2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 幾つか嬉しかった事 | トップページ | キレンジャクさん(だと思うのですが) »

2012年3月24日 (土)

てぃを抱っこしようとしたら…

てぃは私たちのペットではないのですが…てぃ(仮名)は夫の実家の手術済みの大きなオス猫です。体重が7~8キロくらいはあります。てぃは私のことが気に入っています。理由はよくわかりません。
私はネコがけっこう苦手だったのですが、このブログを始めて、いろいろな方のブログにお邪魔するようになって、ネコのことがよくわかるようになり、ネコ全般に慣れて、今ではてぃを抱っこできるまでになりました。
私は趣味で水彩画を制作しているのですが、ネコについていろいろ知った結果、テーマが広がり、てぃなどネコをテーマにした作品も制作できるようになりました。そのせいか、ご近所さんには、「あ、ネコ(のひと)!」と呼びかけられたことがあります…(;´д`)
○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*
ということで…
てぃの話です。
去年のクリスマス休暇ころの話です。
ある晩、てぃがいつものように、遊んでもらおうとして、私の足元にいて、甘えていたのですが、私は年末の忙しさに疲れていたので、てぃと遊ばず、てぃを抱っこしようと思いました。(てぃと遊ぶのはけっこう疲れます…)てぃを抱っこすれば、てぃは大人しくしているので、その間、私はのんびりできます。私はてぃを抱っこしながら、テレビを見ようと思っていました…
ということで、私はいつもするようにてぃを抱っこしようとしたのですが、てぃを持ち上げたら、首の、喉の下あたりになにか刺さったような気がしました。
「てぃの爪が刺さったんだ!」とすぐに私は思い、てぃをおろしました。私の頭の中では、いろいろな人がてぃに怪我をさせられたときのイメージがぐるぐると回っていました。てぃは私に怪我をさせることはなかったのですが、他の人には噛み付いたり(?)、引っ掻いたりするので、私はそういう傷を想像して、すっかり動転してしまいました。そして、かなり流血しているのでないか、服を着替えなくてはならないのではないか、と心配しながら、夫のほうに行きました。そして、夫に「見て」と言いました。私は自分の声が震えているのを感じました。私は、夫が傷を見てびっくり仰天してしまうのではないかと思っていました。ところが、夫は「何を」と尋ね返してきました。私は、「見て、傷があるでしょう」と言いました。でも、夫は、「ないよ」と言い、続けて、「どこにあるの」と尋ねてきました。ですので、私は、「首辺り、血が出ていない?」と尋ねました。そうすると、夫が「出ていないよ」と答えました。私は、そこでやっと平常心を少しばかり取り戻し、自分の指で、首辺りを触ってみました。どこにも傷はありません。指を見ても血の跡がついていません。そしてふと視線を感じて下を見たら、てぃが足元にいました。
てぃは、普段、人を傷つけると、脱兎のごとく逃げて(ウサギではないですけれど)、どこかに隠れてしまいます。でも、このとき、てぃは逃げず私のそばにいました。ということは…
どうやらてぃは私の首にわざわざ爪を立てたようではなかったようです。私の想像ですが、てぃの爪が私の首に「ぶつかった」のかな、と思います。
夫が、「てぃは年に一度しか爪を切らないからね」と言いました。爪を切らないと、ちょっとしたときでも、爪が出やすくなるのでしょうか…たしかるぅさん(夫の母)は年に二度爪を切ると言っていたような気もするのですが…
何はともあれ、そのあとは、てぃを抱っこすることなく、休暇を過ごしました。てぃは幸せだったと思います。私に抱っこされないことは、つまり、私にいつも遊んでもらえるということなので。

« 幾つか嬉しかった事 | トップページ | キレンジャクさん(だと思うのですが) »

ペット」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
うちのにゃん太は遊んで欲しい時、PCに向かっている私の肩や背中を爪をひっこめた前足でチョイチョイっと触ります。
知らん顔していると、そのうち爪を出して引っかいてくるようになります。
それで堪らず遊んでやるようになるのですが、catが嬉々として遊ぶ様子を見るのは嬉しい反面、大変疲れます~sweat01
てぃちゃんはこの時、「抱っこじゃなくて、遊んで欲しいのに~」という気持ちで、「でも大好きなきいろひわさんを傷つけてはいけない」という気持ちも働いて、少しだけ爪が出ちゃったのではないでしょうか。
結局遊んでもらえるようになって、てぃちゃんの作戦成功ですね^^

うちは二週間に一度くらい爪を切るのですが、
その回数でもかなり伸びてて、少し爪先に触れるだけでも、
「ぐおぉ~~~!」と悲鳴が出るほど痛いので
一年に一度か二度では、てぃちゃんの爪は相当伸びてて、
隠しても先っぽ出ちゃってるんじゃないかしらwobblysweat01
猫、リラックスしてるときや嬉しいときも、
ニュッと爪出ちゃったりするから、
きいろひわさんにダッコされて嬉しくて思わず、
ニュッとしちゃったのかも知れませんネwink

“猫のヒト”っていう呼びかけもすごいですねcoldsweats01
でも猫好きにとっては最高の称号ですcrown
うちは一ヶ月に一度ぐらい切りますねぇ。
猫って興奮したり力を入れたりしても爪がでちゃうから、抱っこされてちょっと力が入っちゃったのかもしれませんね。
猫の爪はちょっとだけでも痛いですよね~。子猫なんか細くてとがってるから、悲鳴を上げそうなくらい痛いです。
でも本気じゃなければ、そんなに大けがすることもないので、大好きなきいろひわさんを傷つけることはないんじゃないかと思います。
てぃちゃんも結局はたくさん遊んでもらえて、良かったですね~wink

うちは、伸びてきたな~と思ったら切ってますcat
伸びをした時に、カーペットに爪がひっかかって苦労していたり
するし、やはり自分では爪をかけるつもりはなかったのにひっかいて
しまったりするので、切った方がいいですねhappy01
てぃちゃんもきいろひわさんのこと好き好き~と触ったら、
爪がひっかかってしまったんですねwink
あれ~もう抱っこしてくれないの~って、待ってたんだと思いますheart02

ミーちゃんもタマも、遊んでー抱っこしてーごはんーみーんな鳴いて訴えます!
子ネコの時は、爪を出しっぱなしなので傷が絶えませんでしたcrying
でもかわいくてね~heart01

きいろひわさん、こんにちは。
やっぱり、猫の爪は伸びてくると痛いですよね。仔猫だったときは、つめ自体が薄くてカミソリのような感じで、腕とか首のまわりとか、いつも傷だらけでした。猫ビギナーだったので、猫の爪を切る、ということをしばらく知らないでいたのですが、爪を切るようにしたら安心して抱っこしたりかまってやれるようになりました。てぃちゃんも、飼い主さんがもうちょっとマメに爪きりしてくれるといいですね。
by momo

亜麻さん
こんにちはヽ(´▽`)/
確かに、てぃは遊びたがっていました。もう、遊ぶ気満々というのでしょうか。
「抱っこじゃなくて、遊んで欲しいのに~」、たぶん、これが、まさにてぃの気持ちだったのかもしれません…私は「ちょっと休ませて~」だったのですが。^^;
ちょっと出てしまった爪、たぶんてぃにとっては無意識の仕草だったのだと思いますが、大成功でしたね。happy01
4月上旬にまた夫の実家に行くので、たくさん遊びたいと思います。

クシネさん
こんにちはヽ(´▽`)/
爪ってそんなにはやく伸びるんですね!知らなかったです。^^;「だから、るぅさん(夫の母)がてぃを運ぶとき、てぃの爪が食い込んでいるんだわ」と納得です。てぃは、ブラッシングすらなかなかさせないらしいので(私はブラッシングできるんですが)、爪切りは難度が高そうです。sweat01(爪切りは、定期健診のときに、獣医さんがしているそうです。)
それから、確かに、思い出してみると、猫の爪って、感情の起伏で出ますね。てぃが、リラックスして、グーパーするみたいに手を開いたり閉じたりしているとき、爪がちょっと見えます。
この事件のときは、嬉しくて、爪が出てしまったのか(嬉しくて爪が出てしまったのなら、私も嬉しいですが^^)、「やっぱり抱っこよりも遊んで欲しい」という気持ちから爪が出てしまったのかわかりませんが、それにしても、てぃが一番得したと思います。happy01

イルカねこさん
こんばんはヽ(´▽`)/
「猫の人」、「あ、猫!」等、喜んでいいことなんですねcrown。最初は、なんて応えていいのか分かりませんでした。^^;
ココアちゃんも、一ヶ月に一回くらいは切るんですか。ということは、やはり、てぃはかなり切らないほうなんですね…たしかにてぃがソファを引っ掻いて、ソファの生地(布)に爪が引っかかってしまうことがよくあります。
子猫の爪、ものすごく痛そうですね…sweat02。私は子猫を触ったことがあまりないのですが、いつか猫を飼うときのために肝に銘じておきたいと思います。

ちょこっとさんさん
こんばんはヽ(´▽`)/
てぃも、「自分では爪をかけるつもりはなかったのにひっかいてしまったり」します。そして、爪が引っかかってしまい、困ってしまいます。^^;
もしかしたら、もしかして、抱っこをまっていたのかもしれませんね。私の足元で待機していましたし…次回、抱っこしてみて、ちょっと反応を見てみたいと思います♪

twinkle echo(momo)さん
こんばんはヽ(´▽`)/
くろちゃんもしまくんも、子猫のときは、爪に関しては、やはり大変だったんですね。猫を飼うときのために爪切りについてはしっかり覚えておきたいと思います。
てぃは、とても独立心が旺盛で、人が(飼い主すら)触るのがなかなか難しい猫のようで、定期健診のたびに獣医さんに爪切りをお願いしているようなのですが、たぶん、本当は、飼い主が定期的に切るのが理想的ですね。thinkでも、てぃはきっと言う事を聞かないような気がします…以前、目薬を差すために、まぁさん(夫の父)がてぃを抱きかかえようとしたのですが、てぃは、まぁさんの腕に爪を立ててしまい…「毎回こうなのよ」とるぅさんは言っていましたが…、とても大変そうでした。^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384934/44609635

この記事へのトラックバック一覧です: てぃを抱っこしようとしたら…:

« 幾つか嬉しかった事 | トップページ | キレンジャクさん(だと思うのですが) »