2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 花火の写真 | トップページ | アスチルベ 赤と白 »

2011年8月14日 (日)

てぃが鬼ごっこするとき

てぃが鬼ごっこするとき

てぃは、私のペットではありません。夫の実家の、手術済みの、太った、14歳くらいのオス猫です。てぃは私のことが気に入っています。私は長いこと猫が怖かったのですが、去年このブログを始めて、皆さんのブログにお邪魔するようになり、猫のことがわかるようになって、去年やっとてぃを抱っこできるようになり、今年になって(?)、どうにかこうにかてぃを運ぶこともできるようになりました。

ということで、今年の夏のてぃの話です。

***

今から数年前、私がてぃのことをまだよく知らないころ(夫の実家にネコがいるくらいのことは知っていたころ)、皆で夫の実家の近所のレストランで食事をすることになりました。そのとき、夫の両親が時間通りにレストランに来ず、コース料理ということで、皆待っていたのですが、40分ほど経って到着した夫の両親が「ネコがなかなか家に入らなくて」と遅刻の理由を言いました(てぃは外を自由に歩きまわれるのですが、夫の両親が外出するときだけは家の中に入れるようです)。私は、それが本当の理由だと思わず、「きっとなにかほかに理由があるのだろう」とだけ思いました。

その後、てぃをよく知るようになって、私が徒歩で外出するときはてぃが必ずと言って良いほどついてくることがわかりました。でも、てぃは、いつも(夫の実家から)だいたい一定の距離まで離れると、そこに座ってしまい、そこから先へはついてくることはなく(私が戻ってきたときも大体同じ場所にいます)、てぃがついてくるとわかってからは、家を出るときにてぃに「今から○○に出かけてくるけれど、じきに帰ってくるから、大人しく待っているのよ」と言い聞かせると、ほんの少ししかついてこないので、なんとなく、そういうものなのだ、と思っていました。

そして、今年の夏のある日のこと・・・

夫の両親と夫と共に、夫の実家近所のレストランで食事をすることになりました。そして、皆で一緒に夫の実家を出たのですが、てぃがわたしたちのあとをついてくるのです。夫の両親はてぃを捕まえ(て家に入れ)ようとして、てぃのそばまで行くのですが、てぃは捕まえられる寸前に逃げてしまいます。そして、街路樹で爪を研いだり、歩道で寝転んだりしています。こうして鬼ごっこがけっこう長いこと続きました。

私は夫に近づいてよいか尋ねて、夫が良いと言ったので、てぃの様子を見に行きました。てぃはいわゆる「小悪魔」風の顔つきをしていました。目がくりくりで、口元が何というか、おもしろそうに笑っている感じです。てぃは夫の両親の猫なので、私は捕まえる事はせずに、その場を離れて再び夫のほうに戻りました。

その間もずっと、てぃと夫の両親の鬼ごっこは続いています。5分くらい(以上?)たったと思われたころ、さすがに私は心配になって、(夫の両親はてぃにかかりきりで、私と会話する余裕はないように見えたので)夫にてぃを捕まえても良いか尋ねました。夫が良いと言ったので、私は今までてぃを捕まえたことはなかったのですが、捕まえてみることにしました。私は、てぃから数メートル離れた場所まで行って、しゃがんでみました。こうすると、てぃは、いつも私のところにやってくるので、このときも来ると考えてのことです。案の定、てぃはやってきて、私の周りをぐるぐる回って、私のひざの下あたりでねっころがっておなかを見せました。私はおなかをなでてやりました。そのとき、夫の父(まぁさん)が近づいてきて、てぃは跳ね起きてしまいました。夫がすぐに、「近づかなくて大丈夫だから」とまぁさんに言い、まぁさんが遠ざかったので、てぃは再び私の近くに寄ってきて、おしりを私のほうに向けてきたので、私はてぃの背中をなでてやりました。それから、てぃの前足のわきの下(?というのでしょうか)に手を入れて、てぃを抱き上げました。てぃは抱き上げられる前に、一言「にゃん」と鳴きました。(てぃは抱き上げられる前にしばしば「にゃん」と鳴くのですが、これは何を意味しているのでしょう?『だっこしないで』とか『やさしく抱っこして』とか、そういう意味なのでしょうか、それとも『さあ、抱っこされる準備できたよ』という合図なのでしょうか・・・?話が脱線してすみません。)

そして、私はてぃを抱っこしました。てぃは、いつもの通り、脱力して、大変重く感じられました。夫の実家の家の中にてぃを入れなくてはならないので、おそらく10メートルくらい歩いたのですが、本当に重かったです。

私が夫の実家の玄関のドアに着くと、まぁさんがドアを開けてくれ、私はてぃを下ろしました。てぃは足に力が入っていなくて、下ろすときに、ちょっとハラハラしましたが、ちゃんと着地しました。そして、私のほうを見上げたので、「行ってくるからね」と言うと、てぃはじっとしていて、その隙に、まぁさんがドアを閉めてしまいました。

その後、レストランに行ったのですが、着いたときには予定よりも15分から20分くらい遅かったです。レストランのお手洗いで手と腕をしっかり洗ったのですが、服にはしっかりとてぃの毛がついていて、落とそうとしたのですが、結局全て落とすことはできませんでした。(そして、結局、服はクリーニングに出しました。)

こういうわけで、やっと、以前に夫の両親が言った理由は本当だったんだとわかりました。

***

長い話を読んでくださり、ありがとうございました。

ところで、猫さんというものは、一般的に、てぃのように、飼い主が出かけるとわかると鬼ごっこするものなのでしょうか・・・?

« 花火の写真 | トップページ | アスチルベ 赤と白 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

こんにちは happy01

てぃちゃんのお話しうかがえて
とても嬉しいです。

手に汗握る捕獲劇
苦笑いしながら読ませて頂きました。

抱き上げる前に鳴くこと、ありますね。
「にゃん」の意味は
抱き上げられたあとの様子から
推察しています。

ジタバタ暴れて逃れようとする場合は
「抱っこしないで」

体を硬直させてじっとしている場合は
「しょうがない・・・優しくね」

チカラを抜いて体を預ける場合は
「抱っこして・準備OK」

てぃちゃんは床に下すのが
はばかられる程に脱力していますから
三番目ではないかと考えます。

さて、追いかけっこ。

「捕まると自分に不利益な事が起きる」
と感じると、逃げます(苦笑)

今回は一定の距離まで見送って
ちょっとお散歩して戻りたいわけですが
捕まるとそれが出来ないので
追いかけっこになったのですね。

外にも出られる猫ちゃんの場合は
外出予定時間のかなり前から
家に入れておかないと
手こずるケースが多いようですね coldsweats01

ウチは外には出していないのですが

・爪切り
・投薬
・通院

と分かると逃げます逃げます。

狭い家ですが何だかんだと
捕まえるまで一時間ぐらいかかって
しまうこともあります sweat01


てぃれぽーと(猫の習性と行動心理報告書)の分析
・・・(汗)(汗)ヤバッ ヾ(_ _*)ハンセイ・・・
猫君とのお付き合いは無いので見えない
型は我流、故に無形 無形は自由・・・猫イメージのみ
es 殿の言葉に・・・1へ~2へ~ 顕微鏡で覗くのみとは 

絵本のように様子が目に浮かび、
すごく楽しかったですheart

さて、出かけるときですが。
鬼ごっこになります~(笑)
今は大丈夫なのですが、仔猫の時分は心配なので、
うちは外出時にケージに入れていたんです。
私が洋服を着替えると、外出するのがわかるので
ケージに入れられたくないものだから、
ダッコしようとすると、イヤダイヤダと、部屋中を
逃げ回って捕まえられないことがしょっちゅうでした(笑)
最終的には、オヤツで釣って、みたいなbleah
きいろひわさんには、おとなしくダッコされて、
捕まえさせてくれるてぃちゃんは、
本当にきいろひわさんのことが大好きで、
信頼しているんだと思いますlovely

猫ってつかまえようとすると逃げるものなんじゃないかな~と思いますcoldsweats01
家のココアcatも、病院に連れて行こうとすると、その前に逃げます。
こっちが必死になればなるほど、向こうも必死で逃げますねぇ(笑)
知らんぷりして近づいた所を捕まえるか、気がつかないうちに捕まえるか…どちらにしても、必死感を出さない方が上手くいくような気がします。
抱き上げる前の「にゃん」は、みなさんおっしゃってるように、「OK」の合図だと思います。
きいろひわさんのことをてぃちゃんは信頼してるんですね、きっとhappy02

きいろひわさん、こんにちは。
てぃちゃんの様子や、みなさんのコメントを読み、私も「うんうん」と思いました。てぃちゃんの小悪魔的な表情も目に浮かぶようです。抱き上げるときの「にゃん」は、そういえばいつもです。何のことか考えたことはなかったですが、短く「にゃん」と言うのは抱っこの時だけなので、きっと意味があるんですね。「OK」だったらいいな~。
うちは基本的に家の中だけの猫ですが、よくドアの隙間から脱走して、捕まえるのはとても大変です。家族総出で一苦労です。やっぱり同じような情景です。

esさん
丁寧に、どうもありがとうございますhappy01
おっしゃるとおり、てぃの「にゃん」は「だっこして・準備OK」ですね。実は、「一般的に、猫が一言鳴くのは、なにか(攻撃)の合図ではないだろうか・・・?」とひそかに心配していたのですよ・・・coldsweats02攻撃された事がないので、これからもされないだろうと一安心です。confident
追いかけっこ、esさんのところでも、するんですね。「捕まると自分に不利益な事が起きる」・・・たしかに、誰かがてぃを捕まえるときは、多くの場合、目薬を差すためか、病院に連れていくためだったりするので、てぃは捕まえられること自体、好きじゃないですね。というか、捕まえられるとき、けっこう抵抗します。夫の両親も夫も猫の扱いに慣れているので、ぜんぜん平気な様子ですが、見ている私はけっこうハラハラします・・・coldsweats02

七色仮]面さん
こんにちはhappy01
やはり実際を知っている方々のお話しはためになりますね。私も、七色仮面さんと同じで、猫を飼った事がないので、「そうか」「へー」の連続です。confident
夫が白い猫を飼いたいようなので、数年計画で猫を飼う準備をしようと思っているのですが、どうなることやら、です。coldsweats01

クシネさん
猫娘さんたちも鬼ごっこをするんですね!happy01
イヤダイヤダと逃げ回るおねいちゃんとチビちゃんの様子、目に浮かびます。かわいいですよ~lovelyそのまま、外出したくなくなりそうです。

イルカねこさん
追いかけたら、catさんは逃げるような・・・と私も思いました。ちなみに、dogも、逃げます。sweat01
夫の両親が、余所行きの格好をして、真剣に捕まえようとしている様子は、なんというか・・・必死感がありありと伝わってきましたsweat02猫を捕まえられないシチュエーションそのものだったんですね。
それから、てぃの信頼にこたえられるよう、これからも頑張りたいと思います。wink

twinkle echo(momo)さん
こんにちは。
くろちゃんとしまくんも、「にゃん」と言いますか。こちらと同じで、嬉しいです。記事の内容から判断するに、きっと「OK」の意味だと思いますよ。
お家からあまり出ないcatdogさんたちは、一旦家を出てしまうと、探しだすのが大変みたいですね。今年の夏、近所のお宅の室内飼いのdogちゃんが逃げたとのことで、子ども達が一週間くらい朝から晩まで探し回っていました。けっきょく、どこかのお宅が迷い犬ということで預かっていたみたいで、無事、dogちゃんは家に戻ることが出来たのですけれど、見つかるまで、夜明けから日暮れまで、犬の名前を呼ぶ声が近所に響き渡っていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384934/41154509

この記事へのトラックバック一覧です: てぃが鬼ごっこするとき:

« 花火の写真 | トップページ | アスチルベ 赤と白 »