2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 2011年1月2日 - 2011年1月8日 | トップページ | 2011年1月16日 - 2011年1月22日 »

2011年1月9日 - 2011年1月15日の12件の記事

2011年1月15日 (土)

名づけ:ケベックで、新生児につける名前多い順に10

参考にしたサイトのアドレスは以下の通りです。

http://www.rrq.gouv.qc.ca/interactif/pr2i121_prenoms/pr2i121_prenoms/pr2sprenoms.aspx

政府のサイトなので、信頼が置けそうです。

題名は、Prénoms d'enfants du Québec「ケベックの子どもの名前」です。

毎年、4月にその前の年の結果を公表するそうです。

2009年、女の子に人気の名前は以下のようでした。

Rangが順位、Prénomが名前、Fréquenceがつけられた人数を示しているようです。

Rang        Prénom                     Fréquence

1               LEA                         442

2               FLORENCE            388

3               EMMA                     385

4               ROSALIE                367

5               JADE                       359

6               JULIETTE               357

7               CAMILLE               342

8               GABRIELLE          339

9               MAIKA                   328

10             MIA                         320

面白いなあと思いました。フランス語圏出身の知り合いはいるのですが、知らない名前はあるものですね。

2009年、男の子に人気の名前は以下の通りでした。

Rang        Prénom                   Fréquence

1                WILLIAM             1074

2                OLIVIER               839

3                THOMAS               808

4                NATHAN               760

5                ALEXIS                 750

6                FELIX                    746

7                GABRIEL              743

8                SAMUEL               722

9                ANTOINE             659

10              XAVIER                566

フランス語圏なのに、男の子の名前に、英語名をつけるのは面白いなあと思いました。フランス語で、ウィリアムに対応するのはギヨームGuillaumeですが。

それから、男の子の名前でXavierが入っているのにはちょっと驚きでした。いっとき、この名前は古臭いといったイメージがついていたと思うので…

おまけで、2008年の結果も引用します。

女の子

Rang       Prénom                     Fréquence

1              LEA                          457

2              ROSALIE                383

3              FLORENCE             380

4              LAURENCE            367

5              EMMA                     363

6              JADE                        355

7              JULIETTE                342

8              GABRIELLE           338

9              SARAH                    336

10            MAIKA                    325

男の子

Rang        Prénom                    Fréquence

1               THOMAS               945

2               WILLIAM              908

3               GABRIEL              904

4               SAMUEL                828

5               OLIVIER                736

6               ALEXIS                  735

7               NATHAN               714

8               FELIX                     700

9               ANTOINE              652

10             XAVIER                 599

クリスマス・プレゼント 2 包丁(ナイフ)

クリスマス・プレゼントに包丁を買ってもらいました。包丁の切れが悪くて、困っていたのでよかったです。

HENCKELSの小さな包丁で、日本製でした。お店の人に「日本製だからね、切れますよ。」と言われたので買いました。「日本製」という言葉は、ブランドのような役割を果たしているみたいでした。

私は、料理をあまりしないのですが、切れる包丁だと料理が早く進んで、切るときも(力を入れなくてすむので)危険ではないような気がします。良かったです。

昨日は、この包丁を使って、肉を使わないボロネーズもどきソースを作り、ロッティーニ(?パスタの名称です:Rottini)に絡めて食べました。それから、りんごをむいて、りんご煮をつくりました。おいしかったです。

2011年1月14日 (金)

造園計画立案中です。

インターポット
収穫の時期が近いので、庭に植えておいた植物をアイテムボックスに戻し、あらたに庭をデザインするつもりです。
Maze(迷宮風)がいいなあ、とおもっているのですが、それをするには庭が小さいようです。でも頑張ってみます。

クリスマスプレゼント1 ミシン(覚書) 

クリスマス・プレゼントに夫にミシンを買ってもらいました。

都会にいたときは、(私自身のお金で)ミシンを買いたいといっても夫に反対されたのに、ここでは、夫自身が私にミシンをプレゼントしてくれたことからも、(本当なら夫に大感謝しておしまいにしたほうがいいのでしょうが、)「遠くに来たのだなあ」と実感します。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

昨日、箱からミシンを出しながら、久しぶりのミシンの姿にしばし感動しました。

今まで全て手縫いだったのですが、これからはミシンがあるので、もう少しいろいろなことが出来そうです。まずは、カーテンを縫う予定です。それから、家にあるあまり布で、手提げバッグの類を作ろうと思います。それから、自由になるお金があったら、キルティングの布を買って、アームカバーを作れたらな、と思います。(カーテン縫いは必要に迫られてですが、袋とアームカバーを作るのは娯楽です。)

さて、昨日、カーテン用の布を見に行ったのですが、ざっと見て布の種類にバラエティはないので、布を選ぶのに困らなさそうです。(値段が都会よりも高いのには少しばかり引きましたが。)もし気に入ったものがなければ、都会に行ったときに布を選ぼうと思います。都会のほうがバラエティに富んでいて、安いのは確かだと思うので。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ミシンを箱から出したのを機に、お裁縫箱や布入れの箱などをミシンのそばに移動しました。布入れの箱を整理するたびに思うのですが、布って、弱らないのですね。30年位前に買った布が布入れの箱の底にしまってあるのですが、いつもきれいなので…

それから、刺繍関連のものも出しました。懐かしくなりました。クロスステッチの布も普通の布も刺繍糸も刺繍用針も枠(?名称不明)もあるので、もしかしたら刺繍を再開するかもしれません。時間があったらのことですが…

。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

田舎だと(?)、なんでも自宅に備えておくのが普通(自給自足のイメージでしょうか)といった認識があるようで、(私たちの家にはあまり物がないので、)周囲から少しばかりびっくりされてしまったうえ、実生活の上でも不便が付きまとっていたのですが、これからは縫い物に関しては不便が軽減しそうです。(今まで難しめのお裁縫は都会でプロの方にお願いしていました。)

でも、いろいろなことにおいて、プロ(責任を持って仕事を請け負う方)がいないというのはやはり不便です。皆、自分のことは自分でやるという自負がありますが、やはりプロのようにいろいろ(多角的に)勉強しているわけではないので、基本的なことがわかっていなかったりするようです。

私の場合は、そもそも知識もなければ技術もないのにくわえて、時間もあまりなかったりするので、できれば、難しいことはプロの方にお任せしたいなあ、と(今でも)思っています。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

「勉強をしたい」、「もっと文化的により良い生活をしたい」、「プロとして暮らしたい」という人たちは、基本的にこの地域から出て行って、戻ってくることはあまりありません。いるのは、このような地域に尽くしたいという(プロでありながら)使命感に燃えた人と、他所では使い物にならない人が多いです。

使命感に燃えた人は話していて気持ちが良いのですが、他所では暮らせない人は仕事においても信用できなくて、実際いろいろな面倒を起こしてくれて、困ります。今では、仕事を頼む前に、周囲にどういう人物なのか、尋ねることにしていますが、そういうときに、薬物乱用の習慣について話を聞いたり、仕事で起こしたごたごたについて話を聞いたりすると、何も知らなければ、そういう人と係わり合いになるところだったのだ、とぞっとします。

人が多い地域なら、「ほかの人に頼む」ことができますが、人のいない地域だと、「その人に頼まないなら自分でやる」ことになることもあります…ちょっとだけですが憂鬱になります。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

プレゼントを貰って、とても嬉しいのですが、同時に、この地域のことを思い、少しばかり(?)、愚痴っぽくなってしまいましたが…。

でも、こういう場所だからこそ私が貢献できることがたくさんあるのも事実です。困難があることがわかっていたのですから、この困難に感謝して、頑張って自分のいいところを発揮したいと思います。また、人口が少なく、ひとりひとりが大切な地域ですから、自分がどこまでいろいろやれるのか、さまざまなことに挑戦したいと思います。

ミシンの話をしていたのに、話が随分大きくなってしまいました。

2011年1月13日 (木)

新しい仲間

生き物ではないのですが、私にとってはペット扱いなので、カテゴリーはペットにしました。久しぶりに我が家にやってきたぬいぐるみです。羊の子どものようです。本当はクマのぬいぐるみを予定していたのですが…。出会いって、予想外ですね。Bくん(我が家にいるクマのぬいぐるみのうちの一頭で、仲間がまだいません。ですので、このクリスマスの時期にでも、仲間を見つけてやらなければと思っていました。)には、当分このまま、黒ラブ双子(のぬいぐるみ)と一緒にいてもらおうと思っています。すこしかわいそうですけれど…

閑話休題で、この子は、ドイツ生まれだそうです。

名前はP(仮名)です。ほぼ同じ大きさのネコ(E(仮名)、女の子です)のぬいぐるみのお友だち候補です。E(ネコのぬいぐるみ)は20歳を過ぎているくらいなので、ジェネレーションギャップが気になりますが、きっと仲良くなると思っています。(すみません、自分の世界に入り込んでいます…)

1_312

Pは、みなさんに、どうぞよろしく、と言っていると思います。

ぬいぐるみについては、メーカーさんのことなどいろいろあるようですが、私は全く無知です。「気に入ったぬいぐるみと一緒にいると幸せ」なだけです。おまけなどでいただいたぬいぐるみでも、なんでも仲良く長年付き合います。ですので、このぬいぐるみのことを聞かれても何もわかりません。ごめんなさい。でも、そういえば、耳にタグがついていますね。

2011年1月12日 (水)

名前の由来 

インターポット
庭の中心に生えている木は、名づけることができるのですが、私はセタブルと名づけました。この木の品種名が「コノキ」だったので、「この木」と考え、フランス語に訳し、その読みをカタカナで表記しただけです。アルファベットで表記するならCet arbreになります。
皆さんの木の名前を見ていると、いろいろあって、その人らしさが表れていたり、「由来にはきっとなにかあるのだろう」と思わせたりするので、面白いです。
インターポットをしている方がこの記事を見ていたら、どうしてその名前にしたのか、教えてくださったら、嬉しいな、と思うのですが…

2011年1月11日 (火)

5S、フランス語では…

5Sというと「整理・整頓・清掃・清潔・躾」で有名ですが、フランス語では、Sは動詞の頭文字になっているようです。

S'organiser 「整理」にあたるようです。

Situer 「整頓」にあたるようです。

Scintiller 「清掃」にあたるようです。

Standaliser 「清潔」にあたるようです。

Suivre 「躾」にあたるようです。

Standaliser(直訳は「標準化する」「規格統一する」「画一化する」) が「清潔」に相当するというのは、最初、変な感じがしましたが…きっと私の思う「清潔」と企業が重視する「清潔」は異なるのだろう、と思いました。

胡蝶蘭に感謝

9月に買った胡蝶蘭ですが、1月に花が終わりました。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

電話機のそばで4ヶ月間、きれいに咲いてくれて、ありがとう。お客さまの目をひいて、しばしば会話の種にもなってくれましたね。話しベタの私は本当に助かりました。

2ヶ月ほどの留守の間、お隣さんと仲良く待っていてくれてありがとう。お隣さんは、初めて世話する胡蝶蘭におっかなびっくりしていましたが、あなたのほうは平気な顔をしていましたね。

今年もまた花を咲かしてくれるのか、まだわかりませんが、ぜひ咲いてもらいたいです。

私も世話を頑張るので、どうぞ咲いてくださいな。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

胡蝶蘭がきれいに咲いていた頃を描いた水彩画の写真です。(右下のサインは消してあります。消し跡がきれいでなくてすみません。)

1_334

2011年1月10日 (月)

のんびり動き出しました。(少しばかり長めの文章です。)

こんにちは。

のんびり動き始めました。

このブログは、ココログ広場のプロフィールにも書いたように、面白いとも魅力的ともいえないブログですが、訪問してくださった方、どうもありがとうございます。今年も、覚書などをのんびりと載せていきたいと思います。

このブログは、基本的に「日記」ではないうえ、私に何か才能というものがあるというわけでもないので、興味をそそる内容は少ないですし、読んでいて「???」という(「訳がわからない」「何が言いたいんだ」「なんの役に立つのだろう」という感想しか出てこない)記事が多いと思います。すみません。

それから、このブログは、リピート率・閲覧ページ数がとても少なく(一日の訪問数100、大体1ページ閲覧、リピート率は(最近)6パーセントくらいです)、滞在時間も大変短い(1分以内)ブログでして、一回一記事を数秒見たあとは、誰も二度と見に来ないだろうとふんで、好きなように(言い換えれば「好き勝手に」でしょうが、「私が利用しやすいように」という意味で読んでいただけるとありがたいです)リンクなどを作っていたのですが、開設して半年ほど経った今、リピート率が、6パーセントとはいえ、あるので・・・

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

勝手にリンクをはって、すみません。これまでに、この件について、上手くおっしゃってくださった方、どうもありがとうございます。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

私のいる場所についてなのですが、わかる方にはすぐに大体の場所はわかりそうなものですが、今年も少しばかり差し障りがありそうなので、匿名ということでお願いします。在留日本人の数は(一部の場所を除き、大体どこでも)限られていて、個人の特定がかなり簡単なので、ブログで地名を言明した結果、検索などで引っかかるといやなのです。(そもそもこのブログは観光案内するブログではないのですので、地名はあまり重要ではないかと思います。)

このブログにコメントを残してくださる方、ココログ広場で私のつたないコメントに返事してくださる方・私とおしゃべりしてくださる方、さりげなくポチッとしてくださる方は、皆さん、良い方で、出会いに、本当に心から感謝しています。問題(気をつけなければならない方)は、そうではない方々のなかのほんの一部なのです…そういう一部の人たちのなかに、たちの悪い悪意を持っている人がいることは、残念ながら、嘘ではありません。そういう人たちの悪意は、正直な感想ですが、全く理解できないことが多くて、行動が予測できません。悪意を持っている人たちは、おそらく、興味本位で、「相手がいやな思い・恥ずかしい思いをすればいいきみだ」といった軽い気持ちでいるのだと思いますが、困ってしまった人・辛い思いをしている人を見たり、そういう人の話を聞いたりするたびに、「かわいそうに」と思う一方、「自分はそういう目にあいたくない」と思います。ということで、地名は匿名ということでお願いします。

文章を書きなれていないので、長い文章を書くと、なんだか訳がわからない感じになります。もっと上手く、簡潔に文章が書けるようになりたいです。

それから、今年の干支はウサギとのことなので、水彩画の写真を載せます。

1_321

最後になりましたが、皆さんのブログ、今年も楽しみにしています。

きいろひわ

お庭を見に行くのが好きです

インターポット
私は、お庭を見るのが好きです。私の庭は今のところ、上のようなのですが、他のお庭を見るといろいろあって、本当に楽しいです。
むかし、「箱庭療法」とかいうのがありましたが、人によって様々だなあ、と実感します。
これからも、皆さんのお庭にお邪魔すると思います。お邪魔した際には、キラリをしますが、どうぞびっくりしないでくださいね。
では、これからもよろしくお願いします。

2011年1月 9日 (日)

胡蝶蘭の花が終わりました。

1_337

胡蝶蘭の花が終わったので、お花屋さんのアドバイスに従って、茎を切りました。

葉がやけに大きくなって、上向きになりました。

ちなみに、鉢の周りの飾りはクリスマスのものです。

前回の胡蝶蘭の記事は2010年12月25日の「胡蝶蘭の花が二つ枯れ、三つになりました」です。

ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 36

http://www.independance-quebec.com/falardeau/frame.php

から引用しました。

"Nous ne nous battons pas pour faire inscrire deux mots, genre "société distincte", sur un torchon de papier. Nous nous battons pour la liberté et l'indépendance de notre PAYS. "minorité."

俺たちは、「独特の社会」とかいった二つの言葉を紙切れに書き入れさせるために戦っているんじゃない。俺たちは、俺たちのの自由と独立のために戦っているんだよ。“少数派(マイノリティ)”。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

訳が変なような気がしますが…

最後の"minorité"がどう訳されるべきなのか、よくわかりませんでした。呼びかけなのでしょうか…?どなたか知っている人に尋ねたほうがいいのでしょうが…

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

société distincte・distinct societyは、ウィキペディアなどにも記事がありますが、「ミーチレイク合意(?)」(1987)と「シャーロットタウン合意(?)」(1992)のあたりで、話題になった言葉で、カナダの憲法に関する議論で、今でもたまに使われるようです(?)。カナダにおけるケベックの立場を表現する言葉のようですが、distincte「独自の・独特の・異なった」の具体的内容が曖昧なので、物議をかもしたようです。

ウィキペディアのサイトです。英語のほうがいろいろ書かれているようです。

http://en.wikipedia.org/wiki/Distinct_society

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

"société distincte"(独特の社会、独自の社会、異なった社会、英語なら distinct society)という言葉は、英語系が多数を占めるカナダにおいて、ケベック(の社会)を描写する言葉として有名ですが、これがカナダで認められたからといって何が変わるのか、そこをはっきりさせなくてはいけないのでしょうか・・・

« 2011年1月2日 - 2011年1月8日 | トップページ | 2011年1月16日 - 2011年1月22日 »