2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 新しい仲間 | トップページ | 造園計画立案中です。 »

2011年1月14日 (金)

クリスマスプレゼント1 ミシン(覚書) 

クリスマス・プレゼントに夫にミシンを買ってもらいました。

都会にいたときは、(私自身のお金で)ミシンを買いたいといっても夫に反対されたのに、ここでは、夫自身が私にミシンをプレゼントしてくれたことからも、(本当なら夫に大感謝しておしまいにしたほうがいいのでしょうが、)「遠くに来たのだなあ」と実感します。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

昨日、箱からミシンを出しながら、久しぶりのミシンの姿にしばし感動しました。

今まで全て手縫いだったのですが、これからはミシンがあるので、もう少しいろいろなことが出来そうです。まずは、カーテンを縫う予定です。それから、家にあるあまり布で、手提げバッグの類を作ろうと思います。それから、自由になるお金があったら、キルティングの布を買って、アームカバーを作れたらな、と思います。(カーテン縫いは必要に迫られてですが、袋とアームカバーを作るのは娯楽です。)

さて、昨日、カーテン用の布を見に行ったのですが、ざっと見て布の種類にバラエティはないので、布を選ぶのに困らなさそうです。(値段が都会よりも高いのには少しばかり引きましたが。)もし気に入ったものがなければ、都会に行ったときに布を選ぼうと思います。都会のほうがバラエティに富んでいて、安いのは確かだと思うので。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ミシンを箱から出したのを機に、お裁縫箱や布入れの箱などをミシンのそばに移動しました。布入れの箱を整理するたびに思うのですが、布って、弱らないのですね。30年位前に買った布が布入れの箱の底にしまってあるのですが、いつもきれいなので…

それから、刺繍関連のものも出しました。懐かしくなりました。クロスステッチの布も普通の布も刺繍糸も刺繍用針も枠(?名称不明)もあるので、もしかしたら刺繍を再開するかもしれません。時間があったらのことですが…

。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

田舎だと(?)、なんでも自宅に備えておくのが普通(自給自足のイメージでしょうか)といった認識があるようで、(私たちの家にはあまり物がないので、)周囲から少しばかりびっくりされてしまったうえ、実生活の上でも不便が付きまとっていたのですが、これからは縫い物に関しては不便が軽減しそうです。(今まで難しめのお裁縫は都会でプロの方にお願いしていました。)

でも、いろいろなことにおいて、プロ(責任を持って仕事を請け負う方)がいないというのはやはり不便です。皆、自分のことは自分でやるという自負がありますが、やはりプロのようにいろいろ(多角的に)勉強しているわけではないので、基本的なことがわかっていなかったりするようです。

私の場合は、そもそも知識もなければ技術もないのにくわえて、時間もあまりなかったりするので、できれば、難しいことはプロの方にお任せしたいなあ、と(今でも)思っています。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

「勉強をしたい」、「もっと文化的により良い生活をしたい」、「プロとして暮らしたい」という人たちは、基本的にこの地域から出て行って、戻ってくることはあまりありません。いるのは、このような地域に尽くしたいという(プロでありながら)使命感に燃えた人と、他所では使い物にならない人が多いです。

使命感に燃えた人は話していて気持ちが良いのですが、他所では暮らせない人は仕事においても信用できなくて、実際いろいろな面倒を起こしてくれて、困ります。今では、仕事を頼む前に、周囲にどういう人物なのか、尋ねることにしていますが、そういうときに、薬物乱用の習慣について話を聞いたり、仕事で起こしたごたごたについて話を聞いたりすると、何も知らなければ、そういう人と係わり合いになるところだったのだ、とぞっとします。

人が多い地域なら、「ほかの人に頼む」ことができますが、人のいない地域だと、「その人に頼まないなら自分でやる」ことになることもあります…ちょっとだけですが憂鬱になります。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

プレゼントを貰って、とても嬉しいのですが、同時に、この地域のことを思い、少しばかり(?)、愚痴っぽくなってしまいましたが…。

でも、こういう場所だからこそ私が貢献できることがたくさんあるのも事実です。困難があることがわかっていたのですから、この困難に感謝して、頑張って自分のいいところを発揮したいと思います。また、人口が少なく、ひとりひとりが大切な地域ですから、自分がどこまでいろいろやれるのか、さまざまなことに挑戦したいと思います。

ミシンの話をしていたのに、話が随分大きくなってしまいました。

« 新しい仲間 | トップページ | 造園計画立案中です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ミシン。。あると。。広がりそうだね。。楽しみ。。何が出て来るのやら。
しかも。。30年前の。。布なんて。。ヴィンテージ柄。。ぽいね。。
それも。。見たいなぁ。。今度。。公開してね。。pc

jazzmaineさん
不器用な私のできることは非常に限られているので…(=´Д`=)ゞ 
30年前の布と言っても、1980年頃に購入した、1メートルあたり500円くらい(?)の安い布なのです…変に期待させてしまってごめんなさい。(*_ _)人

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384934/38399650

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスプレゼント1 ミシン(覚書) :

« 新しい仲間 | トップページ | 造園計画立案中です。 »