2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 2010年11月21日 - 2010年11月27日 | トップページ | 2010年12月5日 - 2010年12月11日 »

2010年11月28日 - 2010年12月4日の12件の記事

2010年12月 4日 (土)

カラスさんたちは残っていたようです。

帰宅してから、カラスさんたち、それから小鳥さんたちを遠くに見たので、庭にひまわりの種をまいたところ、カラスさんたちがやってきました。そのなかの一羽の写真です。

どうやら、ここで冬を越すようです。

1_234 

電線には、一羽、見張りのカラスさんがいましたが、警戒させてはいけないと思って、写真は撮りませんでした。結局、四羽のカラスさんたちがやってきました。そして、小鳥さんも二羽来ましたが、庭に長居はしませんでした。

どうでもいいメモ 1 千日小坊

ビオラ ウイング ホワイトジャンプアップとビオラ クリン ホワイト、千日小坊とサザンクロスを植えました。千日小坊とサザンクロスは一年で枯れないはずです・・・

千日小坊は、育てたことが無いので、メモです。

1_158

ヒユ科の多年草。木立で40センチから60センチに成長する。

戸外で9月から10月、室内で11月から3月に開花。

日向と半日陰が好きで、水も多いほうがすき。切花、ハンギング、ドライフラワー、寄せ植えに向いているらしい。

暑いのと少し寒いくらいならOK。でも、5度以下だと紅葉したり、葉が落ちたりするらしい。そのときは水を控えめにして室内へ。庭に植えてしまいましたが…どうしましょう。

翌年の9月上旬までに切り戻しをし、水と肥料は多めにするといいらしい。

日が短くならないと花芽がつかない性質(短日植物ということでしょうか)なので、室内の電灯や戸外の街灯に長時間当ててはいけないようです。

きちんと面倒を見れば、翌年は11月下旬から花がつくそうです。

2010年12月 3日 (金)

胡蝶蘭 12月1日

胡蝶蘭がまだ咲いています。

嬉しいです。

室内の気温は19度ほどです。霧吹きで、水分補給もしています。

1_231 1_230

フランスのフランス語とケベックのフランス語 3

これも有名な話かもしれませんが・・・

よく使われる、「週末」を意味するフランス語には、le week-end と la fin de semaine があります。前者は、英語からの転用で、後者がフランス語で「週の終わり(週末)」です。

フランスでは、案外、le week-endが使われます。ケベックではla fin de semaineです。

le week-endの発音は、「ルウィケンド(ゥ)」、la fin de semaineの発音は、「ラファンドゥスメン」でどうにかなるかと思います。

「良い週末を!」は、

Bon week-end! ボン・ウィケンド(ゥ)

Bonne fin de semaine! ボンヌ・ファン・ド(ゥ)・スメン

でどうにかなるでしょうか。

2010年12月 2日 (木)

クリスマスツリーになるはず・・・スーパーマーケットにて

1_232

スーパーマーケットで売られています。

前に住んでいたところでは、特定の業者さん(というか山林の持ち主)から毎年買っていたのですが・・・

今年のクリスマスはどうしましょう。悩みます。

TBS開局60周年記念5夜連続企画「99年の愛」について 覚書

私は、このテレビドラマをほとんど見ていなかったのですが、アメリカ大陸出身の知り合いが見ていました。そして、私に向かっていろいろ質問してきたのですが、私は無知ゆえそれになんとも答えようが無いので、メモ程度に質問を残しておきます。

ちなみに、TBSのページアドレスは以下のとおりになります。

http://www.tbs.co.jp/japanese-americans/

アメリカ合衆国の戦争前(か戦争中)の港に現代の船(軍艦)が止まっているようだが、時代考証はしたのか?(回想形式のドラマなので、回想中のシーンではなく、現代のシーンだったのかなあ、と思うのですが、私は見ていないので、答えようがありませんでした。)

アメリカ合衆国が戦争を始めて、日本人がキャンプに送られて、その中の日系二世で、米国に忠誠を誓う若者たちが軍隊に入るために出発するシーンなどででてくるバスが現代のバスだが、時代考証はしたのか?(これについては、昔のバスがわからないので、なんとも・・・)

この手のドラマについては、製作者の方がどの程度時代考証をしたのか、サイトなどにリストなどでまとめておいてくれればと思います。

2010年12月 1日 (水)

ありふれたコスモスの写真 日本にて

024

あぜ道に咲いていました。

023

こちらも、たしか、あぜ道に咲いていました。

何も無いよりも、こう咲いていると、稲が刈り取られた後の田んぼもなんとなく華やかになっている気がしました。

Colette Desmaisonさんの「12月」の絵葉書

1_189

コレット・デメゾンさんの「12月」の絵葉書です。

クリスマスらしいイラストです。

暗いかな、と思って明るくしてみたのですが・・・

それがこの下の写真になります。

1_189_2

光の当たり具合にムラが出てしまいました。

2010年11月30日 (火)

ヒャクニチソウの写真

027

昔、私がとっておいた種を、今年、家族がまいたところ、きちんと芽が出て、ちゃんと花が咲きました。種は何年も生きているのですね…不思議な気がしました。

私はいろいろな色の種をとっておいたつもりだったのですが、咲いたのはピンクばかり…不思議です。

記事にした水彩画について お知らせです

記事にした水彩画についてなのですが、結構な数が人手に渡ったので、渡った物は全て公開から外しました。私は、プロというわけでもなく、お仕事の依頼を受け付けているわけでもないので、他人様のものになったものを記事にするわけにもいかないかな、と思っています。

ということで・・・

2010年11月29日 (月)

国立歴史民俗博物館そばにいた猫(佐倉市)

032

この猫さんは尻尾が独特です。私の住んでいる場所では、「日本の猫」というと、こういう尻尾の猫を想像する人が多いです。

どうしてこのような尻尾なのか、遺伝なのか、それとも切られたのか、いろいろな方に尋ねられるのですが…

2010年11月28日 (日)

フランスのフランス語とケベックのフランス語 2

これもなんとなくよく知られているようですが…

フランスでは、「誕生日おめでとう」にBon anniversaire(ボ・ナニヴェルセール) Joyeux anniversaire(ジョワイユー・ザニヴェルセール)を使うようですが、ケベックでは、Bonne fête(ボンヌ・フェット)を使うことが多いようです。

とはいえ、フランスの方への誕生日カードにBonne fêteを使って通じなかったことは、幸いにして、私にはありませんでした。Bon anniversaireやJoyeux anniversaireのほうは、結婚記念日みたいといわれたことがあります…なぜでしょう。結婚記念日 anniversaire de mariage のお祝いを結構大切にする(???)地域の方だったからかもしれませんが・・・人付き合いの仕方が良くわかっていない時期の私の思い出ですので、普通なら、そんなことは言われないと思います。

« 2010年11月21日 - 2010年11月27日 | トップページ | 2010年12月5日 - 2010年12月11日 »