2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 34 | トップページ | ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 36 »

2011年1月 8日 (土)

ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 35

http://www.independance-quebec.com/falardeau/frame.php

から引用しました。

"Ou ben le peuple se lève pis on se donne un pays, ou ben on s'écrase pis on reste une minorité."

「人民が立ち上がって、ひとつの国を打ち立てるか、諦めて、少数派(マイノリティ(民族))のひとつのままでいるか、どっちかさ。」

Ou ben ... ou ben ... は、ou bien ... ou bienと同じです。Ou ben ... ou ben ...は話し言葉だと思います。「・・・か・・・かどちらかだ」という意味になります。

pisも話し言葉で、意味はpuis(訳は「そして」)と同じになります。

話し言葉らしく、le peupleが途中からonになっています。onは英語にはなく、なかなか興味深い単語です・・・しばしば、「わたしたち」と同じ意味だとされますが、そうとも言い切れないので、英語に訳すときは、注意が必要です。日本語に訳すときは、訳さない(省略する)ことが多いようなので、私も省略しました。onについて、ちょっと知りたいときには、Daniell Leeman-BouixのLes fautes des français existent-elles?  などが面白い本だなあ、と思いました。(かなり昔に読んだ本なので、内容が曖昧なのですけれど…)

une minoritéは「一つの少数派・マイノリティ」といった感じの意味ですが、たくさんある少数派(マイノリティ)の中の一つ(カナダには多数のマイノリティ民族・少数派民族が住んでいますので、フランス系民族がそのなかに埋没してしまう)といったニュアンスを出そうと思って、「少数派の一つ」と訳してみました。

なんだか、自分の文章がわかりにくいです。

« ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 34 | トップページ | ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 36 »

フランス語圏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 35:

« ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 34 | トップページ | ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 36 »