2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 初めての場所へ行くときは調べてから、です | トップページ | 家でしょうか »

2011年11月28日 (月)

食事を残せるようになりました。

ブログネタです。「食事の食べ残し、どう思う?」という題です。

私は、「食べ残してはいけない」と強く言われて育ったほうです。ですので、それが強迫観念のようになって、食べられない量を無理に食べたりしていたので、小学校のころから胃腸を悪くしていました。それに卵のアレルギーが加わった(のちに乳製品もやめるよう言われました)ので、食べることが苦痛でした。

大人になって、嬉しかったのは、食べられないものを「食べられない」とはっきり言えるようになったことです。食べ残すこと(というか、いくつかの皿に全く手をつけないこと)はありましたが、かわりにアレルギーなどを起こさなくなったので、気持ちはだいぶ楽になりました。

食事の食べ残しについては、良くないと思います。でも、体を壊してまで食べる必要はないかな、と思います。食べ残さないように、食事の量・内容を調整することが重要かな、と思います。

ちなみに、年をとったせいか、最近は、少量の加熱した卵や牛乳・乳製品は食べることができます。でも、外出先では、万が一のことを思うと、やはり卵は避けてしまいます。

ブログネタ: 食事の食べ残し、どう思う?参加数

« 初めての場所へ行くときは調べてから、です | トップページ | 家でしょうか »

ブログネタ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

小学生の頃から胃腸を・・・
本当にお辛かったですね・

今と比べて食物アレルギーの情報が少なく
周囲の理解が足りなかったことも
苦痛を大きくした一因と思います think

振り返ると小学校の給食は「絶対完食」を命じられ
どうしても食べられない子供もいたのに
無理な教育をしていたと感じます。

おはようございます 私も食べ残しは駄目と云われ育ちました。作った人の身になれと。今でもそれが身に付いています。だから今でも食べ残しはしません、それも有って我が家ではむやみやたらにたくさんは料理しません。毎回食べ切れるだけです。

昔の給食は、同じ量を全員食べなくてはならなくて、辛かったですね。
アレルギーは、好き嫌いとかマナーの問題じゃないのにweep
今はあらかじめ、食べられる量に減らしたりするようです。
アレルギー対応の給食も、出るようになりました。
食べられる以上のものを頼んで、食べ残すのはもったいないと思うので、きいろひわさんのおっしゃるように、最初から自分の食べられる量に調整するのが大事ですよね。

esさん
こんにちは^ー^
子どものくせに、胃腸薬を常時携帯していたのは私くらいでした…^^;
食物アレルギーは、今となっては常識といえるような事も、昔は知られていなかったような気がします。私は、酷いアレルギー反応が学校で出たことはなかったのですが、ソバアレルギーの同級生が、給食後、救急車で運ばれた事があって、そのときに、事の重大さがわかりました。restaurantbombimpact

ハッピーのパパさん
こんにちは^ー^
おっしゃるとおり、食べきれるだけの量を用意するというのはとても重要だと思います。そうしたら、肥満の問題なども、ゆっくりと、でも、確実に、解消されるような気がします。

イルカねこさん
こんにちは^ー^
昔の給食は、子どもの数が多かったせいか、けっこう大雑把でしたね。私と同世代でアレルギーのある子どものなかには、給食を食べずに、お弁当を持ってきている子もいました。。。(たぶん、そういうお弁当の子も給食費は払っていたんですよね…)「アレルギーなんて、気合があれば起きない」なんていう大人もいましたし…なんだかすごい時代でした。
今の給食では、アレルギーの表示などあるようで、ほんとうに良かったと思います。食べる量も調節できるなんて、本当に良いと思います。
***
レストランなどのバイキング形式の会食で、やたらたくさん皿に盛って、結局食べない人を見ますが、盛ったのに食べないのはマナー違反だという認識がもう少し広がれば良いなあ、と思います。

私も食べ残しはできない方です。それがpigのもとなんだけど。。。
外国では一皿のボリュームがあって、食べきれないことが多いです。
作った人に申し訳ないと思って、無理して食べることが多いですが、みんなどうしているのでしょうね?

かっつんさん
こんばんは^ー^
外国では、外食産業は、批判が怖いようですね。食べきれないほどの量を出さないと、どうやら、批判されるようです。食べ物の量もサービスの内のように思っている人が多いようです。
それから、外国のファミリー・レストランのようなレストランでは、食べ残したものを持ち帰ることが出来るようですね。(日本だと、持ち帰りは難しいようですけれど…)
逆に、ちょっと高めのレストランでは、量は日本のレストランと同じくらいだったりするかなあ、と(私の個人的な感想ですが)思います。そういうレストランだと、大体がコース料理で食べ始めてから終わるまで、けっこう時間が掛かるので、なんとなく、みなさん、食べきれるようです。(私は残すことがありますけれど…)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384934/43062519

この記事へのトラックバック一覧です: 食事を残せるようになりました。:

« 初めての場所へ行くときは調べてから、です | トップページ | 家でしょうか »