2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月の5件の記事

2013年10月31日 (木)

ハッピー・ハローウィン♪

201310301_001
ハッピー・ハロウィン♪

201310301_002


カメラを前にするとむっとしてしまうゆきです。



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

オウゴンヒワさん。まだいます。

かなり心配ですが、マイナス15度くらいまでなら大丈夫でしょうか。
今年生まれた鳥たちだと思うので、暖かい地方に行くということがわからないのかな、なんて思ってしまいましたが、近所の森でコマツグミさんなど(たぶん)も見かけたので、まだ大丈夫なのだと思います。

201310292_001


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

おかえりなさい、ギンザンマシコさん。こちらの鳥は私たちの近所で冬を過ごします。
アメリカナナカマドの実を食べています。


メス


201310302_004


201310302_005

201310302_006





オス

201310302_008


201310302_009



2013年10月28日 (月)

9月から最近までの色々

20130908_004


地下室のデンマークカクタスが咲きました。隣の部屋のリフォームのせいで、埃だらけになったのに元気です。







地下室のリフォームは一室(私の図書室・アトリエ)だけで、作業部屋は建設当時のままです。

20130908_007

リフォームの予定は今のところないのですが、近いうちにむき出しの壁をどうにかしたほうがいいという話にはなっています。この壁、すごいでしょう?






20130908_008

この部屋は、ごちゃごちゃしているので、ゆきの探索にはもってこいの場所です。



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。





9月中旬の庭の様子です。

ナナカマド。実が赤いです。

20130917_001








20130917_002







この薔薇は…マーチン・フロビッシャーでしょうか。



20130917_003





下は、宿根カスミソウ。咲くのが遅すぎるような気がします・・・初雪後に開花です。   



20130917_004






これは、ヘメロカリス。ですが、品種名がジョアン・シニアなのかもう一種類なのかは不明です。   


20130917_005





オオベンケイソウ。   



20130917_007





これは…資料がないので、わかりませんが、去年くらいに私が植えました。



20130917_008








下の写真に写っているピンクは姫瑠璃虎の尾のレッド・フォックス。上の写真の植物は、レッド・フォックスよりはるかに大きいです。



20130917_010



20130917_011





少し前に載せた写真の続き。

リフォーム業者さんが来て、ビビりまくりのゆき。
私が撮影しているのに気付いていないようです。

30092013_008




そのうち気が付いて…首を傾げました。   
30092013_009




そして、身づくろい。

30092013_010

2013年10月13日 (日)

9月初めの庭と暖かい地方へ向かう鳥たち

9月初めは8月末とたいして変わりません。

下は、オオベンケイソウと、アケボノフウロ。

20130902_001





下は、たぶん、シャンプラン…

20130902_002





下は、ウィリアム・バッフィン

20130902_003




F. J. グローテンドースト(グル―テンドルスト)   


20130902_004_2





ヘメロカリスのジョアン・シニア


20130902_006







下は、Astilbe japonica 'Deutschland'というのですが、日本語ではAstilbe japonicaは「アワモリショウマ」と呼ぶようです。直訳ですと、「日本のアスチルベ」ですが…
'Deutschland'は「ドイツ」ですね。

20130902_007






下は、 'Blanc Double de Coubert'(ブラン·ドゥブル·ドゥ· クベール)。
白薔薇です。

20130902_008




.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


このころから、オオクロムクドリモドキさんたちが大群でやってくるようになりました。
こんな感じです。
下の写真に写っているのがオオクロムクドリモドキさん。
20130906_001





多い時は150羽くらいでしょうか。少なくて、30羽くらいかと…
うるさいです。

20130906_002




食べる群れと見張る群れとに分かれているようで、電線に見張っている群れがいます(下の写真)。
よくよく見ると、この群れは、ホシムクドリの群れのようです。同時に撮影しているので、食べているのが、オオクロムクドリモドキ、見張っているのが、ホシムクドリなのでしょうか…

20130906_004


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ある日、ゆきを外につないでおいたら、オオクロムクドリモドキさんがやってきました。猫がいてもお構いなしに、大騒ぎをしながら、餌を食べていました。
ゆきは相当怖い思いをしたらしく(ゆきは外階段の下に隠れていました)、それ以来、オオクロムクドリモドキさんがやってくると、家に入ってしまうようになりました。
たしかに、ヒッチコックの「鳥」は怖いですよね。ゆきは体験してしまった感じです。


ゆきです。のびていても、まるまるしています。


20130913_001



庭で観察中のゆき。   



26092013_001





カメラに超接近のゆき。

30092013_001



最近一か月ほど地下室をリフォームしていたのですが、業者さんが来て、おっかなびっくりモードのゆき。  表情が豊かです。
リフォームし始めのころ、リフォーム業者さんが大きな音を立てたので、すっかりおびえてしまったのですが(この写真のころ)、最後の日には、業者さんに頭をなでてもらってご機嫌でした。人懐こい猫です。


30092013_004


白と灰色の猫だなあ、と見ていて思います。

2013年10月 7日 (月)

8月末の庭 おしまい

自己満足の記事ばかりが続いています。

このうれしい気持ちが来年の6月まで続きますように。
下はセージ。
いい匂いです♪
セージは今でも健在です。気温0度くらいなら大丈夫だと知りました。それとも、東と南から日光が入るので、寒くても大丈夫なのでしょうか。
雑草も一緒に生えています…


20130831_032


下は、三色すみれの形をしているけれど黄色のないお花です。(植えたわけではなくて、芝生に生えていました。それを花壇に移しました。)
濃い青(青紫)がベルベットみたいできれいです。
来年も咲くのかどうか、楽しみにしています。

20130831_033


こちらは三色すみれですよね。

これも、上と同じく、どこからかやってきて、芝生のあちこちに咲いていたのを、花壇に移しました。

20130831_034    


2013年8月31日の写真はここまでです。
2013年9月1日に撮影した鳥の写真です。
実は、(下の写真に写っている種類の鳥)オウゴンヒワさんはいまだに庭に来ています。
オウゴンヒワは、オスが換毛してから、カップルを作り、メスが巣作りをして(オスも手伝うはずですが)、ヒナを育てる(オスも手伝います)ので、ほかの鳥に比べて、子育てが遅めだと聞いたことがあったような気がします。そのせいか、いまだに庭に来ているようです。
寒いとはいえ、庭に、ユキヒメドリさんも、オオクロムクドリモドキさんも、ミヤマシトドさん(かノドジロシトドさん)もまだ来ているので、今年は例年に比べて寒いようですけれど、鳥は例年通りの時期に、暖かい地方に旅立つ予定のようです。
鳥は、寒さよりもエサ不足のほうが困ると聞いたことがあるので、寒くても、エサのあるうちはきっと大丈夫なのでしょうか。

ということで、下に写っているのは、たぶん、オウゴンヒワさんのメスか、ヒナたち。たぶん、ヒナかと思います。オリーブ色と黒のコントラストが特徴的です。


20130901_023

2013年10月 6日 (日)

8月末の庭 つづき

20130831_021

上の写真は、シモツケのAnthony Waterer Spirea Latin: Spiraea X bumulda 'Anthony Waterer'です。アンソニー・ウォーターラーとでも呼ぶのでしょうか。
遅咲きです。


20130831_022

こちら(上)はシモツケの…なんでしょうか、リトル・プリンセスだと思うのですが、大きさが結構あります。   


20130831_023


これ(上)はキャットミント。茂っていい感じです。
この茂みのそばの芝生が踏みならされていて、「なんでだろう?」と思っていたら、どうやら猫か犬がここに隠れているようでした。たしかに茂っているので、鳥には見つかりにくいかもしれません。



20130831_024_2


たしか、上の濃いピンクはベロニカだったかと。
左端に見える白いバラはスノービューティ。
スノービューティの後ろには、つぼみのオオベンケイソウ。
右端にはミント。


20130831_025
たぶん今年限りのスカビオサ。綺麗なのですが~~。うちには向いていないようです。おそらく土の質が良くないのでしょう。


20130831_026
上はミニ薔薇。きれいです。^^


20130831_027
こちらもミニバラ(白)。つぼみが重くて、枝が垂れてしまいました。


20130831_028
アリッサム(上)。うれしくて何度も載せてしまいます。


20130831_029


ナスタチウム。


20130831_030
ナスタチウムの花はオレンジ色か黄色が主でしたが、
こんな赤っぽいナスタチウムの花も咲きました。


20130831_031
上の色がよくある色でした。


20130831_035    
アリッサムのあたりを探検し終わったゆきです。
毎日歩くのですが、毎回真剣です。

手前にあるのは、ハーブなのですが…名前が思い出せません…Winter savory(Satureja montana)かと思ったのですが、違うような感じですね。

庭についてはまだ続きます…




« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »