2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 2011年11月27日 - 2011年12月3日 | トップページ | 2011年12月11日 - 2011年12月17日 »

2011年12月4日 - 2011年12月10日の9件の記事

2011年12月10日 (土)

怖い話は嫌いです

ブログネタ: 怖い話、好き? 嫌い?参加数

ブログネタです。怖い話が好きかどうか尋ねています。
私は、いわゆる「怖い話」(ホラー系)は嫌いです。聞くのも、映画などを見るのも、嫌いです。理由は幾つかあります。
一つ目に怖い話をする人の意図が嫌です。怖い話はだいたい不幸な話なので、なんというか、お金儲けの為に、または、人を怖がらせて楽しませるために、不幸な話をするのは、なんというか、いただけないような気がします。
二つ目に、怖い話は作り物だからという前提が嫌いです。不幸な話+作り物・・・いただけないです。なんだか失礼な気がします。
三つ目に、怖い話は私をびっくりさせるので嫌いです。いきなり襲い掛かってくるシーンだとか、ぎょっとしてしまいます。唐突です。
四つ目に、論理を欠いていることがあるので嫌いです。コメディなら、笑えるんですが、ホラーだと、笑えず、「なんだこれ!」と思ってしまいます。
五つ目に、論理など抜きで恐ろしいシーンを扱うので、嫌いです。ボーとしているときに思い出してしまいます…理屈が通用しないのが嫌です。

一方、静かに怖い映画などは比較的平気です。というか、好きだったりします。第一次世界大戦前のドイツのプロテスタントの小村を舞台にした映画「The White Ribbon」(「白いリボン」)などは、いろいろ考えると恐ろしいですが、話自体はそれほど怖いというほどではないかもしれません。(The White Ribbonについては http://www.imdb.com/title/tt1149362/ や http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E3%81%84%E3%83%AA%E3%83%9C%E3%83%B3 を参照してみてください。)そのうち、この映画について記事にする予定なのです。

ブログネタですが、今日の花 名無しの薔薇

ブログネタ: 【写真ネタ】一番好きな花は何?参加数

ブログネタです。一番好きな花を尋ねています。私は、言うまでもなく、薔薇が好きです。ココログ広場の「薔薇が好き」カテゴリーにも参加しています。
若いころは、赤い薔薇が似合うといわれました。でも、当時、私自身はピンク色の薔薇が似合うようになりたかったです。
そういうわけで、自宅の庭に薔薇を植える時、好きな色を尋ねられて、私は「ピンク」と即答しました。
それが、名無しの薔薇です。

Nanashinobara20


2011年12月 9日 (金)

クリスマスツリーの思い出…

ブログネタ: 【写真ネタ】「クリスマスツリー」を撮ってください!参加数

ブログネタです。「クリスマスツリーの写真を」とのことです。 私たちの家のクリスマスツリーは、こんな感じです。全体を写すといろいろなものが写ってしまうので、一部だけです。 Huyu_2

このクリスマスツリーは、前の住人が置いていったものです。飾りも全てそろっているのですが…ということで、思い出話をしますね。
私たちが買った家の、前の住人の老夫婦はこの家に数十年住み、何人ものお子さんを育て上げ、この家を売ったお金で老人ホームのような場所に隠居したいとのことで、この家を売りに出しました。そして、新たな場所に移る際、必要ないもの(植物、価値のない家具、ゴミ、工具、紙類、写真(これにはびっくりしました。家族で写した写真が十枚以上残されていたので、急いで連絡を取ったら、「捨ててくださいよ^▽^」とのことで、処分しましたが。。。)、布、文房具、食べ物、食器、鍋などなど…)をすべて置いていきました。その中に、クリスマスツリーをはじめとする、クリスマスのものがありました。
私は、頂いたものは活用したいと思ったのですが、クリスマスツリーは良いにしても、飾りはどうしても使う気になれませんでした。はっきりとした理由は私自身もわからなかったのですけれど、色が私の好みじゃないのかも、と思いました。そして、家を買ってから少しの間、クリスマスツリーをクリスマスに出さずにいました。
(今考えれば、私は、単純に、新しくツリーを、出来れば本物の木のツリーを買って、自分たちの好きに飾りたかったのだと思います。でも、それができず…。)
古いツリーを活用せず、かといって、新しいツリーを買うこともせず…そんな年が続いたのですが、ある年、ふと、ツリーだけ出して、飾りは買うことにしたらどうだろう、と思いました。そして、ツリーだけ出して、飾りを買おうとしたのですが…飾りが安くなく…。
ツリーの飾りは、ツリーの大きさによって、大体理想的な数が決まっているようですが、それだけ買うと、けっこうお金が掛かることがわかりました。でも、私は、前の住人の残した飾りを使う気になれませんでした。そこで、私は毎年少しずつ飾りを買うことにしました。毎年同じ飾りが売られるとは思いませんでしたが、それでも、「自分の好きなものを買おう」と決めて、毎年すこしずつ買うことに決めました。そして…
予想通り、毎年同じ飾りが売られることはなく、私たちのクリスマスツリーはなんだか変な感じです。前の住人の残した飾りを使えば、バランスよくなるのはわかっているのですけれど…でも。
ということで、写真です。

Huyu_3


Huyu_6

Huyu_8

Huyu_9


Huyu_10


Huyu2


Huyu2_2


Huyu_4


Huyu_5


ハチドリさんとオウゴンヒワさんとアオカケスさんがいます。ほかの鳥は、なんなのでしょう・・・?中国製のものだから、鳥のイメージだけで作られていて、モデルとなる種類はないのかもしれませんね。
赤い布(ツリーの根元を覆っているもの)には薔薇のモチーフみたいなものが見られます。^^

2011年12月 8日 (木)

健康第一です

ブログネタ: あなたが今、いちばん欲しい“運”は?参加数

ブログネタです。欲しい運について尋ねています。
私にとっては、健康が一番です。愛情運や金運は、自分の努力である程度まではどうにかなりそうですし、命にはとりあえず係わらないですけれど、健康ばかりはそうとはいえないことが多いような気がします。冬にはインフルエンザが流行ったりしますが、予防策をいろいろ講じても、罹るときには罹ってしまいます。治療の難しい病気もあるようですし。
ですので、何はともあれ、健康運が欲しいです。

2011年12月 7日 (水)

「勉強しなさい」とは言われなかったです

ブログネタ: 「勉強しなさい!」と言われたとき、どうしてた? 参加数

ブログネタです。「勉強しなさい」と言われたときどうしていたか、問う内容です。
私は、「勉強しなさい」と言われたことがほとんどないような気がします。
以下は自慢話(?)が含まれているので、真実半分・誇張半分くらいだと思って読んでくださいね。父母のことについては、つい、自慢か、かばう口調になってしまいます…実際には、ごくごく普通の父母なのですよ。

父は、「勉強しなさい」と言うことはありませんでした。「勉強しなくったって生きていける。ただし、頭を使わない代わりに、体を使うことになるけれどね」といった感じのことを言いました。また、(父に学がなかったとは思わないのですが)「お父さんみたいに、勉強していないと、将来、お父さんみたいに、苦労するぞ」といったことも言ったような気がします。ただ、父を見ていると、毎日楽しそうに暮らしていたので、私は「勉強しなくても楽しく暮らせそうだ」と思いました。そういえば、父は、「勉強してもしなくても、俺の子だ」というようなことを誰かに話していたような気がします…昔の事なので、曖昧ですが…
母は、「私の子ができないはずがない」という考えの持ち主で、「勉強しなくても自分の子供はできる」と信じていた節があります。また、「子どもが勉強不足のせいで将来困ったことになっても、それは子どもの責任だから」とはっきり言い切っていました。なので、「勉強しなさい」と私に言うことはありませんでした。こんな母は、若いころ、周囲から「あなたは子供については恵まれすぎている」というようなことをけっこう言われたようなのですが、当時は、その(真の)意味がわからなかったようで、最近になって、「よその人に子どもの話をするとなんだか気まずい感じになるような気がする」と言います。そりゃそうだろうな、と思います。
ということで、両親がこんな感じだったので、子供としては、大変不安に思うこともあり、私は最低限の勉強だけはしました。若いころ、このような両親の態度は、私に勉強させるための、両親の企てだったのではないか、と思ったこともありましたが、私も年をとった今になって思うと、私の両親はそれぞれの考えを素直に述べていたにすぎなかったと思います。

2011年12月 6日 (火)

ある日の事…

ブログネタ: 【写真ネタ】雨の日の風景を撮ってください!参加数

ブログネタです。「雨の日の風景を」とのことなのですが、むしろ私にとって珍しかったことを。
雪が降った後雨が降ったので、珍しく思い、写真にしました。


1_037

アスファルトの上の雪は解けました。

1_039

地球温暖化の影響でしょうか…12月に雨なんて…雪国では珍しいです。

プリンセスアイコの続き

薔薇のプリンセスアイコの続きです。
自己満足です。
ということで…
Princessaiko1


もひとつおまけに
Princessaiko15

葉がボロボロです・・・(´Д⊂グスン

2011年12月 5日 (月)

スケジュール管理は手帳とカレンダーです

ブログネタ: スケジュール管理は何でしてる?参加数

ブログネタです。スケジュール管理についてです。
私はスケジュールは手帳とカレンダーに書き込んでいます。(カレンダーは基本的には自宅に置いておき、手帳は持ち歩きに使っています。)
というのも、昔、知り合いが手帳を失くす(落とす)と戻った(誰かが見つけて届けてくれた)ことが多かったのですが、電子機器(ラップトップコンピューターから携帯電話までいろいろ)を失くす(盗まれる?)と、まず、見つからなかったのを見て、「値段の高いものにスケジュールを書き込むと、なくなったときに、スケジュールがわからなくなるぞ」と思ったからです。
また、手帳やカレンダーは充電不要なので、いざというとき便利だったりします。充電不要な上、万が一、水溜りに落としても、書き込んだ文字が完全に消える事は少ないですし。
さらに、私は電子機器の買い替えをあまり頻繁に行わないほうなので、一、二年に一度は買い換えるカレンダーや手帳は、そのときの気分に応じたものを買えるので、良いです。

これはあまり重要ではないかもしれませんが、手帳は外で使うとき、電子音などを立てることが無いので、静かに使えて、周りの迷惑になりにくいような気がします。(ここら辺は、マナーモード・消音にしていれば、電子機器でも問題ないとは思いますが、それでも、「俯いて携帯をピコピコ打っている姿は嫌だ」と言う人がいて、「音をさせていなくても、嫌な人には「ピコピコ」と聞こえるんだ」と思いました。)
それから、これは重要なのかどうかわからないのですが、携帯電話などは、電車の優先席近くでは使わないほうが良いようですが、手帳ならそういう場所でも書き込む・読むことができるので、便利だな、と思います。

ということで、コンピューターやスマートフォン、携帯電話などでスケジュール管理すると楽なのでしょうが、私はスケジュールはカレンダーや手帳にかならず書き込むことにしています。来年のカレンダーも手帳も買いました。手帳は2年分あるので、来年は買わずに済むのでうれしいです。
***
来年の一月から、毎月、私の水彩画(イラスト)を公開しようと思っていたのですが、間に合うかどうか…あせりまくりです。アイデアはあるのですが…一日36時間ほしいです。^^;

2011年12月 4日 (日)

プリンセス・アイコ

去年植えたプリンセスアイコが今年咲きました。この花はよく咲くようで、今年は春から咲いていたようです(ここらへんは母の言葉なので眉唾かもと思っていますが…)。母は「見るといつも咲いている」なんて言います。肥料は一年に一度きり、私が帰省したときだけ与えています。今年も与えました。

プリンセスアイコは京成バラ園芸のバラでピンク色です。作出が2002年だとか。
インターネット上の園芸店の情報( http://www.saijo-ryokka.com/SHOP/03178.html )によると、
「敬宮愛子内親王殿下のご誕生を祝して名づけられたバラです。蕾から巻いた花弁が開いていく様子が優雅でとても美しく、皇太子ご夫妻の愛情に包まれた愛らしい内親王様そのもののイメージの花です。花付が素晴らしく多く、長く咲き続けます。2001年JRC銅賞受賞。」なのだそうです。
高さは1メートル20センチくらいになるとか書いてありましたが、実家のはまだそこまで大きくなっていないような気がします。
花の香りはあまりしません。先ほど引用したサイトには微香と書いてありました。
花の大きさは10センチ弱です。名無しのバラに比べて小さいです。

ということで写真です。ピンクの薔薇です。

Princessaiko3


Princessaiko4


Princessaiko10

続きはまた…

« 2011年11月27日 - 2011年12月3日 | トップページ | 2011年12月11日 - 2011年12月17日 »