんじゅうはいろんな味がありますよね~。
抹茶やチーズなどもあって、あんこが苦手な私でも、美味しく食べられます
広島電鉄は床が広くてフラットで、ベビーカーやお年寄りの方も、乗りやすそうですね♪
原爆ドーム、とり壊されなくて良かったと思います。
こちらの小学生は修学旅行で、千羽鶴を折ってに持っていくんですが、自分の目で見て学ぶことって大切ですよね。

広島や宮島には昔、そう高校の修学旅行で巡りました。
その頃新幹線が珍しくて初めて乗り嬉しかった。
行きの道中皆で千羽鶴を折り供えた記憶があります。
お好み焼きは食べれませんでしたが今は広島に行かなくても食べられますよね〜
宮島は鳥居の下まで引き潮で行く事が出来てラッキーでした。
一度行った場所へまた行きたいと思ってもやんちゃ兄弟を置いてはいけませんから諦めています。

イルカねこさん
おはようございます。
もみじ饅頭、本当、ありがたかったです~。実家はこしあん好き、粒あん好き、チョコレート好きなどなど、好みのうるさい人が集まっているので、普段お土産には一苦労なのですが、もみじ饅頭だと、名物をみんなで食べられるということで、すごく好評でした。
広島電鉄、きれいで、乗りやすくてお勧めです。廿日市から広島に行くときって、あからさまに風景が変わっていくので、見ていてとても面白かったです。JRだとなかなかわからない風景の移り変わりだわ、と思いました。
原爆ドーム、耐震化されるそうで、よかったです。本当、壊されてしまったら、広島市は本当に整備されたきれいな都市という印象で済まされてしまいそうです。
千羽鶴、折ることは重要だな、と思いました。
それから、ほんとう、目で見て実感することは重要ですね。数字ではわからないことって多いです。。。

せせらぎさん
おはようございます。
新幹線、今から数十年前最初に乗ったとき、うれしかったです。私のほうは、母がわざわざ切符を買って、乗せてくれました。みなでひかりで熱海か静岡まで行ったような記憶があるのですが、記憶はあいまいで、ウナギのお弁当を食べたことだけ覚えています。
せせらぎさんも鶴を折ったんですね。私は修学旅行は奈良・京都で、仏像について比較レポートを書かなくてはいけなくて、そういう精神的な成長がなかったような気がします。
お好み焼き、最近はどこででも食べられるようになりましたね。昔は屋台のイメージがあったのですが、この前、新宿の駅ビルのどこかで食べました。おいしかったです。
宮島は、本当、不思議で素敵ですね。
やんちゃきょうだい、かわいいですよね。置いておくのは心配なお気持ちわかります。私もゆきを預けているときはかなり心配です。(夫の両親が預かってくれるので、あからさまに心配な様子は見せられませんが。)
せせらぎさんの留守の間、信頼できるだれかがやんちゃきょうだいの面倒を見てくれれば、と思いますが、それもまた心配ですよね、きっと…

きいろひわさん こんにちは。
こちらは山口県だということもあって、私の子供達の小学校6年生時の修学旅行は広島でした。
全員で千羽鶴を折って持って行き、捧げたようです。
色んなことを学んで帰って来ましたが、一番子供達の胸を打ったのは、佐々木禎子さんの物語だったようです。
金色の千羽鶴、とても美しいですね。

私はというと広島風お好み焼きが大好きなのに、まだ本場で食べたことがありません。
広島に行くことがあったら、ぜひ大昌で食べてみたいです。
リーズナブルなのが嬉しいですね^^

亜麻さん
こんにちは。
夫の実家に急用で行っていました。お返事が遅くなってごめんなさい。 o(_ _)oペコッ
お子さんの小学校の時の旅行が広島ですか。なんだか、すごく感動です。たしかに、そちらからですと、近いですね。私たちにとって、広島は「教科書で習った場所」で、今回初めて行ってすごく感動しました。私たちの小学校の旅行先は、そういえば、東京でした(とても近かったので、ちょっと残念でした)。
千羽鶴のお話は、ほんとう、心に響きます。
広島風お好み焼き、おいしかったです。大昌のほかにも、お好み焼きのお店はたくさんあるのですが、広島観光にかなり詳しい知り合いから、「大昌は、ランチタイムはリーズナブルでおいしいのに、二階にあるせいか、他所よりも空いていることが多いから、穴場でお勧めよ」と勧められて行きました。地元の方の言うことに、外れはなかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮島から広島へ(12月中旬):

« 厳島神社(12月中旬) 続き | トップページ | 広島(12月中旬) »