2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 2011年4月17日 - 2011年4月23日 | トップページ | 2011年5月1日 - 2011年5月7日 »

2011年4月24日 - 2011年4月30日の7件の記事

2011年4月29日 (金)

ゼラニウムが丸く咲き始めました。

ゼラニウムの花が咲いています。

1_110

下の写真の花は、丸く咲いているのですが、葉に隠れてしまっていて、よく見えませんね。

1_109

外は雪ばかりです(下の写真)。水色の色紙ではないのですよ。家の外は雪が積もっているせいで、大体、下の写真のような感じなのです。

1_105

ということで、4月下旬の覚書です。ふぅ。

知り合いのお子さんに、折り紙を教えているのですが、「算数のよくできる生徒」に選ばれたそうで、「これも折り紙のお陰」と喜んでもらえました。よかったです。

それから、記事に頂いたコメントへのお返事はこれから24時間後くらいになります。楽しみにしていてくださいね。(o^-^o)(いつもの調子のお返事になりますけれど・・・)

2011年4月28日 (木)

ミニバラが咲きました。

コルダナローズ(ミニバラ)についてです。おととい五つつぼみを見つけたのですが、今から数時間前に、花が二輪ついているのを発見しました。ですので、キッチンのテーブルに飾ることにしました。

1_104

花弁の感じがビロードっぽいです。本当の色はもう少し深い赤かもしれません。

デンマークカクタスも咲きました。びっくりです。背景が見苦しくて申し訳ないです。この花の色は、ピンクです。(が、そう見えないですね。)

1_101

外はふぶいているので、えさを求めて、鳥が庭にたくさんやってきます。天気が良ければ自然の中でえさを探すのでしょうが…

1_102

ベニヒワさんかな、と思います。自信はありませんが…

2011年4月26日 (火)

春を探しに

春を探しに週末は南のほうへ行ってみました。

空はどんよりでしたが・・・

1_101

春を告げるコマツグミさんがあちらこちらに。

1_102

どん!

コマツグミさんは、人のそばで平気です。毎年、夏、私たちの家の庭にも来るのですが、洗濯物干しコードに止まって、けっこう長い間、さえずります。私がそばでお茶を飲んでいても平気です。話しかけても平気です。

下の写真は、カエデの仲間だと思います。(違っていたら申し訳ないですが…。)芽吹いています。ポンポンポン。

1_105

ライラック(リラ)も芽吹き始めています。中央に少しだけ色のついているのが見えますでしょうか。

1_106

自宅に戻ったら、ゼラニウムさんの花が丸く咲き始めていました。

1_107

***

毎度のことで申し訳ないですが、旅行先などについての質問にはお答えできません。申し訳ないです。

2011年4月25日 (月)

アッバス・キアロスタミ監督の「Certified copie」(英)「Copie conforme」(仏) 「トスカナの贋作」 (日)を見て

久々ですが、アッバス・キアロスタミ監督がイランの外(ヨーロッパ)で撮った(初めての)映画を見ました。2010年公開の映画だそうです。

ざっくばらんな感想・覚書です。

***

ジュリエット・ビノシュ Juliette Binoche (「ポンヌフの恋人」や「トリコロール青の愛」などいろいろ出ている方です)とバスバリトン歌手のウィリアム・シメル William Shimell という方の出ている作品です。ウィリアム・シメルさんはこの映画が初めての映画出演だそうです。

ジュリエット・ビノシュはこの映画で、カンヌの女優賞をとったそうです。

アッバス・キアロスタミは、映画に素人を使うことでよく知られていますが、今回は、ジュリエット・ビノシュということで…この映画ができるまでのいきさつが、ウィキペディアの英語版に出ています。(Productionのところです。)

ウィキペディア(英語)

http://en.wikipedia.org/wiki/Certified_Copy_(film)

***

あらすじは書かないほうが良いと思うので、書きませんが、タイトルについては、一言だけ…

たぶん、「トスカナの贋作」だとなんだか、少し変な気がします。Copie conforme(フランス語)や certified copie(英語)の直訳(「公認コピー(写し)」だと変かもしれませんが)位のほうがまだましではないかなあ、と。このタイトルの意味をわかっていないと、お話の筋を追うのが大変になってしまうのではないかな、と思います。

まず、このタイトル(Copie conformeやCertified copie)は、まずウィリアム・シメル演じる男性(ジェームズ・ミラー)の書いた本の題名でもあるわけです。「本物についてはみな、「正真正銘の」とか色々な形容詞をつけますが、コピー(写し・贋作)については、そういわない、でも…。」という発想があると思うのですよ。

それから、ウィリアム・シメル演じる男性とジュリエット・ビノシュ演じる女性の関係を理解するのに、この「公認の写し・贋物」という発想は重要かなと思います。題名や、いろいろ小難しい会話を飛ばして映画を見ていた人は、結局、ウィリアム・シメル演じる男性とジュリエット・ビノシュが演じる女性の関係がわからなくなってしまったようでした…。それも狙いだといわれれば、その通りだと思うのですが。

とはいえ、それでも、この映画は題名をきちんと頭の隅においておいたほうが良さそうな映画だと思いました。

***

アッバス・キアロスタミ監督らしさはよくあらわれていると思います。空間の捉え方、坂の感じ、五感に訴える時間の表現方法、反映(鏡やガラスなど)の利用、老若の間での会話…

***

映画の成功は、ジュリエット・ビノシュの力技(?)によっているところが大きいかな、と思いました。さすが、すごい。

***

結婚している人、子どものいる人、共働きの人は見ていると、なんとなく理解できる事がとてもあって、おもしろいですが、そういう経験のない人は、「なんだか小難しい哲学みたいな話をしている」と思うかもしれません。アッバス・キアロスタミ監督の個人的経験や思索が反映されているところもあるかな、と思いました。

***

「トスカナの風景を楽しむ!」という目的でこの映画を見ると、「あれ?」と思うかもしれませんが、「どこもかしこも似たようなことがあるものだ」くらいの気持ちで見ると面白いかもしれません。

***

それから、映画で使われている言語が、英語・フランス語・イタリア語となっていて、そういう言語の使われ方がまた面白いです。これらの言語を使うということ、これらの言語のうちどれを使うかということ、これらの言語のうち、どの言語で話すかということ、色々な意味で、さまざまなレベルで…。多言語環境に興味のある場合は、そういう観点からこの映画を見ても面白いかもしれません。「ロスト・イン・トランスレーション」みたいに・・・(?)。

***

この映画の原題がなんなのかいまいちわかりません。ウィキペディアのフランス語版のほうには、イランの言語で、「Roonevesht barabar asl ast 」というのが原題だと出ていたのですが、英語版のほうではフランス語版が原題であるかのように出ていました。

***

一応参考にしたサイトです。

ウィキペディア(英語)

http://en.wikipedia.org/wiki/Certified_Copy_(film)

ウィキペディア(フランス語)

http://fr.wikipedia.org/wiki/Copie_conforme_(film,_2010)

面白いもの

一見すると、枯山水風の庭の模型のように見えますが、実は石のようなものがろうそくなのです。白砂やレーキもついていて、なかなか遊べます。

レーキの大きさは10センチくらいでしょうか。いいでしょう?

1_111

ということで…(ブログ「にゃんたること」の)naoさんが見ていてくれると良いのですが。

2011年4月24日 (日)

イースターということで、動物の写真

子供向けの仮設農園に行きました。そこで撮った写真です。

うさぎさん。

1_105

鶏のような鳥

1_111

アヒルとかカモの仲間のような鳥たち

休んでいます。

1_101

声をかけたら、首を持ち上げてくれました。

1_102

小さめの豚とヤギでしょうか

1_103

ハトのような鳥さんです。

1_107

ひよこはたくさんいたのですが、写真にうまくおさまりませんでした。

卵の写真を撮るのを忘れました…

これらの動物の名前がわからないのが残念です。

それから、背景などについてのコメントはしないでいただけるとありがたいです。sweat01

多分、体調万全だったら大好きになっていたと思うのですが

ブログネタ: 二度とやりたくないバイトは?参加数

二度とやりたくないアルバイト(の一種)は、真夏の遺跡発掘のお手伝いです。体調が万全でなかったことと、少人数による山城の発掘調査だったので、他の人が作業している前で一息つくわけにいかなかったことで、生まれてはじめて、「足ががくがくになる」「体のバランスがうまく取れない」「目が回る」という体験をしました。たぶん、暑さのせいで、なかば熱中症にかかっていたのだろうと思います。

ということで…当時は、疲れてへとへとになった自分を大変恥ずかしいと思いましたが、年をとった今、「当時は体調が優れていなかったし、水を飲めなかったし、座れなかったし、遺跡までけっこう歩いたし…」と言い訳できるようになりました。

現在、私は健康ですが、「やりますか」と尋ねられたら、「申し訳ないですが」と即答すると思います。初めての経験で嫌な思いをしただけなのですが…こういう作業はもともと好きなほうだと思うので、あの時体調が万全だったら、今、大好きになっていたかも、と思うと少し残念な気持ちになります。

ということで、発掘調査は、簡単なものでも、ある程度覚悟してから参加すると良いと思います。

« 2011年4月17日 - 2011年4月23日 | トップページ | 2011年5月1日 - 2011年5月7日 »