2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 2011年2月20日 - 2011年2月26日 | トップページ | 2011年3月6日 - 2011年3月12日 »

2011年2月27日 - 2011年3月5日の17件の記事

2011年3月 5日 (土)

お散歩&運動日記 26

昨日の話です。

仕事先なので、散歩も運動も滞りがちでした。移動するのに、歩いたくらいです…

忙しくて、食事がまともに取れなかったので、その分、カロリー摂取は抑えられていると思いますが…健康にはよくないですよね。

歩いた建物内の天井です。

1_1311

実際は暗かったようなので、明るく見えるよう処理しました。人口のやしの葉っぱが右に見えます…

なんだかものすごく疲れたので、「早く就寝したいなあ」と思いながら、夜更けまで仕事をしました。

さよなら、アロエ・トラ(^ー^)

るぅさん(夫の母)から、昔、「たくさんありすぎて困るくらいだから」と頂いたアロエなのですが、見た目と育ち方が、トラノオに似ているので、「アロエ・トラ」と名づけて育てていました。

(2010年11月24日(水)の「ガーデニング・室内」カテゴリーの記事「アロエかな?」 http://kiirohiwa.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-215d.html と2011年1月25日(火)の「アロエの今」 http://kiirohiwa.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-53d6.html に少しかかれています。読む必要はないと思いますが。)

「枯れるといけないから」ということでたくさん頂いたのですが、枯れた株は一つもありませんでした…

世話をしなかったのですが…世話をしなかったのが良かったのかもしれません。sweat01

けっこうな数の鉢があったので、先日、夫の仕事場に一鉢、もって行ってもらいました。

下のような感じでした。絵が下手です。すみません・・・

Cocolog_oekaki_2011_03_03_11_17

そして、数日後には、部下の人たちからリクエストが来て、四鉢ほど貰われていきました。

今家にあるのは、四鉢ですが、大きいので、株分けすればまた十鉢くらいにはなりそうです。

一番小さい鉢で以下のような感じです。

1_1304

ぼっさぼさです。

2011年3月 4日 (金)

Mon chat chez le psyを読んで 1

るぅさん(夫の母)が、私がフランス語に興味があるのを知って、そして、私が猫のことを知らないのをよく知っているので、本を一冊とりよせてくれました。

その題名は、Mon chat chez le psy (直訳すれば、「心理学者のところにいるうちのネコ」、意訳すれば、「うちの猫の心理を(心理学者が)解く」位になると思いますが)というもので、もともとは英語だったのを訳したようです。その後に続く50 comportements intrigants expliqués aux amoureux des félinsは、直訳するとわかりにくそうなので、「ネコ好きさえも引っかかる50の猫の振る舞いを解説」くらいでいいかなあ、と思います。文法的には全く一致しませんが。

1_1235

著者は CATHERINE DAVIDSONさんという方で、原題は、 Why Does My Cat Do That?(訳せば、「何でうちのネコはそんなことするの?」くらいでしょうか)です。

「疑問→答え」形式の本で読みやすかったです。

例えば、ネコがなでられて、腰を高く持ち上げる動作については、

1_1238

Pourquoi mon chat soulève-t-il le derrière quand je le caresse?「なぜ私のネコは、なでてやると、おしりを持ち上げるの?」という題の下に、ピンクのQのセクションがあって、そこにもう少し詳しく質問が書かれています。その下にある緑のRのところに、解答が書かれていて、最後にまとめがついています。イラストもついています。

1_1239

まとめには、Quand vous caressez votre chat, il lève la queue pour exposer son derrière. Cette réaction déconcertante est en fait une marque d'affection.

Montrer son derrière est une survivance de l'époque ou(uにアクサン・グラーヴがつきます) le chat était un chaton. Quand le chat adult le fait, c'est parce qu'il considère son maître ou sa maîtresse comme sa mère.

とありました。

訳すと、「ネコをなでてやると、しっぽを持ち上げて、おしりを見せます。この面食らわせる反応は、実は、愛情のしるしなのです。」「おしりを見せることは、ネコが子ネコだった時代の名残なのです。成猫がこれをするとしたら、それは自分の飼い主を母親だと見なしているからなのです。」

説明はわかりましたが、私はてぃの飼い主ではないです…

飼い主にしないで、たまに来る私にしかしない場合はどうなのでしょう…?てぃが私のことを飼い主だと思っているわけがないと思いますが…たまにしか来ない人を母親だと思っているのでしょうか…私のなで方が母猫の振る舞いに似ていたのでしょうか…う~~ん、わかるような、わからないような、です。

この本を読んで、また学ぶ事があったら、記事にしたいと思います。ということで、題のほうに1をつけました。

シボレーのアップランダーについて

私が住んでいる地域については、暗黙の了解ということで書き込み等はご遠慮願います…。

ということで、アップランダー Uplander です。GMのなかのCHEVROLETが出していたミニバンです。

私は三度借りました。それぞれ車種は同じでも異なった車を借りたのですが、それぞれ問題があったので書いておきます。製造年がわからないのが残念ですが・・・。アップランダーは2005年から2008年の間に製造され、2009年まで販売されていたようです。

ウィキペディアに基本的な情報は載っていましたので、興味のある方はどうぞ(英語です)。

http://en.wikipedia.org/wiki/Chevrolet_Uplander

以下は、私のとても個人的な感想です。おそらく、アップランダーと相性の良い方はたくさんいらっしゃると思います。

アップランダー 一台目

走行中にものすごい雑音がして、会話ができないほどでした。その年のアップランダーは全てこうなのだと、後で説明を受けました。仕様ということでしょうか・・・?

寒冷地では、たぶん、ブレーキの効きがおかしくなります。それから、ハンドル操作も変な感じです。これは私一人の運転のときの感想なので、主観的かもしれません。

アップランダー 二台目

ワイパーから洗浄液が出る穴が数箇所があるのですが、運転席側のワイパーのその穴が寒いと機能せず、洗浄液が出てきませんでした。雪交じりの泥で汚れたフロントガラスがきれいにできません。危険です。寒冷地では水でフロントガラスを洗うわけにもいかない上、田舎(というか山の中)ではガソリンスタンドなどありませんし…一本道なので、停車するわけにもなかなかいきません。

ワイパーから洗浄液が出るのですが、助手席側のワイパーから出る洗浄液がフロントガラスにかからず、他所へ飛んでいってしまいます…洗浄液の無駄でした。

寒いと、ラジオが機能しません。

寒いと、ブレーキの効きがおかしいです。

寒いと、ハンドルが重くなります。私は大丈夫でしたが、なれていない人は大変だったようです。

二台目については、他の人にも試してもらったので、私の主観ではないです。

三台目

CDプレイヤーがあるのですが、CDを使うと、CDが融けそうなほど熱くなります。危険です。

ということで…私は借りた車と相性が悪いようです。

お散歩&運動日記 25

おとといは、定期健診だったので、散歩はしませんでした。運動を少しだけしました。

昨日は仕事で、一日中運転していました。

ということで、散歩する時間も運動する時間もありませんでした。

ということで、車窓からの光景です。変わり映えのない光景です。

1_1306

1_1310

私が運転しているときはふぶいていたのですが、私が助手席に移ったら、写真のように天候が穏やかになりました。

車は、シボレー Chevrolet のアップランダー Uplander なのですが、言いたいことがありすぎるので、今度、記事にします。車については詳しくないですが、運転する立場から、書かなくてはいけないような気がします…

2011年3月 3日 (木)

猫のイラスト 2010年のカレンダー(小型版)から

The Proverbial Cat(小型版)の3月のイラストです。

1_262

Meow spoken here.

「ここではニャー語が話されます。」

はて、どこの国の猫も同じニャー語を話していればいいのですが…

昔、犬は国によって鳴きかたが違う(=国が違うと、同じ犬種の犬同士でも意思の疎通が出来ないかもしれない)といった記事を読んだような気がしますが…

2011年3月 2日 (水)

猫のイラスト 2010年のカレンダーから

The Proverbial Catからです。

1_246

Feelings are everywhere. Be gentle.

「感情がそこらじゅうに。落ち着きなさい。」

訳がかなり曖昧ですが。

訳に訂正を加えました。

お散歩&運動日記 24

昨日の話です。

この日は、なんとなくふぶきそうな気配がしたのですが、散歩道に入るときは小雪がちらつく程度だったので、いつも通り散歩しました。距離は4.5キロくらいです。かかった時間は1時間半くらいでした。

気温は高く(たぶん、マイナス10度とマイナス5度の間くらい)、空気が、なんとなく、湿っているような気がしました。歩いていると、汗をかきました。

人の声もして、会う人とおしゃべりなどして楽しく過ごしました。若い人は雪の散歩でも本気で走って、疲れると、道の脇の雪にねっころがっていました。(説明が上手くなくてすみません。)

こんな風にして楽しく過ごしていたのですが、散歩が終わる頃には、本格的にふぶきだして、前が見えにくくなりました。

車に戻って、靴を見たら、雪がこびりついていて、取り除くのに少し難儀しました。

ということで、証拠の写真です。木です。名前がわからないので、今度調べる予定なのです。

1_1308

おそらく同じ種類の木の枝に雪が積もっているのですが、枝から出ている葉が雪の白に強調されて櫛のようです…少し写真がぼけていますが。

1_1306

下の写真にある足跡は何の動物のものかわかりません。最初は、ハリネズミかな、と思ったのですが…違うような気がします。

1_1304

2011年3月 1日 (火)

私は私であるという証拠・しるしを守りたいです

常時安全セキュリティ24

ブログネタ: 【賞品付き】あなたが守りたいのは何?参加数拍手

上の「常時安全セキュリティ24」の画像はついてきたので…ちなみに、このサービスは、最近の優秀な(容量の大きい)コンピューターならいいですが、昔のメモリ容量の小さいコンピューター(+ダイヤルアップ接続など)では重荷になるかもしれないと思います(実話)。ということで、このサービスを利用するときは、予めコンピューターの性能や接続方法などをきちんと伝えて、適当かどうか確認したほうがいいかな、と思います。

それから、このブログネタの「拍手する」は、「ポチッと」の代わりなのかな、と思っていたのですが、そうではないみたいですね。ココログとは関係のない方でも、要は誰でも、押していいのだそうです。鳥撮トリプル@とり3さんの記事で知りました。大変為になりました。

なにはともあれ…

私が守りたいのは、大体の場合、私である証拠・しるしや私自身の基礎・原則のようなものです。

たとえば、地震が起きたときなどは、身分証明書となるものとクレジットカードのようなものは携帯します。ありきたりですみません・・・sweat01

買い物をするときには、何でも買うのではなく、私がほしいもの・必要なものを買います。当たり前のようなことですが・・・sweat01

仕事をするときには、妥協が必要なときも多いですが、そういうときも、私の原則のようなものは(大声で言うことはまずありませんが)守ろうとします。これもだいたい皆さん、同じような感じだと思いますが・・・sweat01

でも、ちょっとした瞬間、あまり自分とは関係のないものを守ろうとしてしまったりもします。

たとえば、近くにいた(見ず知らずの)子どもが転びそうになったら、考える前に、とっさに助けてしまおうとしてしまったりとか… (このあたりも、きっと、この記事を読んでくださる方の何人かは同じような感じかもしれない、と思ったりしてしまいますが…sweat01

そういうとき、「いつも「私」「私」と言っている私だけれども、結局、ひとびとのなかのひとりに過ぎないんだなあ」と感じます。

お散歩&運動日記 23

昨日の話です。

昨日は、気温がマイナス10度程度で、暖かかったので、散歩道を4.5キロほど、歩いてきました。かかった時間は一時間半くらいでした。天気はよく青空がきれいでした。雲が見えないくらいで、「今日は快晴かな」と思いました。

他にも歩いている人たちが何人かいて、「こんにちは」の挨拶を何度かしました。

鳥は、さえずりは聞こえるものの、姿ははっきりと見えませんでした。

リスは、灰色リスを、一匹だけ見ました。私のすこし前を横切って走り去っていきました。そういうわけで、リスの写真は撮ることはできませんでした。

ということで、証拠写真なのですが、かわりばえのしない風景になります。

青空に、山火事跡です。

1_1298

リスの通った跡です。

1_1299

  1_1302

こんな場所を歩きました。

コレット・デメゾンさんの「3月」の絵葉書

1_182_2

Colette Desmaisonさんの「3月」の絵葉書です。

目覚める頃、でしょうか・・・片目を瞑っているので、寝たふりをして、何かを待っているのでしょうか・・・

2011年2月28日 (月)

リビア カナダ人だったら500ドル用意でローマへ…

リビアの日本大使館が閉鎖され、機能がチュニジアのほうに移されたようですね。

日本人には外務省から退避勧告が(二日・三日前ほどでしょうか)出されたようです。日本人の数は少ないので、把握はできていると聞きますが…アメリカのチャーター機や、韓国がチャーターした飛行機に乗った人もいるとか…

日本の外務省の退避勧告は土曜日あたりだったようですが、カナダも、アメリカとは違って、対応が遅かったようです。日本人よりもはるかに数の多いカナダ人がリビアにはいた(いる)ようですが…

カナダ政府は、チャーター機を二機用意して、ローマまで脱出というプランを用意したようなのですが、この飛行機で脱出するには、後払いとは言え、500ドル(日本円なら5万円くらいでしょうか?)を用意しなければならないようです。しかも、ローマに着いたら、自力で帰って来いとのこと・・・

一回目(2月24日)は、保険の関係で(?)、欠航したようです。リビアには、344人のカナダ人がいるらしく(大使館に登録されている数だそうです)、そのうち210人以上が国外に出たがっているようですが。

四日経った今日、どうなっているか、興味のあるところです。

お散歩&運動日記 22 

昨日の話です。

昨日は朝から忙しく、しかも寒かったので、散歩に出かけませんでした。

午後になって、疲れが出たのか、気がついたら、いすに座ったまま熟睡していました。

ということで、この日は、室内でできる運動だけしました。

運動不足でまた太りそうです。

実は、体重は1kgくらい減ったようなのですが、こんな暮らしぶりでは、すぐに元の体重に戻ると思うので、油断はできません。

ということで、写真がないので、代わりに、近所の風景の水彩画です。

1_1283

知り合いに「抽象画みたいだね」と言われました…そう見えるでしょうか。

どの程度の食べ過ぎかによりますが…

ブログネタ: 食べ過ぎをスッキリさせる方法教えて! 参加数拍手

私は年中食べ過ぎている気がします。ですので、食べ過ぎをどうにかすることに、慣れているので、季節はずれだろうと思ったのですが、このネタを選んでみました。

まず、食べ過ぎの程度をはっきりさせたほうがいいと思います。

食べ過ぎて、ほかのことができないようだったら、食べ過ぎに効くような薬を正しく服用すればいいと思います。たんなる食べ過ぎですが、病気扱いしたほうが、早くスッキリさせられると思います。

もし食べ過ぎているけれど、ほかのこともできるくらいなら、集中できる見る・聞く娯楽(音楽鑑賞やテレビ・ビデオ鑑賞など)で、体を休めつつ、食べ過ぎの苦しさを忘れればいいかなあ、と思います。そして、そういうのを見ている間は何も食べなければ、胃が少しは休めるかな、とも思います。

大した量を食べたわけでもないのに、ほんの少し食べ過ぎたと感じたときには、少し水を飲むとスッキリします。

ちなみに、食べ過ぎているときに、私は運動などはしません。少しくらいなら散歩をしたりしますが…

また、食べ過ぎているときに、私は会話などもしません…

ということで、食べ過ぎると、私は無口になり、動かなくなります…変ですよね、きっと。

2011年2月27日 (日)

タイガーマスク運動、最初、意味がわかりませんでした。

ブログネタ: タイガーマスク運動、どう思う?参加数拍手

実は、「タイガーマスク運動」の意味が、初めてこの言葉を聞いたとき、ピンと来ませんでした。

タイガーマスクだから、プロレスのことかな、それとも漫画かアニメの事かな、などと見当違いもいいところでした。

そして、ニュースの記事を読んでやっと合点がいきました。

私が思ったのは、日本は、寄付が税対策にならない国なのかな、そして、寄付しにくい国なのかな、ということでした。

寄付をすると結構な節税になるという考えがあれば、また、寄付が普通の行動であれば、ここまで目立つ寄付行動には出ないかなあ、と思ったのです。

なんとなく、「寄付はだいそれたこと」という感じ、「寄付はエライコト」という感じが、報道から感じられました。

「タイガーマスク運動」という形で、寄付という行為が一般の人に知られたこと、寄付を必要としている施設・寄付を受け入れる施設が多いことが知られたことは良かったことだと思います。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

とはいえ、この運動の背景にあるであろう「財政難にある施設をどのように扱うか・財政難をどう解消するか」という問題についてはよくわからなかったです。

節税対策の寄付、寄付は普通のことという認知を広めて、公衆からの寄付を日頃から募る方向に向かわせて、財政難を解決するというのは、どうでしょう・・・?難しいような気がします。

外国によっては、寄付を定期的に受け付ける施設があったりして、施設によっては寄付者を寄付金額によってランク付けしたりして発表しています(?)が、そういうこともしていいのではないかな、と思いますが…。たぶん、解決策はそこ(寄付)だけに限らないと思うので…

寄付の問題について、私はよく知らないので、このあたりでやめておきます…

ちなみに私はユニセフに本当にわずかばかりですが、定期的に寄付しています。

お散歩&運動日記 21 (雪上のウサギの足跡)

昨日の話です。

昨日も、おとといに続き、同じ散歩道を散歩してきました。おとといは、少し歩いただけだったのですが、昨日は20分以上歩きました。一人で森の中を歩くのは少し怖かったですが、よくよく考えたら、変な人はこんなに寒いところにはいないでしょうし、動物は冬眠していますよね、そう思ったら、怖いと思っていた自分がちょっと恥ずかしく思えました。

おとといは、リスのけんかの声と野鳥の声が聞こえたのですが、昨日は鳥の声と羽ばたきが聞こえました。そして、野うさぎの足跡を発見しました。おとといの散歩のときはなかったので、その後から昨日にかけて、野うさぎが通ったのだと思います。

ということで、証拠写真です。こういうのが続いています。

1_1293

ということで、全体の写真は以下のようです。

1_1294

山火事跡も通ったので、写真を載せます。薄日が差していて、少し青空が見える天気でした。

1_1295

山火事跡は、全体的には以下のような感じでした。

1_1296

今日も、この散歩道を散歩する予定です。

今年初めての 「ネコさん いらっしゃい♪」 

1_1288

この前の話です。

近所のお宅の黒猫さんが庭に遊びに来ました。今年初めてです。

嬉しかったので、記念として記事にしておきます。

室内から外に向かって写真を撮影したら、外がうす暗かったせいでフラッシュがたかれて、写真がぼけてしまいました。黒い塊が猫さんです。ラズベリーか何かの枝に鼻か頭をこすり付けているのだと思います。

« 2011年2月20日 - 2011年2月26日 | トップページ | 2011年3月6日 - 2011年3月12日 »