2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 捨てられるものと捨てられないものがあります。 | トップページ | ふつう、なかなか寝ることのないところだと思いますが、どうでしょう。 »

2011年10月 5日 (水)

チューリップの球根 デイトナ

デイトナ  Daytona です。

去年植えた球根が、来年の春、咲かないといやだなあと思い、(去年も植えましたが、)今年も、植えることにしました。(ホワイト・エンペラーやエヴィータも去年植えたのですが、今年も植えました。去年植えた球根が来年も花開くとは限らないようなので・・・)

白のフリンジの花です。

簡単な情報です。

球根を埋める穴の深さは15センチから20センチです。

球根と球根の間は10センチほど離します。

日向か半日陰を好みます。(寒冷地では日向に植えたほうが良いと思います。)

地上部の高さは65センチほどです。

開花期は5月ですが、5月に庭がまだ雪に覆われている地域では、6月に開花だと思います。私たちの庭では6月に開花でした。(2011年6月10日「ガーデニング・室内植物」カテゴリーの記事 「チューリップいろいろ」 http://kiirohiwa.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-1412.html  に写真が出ています。)

ということで、球根の写真です。

Photo_9

« 捨てられるものと捨てられないものがあります。 | トップページ | ふつう、なかなか寝ることのないところだと思いますが、どうでしょう。 »

ガーデニング・室内植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チューリップの球根 デイトナ:

« 捨てられるものと捨てられないものがあります。 | トップページ | ふつう、なかなか寝ることのないところだと思いますが、どうでしょう。 »