2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 庭に咲いている花(植えたわけではない花です) | トップページ | J. P. CONNELL (Explorer Explorateur) »

2012年6月23日 (土)

Marie Victrin または Marie-Victrin(薔薇 Explorer Explorateur)

薔薇のマリ・ヴィクトラン(マリー・ヴィクトラン)〔Marie-Victrinと書くとしたら、マリ=ヴィクトランでしょうか〕です。
Explorer(英語) Explorateur(フランス語)シリーズの薔薇です。探検家シリーズですね。カナダの歴史的に有名な人物にちなんだ名前をつけられたバラです。
マリ・ヴィクトランという名前は、おそらく、Frère Marie-Victrin (マリ=ヴィクトラン修道士)から来ているのではないかな、と思います。

***

マリ=ヴィクトラン修道士は、1885年4月3日ケベック州生まれで1944年7月15日にお亡くなりになっているそうです。
植物学者で、多大な業績を残したようです。また、この方の業績は高く評価されているようです。

***
マリ=ヴィクトラン修道士についてのサイト(リンクが張れていないので、興味のある方はコピー&ペーストしてください。ご面倒をおかけします。)

モンレアル大学(モントリオール大学)での展覧会のサイト(フランス語)
http://www.archiv.umontreal.ca/exposition/mv/expomv.htm

マリ=ヴィクトランの生涯と業績をたどるサイト(フランス語)
http://www.florelaurentienne.com/flore/MarieVictorin/PresseNouvelliste.htm

ありきたりですが、ウィキペディア(フランス語)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Marie-Victorin

***

ということで、薔薇に話を戻します。


この薔薇は、高さ・幅ともに、1.5メートル位になるそうです。私たちのところの薔薇は80センチくらいでしょうか。


カナダで開発された薔薇です。
1998年から市場に出回っているようです。
別名にAC Marie-Victrinというのがあるようです。

葉は深緑、照りがあるようです。うどん粉病には強いようですが、黒斑病(黒星病・黒点病?)には弱いようです。
スパイシーな香りがするそうです。
春から秋の霜の降りる時期まで花がつくそうです。

ということで…写真です。

Marievictrin1


Marievictrin3

今年はシモツケや薔薇を失ったので、ちょっと悲しかったのですが、それを乗り越えるべく(?)、薔薇の苗を買いました。
この薔薇は今年、比較的暖かい地方から来ました。なので、もう花がつきました。来年は、きっと他の薔薇のようにもう少し後になってから花がつくのではないかな、と思います。(以前からある薔薇では、グローテンドースト(グルーテンドルスト)とモルデン(モーデン)・ブラッシュがつぼみをつけています。)
この薔薇は、マイナス15度くらいまでは普通に耐えると思います。ここではそれからさらに20度以上気温が下がるので、冬は覆いをかけて保護する予定です。
本に載っている写真で見たより、実際のほうがいい感じで嬉しいです

毎度のことで申し訳ありませんが、具体的な地名などについてのコメントや質問にはお答えできませんので、どうぞご理解・ご協力お願いします。

« 庭に咲いている花(植えたわけではない花です) | トップページ | J. P. CONNELL (Explorer Explorateur) »

ガーデニング・室内植物」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
マリ・ヴィクトラン、ふんわりと咲く優しい雰囲気の薔薇ですね。
今まで見たことのないような綺麗なピンク色の花びらに、
金色の沢山のしべが映えてとっても綺麗です♪
花径はどのくらいありますか?
花期が長いのも嬉しいですね^^
写真で見たより、実際のほうがいい感じということで何よりです。
蕾が沢山見えます。
次々咲くのが楽しみですね!

亜麻さん
こんばんは
ありがとうございます。
この薔薇は、しべがとてもきれいに出て、嬉しいです。また、ピンクは、自宅にあるそのほかの(いわゆる)「ピンク」の薔薇にくらべて、微妙に薄めに出て、きれいです。
花の大きさ(花径)は10センチくらい(9センチと、とあるサイトに出ていましたが)で、シャンプラン(赤花で、6月25日に記事にする予定です)が6~7センチ、J.P.CONNELL(黄色花で、6月24日の記事に写真を載せました)が7~9センチくらいなので、それらの花に比べて大きく見えます。しかも、このマリ=ヴィクトランは、花びらが反り返る(?)ので、実際よりも大きく見えるような気がします。

花期が長いのは、貴重で、嬉しいです。これからも、この花の様子を記事にできたら、と思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Marie Victrin または Marie-Victrin(薔薇 Explorer Explorateur):

« 庭に咲いている花(植えたわけではない花です) | トップページ | J. P. CONNELL (Explorer Explorateur) »