2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« ケベック党(パルチ・ケベッコワ Parti Québécois )による、プラン・ノー(Plan Nord)、『北部開発プロジェクト』、についての、コミュニケ | トップページ | ユキヒメドリさんとオウゴンヒワさんと… »

2011年9月 6日 (火)

お散歩日記

散歩の途中で、見た植物を・・・

ヤナギランの仲間です。花が咲いています。(写真はぼけています。風で花が揺れるのです…)

英語名Fireweed, 学名Chamerion angustifolium、フランス語名Épilobe à feuilles étroitesのようです。

Morinohana100

次は、ゴゼンタチバナの仲間です。

実がついています。

英語名Dowarf dogwood (dwarf cornel, bunch-berry)、フランス語名Cornouiller quatre-tempsのようです。

Morinomi

そして、下の写真は、アスター・コルディフォリウスのようです。薄紫色の花をつけています。

英語名Symphyotrichum cordifolium (the Heartleaf Aster、 Common Blue Wood Aster)、フランス語名Aster à feuilles cordéesのようです。

Morinohana

風景にはあまり変化がありません。

Mori1

***

このブログは地名などは一切公表しておりません。申し訳ないですが、質問などにもお答えできません。 ご協力をお願いします。

***

« ケベック党(パルチ・ケベッコワ Parti Québécois )による、プラン・ノー(Plan Nord)、『北部開発プロジェクト』、についての、コミュニケ | トップページ | ユキヒメドリさんとオウゴンヒワさんと… »

お散歩&運動日記」カテゴリの記事

コメント

きいろひわさんおはようございます

ヤナギランですか?
蘭の仲間かな…

日本特産の小柄な蘭は
千鳥という名を冠する和蘭展を昔見たのですが
鷺草も確か蘭の仲間

鳥の名前を冠する桜、鴛鴦桜、朱雀、雛菊桜、鵯桜、鷲の尾、真鶴桜 等同様に
追いかけてみたいモチーフです

最初の一歩が踏み出せないと、多忙な日々に黙殺され始められ無いのですが、彼岸花が
赤、白、黄色ときて、少し時期の違うピンクリコリスだけ撮れていないので
あわせて宿題です

ではまた✿

柳蘭はアカバナ科のお花ですね。
葉っぱが柳に似てて花が蘭のようなのでこういう名前になったとか。
日本のお花ってこういう名前の付け方が多いですよね^^

ゴゼンタチバナはこちらにはありません。
初めてみましたが、可愛いですね。

ゴゼンタチバナって、葉っぱも実の付き方も、可愛いですね
クリスマスやお正月の飾りに良さそうです。
お散歩道は、結構高い場所にあるんでしょうか。
斜面を下りて行ったら何があるのかな
木がいっぱいだから、空気が綺麗なんでしょうね~

とり3さん
アカバナ科なのですが、ランと名前につくので不思議ですよね。ちょっとだけクンシランみたいだと思いました。クンシランも、ランの仲間ではないのですが、ランと名前につきます。
鷺草!すてきですよね。すきです
お花の紹介、楽しみにしています。
ではまた!ありがとうございます。

桜花さん
ヤナギラン、葉=柳で、花=蘭、なんですね!なんだか、合体した植物みたいで面白いですね。勉強になりました。どうもありがとうございます。
ゴゼンタチバナは、高山に多いみたいです。見た目がかわいいのですが、実を食べてはいけないようです。

イルカねこさん
ゴゼンタチバナ、かわいくて、採ってしまいたいのですが、何せ公園内なので、違反にならないかどうかわからないので、いまだに触れてもいません。でも、飾りに良さそうですよね。

それから、この斜面の下にあるのは、森です・・・一本道が通っていますが。それも散歩道なのです。
空気は文句なくきれいです。ちょっと、ひんやりしていますが、それもまた、森らしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お散歩日記:

« ケベック党(パルチ・ケベッコワ Parti Québécois )による、プラン・ノー(Plan Nord)、『北部開発プロジェクト』、についての、コミュニケ | トップページ | ユキヒメドリさんとオウゴンヒワさんと… »