2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 2010年11月28日 - 2010年12月4日 | トップページ | 2010年12月12日 - 2010年12月18日 »

2010年12月5日 - 2010年12月11日の15件の記事

2010年12月11日 (土)

クリスマスツリーの一部 2 小さいほう

小さなクリスマスツリーの一部です。安っぽさがわかるよう、写しました(冗談です。)。赤がつぶれたようになっています・・・

1_216

12月8日(水)の記事「クリスマスツリーの一部 1 大きいほう」からの続きです。

sapin de Noëlの sapin は、、arbreと同じ男性名詞なので、不定冠詞をつけると、un sapin de Noël「一本のクリスマスの樅の木」(発音はサパンドゥノエル)、 deux (trois、 des) sapins de Noël「二(三、複数)本の樅の木」 (発音はドゥサパンドゥノエル(トロワサパンドゥノエル、デサパンドノエル))になるかなと思います。

定冠詞をつけると、単数形の場合はle sapin de Noël「(その)樅の木」(発音はルサパンドゥノエル)、複数形の場合は les sapins de Noël「(その)樅の木」(発音はレサパンドゥノエル)になるかな、と思います。

バラがないので菊 5 薄桃 11月中旬

1_162 1_164

右は白にも見えますね。白だったかな・・・

2010年12月10日 (金)

TGIF! 

TGIFはThank God it's Friday!を略しています。辞書を見たら、「金曜日万歳」と訳すようです。私は素直に、「神様ありがとう、やっと金曜日だよ!」と頭のなかで考えていました…

なにはともあれ、TGIF!

自分たち用日本土産 また布もの

日本で自分たちのために買ったものです。「猫いっぱい」のタイトルどおり、猫の顔がたくさん並んでいます。

シリーズのようになっているようですが、一枚だけ購入しました。日本の猫っぽい顔をしているかな、と思います。

てぃ(夫の実家のオス猫 14歳)に似た顔はないようです・・・不思議です。

1_215

1_216

1_217

1_218 1_219

バラがないので菊 4 白 11月中旬

1_148

白はなぜか群れて咲きませんでした。

2010年12月 9日 (木)

クリスマスの時期のおせっかい

キリスト教が多くの住民によって信じられている国でクリスマスを過ごそうとしている人たちもいると思うので・・・「こういう経験はあなただけがしたわけではないですよ」と言いたくて、書きます。

外国にやってきて、外国人(現地の人のことも日本人ではない方のこともあると思いますが)と結婚して、クリスマスなどを盛大に祝いたくて、頑張ってしまう人がいます。そういう人は頑張っているので、ほめてあげる「だけ」でいいと思います。

多くの国(?)で、クリスマス用に買い物をしすぎて、2月くらいにクレジットの支払いができなくて、困ってしまう人たちが続出しています。あなたは、あなたの友だちに、そういう人になってほしくないなあ、と思うかもしれませんが、あなたの友だちがそうなってしまったとしても、仕方ないことだと思ったほうがいいのかもしれません。あなたの友だちは、結婚できるくらいれっきとした大人で、あなたが口出しすることはとりあえず何もないと思います。口出しして、友だちとこのクリスマスの時期に険悪な関係になるのは、あまり面白いことではないかな、と思います。

あなたが現地の言葉がわかったとして、そういうお友だちにクリスマスパーティに誘われたとします。現地では、クリスマスパーティなどは主催者もちであなたは一銭も支払う必要がなかったとします・・・そして、あなたの友だち(主催者)の旦那さんがクリスマスパーティの最中に、いろいろな支払いについて愚痴ったところで、謝る必要はないかなと思います。変な感じですけれど・・・あなたは、友だちに招待されているのですし・・・

あなたの友だちは、自分の夫の話す言語がよくわかっていない、なんていうこともあるかもしれません。そして、あなたはその言語がわかる場合もあります・・・だからといって、あなたが翻訳する「必要」はあまりないのです・・・

この手の話はときどき聞きます。毎年、どこかで、誰かが・・・でしょうか。外国にいると、ついつい、おせっかいな関係が築かれてしまいがちなようですが、この手のことは、放っておいたほうがいいかな、と思います。

生活に困窮したときには、出身国に稼ぎに帰ったり、家族みなでもっと安く暮らせる地域へ引越ししたりするでしょうから。そういうときの愚痴を聞くだけの優しい気持ちは持っていていいと思います・・・

私はオバサンらしくおせっかいな性格ですね・・・

バラがないので菊 3 オレンジ 11月下旬

1_151

1_169

ぼけた写真で申し訳ないです。

2010年12月 8日 (水)

クリスマス・ツリーの一部 1 大きい方

クリスマスツリーの一部です。よくある人工のツリーです。

大きさは160センチくらいでしょうか。全体を写していないので、なんだかよくわからないと思いますが、人工の枝の感じや人工のつらら(だそうです)の感じがこれでよくわかると思います。

1_215_2

やはり今年も旅が多いので、面倒をみきれないという結論に至ったので、人工のツリーを出しました。生きている木を飾る場合は、空気中に湿気を多くしなくてはいけないのと、木を生ける容器にきちんと水を入れておかなくてはならないのと、それでも毎日落ちてしまう葉をきちんと集めなくてはならないのとで、結局毎日家に帰らなくてはならなさそうなので・・・

生きているツリーを飾るキットもあるのですが・・・それを使うことになるのは何年後になるのやら・・・です。リタイア後はもう少し暖かいところでクリスマスは迎えたいなあ、と思っているので、使うことはないかも・・・

ちなみに、「クリスマス・ツリー」は英語でChristmas tree(これはかなり有名ですが)、フランス語では、Arbre de Noël, Sapin de Noël等といいます。Arbre de Noëlは「クリスマス・ツリー」をそのままフランス語訳しただけの感じです。Arbre が「木」で de Noëlが 「クリスマス(の)」といった感じです。Sapin de Noëlは、「クリスマスの樅(もみ)の木」という意味です。Sapin は「樅(の木)」「樅属」といった意味なので。

Arbre de Noël, Sapin de Noëlの発音は、前者が「アルブルドゥノエル」、後者が「サパンドゥノエル」です。文法的に切れば、前者が「アルブル・ドゥ・ノエル」、後者が「サパン・ドゥ・ノエル」です。そういえば、人の名前で、ノエルってありましたね・・・

ちなみに、Arbreは男性名詞なので、 不定冠詞をつけるなら、un arbre de Noël「1本のクリスマス・ツリー」、 deux (trois、 des) arbres de Noël「2(3、複数)本のクリスマス・ツリー」、 定冠詞をつけるなら、l'arbre de Noël「(その)クリスマス・ツリー(単数)」、 les arbres de Noël「(その)クリスマス・ツリー(複数)」 のようになります。インターネット上の表記を見ていると、Arbre de Noëlが題名になっているものの、記事内での表記は arbre de Noëlとaが小文字のものが多いようです。映画のタイトルなどを除いた場合ですが・・・

発音については、un arbre de Noël、deux (trois、 des) arbres de Noëlは、「アナルブルドゥノエル」、「ドゥ(トロワ、デ)ザルブルドゥノエル」でしょうか。l'arbre de Noëlは「ラルブルドゥノエル」、 les arbres de Noëlは「レザルブルドゥノエル」でどうにかなるかなあ、と思います。なんだか変ですけれど・・・

Sapin de Noëlについては、次回の記事(2010年12月11日(土))で書こうかと思います。 ちなみに、インターネット上の記事などを見てみると、sapin de Noëlも、、 arbre de Noëlと同じく、記事のタイトルなどではSは大文字ですが、記事内での表記は小文字のsを使っています。辞書などでも、小文字で表記されています。

バラがないので菊 2 色とりどり 11月中旬

1_171

だからなんだ、と言われても、「記念です」と答えるしかないような写真です・・・

1_142

2010年12月 7日 (火)

日本土産 手ぬぐい

日本で購入する(自分たちへの)土産物は、持ち運びやすいことを第一に考え、布製品のことが多いです。今回購入したものを紹介しますね。

1_220

手ぬぐいを折って、一辺を縫って、本の形にしてあります。「濱文様」の「手拭い本」「猫の気まぐれ・・・」だそうです。

近所の雑貨屋さんで買ったと思います。値段は千円くらいだったように思います。

1_221

1_222

1_224

1_225

1_226

冬らしい写真3枚

1_228

1_230

1_229

冬だなあ、と思います。アメリカナナカマドの実が赤いので、クリスマスらしく見えます。

暑い夏に見ると面白いですが、寒い冬に見ても、当然という感じしかしないかもしれませんね。

バラがないので菊 1 ピンク 11月中旬

1_140

バラが咲かないので、菊です。こういうのが実家にはたくさん咲いています。名前はわかりません。そもそも、植えた覚えがないそうです。いったいどこから来たのでしょう。

1_168

1_161

ちなみに、菊も香りがします。

2010年12月 6日 (月)

クリスマス・・・くるみ割り人形もどき・・・ありがちですが

クリスマスの飾りとして、くるみ割り人形もどきを出しました。

目がすこし離れています。

皆さんの家でも、こういう人形を飾ったりするのでしょうか。

1_213

2010年12月 5日 (日)

砂紋(風紋)の写真

千葉県の九十九里浜で見ました。九十九里浜は汚い砂浜という印象だったのですが、砂紋はきれいでした。

下の写真では、風に飛ばされる砂が白く浮き出ているのがわかるでしょうか。わからないかもしれませんね。私にもよく見えないので・・・

1_159

1_160

それにしても、海岸をもう少し定期的に掃除したほうがいいと思います。

風紋(砂紋)は英語では、ripple mark、フランス語では、ride de plage、 rides éoliennes de sableなどというようです。

ちなみに、フランス語で、rideは女性名詞ですので、定冠詞をつけるなら、la ride de plageとなります。

どうでもいいメモ 2 

ビオラ クリンホワイトとウィングホワイトジャンプアップ 一年草スミレ科

花期は10月から4月 と書いてありましたが、11月下旬に入っても咲いています。

草丈は15から20センチメートル と書いてありましたがはるかに小さいです。

日当たりのいい場所を好む

花壇・コンテナ・ハンギングなどに向く

***

サザンクロスについては、よく知らなかったのですが、ヤサシイエンゲイを見たら、オーストラリア南部原産で、ミカン科の植物だそうです。葉を軽くもむと柑橘系の匂いがするらしいのですが、試さなかったです。残念です。

サザンクロスは、クロウエアとも言うらしく、学名は、crowea smithだそうです。

高さが30センチメートルから2メートルにまで達するらしいですが・・・考えもせずに買ってしまいました。

開花時期は4月から10月とのことでしたが、11月中旬に入っても咲いています。

挿し木で簡単に増やせるらしいですが…

寒いのが苦手らしいのですが、しっかり庭に植えてしまいました。霜が降りると思うので、かわいそうなことをしてしまいました。安かったので考えなく購入してしまいました。

下の写真がサザンクロスの写真です。薄いピンク色の花がついています。

1_157

« 2010年11月28日 - 2010年12月4日 | トップページ | 2010年12月12日 - 2010年12月18日 »