2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 庭の花いろいろ | トップページ | ゆきの旅 4 »

2012年8月20日 (月)

ゆきの旅 3 

ゆきの旅 1 http://kiirohiwa.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-0a3f.html
ゆきの旅 2 http://kiirohiwa.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-ecb1.html
の続きですが、読まなくても全く問題ないと思います。

ゆきは私たちの飼っている猫です。
2011年8月21日生まれの女の子です。
前の飼い主が飼えなくて、ペットショップに渡し、ペットショップから私たちが引き取りました。私たちはゆきの最初の飼い主やゆきのうまれた環境などを知りません。
様子は下の写真を見ていただければ、分かるかと思いますが、全体が灰色で、鼻から口にかけての一部と喉からおなかにかけてと,足の先が白いです。青白猫と、私は呼んでいます。^^

ゆきの誕生日が近いので、これから記事はゆきの話ばかりになりそうです。すみません…(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.
べつにこれといった内容があるわけではない(コメントしづらいと思います)ので、「いいね!」(ココログ広場に参加していらっしゃる方)をしていただければ、あとでこちらから皆さんのブログのほうにお邪魔できると思います。

***

ゆきを連れての初めての旅はこのように順調に進みました。
夫の実家に、ゆきはすぐに慣れました。
てぃ(夫の実家の手術済みのオス猫・15歳くらい)はゆきを怖がっている様子でしたが、ゆきはてぃに興味津々で、てぃについてまわり、てぃのトイレの傍やえさの傍にまでついていくと、てぃが小さな「シャー」(威嚇)をして、ゆきを追い払う(?)という感じで、数日間の滞在は過ぎました。

その後、家に戻ったのですが、ゆきは車の中で、往路のときと同じくのんびりした様子でした。運転している私の肩に何度か乗ったので、そのときは重かったですが…^^;

食事で車を離れるときも、ゆきはひとりで車の中で留守番ができ、車のドアを開けたときも飛び出して逃げるようなそぶりを見せませんでした。(この旅は今年の春の出来事で、熱中症や凍死などの心配があまりない時期の話です。)

こういうわけで、「これならゆきを連れ出しても大丈夫」と言うことになり、このあと、ゆきは夫の実家にお邪魔するときは一緒にいく事になりました。

るうさん(夫の母)はゆきの訪問が嬉しかったようで、私たちの帰宅後、ご近所さんに話をしたそうです。そうしたら、ご近所さんの一人で、ぼぉ(長毛猫・現在行方不明)の飼い主さんが、ぼぉが行方不明になってから、ちょっとふさぎこんでいたのですが、「猫を二匹飼う予定」とるうさんに教えたのだそうです。その話を聞いて、私は、「てぃはぼぉがいなくなってからかなり寂しそうだったけれど、二匹の猫とゆきの訪問で、てぃの生活にちょっとは張りが出るかもしれない」と思いました。

***

ということでゆきの写真です。
血統書のない普通の猫です。
てぃについてはだれも種類についての質問はしてこないのに、ゆきについては「シャムネコが入っているの?」としばしば尋ねられます。というか、今まで「シャムネコみたい」「シャムネコが入っているの?」と尋ねられなかったことがありません。そして、この質問がけっこう長く続くのです…(´;ω;`)ウウ・・・

私たちは、そういう質問にたいしてはいつも「雑種ですよ」といつも答えていたのですが(だいたいシャムネコとは色が違います)、あまりにも質問が頻繁なので、ゆきみたいな見た目の青猫の種類を探してみました。

そうしたら、ロシアン・ブルーという猫が、「なんとなく雰囲気が似ている」ということになりました。ロシアン・ブルーは青一色ですし、ゆきはどう見たって、青白ツートンのふつうの雑種猫なのですが…
でも、ロシアン・ブルーという名前が見つかったので、それ以来、「この猫はシャムネコが入っているの?」と尋ねられたら、「いえいえ、普通の雑種ですけれど、たぶんロシアン・ブルーが入っているんじゃあないかなと思うんですよ」と答えるようにしました。そうしたら、相手は「そうなの~」と言って、それで質問が終わるようになったので、よかったです。

ちなみに、てぃは、「シャルトリュー」に似ています。てぃは私たちの猫ではないので、写真を載せるわけにはいきませんが…

2012aout17_54


肉球…^^
2012aout17_53

2012aout17_49


見た目は強そうですが、すごい甘えん坊です。

« 庭の花いろいろ | トップページ | ゆきの旅 4 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

ゆきちゃんの性格がよくわかります。
旅の時も車でおとなしく待つ、飛び出しなんて考えていない。これは非常に気が楽ですね。
クー治は病院へ行く時しか車に乗せませんがずっと泣いています。
以前一緒に暮らしたゆうくんは車大好き。
ゆきちゃんみたいでした。
これからゆきちゃんの話楽しみです。

せせらぎさん
こんにちは
コメントをどうもありがとうございます。
はい。ゆきは、旅行に関してはとても楽です。
クー治くんにとって、「車=病院=あまり楽しくない」という図式ができてしまったのかもしれませんね。てぃも同じです。車に乗せるとすごい声で鳴きます。
それぞれ個性ですね。

ゆきちゃん、旅する猫になったんですねhappy01
車を怖がる猫さんが多いけれど、
車内でも騒ぐわけでなく、ゆったりしていてくれると、
ほんとうに助かりますね。
猫の種類については、人はなぜか知りたがりますね。
どの子も猫さんでいいと思うのだけれど…
ゆきちゃんは、ゆきちゃんでいいと思いますよ~。
一枚目の写真とっても好きですhappy01

ゆきちゃん、車でお出かけ出来ていいですね!
顔付きが何となく、子猫の時より、きりっとしてきましたねhappy01
ココアも雑種だけど、シャムの血が入ってる?とよく言われます。
手足が細長いからかな?
ゆきちゃんは綺麗なグレーですよね~。
うんうん、シャムよりは、ロシアンブルーっぽいですねcat
てぃちゃんも、他の猫に刺激を受けて、元気になるといいですねnote

ゆきちゃん、車で大人しくしてくれるなんていい子ちゃんですねhappy01
うちのミーちゃんは、家の中では何をしても大人しいのに・・・
車は病院へ行くときだけ乗るので、ず~っと鳴いていますsad
トラウマなんでしょうね!

昔うちにも親猫はキジネコなのに、グレーの子が産まれました。
まるで、ロシアンブルーのような・・・全身グレーで毛足も短くcat
私は不思議だったので、魔法の子でマホと名付けました。
予防注射で病院へ行った時に先生に聞いたところ、
シャムネコがお父さんだろうと言われました。
そういえば、大きなシャムネコがよく遊びに来ていました~
でも飼い主はナニネコだって、かわいいんだからいいんですよねheart01
甘えん坊さんは特にかわいいですよねlovely

箱缶&もももさん
おはようございます
コメントをどうもありがとうございます。
ゆきが車内で大人しくしてくれるのでほんとうに助かります。(半日かかるみちのりなので。)
猫の種類については、こんなに尋ねられるものとは知りませんでした~sweat01おっしゃる通り、ゆきはゆきですよね。confident世界に一匹だけの猫です。
一枚目の写真のこと、どうもありがとうございます♪私も気に入っています。

イルカねこさん
おはようございます&お帰りなさいhappy02
コメントをどうもありがとうございます。
一年のうち半分くらい他所で過ごす年もあるので、ゆきが車に慣れなかったら、ほんとうに大変でした。なれてくれてよかったです。^^
顔つきがどんどん強くなってきました。でも、甘えん坊で、人懐こいので、お客さんみんなに挨拶してまわり、お客さんに「連れて帰っちゃうよ~」なんて冗談を言われています。見た目と中身は違うといういい例ですね.^^;

てぃは…^^;ほんとう、どうしたものでしょう…るぅさんは、「年をとったから」と言うのですけれど、もうすこし元気を出して欲しいなあ、と思います。confident


ちょこっとさん
おはようございます
コメントをありがとうございます。
ということは…シャムねこさんから青猫が生まれるんですね~!ご近所さん・知り合い・夫の両親親戚の言うことは間違っていなかったのかもしれません。^^;
ミーちゃん、ちゃんと覚えているんですね。確かに、病院を好きになるのはなかなか難しいですよね。think

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384934/46757739

この記事へのトラックバック一覧です: ゆきの旅 3 :

« 庭の花いろいろ | トップページ | ゆきの旅 4 »