2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 猫のイラスト 2010年のカレンダーから | トップページ | ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 28 »

2011年1月 2日 (日)

ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 27

http://www.independance-quebec.com/falardeau/frame.php

から引用しました。

"Un peuple esti, qui a demandé de voter pour la liberté, pis qui vote pour l'esclavage, je trouve ça effrayant!"

「一つの民族が、自由にむかって投票するよう言われて、鎖に繋がれるほうに投票するなんざ、ひでえと思うよ。」

時間があったら、それぞれのレフェランダムについて書いてみようかとも思いますが、既に他にもサイトがありそうですよね・・・

独立を問うレフェランダムと簡単に考えられやすいのですが、実際には、「独立に向けて(カナダ)連邦政府と話し合いを開始してもいいかどうか」を尋ねているような感じです。

レフェランダムは、1980年と1995年の二回行われているのですが、一回目は6割が反対し、二回目は50.1パーセントが反対したので、ケベックの独立は実現しませんでした。

たぶん、これは、1980年の最初のケベックレフェランダムか、1995年の2回目のレフェランダムか、どちらかの後に言われたのだと思います。

翻訳は直訳ではなく、意訳になります。

« 猫のイラスト 2010年のカレンダーから | トップページ | ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 28 »

フランス語圏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 27:

« 猫のイラスト 2010年のカレンダーから | トップページ | ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 28 »