2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« ふつう、なかなか寝ることのないところだと思いますが、どうでしょう。 | トップページ | 9月末の風景 »

2011年10月 6日 (木)

ありがちですが・・・

あまり面白い話ではありませんが、ちょっと最近の話をしたいと思います。

私たちの家の庭には、ラズベリーの木が20本ほど植えてあります。夏になると、実を摘みます(冷凍保存することもありますし、そのまま使うことも、コンフィチュールにして保存することもあります)。庭には囲いはありません。

前から、「あれ」と思うことはあったんですよ。

このあたりで予想のつく方はつくかもしれませんが・・・

***

ある日のお昼、夫が「庭に誰かがいる!」と言いました。

私が見ると子どもが3人ほど庭にいました。それぞれが手に、プラスチックの容器を持っています。一番上の子が小学校中学年、その次が低学年、一番年下が幼稚園の年長さんくらいかな、と思いました。私の見たことのない子どもたちでした。

夫が慌てふためいているので、私がとりあえず庭に出ました。そして、話しかけると、こちらに挨拶することも無く、「ラズベリー、とってもいいでしょ」と・・・

ちょっとびっくりしましたが、とりあえず、私は「あなたたちのことを知らないし、あなたたちのお父さんお母さんのことも知らないのよ」と言いました。(ご近所さんにこのくらいの年齢の子どもはいないのですが、ご近所さんの親戚のお子さんだったらまずいので、きつい言い方はさすがにできないのですよ・・・。)

すると、こどもたちの一番年長らしい子が「僕は○○、この子が××、この子が▽▽」と言い、「だから、ラズベリー、とってもいいでしょう」と・・・

私は、率直に駄目とは言えないので、「私はあなたたちのお父さんやお母さんを知らないし、話をしたこと無いしねえ」と言いました。

すると、また同じ一番年上らしい子が「僕のお母さんは□□で、お父さんは■■」と言いました。そして、「だから・・・」と続けようとしたので、私はさすがに「この子達ヘン」と思い、「名前はわかったけれど、私はあなたたちのお母さんのこと実際に知らないし、話したこともないし、ともかくあなたたちのお母さんと話をしなくちゃ」と言いました。そして、なんとなく、話のわかりそうな小学校低学年くらいの子に向かって、「いきなりあなたたちのお庭に私が何も言わず入っていって、あなたたちのおもちゃで遊んだらどう思う」と言いました。

すると、小学校中学年らしい子が(わりこんできて)「でも、ラズベリー、とってもいいでしょ」と言いました。

「これは親の差し金かな」と思いながら、「あなたたちのおかあさんに会わなくちゃね」と私は言いました。すると、子どもたちは動揺し、おびえた様子を見せたのですが、私は子どもたちを促し、子どもたちと一緒に、近所のお宅に向かいました。

すると、騒ぎを聞きつけたのか、そのお宅のひと(年配の方、おばあさん)が出てきて、「あらまあ、他所のお宅にラズベリーをとりにいく必要ないよ」と大声で(大げさな様子で)子どもたちに言いました。(そして、子どもたちを家に入れてしまいました。)

でも、私は、というか、このあたりの住人みんなは、知っているんです、このお宅にはラズベリーの木は「無い」んです・・・

つまり、おばあさん(子ども達はこのお宅に住む人のお孫さんたちでした)と子どもたちの母親(おばあさんの娘か、息子のお嫁さん)が、子どもたちにラズベリーを取りに行くよう言い、子どもたちに容器まで持たせたのですが、このお宅にはラズベリーの木は無かったということなんです・・・つまり、他所にラズベリー(の木)を探しに行かせたんです。

この近所で、この子どもたちがラズベリーを取れる場所は、他人様の庭だけです。森は、子どもの足ではかなり遠いですし、危険です。ラズベリーの茂みは、森の入り口にはありませんし、親が子どもだけで行かせる場所ではありません・・・。

そういうことを思っているうちに、なんだか、すごくむっとしました。

おばあさんに、私たちの庭には蜂なども来るので危険だし、なにかあったら困るから、子どもたちだけで来させないようお願いして、私は自宅に戻ってきたのですが、なんというか・・・すっきりしません。

なんとなく、来年は、家族総出で私たちの庭にラズベリーを摘みに来そうな気がするんですよ。「大人がついているから大丈夫」って言いながら・・・知り合いに話したら、「さすがにそれは無いでしょう(笑)」とのことでしたが。

なんだか、また話が長くなってしまいました。わかりにくい話を最後まで読んでいただきどうもありがとうございます。

« ふつう、なかなか寝ることのないところだと思いますが、どうでしょう。 | トップページ | 9月末の風景 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こういう非常識な大人・・・たまに(?)いますよねgawk

勝手に入り込んで・・・まず謝罪がないというのが非常識に思います
子供のしたことだから・・・とかいう人もいますが、それなら保護者が責任をとる、というか代わりに謝るべきと思いますね
こういう人と関わるとすっきしない気分になりますよね~

きいろひわさん、何かで気分転換してくださいsweat01

こんにちは!

あらら・・・
きいろひわさんも言いたくないことを
子供さんを想ってあえてお話ししているのに
相手方がはぐらかすのは
いけませんよね typhoon

容器を持って
お庭に入り込んで
となると
単なる子供さんの出来心という
言い訳では済まないですよね。

きろひわさんも
子供さんも気の毒なことでしたね。

おばあさん
もう二度と子供さんを使ってこんなことを
させないで欲しいと願ってやみません think

確信犯ですね~ずっとお付き合いはなさってない方でしょうか。
田舎はこういう面では良いので(隣組制度があるので)ご近所のものを勝手に取ったりする方は居ません。
が~見つからなければOKって感じの方が最近増えてきてますね。
σ(・ω・*) 裏側に植えてたアガパンサスを2年続けて盗られたことが有ります。
何処の誰が盗ったかは分からないので、苗は掘り上げて避難させました。
他所に植えてあるものは大切の育ててると言うことを分かって欲しいですね。
私なら「何も言わずに盗るようなら訴えることもできますよ」と言うかもしれません。

おはようございます、きいろひわさんがムッとするのも当たり前ですよ。それって子供を利用した泥棒行為ではないでしょうか、その子たちの親の見識が疑われますね。でも驚いたでしょうね、見知らぬ子供たちが庭に入り込んでいたのは。

確信犯ですよね、きっとsweat02
そういえば近所の子が小さい時、よそのおうちの子の自転車を勝手に持ち出してきたので、近所の大人みんなでそれはダメよと教えたことがありました。
子どもは最初、自分の物と他人の物の区別が出来ないものですが、保護者がちゃんと教えないと。
ラズベリーの子の保護者は当てにならなさそうですね、悲しいことですが。
とりあえずラベルをつけるとか、立て札を立てるとかして、大事に管理しているということを見せても…ダメですかねぇcoldsweats01
来年はちゃんと分かっててくれるといいですね。

ラズベリーが食べたいなら、自分の庭に植えればいいのにthink
子どもを使ってこういうことをするのは、一番良くないわ~!
第一、子どもの教育に良くないじゃないですかpout
こんなことをさせてたら、ロクな大人になれないですよ~sad

もし来年、家族総出でラズベリーを捕りに来たら、
100グラム、一万円(そちらの通貨で)って看板持って、
出て行くといいかもですbleah

marumiさん
こんばんは
ほんとうに、一言、「おやまあ、すみませんねえ~」(byおばあさん)とでもあればよかったのですが・・・
子どものせいにするのが、いただけません。think
この後、気分転換に、1週間くらいお菓子を作り続けました・・・おかげでちょっと太りましたが…coldsweats01

キャァァァァァー どろぼぉーーーっと叫んでみれば良かったのでは…
ってご近所さんには 聞こえないかcoldsweats01
うちは 引越ししてから よくピンポンダッシュをされていたのですが
良く見えるところに 防犯カメラ稼働中 っていうステッカーを貼ってから
まったくイタズラされる事がなくなりました。
実際には カメラなんてないんですけどねhappy01
ご参考になれば…wink

esさん
こんばんは
はぐらかされてしまいましたよ~。gawk
子どもたちの出来心ではないですよね…。このお宅は、以前から、「ちょっと…sweat01」という感じだったのですが、こういうことまでして欲しくなかったですdown

桜花さん
こんばんは
確信犯ですよね。このお宅は以前から「ちょっとまずいのでは・・・?」というような行動が多かったのですが、まさかこういうことまでするとは思いませんでした。
アガパンサス、残念でしたね。同じ人が、二年連続で、持っていってしまったのでしょうか。私の実家でも、アジサイが、大体毎年、被害にあっています。
このお宅の人たちはいざとなると理由にならない理由(たとえば、「自分たちには学が無いのだから、なにをしても、責められない」みたいな)を挙げそうなので、正攻法は効果が無いかな、と半ば諦め気味です。…でも、そういえば、一言、言いましたflair。「ここの庭は、今回は殺虫剤などを使っていなかったけれども、使うこともあるかもしれないから、庭に入るときにはこちらに一言声を掛けてほしい」と言いました。(実際には、人体に危険のある殺虫剤などは、ラズベリーの木には、使ったことがないのですけれど・・・。)そのときのおばあさんの驚いた顔、思い出しましたよ。この程度の言葉ですけれど、抑止力があるといいなあ、と思います。coldsweats01

あまり波風立てたくないことを思い切って言ったのに、うまくはぐらかされたらますます気分がよくないですよね。。
子供の将来のためを思うと、そういうことを保護者はさせない。。。というのは理想論でしょうか?

ハッピーのパパさん
こんばんは
まさにおっしゃるとおりだと思います。親は、子どもたちの将来よりも、自分たちが(刹那的に)楽できることを優先しているようです…。
最初に見たときは、ほんとうに、びっくりしました。夫が慌てふためいてくれたので、私はどうにか冷静でいられましたが…来年も同じことがあったら、うんざりしてしまうと思います。

イルカねこさん
こんばんは
まさにおっしゃるとおりだと思います。このお宅のおばあさんは、私たちが子どもを注意したら、多分、怒ってしまうと思います…。
ラズベリーなんて、放っておいても実がなるから、と楽観していましたが、違った意味で、世話をしなくてはならないですね…来年にむけてちょっと対策を練りたいと思います。

クシネさん
こんばんは
そうですよね~。ろくな大人にならないですよね!
ほんとうに、お金請求するのは、気の利いたアイデアかもしれませんね~happy02
このあたりはどのお宅にもラズベリーの木があって、自分たちの家の分は、自分たちの庭で収穫するのが普通なので、他所の庭で収穫してほしくないですよ。インターポットだって、他人様の庭で収穫できないというのに~~~gawk

みぃこのおっちゃんさん
こんばんは
相手が大人だったら、叫びたかったです~。
防犯カメラ!・・・「大げさかなあ」と、私は思っていたのですが、夫がこの事件の後、防犯カメラの話をしばしばします…考えたほうが良いですよね。ありがとうございます。happy01

かっつんさん
おはようございます
かっつんさんのおっしゃる事が正論で、普通の人はかっつんさんのおっしゃるような事をすると思います。このお宅の人たちがちょっとヘンなのだと思います…子どもの将来については、あまり深くは、考えていないと思います。ここら辺では、学校(義務教育のレベルの)に通うのをやめるよう、子どもに言う親がいるくらいなので…多分、そういう類の人たちではないかと、いろいろと見聞きした結果、思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384934/41907016

この記事へのトラックバック一覧です: ありがちですが・・・:

« ふつう、なかなか寝ることのないところだと思いますが、どうでしょう。 | トップページ | 9月末の風景 »