2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« ケベック(州)の北方開発プロジェクトに関連して見つけた記事 1 | トップページ | 今日の花 胡蝶蘭 »

2011年10月20日 (木)

変な髪形になると、美容師さん達が褒めるということがわかりました

ブログネタ: 【賞品付き】ヘアスタイルにまつわるオモシロネタ大募集♪ 参加数

ヘアスタイルにまつわる面白ネタということですが…ずれているかもしれません。

私が若いころ、ワンレングス(ワンレン)とか、ソヴァージュ(ソバージュ?)という髪型がありました。私はそれに似た髪形をしていました。長い前髪を額の真ん中からわけ、肩甲骨より長い髪の耳辺りから下を内巻きに巻いて、ウェーブを出していました。それをけっこう長いこと続けていました。よくあるような髪型だったと思います。

ある年、長髪がまだ流行っていた時分にも係わらず、私は短髪にしたいと思いました。そして、刈り上げではないにしろ、短く切ってもらい、けっこうきつめにパーマをかけてもらいました。そのときは大変満足だったのですが、そのあと、その美容室が閉店してしまい、私は髪が伸びた後、どうしたらいいのかわからず、その美容室の向かい(くらい)にあった美容室に行きました。というのも、その美容室も私の通っていた美容室も、なんとなく、見た目が似ていたので、きっと似たようなカットをしてくれる美容師さんがいるだろうと思ったからです。

そこで悲劇は起こりました。

その初めて足を踏み入れた美容室で、美容師さんが私の髪を切っている間、「何か違うぞ」と思い、パーマをかけるのに髪を巻いている時点で「これはヘン」と思ったのですが、「大丈夫ですかあ?」と軽くしか質問しなかったのが悔やまれます。もう少し自分の意見を言えばよかったです。でも、私は素人ですし、なかなか口は挟めませんよね…

何はともあれ・・・

出来上がった髪型は、段カットに、単なるウエーブをかけたものでした。何と言えば良いのかわからないですが、天然パーマが寝起きでぐちゃぐちゃになっている状態に似ていました。髪が、抑えても、上に持ち上がりました。

生まれて初めて、鏡を見て涙が出てきそうになりました。「あの~、これは・・・」と私が言いだしたところ、美容師さんが「これでいいんですよ、お似合いです!!」と「!」がいくつもつくような言い方で、何度も断言しました。そして、その脇にいた女の子も、「そうですよ、お似合いですよっ」と…

そのとき、「今、この美容室でやり直しを頼んだほうがいいだろうか」と思ったのですが、この人たち(美容師さんたち)とこれ以上今日は係わり合いになりたくないという気持ちのほうが強くて、さっさとお金を払って、出てしまいました。私はいつも帽子を持っているのですが、この日も帽子を持っていたので、帽子を被ってその日(休日でした)を過ごしました。

そして、話はまだ続きます…

その翌々日に、シャンプーをしたのですが、なんと、パーマが落ちてしまいました。そして、単なる段カットの失敗みたいなヘアースタイルになってしまいました。これは生まれて初めての経験でした。今まで何度もパーマをかけましたが、シャンプーで落ちたのはこれが最初で最後です。

まず最初に、「どうしよう」と思いました。パーマが落ちた場合は、パーマをかけてくれた美容室に戻ったほうが良いのだろうとは思いましたが、もうあの美容室とはコンタクトを取りたくないと思ってしまっていたのです。でも、母に勧められて、再び同じ美容室でパーマをかけてもらうことにしました。

美容師さんたちは前回と同じような顔ぶれでした。そして、美容師さんたちは、「すみませんねえ、こういうことはないと思ったんですけれどお」と言いました。そして、再びパーマをかけたのですが、今度は、どういうわけか、最初のパーマよりも膨らまずに普通にかかりました。妙に癖のある天然パーマのような感じです。私の希望とは全然違いますが、最初のパーマよりは、爆発していないだけ、まだましでした。

そして、「もしもう一度パーマが落ちたらすぐに来て下さい」と言われましたが、私はもしもう一度パーマが落ちるようだったら、知り合いの美容師に頼もうと思いました。(私の知り合いに美容師はいるのですが、お金を受け取ってくれないので、なかなか頼みづらいのです。)

そして、翌々日にシャンプーをしました。パーマは落ちませんでした…。

結局、爆発はしていないにしろ、ヘンな天然パーマのような髪形になってしまい、それを隠すため帽子などの被り物をいくつも買ったので、その当時の知り合いは皆、私のことを「帽子好き」だと思うようになりました。

***

私は結局、帽子で失敗した髪型を誤魔化したのですけれど、一般にはどうやって誤魔化すものなのか気になります…私の知り合いには、「失敗したから、ベリーショートにした」なんていう人もいたような気がしますが…

« ケベック(州)の北方開発プロジェクトに関連して見つけた記事 1 | トップページ | 今日の花 胡蝶蘭 »

ブログネタ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

タイトルを目にした瞬間から笑いが止まらず sweat01
あ~あれはそういう事だったのか!
とヒザを打つ思いで読ませて頂きました coldsweats01

いやはや、大変な災難でしたね。
仕上がりを予想せずにやっちゃう美容院
恐ろしいけど、存在するのですよね。

爆発方向で失敗されると
落ち着くまで期間もかかり、厄介ですね。
私も幾度かの苦い経験の末
後ろでしばれる長さを死守するようになりました。
変化が乏しく退屈なのが欠点です wobbly

すぐに髪が伸びるわけじゃないし、毎日大変でしたね~crying
ほめちぎって納得させたり、買い物させたりするのって、接客業の人の技でしょうか。
そういうこと、よくあるような気がします。
私も取り返しのつかないことになったら嫌なので、いつも髪は長めにしています。
で、気に入らない髪型になっちゃった時は、やっぱり帽子でごまかしますねwink

たいへんでしたね。
私も失敗が怖くて、いつもカットは長めに、パーマは控えめにお願いしていました。
失敗であっても後ろでまとめられるように。帽子は苦手であまりかぶりませんから。
でもそれだと、中途半端で、美容院に行ったって感じにならないんですよね。
最近は開き直ったのか、担当の美容師さんにお任せしています。もうどんな頭でもいいや。白いものさえ見えなければ。。。

esさん
おはようございます♪
やはり、怪しいことには挑戦しないほうが賢明でしたねcoldsweats01
いや~、ほんとうに災難でした。
爆発していたので、この後、整髪料もいろいろ試しましたもの…
予防が一番の危険回避ですね。私も、この件で懲りて、そのあとから今まで、けっこう無難な髪型で落ち着いています…happy01

イルカねこさん
おはようございます♪
はい、このころは、毎朝、髪の毛のことを考えました。帽子をかぶるといっても、いつもかぶっているわけにも行きませんし…整髪料を使い、カチューシャみたいなものを使い、といろいろ試しました。coldsweats01
接客業の人はやっぱりプロですね。
髪の毛は、いざというときでも取り返しがつく(?!)ような長さがベターですね。confident
この事件で勉強になりました。happy01

かっつんさん
おはようございます♪
はい。大変でした。いちいち他人に説明するわけにも行きませんし…coldsweats01
「カットは長め、パーマは控えめ」これは、失敗しないためには、きっと、鉄則ですね。flair
担当の美容師さん、きっとお上手なんですね。かっつんさんがお任せできるとおっしゃる時点で、そうなんだと思いました。happy01私も任せられる美容師さんに出会いたいです。(最近、何というか、顔にあう髪形になかなかならないのです…)

∑シャンプーでパーマがとれるなんて
初めて聞きました~(゚∇゚|||)
はじめて行く美容院ってだけでもドキドキなのに
そんなことになっちゃうなんて
私だったら今後、
新しい美容院を探す度に
勇気が要りそうになりそうです~。

自分ならどうするか考えましたが
髪の毛は元に戻らないから
失敗したらさらに短く…
しか私には思いつきませんでしたcoldsweats01

のルルさん
おはようございます♪
シャンプーで、パーマは取れますよ・・・(;д;)
パーマをかけて、シャンプーせずに一日放っておけば、普通は大丈夫ですけれど…(ノд・。)
新しい美容室に行く前に、口コミの感想などを読んでおいたり、美容室から出てきたお客さんの髪型を見ておいたほうが良いと思います…よほどのことがない限り、この手の美容師さんには当たらないと思いたいですけれど…
***
私の知り合いも、ヘアスタイルが失敗した翌日、休みをとって、その日に髪をばっさり切ってしまいました。それが対処法なのかもしれませんね。髪を切れるくらいの長さに保っておく事がコツだなあ、と思いました。(*^-^)

失敗したときに限って派手に誉める、
うううっ...思い当たること大ですbearing
私も同じような経験があります。
でもやっぱりやり直しは言い出せず、
それに言っても結局自分の要望は叶えてもらえないような気がして、
黙って帰って来てしまったのでしたweep
私はショートで失敗しましたが、適当な長さに戻るまで、
やはり帽子をかぶって過ごしましたcoldsweats01
セミロングで失敗したときは、真夏で帽子で誤魔化すのはしんどいので、
ずーーーーっとアップのまとめ髪でごまかしましたcatface
お店って、失敗は怖いけど、とりあえず一回は試してみないと、
上手か下手か相性がどうかがわからないので困りますよねsad

ちなみに私の若い頃も、ワンレン、ソバージュ、ボディコンでした。
同世代ですネsmilescissors

クシネさん
こんばんは♪
はい、きっと同世代ですね。happy01
やっぱり帽子dramaは必需品ですね。
セミロングのときは、アップ…確かに。セミロングならそれが出来ますね。やはり長いほうが失敗した後のごまかしがききやすいかもしれませんね。
***
お店は試してみないと、ですよね。年とともに美容室選びが難しくなってきたような気がします…実家に帰ったら、いきつけの(といっても一年に一回か二回しか行きませんが)美容室で髪を切ってもらおうと思います。confident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384934/42572255

この記事へのトラックバック一覧です: 変な髪形になると、美容師さん達が褒めるということがわかりました:

» チャパリーマン? [ちっちかも]
社会人になって、気分転換に髪の毛の色を茶色に染めたときの話!! お堅い会社なのは [続きを読む]

« ケベック(州)の北方開発プロジェクトに関連して見つけた記事 1 | トップページ | 今日の花 胡蝶蘭 »