2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« ギンザンマシコの写真 | トップページ | 食べ物を保存すべき温度・消費期限・賞味期限…ケベック政府のPDF文書から 25 実用的なアドバイス 3 »

2011年2月15日 (火)

お散歩&運動日記 10

四日前と三日前の話を一緒にします。

というのも、寒すぎて外出できなかったのです。仕方がないので、二日とも、ショッピングセンターまで行って、ショッピングセンター内をうろうろ歩いてきました。2時間くらいずつ歩きました。

写真に撮るべきものもないので、庭のムナフヒメドリの写真を載せます。

1_1262

点々が鳥です。えさを中心にお互いぶつからないように動く様子がなんとも良いです。

一羽だけ大きめに写してみました。この鳥はベニヒワ( 英語名Common Redpoll、フランス語名 Sizerin flammé 学名Carduelis flammea)ですね。最近、きちんとチェックしていなかったので、庭に来る鳥の種類が変わったのでしょうか・・・?明日にでも、きちんと双眼鏡で詳しく見てみます…

背景などについてはノーコメントでお願いします…

1_1263

« ギンザンマシコの写真 | トップページ | 食べ物を保存すべき温度・消費期限・賞味期限…ケベック政府のPDF文書から 25 実用的なアドバイス 3 »

お散歩&運動日記」カテゴリの記事

コメント

スズメみたいと思ったら、スズメ目なんですね
小さい鳥がたくさん集まっている様子は、可愛らしいですね~

か・・・可愛い~ 

小さな体で、懸命に生きていますね 

動いているように見えるのは、私だけかしら?

イルカねこさん
ここでいきなり訂正なのですが…もうしわけないです・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 !写真に大きく写されているのは、たぶん、ベニヒワ(11センチから15センチくらいの大きさ)です・・・!!もうしわけないです~~。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

今から訂正を記事に入れます…ι(´Д`υ)アセアセ 

ムナフヒメドリが多かったので、てっきりそうだと思って載せたら、よくよくみたら、額の赤さがムナフヒメドリより赤いので…また、喉辺りが赤いのも…これはベニヒワ( 英語名Common Redpoll、フランス語名 Sizerin flammé 学名Carduelis flammea)です。。。
申し訳ないです…
ということは、最近庭に来る鳥の種類が変わったのかも…どうしましょう、チェックしていませんでした…

とはいえ、どちらも北極そばに住んでいるスズメさんの仲間です。

ムナフヒメドリについては、そうなんです。ちょっとだけ大きめのスズメさんです。(18センチくらいでしょうか。)英語名はAmerican Tree Sparrowで「スズメ」という名前が入っています。額のところが赤茶色いのが特徴です。日ごろは北極の近くに住んでいて、冬になるとやってくるようです。人を怖がらないようです。(というか、おそらく、狩猟の対象ではないので、人のことがよくわかっていないのだと思います。)

esさん
本当に…冷凍室よりも寒い気温で、こんな小さな体でよく凍らないなあ、と不思議に思います。命って、不思議なくらい力があるんだ、なんて、思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お散歩&運動日記 10:

« ギンザンマシコの写真 | トップページ | 食べ物を保存すべき温度・消費期限・賞味期限…ケベック政府のPDF文書から 25 実用的なアドバイス 3 »