2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 気が落ち着かないので | トップページ | お散歩&運動日記 37 夕焼けと満月 »

2011年3月19日 (土)

お散歩&運動日記 36 マトリョーシカ・てぃ

昨日の話です。

昨日は天気がよく、暖かかったです。散歩に出かけたら、知り合いにあいました。

最近入院して、手術したのだそうです。今日(昨日から考えると翌日ですが)から仕事復帰だそうで、体力づくりをしていると言っていました。黒ラブの入った大きな犬を連れていたのですが、その子がまだ躾途中だそうで、通りがかる人に飛び掛って(!?通りがかる人の周りを走り回ってジャンプして)いました。私は犬に慣れているので怖くなかったですが、通りすがりの女の方がひとり、ものすごく怖がってしまいました。飼い主が犬を抑えられなかったので、私が犬を抑えました。初めて会う子だったので、どういう性格かわからなかったですが、飼い主さんのことは知っているので、なんとなく抑えられました。愛嬌があって、甘えん坊で、遊び好きの子のようでした。

知り合いと喋っていると、男の人が来ました。その人は顎から血を流していました。なんだろう、と思ったのですが…この日、あとで一緒に散歩した女の人は大きな犬が嫌いで、彼女によると、この男の人の顎の怪我は大きな犬にやられたせいだとのことですが…彼女はもちろんのこと、誰も目撃して「いない」ので、なんともいえません。大きな犬が嫌いだからと言って、怪我をしている人を見たら、大きな犬のせいだと言うのはちょっといただけないかも、と思いました。

でも、散歩道で元気一杯のちゃん達の様子を見ていると、「大きな犬が(誤って)人を傷つけるかもしれない」と思われることは確かです。やはり飼い主さんがきちんとしつけておくことが第一、できればすぐに繋がれるようにしつけておくことが良いだろうな、と思いました。

この日は、エリマキライチョウ(英語名 Ruffed Grouse、  フランス語名Gélinotte huppée、学名 Bonasa umbellus )を見ました。鶏くらいの大きさ(40センチから48センチくらいだそうです)があって、案外大きかったです。人が怖くないのか、私たちのそばをゆっくり通り過ぎていきました。ウィキペディアのGélinotte huppée(フランス語名)の項を見たら、ケベックでは『perdrix』(やまうずら)と呼ばれるそうです。(英語やフランス語やケベックの話をするのは、私は、このブログでは、一応、言語とフランス語圏に興味があると書いてしまっているからです…申し訳ないです。)

一応、エリマキライチョウについてのウィキペディアのアドレスです。

英語

http://en.wikipedia.org/wiki/Ruffed_Grouse

フランス語

http://fr.wikipedia.org/wiki/G%C3%A9linotte_hupp%C3%A9e

それから、Black-capped Chickadee(英語名) (フランス語名はMésange à tête noire、学名はPoecile atricapillus)を見ました。というか、この鳥はとても人になれているらしく、まず、私の目の前を飛びました。そして、私のそばの木に止まり、さえずりました。私はやるえさなどが無かったので、そのまま歩き続けましたが、そのあとも、わたしのあとをついてきました。ものすごくかわいらしかったです!次回は好物のえさ(ひまわりの種、ピーナッツ)を持っていきます。この鳥の大きさは、12センチから14センチということで、白と黒とクリーム色でかわいいです。

一応、ウィキペディアのアドレスを載せておきます。

英語

http://en.wikipedia.org/wiki/Black-capped_Chickadee

フランス語

http://fr.wikipedia.org/wiki/M%C3%A9sange_%C3%A0_t%C3%AAte_noire

この日は、結局、17163歩歩いたようでした。

他人と一緒にいたので、散歩の証拠写真となるものは何もないので、てぃをモデルにして制作した水彩画を写真撮影したものを載せます。モデルのてぃについては写真を基にしたのですが、夫がてぃが絵になったのを見て、「てぃは電球みたいだ」と(をさかさまにした感じでしょうか)…わたしはむしろ、「このままマトリョーシカになりそう」と思いました。耳が出っ張っていますけれど…

1_1445

まん丸です。光の加減のせいで、色などはうまくうつっていないかもしれませんが。てぃの輪郭は写真からきちんと写したので、間違っていないはずです。

« 気が落ち着かないので | トップページ | お散歩&運動日記 37 夕焼けと満月 »

お散歩&運動日記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは 

ふっくらコロンとした
可愛いてぃちゃん!
今にも動き出しそうですね。

マトリョーシカ・・・ホントだ~
てぃちゃんの中にてぃちゃんが・・・
想像すると可笑しいです  

きいろひわさん、こんにちは。
マトリョーシカ、電球、、、なるほど。私は猫ビギナーなので、自分で飼うまで本当に猫のことはよく知らなかったのですが、猫の姿の曲線はほんとうに柔らかで美しいなと思います。↑の絵では、目の光も印象的です。猫の目の色は、日のあたり方やその場所の明るさによって、引き込まれるような表情を見せてくれますね。

まあるくて、ふんわりかわいらしい感じが伝わってきました
絵がお上手なので、羨ましいです
マトリョーシカ・・・なるほど

てぃちゃん、大きさはどのくらいでしたっけ?
うちの子も、どんどん大きくなり、どうにも下半身がぽってり丸くなってます
どこまで大きくなるのか楽しみです

てぃちゃんの……この丸い感じ、ウチのゴーみたいだと思いました。
こういう姿勢をしてるゴーを遠目に見ると猫ではなく
何か違う生き物のように感じてました
ネコリョーシカだったのか~!
てぃちゃん、かわいいですね♪

ほんとだぁ〜。。。
ネコリョーシカね。。。かわいいし。。今日の絵は
とっても表情がいいよぉ。。少し微笑んでるよ。。
口のまわり。。が。。猫まるだしで。。ぷっくり

大きな犬だと、本犬さんは遊ぶつもりでも、向かってきたら小さな子どもが転んだりしそうですね。
やっぱり飼い主さんが、いつでも押さえるぞという姿勢でいて下さると安心です。
てぃちゃん、ほんとにマトリョーシカみたい
大きいものから小さいものまで、たくさんのてぃちゃんが入ってたら、楽しいですね~♪

ロシアの民芸品だったのか?記憶には少し・・・
目の色が凄く気に成りました
昔、秋田犬を飼っていました、異常に大きくなり過ぎ・・・
散歩に行っても立ち止まったら動きませんでした
普段吠えない性格・・・急に! 怖くなりましたね
飼い主が制御できる大きさじゃないと外は危ないですね

esさん
こんにちは。
てぃも褒められて喜んでいると思います。ありがとうございます。
私も、てぃのなかから、てぃが出てきそうだと思いました。

momo(twinkle echo)さん
私はネコビギナーどころか、猫を飼った事すらありません…去年、ブログを始めて皆さんと交流するようになってから、ネコが徐々に怖くなくなってきたという感じで、てぃを抱っこできたのも去年なのですよ。今でも知らないことがたくさんあると思います。
てぃを絵のモデルにするのは、てぃが夫の実家のネコだからなのです。要は、夫の両親を喜ばせたいというのがそもそもだったのです。(これについては、今まで記事に一度も書いたことがありませんでしたが…)
体の線、目の色、さんはさんとは違って、なかなか、面白いです。挑戦のしがいがあります…

marumiさん
モデルのてぃも大変喜んでいると思います。ありがとうございます。
てぃはだいたい6キロから7キロの間かな、と思います。14歳なので、これから大きくなることはないですが、年のせいか、これでも、少し細くなったように見えます。それでも、写真から想像するに、メイちゃんやミルちゃんにはまだ勝っているかな、と思います。(でも、ミルちゃん、大きいですよね、5.4キロありますし…)

いきなり痩せるのはネコの健康によくないそうなので、てぃには少しずつ運動することで老後に備えてほしいと思っています…(14歳だから、もうすっかりお年寄りかもしれませんね…)

ひかりさん
ネコリョーシカだったのかもしれません~
不思議な生き物、発見!です~。
てぃは、かわいいですけれど、けっこうしつこいです…

jazzmaineさん
褒めていただきありがとうございます。モデルのてぃも大変喜んでいると思います。
ネコまるだしですよね。たしかにそうです。こういう表情で、じぃと見つめられると、遊ばざるをえません…

イルカねこさん
私も、体を擦り付けてくるバーニーズ・マウンテン・ドッグ(体重は40キロくらいあるだろうと思いました)に倒されそうになったことがあります…周囲はハラハラしたそうです。小さい子どもが同じ目にあったら、つぶされてしまいそうですね…

てぃのマトリョーシカがあったら楽しそうです。でも、全部がてぃみたいに「遊んで」攻撃を仕掛けてきたら、けっこう大変そうだなあ、なんて要らぬ心配をしてしまいました…

mid night 7 さん
はい。マトリョーシカは、たしか、もともとロシアの民芸品(人形)です。いまはいろいろなものが出回っているかもしれませんが…
ネコの目は不思議ですね。水彩画なので、こういう表現をしましたが、油彩やアクリルなら、違った表現があるだろうな、と思います。
それから、秋田犬は、テレビで見たことくらいしかないですが、とてもかわいいですよね。でも、きっと、愛らしいだけではないですよね…
たしかに、飼い主が制御できる大きさの犬を飼ってほしいなあ、と思います。上述の私の知り合いは、自分の飼い犬を抑えられなかったときにさえ、「この子はまだ若くて、しつけている最中だけれど、私の言うことはきくのよ」と言ったのですが、その言葉は少しむなしく聞こえました…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お散歩&運動日記 36 マトリョーシカ・てぃ:

« 気が落ち着かないので | トップページ | お散歩&運動日記 37 夕焼けと満月 »