2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 2011年10月2日 - 2011年10月8日 | トップページ | 2011年10月16日 - 2011年10月22日 »

2011年10月9日 - 2011年10月15日の3件の記事

2011年10月14日 (金)

日本人は、外国語は英語だけ?

けっこう前の話です。

多少、話をぼかしてます。つぶやきです。

***

いつだったか、知り合いが電話をかけてきました。興奮している様子で、「日本人は、(外国語は)英語しかわからないと言ったんだよ」といきなり話し出しました。その人(Aさんとしますね)によると、Aさんが出席した(多国籍の人が集う)パーティのようなものに、誰かが自分の(日本人の)奥さんを連れてきていて、その奥さんが、どうやら、「日本人は、外国語は英語しかわからない」というようなことを(みなの前で)言ったようなのです。

まあ、日本では、義務教育で英語を学ぶことが多いので、Aさんには、そのことをその奥さんは話していたのだろうと私は説明しました。でも、Aさんは、納得しがたいみたいで、「でも、私の知り合いの日本人は、みな、英語ではない(けれど、仕事で使う)外国語がわかるんですよ」と私に向かって言いました。それは確かに事実なんですよね。

***

Aさんは日本・日本人のことを、仕事を通じて、良く知っているので、「日本人がわかる外国語は英語だけ」というところに反応してしまったのでしょうか…Aさんにとって、日本人は、「日本語だけでいつも暮らしていて」、「書かれた英語がわかって」、なにはともあれ、「仕事で必要な外国語がわかる」という感じだったようです。

***

日本人一般は、暮らすのに、日本語だけで、英語なんて必要なく(=基本的な英単語がわかる程度でOK・英語がわからなくてOKで)、英語ができることが前提で暮らしているような人たちは英語のほかにもう一言語くらいは外国語がわかる…たしかにそうかもしれません…日本語と英語「だけ」わかると明言するような日本人というと、けっこう、珍しいのかもしれません。(統計資料など見ていないので、このあたりは私の印象ですが…)また、英語は苦手でも、アジア圏の言葉(中国語や韓国語など)がわかる人は、けっこういらっしゃるようですし…そうなると、「日本人は、外国語は英語しか」とはなかなか言えなくなります… 「日本人」と言ってもいろいろですから、ひと括りにするのは危険かも、と思いました。日本語を話す人の数は、確か、フランス語を話す人の数よりも多かったくらいですし…多様性を認めたほうが良いのかもしれません。

***

非英語圏の人と、損することなく、気持ちよく、取引・コミュニケーションなどをしたければ、その人の話す言葉が理解できたほうがいいでしょうし…私自身の経験ですけれど、英語が母語でない人と英語で会話するとき、その人の母語を理解していたほうが、その人の話す英語がよくわかるような気がします。発音や、論理や、言葉の用い方など、やはり、その人の母語の独自性が表れるような気がするのですよ。日本人がI’m sorry.と言うのが好き(?)なのも、きっと、日本語での用法の影響があるのでしょうし…

***

パーティなどで発言するときは、ざわついていて、だれも他人の話など聞いていないように思えますけれど、聞いている人は聞いているんだな、と、「気をつけなくちゃ」と、ちょっと思いました。(私はものすごくそそっかしくてあわてんぼうなので…)(私が人前で話をする機会がそんなにしばしばあるとは思えませんが。)

2011年10月11日 (火)

お散歩&運動日記 10月10日前後(1)

お散歩運動日記です。

ベルギーについて書こうと思った(このブログはフランス語圏に興味があるということでやっております)のですが、いろいろ不透明そう(?)なので、それはまた来週かそのあとくらいに先延ばしにしたいと思います。

そういえば、どこかのサイトで、世界で一番ダサい国としてベルギーが挙げられていました。( http://www.hollywood-ch.com/news/11090902.html?cut_page=1 )でも、なんというか・・・なのですよ。ということで、これについては記事にしないのです…

ちなみにかっこいい国籍は・・・一番目から順にアメリカ、ブラジル、スペイン、イタリア、フランスで、ダサい国籍は、これもまた一番目から順に、ベルギー、ポーランド、トルコ、カナダ、ドイツなのだそうです。これって・・・う~ん、どうなんでしょう。(出会い系サイトが投票によってランキングを作成したのだそうです。)

***

ということで、近所の、秋らしい風景を。

針葉樹林の多い場所なので、黄葉・紅葉はそれほど見られないのですが。

とても暖かい日でしたが、曇っていました。

***

湖と山です。遠くから撮影しました。

Koyooctobre082011_9

望遠機能を使ってみました。緑の木と紅葉・黄葉した木のコントラストがはっきりしています。

Koyooctobre082011_4

***

では、これだけだと寂しいので、唐突ですが、庭に来る鳥さんを。

Aki_46

オオクロムクドリモドキさんです。(上)英語ではCommon Grackle, フランス語ではQuinscale bronzéと呼ぶようです。学名は Quiscalus quisculaだそうです。大きさは30センチ前後で、砕いたとうもろこしとひまわりの種が好きです。

虹色に光る黒い羽と、黄色の目が特徴です。

Aki_69

ミヤマシトドさんです。英語ではWhite-crowned Sparrow、フランス語では Bruant à couronne blanche、学名は Zonotrichis leucophrysというようです。

大きさは16センチから19センチくらいで、白キビと砕いたとうもろこしが好きなんだそうです。人に慣れる種類ではないようですが、私は、庭で、何度か激突されそうになったことがあります。私たちの庭の物置に入ってしまったり、私たちの家の窓に激突したりした種類です。

Aki_75

上は、オウゴンヒワのオスで、換毛(というのでしょうか、羽毛のはえ変わり)の時期です。拡大したので見にくいかもしれませんが、鮮やかな黄色が夏の色で、くすんだ色が冬の色です。毎日、午後やってきます。

大きさは11.5センチから14センチくらいだそうです。

英語ではAmerican Goldfinch、フランス語ではChardonneret jaune、学名ではCarduelis tristisと言います。フランス語の名前は、直訳すると、「黄色いアザミ(食い)」みたいな名前になりそうですが、その名の通り、アザミ Chardon の実が好きです。(パンダのことを「白黒の笹(食い)」と呼ぶようなものですよね(実際にはこんなネーミングは存在しないと思いますが…)…ネーミングがなんというか、です。)アザミの実とひまわりの種を良く食べています。

Aki_78

上は、ユキヒメドリさんです。英語ではDark-eyed Junco、フランス語ではJunco ardoisé、学名ではJunco hyemalis、と言います。

大きさは14.5センチから16.5センチくらいだそうです。

白キビと砕いたとうもろこしが好きです。地面に落ちているえさを食べるほうが、えさ台に乗って食べるより好きなようです。何羽かで集まって、庭にやってきます。

記事を書きながら、すっかり癒されてしまいましたheart

***

毎度のことながら、こちらのサイトでは、地域名などは公表しておりません。地域名などに関するご質問などにはお答えできませんので、どうぞご協力をお願いします。^^

それから、文章に変なところがあるかもしれません。すみません・・・

2011年10月10日 (月)

ばつくんとちゃちゃちゃんをモデルにした水彩画ができました

やっと、完成です。嬉しいです。happy01

下がきとの違いはいろいろあるのですが、ぱっと「見て」わかるのは、色と、背景で使ったスポンジの種類かなと思います。(そのほかにもいろいろ変えました。)

サインはきいろひわのローマ字表記KIIROHIWAの頭文字Kを囲んだものです。

私の水彩画は、色を重ねているせいか、色が写真ではかなり出にくいです。

いろいろ試したのですが、色が出ません…ちなみに、原則として、スキャナはしないのですよ。(前に試して散々だったので。ちなみに近所の印刷業者さんでも駄目だったのです…)

背景の色が出ていないかも、と思います。黄色系数色、黄土色係数色、茶色系数色、ピンク、青系数色、緑系数色が混じって・重なっているはずです…(下書きの青とはかなり違った青にしました。)

Nekonoe

違うような気がけっこうしますけれど、でも、これ(上の写真)が一番上手くうつっているかなと思います。

Nekonoe_3

額縁に入れる前の写真です。白い紙に囲まれて、少し色がわかりやすいかなと思います。

ということで、さて、この後どうしましょう・・・

みぃこのおっちゃんさんのところへお送りできるなら、(帰省したときにでも?、)お送りするのですが…

« 2011年10月2日 - 2011年10月8日 | トップページ | 2011年10月16日 - 2011年10月22日 »