2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« Martin Frobisherが咲きました!嬉しいです。 | トップページ | デルフィニウム「マジック・ファウンテンズ」など »

2012年8月 3日 (金)

ウィリアム・バッフィン

この薔薇は花がたくさんつきます。しべは黄色いのですが、じきに茶色くなってしまいます。

2012aout1_45

2012aout1_21

2012aout1_20


2012aout1_44

2012aout1_47

ゆきです。ガラス越しに写真を撮影したので、見づらいですが…
何かと見ています。

2012aout1_13

何を見ているかというと・・・(こちらはピンボケです。( ̄○ ̄;)!)

2012aout1_12


キツツキさんの仲間と思われる鳥です。


« Martin Frobisherが咲きました!嬉しいです。 | トップページ | デルフィニウム「マジック・ファウンテンズ」など »

ガーデニング・室内植物」カテゴリの記事

コメント

ウィリアム・バッフィン、黄色いしべと花びらの白いすじが、鮮やかで綺麗ですね~
ゆきちゃん、お庭に出てるんですね。
鳥を狙ってる時、にゃにゃにゃってつぶやくというか、小さくうなるというか、しませんか?
でもキツツキさんは、獲物としては、ちょっと大きいですね~

ゆきちゃん、お外に出てるんだ
キツツキさんは気になりますね~
姿勢が低いので、きっと狙っているのでしょうね

キレイな色ですね~
こんなお花が咲いてくれると
お庭が明るくなって、うれしくなる気がします

ゆきちゃん、じーっと観察?
何かしゃべってますか?

ウィリアム・バッフィン、ひと枝にこんなにも沢山の蕾をつける薔薇だったんですね。
房咲きの薔薇って、咲き進んで褪色した花と開いたばかりの花とのグラデーションも楽しめますよね♪
ゆきちゃん、後ろ姿も可愛いです。

イルカねこさん
こんにちは
お返事が遅くなってごめんなさい。
数日前からコメントを見ることはできたのですが、日本語を打てませんでした。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
イルカねこさんのブログのほうも拝見していたのですが、同様の理由から、コメントできず…今からお邪魔しますね。(*_ _)人
***
ウィリアム・バッフィンのこと、どうもありがとうございます♪たぶん一日くらいしか良い色が持たないのですが、鮮やかな色を見ると、幸せになります。(゚▽゚*)
ゆきは定期的に庭に出しています。というか、「外に出せ」とうるさくてたまりません。私を玄関まで、にゃあにゃあ鳴きながら誘導します。鳥を見ると、ご想像のとおり、「ニャニャニャニャニャッ」という声で鳴きます。「(ペットショップ育ちなので)鳥なんて見たことないはずなのに、なんで獲物だとわかるのだろう」とちょっと不思議に思います。
ゆきは大物狙いで、大好きなのは、カラスさんです。カラスさんが本気になったらゆきくらいの大きさの猫は持っていかれてしまいそうだと思うのですが…(;;;´Д`)

箱缶&もももさん
こんにちは
お返事が遅くなってごめんなさい。
数日前からコメントを見ることはできたのですが、日本語が打てませんでした。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。今、日本語が打ててよかったです。
***
はい。ゆきは狙っています。(≧m≦)鳥のほうは、逃げる自信満々で、ゆきの事など眼中にないようですが、ゆきのほうは鳥しか目に入らないようで…結局、鳥はえさを食べて去っていきました。(*^-^)

marumiさん
こんにちは
お返事が遅くなってごめんなさい。
数日前からコメントを見ることはできたのですが、日本語入力ができませんでした。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。今、日本語が入力でき、よかったです。
***
この薔薇は比較的花のつきが良くて、庭が明るくなって嬉しいです。(寒い地域のせいか、花のつきが温暖な地方での薔薇に比べるとはるかに劣るのですよ。)
ゆき、このときは「ニャニャニャニャニャ」としゃべっていました。夫によると、「味を想像して、ムシャムシャと予め味わっているんだ」とのことなのですが、食べたことのない野鳥の味などどうして想像つくのだろうと不思議に思います。

亜麻さん
こんにちは
お返事が遅くなってごめんなさい。
数日前から、コメントを見ることはできたのですが、日本語入力ができませんでした。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。今、日本語入力ができてホッとしています。(記事は、予約投稿していたのです…)
***
ウィリアム・バッフィン、本当はもっとたくさん花をつける薔薇かもしれませんが、ここでも花をかなりたくさんつけてくれる貴重な薔薇です。ご近所さんからも「随分花盛りね」とほめてもらいました。房咲きは、本当、咲き初めから開ききったところまで、グラデーションが楽しめます。^^

こちらに越してきたとき、庭が寂しくて、園芸の専門家数人に「薔薇を育てたい」と相談したら、「無理」「勧めない」「育たないから無駄」と言下に答えられたことを思い出します。「専門家とはいえ、こちらに来たことすらない人たちの言うことだから」と、自分の好きなようにいろいろ植えてよかったと思います。

ありがとうございます。ゆきは大分丸くなりました♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィリアム・バッフィン:

« Martin Frobisherが咲きました!嬉しいです。 | トップページ | デルフィニウム「マジック・ファウンテンズ」など »