2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 激寒の地に咲く薔薇 7 Morden Blush | トップページ | ラベンダーが咲きました。嬉しいです。 »

2011年8月 6日 (土)

つぶやきです。ぐちっぽいです。

最近、思うことなんですが・・・

***

最近、私たちの家の浴室と洗濯部屋のリフォームをしたのですが、大体300万円くらいかかりました。今まで使っていた部屋を新しくして、少し配置を変えたくらいなので、そのくらいが普通だと思います。こまごまとした買い物の額を加えたら、この額以上になると思いますが・・・極普通の一軒家でもこのくらいお金が掛かるのだと思います。

また、リフォームにかかった時間は、結局、2ヶ月くらいでした。資材の到着・人材の確保など、計画通りにいかない事ってありますよね・・・

***

ということで・・・話は変わりますが・・・

去年、フェアトレードの食品・オーガニック食材などを中心にしたカフェ・レストランのようなものを、今年の夏、開業しようという話が近所で出ました。レストランを開業しようという人たちは私の友達というわけではありませんが、知り合いの人たちです。

で、資金集めをしていた(多分、今もしている)のですが・・・。

このレストラン開店については、当初、結構話が大きくて、「地域の芸術家さんたちの作品を飾って、地域の特産品も売って・・・」という感じで、関係者の人たちは、町(?)の中心地に大きな建物(ファミリーレストランレベルの大きさです)を確保しました。この建物は、もともとはレストランだったのですが、10年以上空き家で、10年以上前のものがいろいろ置かれたまま放置されていました。窓や看板なども壊れたのがそのまま今もあるような感じです。そのような状態なので、いろいろ改修工事などしなければならないと思うのですが、レストランを経営しようとする人たちは「自分たちだけで改修工事など全てやる」と言っています。そして、その改修工事にかけるお金が250万円くらいなのです。普通の家の二部屋分のリフォーム費用より少ないのです。どうやら、自分たちでやることで業者に頼んだときの人件費を浮かせる了見のようなのですが・・・

正直、この話を聞いたときは、なんというか、微妙な気持ちになりました。レストラン開店には大賛成なのですが、10年以上放置されたままの元レストラン改修に、たったの250万円・・・

改修工事をDIYでやるといっても、一部、特に、電気関係と上下水道関係は、業者さんに頼まなくてはいけないのですが、どうやらまだ何もやっていないのですよ。自分たちだけで出来そうな事(掃除とか、割れたガラスの交換とか)もやっていない状態なのです。今年の夏に開店という話なのですが、まだなにも手をつけていないようなのです。

***

最初の話に戻りますが、レストラン開店のため、関係者は資金集めをしていて、1万円くらいから投資という感じで、資金を集めています。私のところに直接頼みに来たわけではないし、私は関係者ではないので、私はお金を出す義務はないのですが、私自身はポリシーとして(?)フェアトレードとか地域産業応援とかオーガニック食品使用とか、そういうものをとても応援したいと思っています。だから、投資したいのです。でも、上に書いたような状態なので、とても応援できず・・・

私の知り合いのひとり(私と同じ傍観者です)が、今年の新年ころは、このレストラン開店のニュースを嬉しそうに話していたのですが、春先になって「どうなることやらね」と・・・かなりうんざりした様子でした。

そして、一ヶ月ほど前、とうとう、「大手の投資者が投資したお金を取り戻した」という噂が流れました。噂だったのですが、かなり真実味のある内容で、こういう噂を勝手に流させてしまうような雰囲気が漂っている(レストランを開業しようとしている人たち側の脇が甘い)というのが、なんとなく、つまらなく感じられました。正直な話、レストランを開業するということは、他のレストランにとっては脅威なのですから、この手の悪い噂は流れるはずなのですよ。そのあたりを予想して、予めしっかり開店までの計画を立てておかないと開店前から閉店の噂を立てられてしまうのは仕方ないかと・・・夏に開店と言っておきながら、今も開店していないので、周囲では、「アレはだめだ」という感じで、今では話題にもならない状態です・・・「地域の芸術家の作品を飾る」とか「地域の特産品を売る」とか、そういう話もぱったりと聞かなくなりました。今の建物の状態を見るに、絵はまず飾れないだろうと思います・・・(壁が酷い状態なので。)

***

レストラン開店の関係者たちは、理想主義者で、あまり経営者風とは言えない人たちばかりのようだと話には聞いていたのですが、最近、よく知るようになり、なんというか、ビジネス向きとはいえない人たちだな、と感じるようになりました。レストラン開店関係者の一人から、定期的に、印刷物を受け取っているのですが、印刷物が不要コピー紙の裏紙に印刷されているのはまだいいのですが、(その不要コピー紙の)表(おもて)に印刷されていた事がちょっと個人情報に触れるような内容(といっても大した内容ではないですが、心理テストの回答・結果とか、適職診断テストの回答・結果とか、そういうものです。勿論、回答者の名前つきですが。)なのですよ。

***

「レストランに投資しなくて良かったかな、このまま投資しないだろうな」と私は冷静に思うのですが、一方、「このレストランが上手くいかなかったら、たぶん、この後、同じような企画は出てこなくなるだろうな」とも思うのです。私が少し投資したところで状況は変わらないだろうとわかっているのが、さらに、何というか、つまらなく思えます。

***

ぐちぐちといろいろ書きましたが、要は、経営能力のある人がこういうレストランを開いてくれないかな、という希望に尽きるのだと思いますが・・・愚痴を聞いていただき、どうもありがとうございました。

« 激寒の地に咲く薔薇 7 Morden Blush | トップページ | ラベンダーが咲きました。嬉しいです。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ちゃんとオープンすれば素敵なレストランになりそうなのに、残念ですねsad
うちの近くの山の中にも、芸術家村のようなものが出来るという話があって、最初にレストランやお店が出来て、ちょっとおしゃれな雰囲気だったのですが、その後計画通りに行ってないみたいなんです。
場当たり的にとにかくやってみるというのではなくて、最初からしっかり計画してからオープンすればいいのにな~と思います。
レストランも芸術家村も、期待が持てそうな企画だっただけに、余計にがっかりしますねcoldsweats01

理想と現実
経営に於いて利益は問われる
継続により信用は増す
楽感的プランは、通じない
夢に付いてくるリスクを認めれる余裕は
一部の富裕層ですね、彼らにはマネーゲーム
まあ考えてるだけなら、何も残らないけど・・・
騙されているのを気づかせない技を使える者は
完璧な経営者  普通が一番happy01

イルカねこさん
はい。コンセプトはすごく良くて、最初話を聞いたときはみんな「これこそ私たちがほしかったタイプのレストラン!」と大騒ぎしました。そのお陰で、短期間で、dollarはかなり集まったようです。
芸術家村、すてきですね。後もう一歩のところでしょうか、ぜひ頑張ってもらいたいです・・・confident

mid night 7さん
確かにおっしゃるとおりです。think
なんというか、地に足がついていないというか、現実を見ないというか、そういう人たちってちょっと怖いなと思いました。
普通が一番ですね。happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384934/41014056

この記事へのトラックバック一覧です: つぶやきです。ぐちっぽいです。:

« 激寒の地に咲く薔薇 7 Morden Blush | トップページ | ラベンダーが咲きました。嬉しいです。 »