2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 2010年6月27日 - 2010年7月3日 | トップページ | 2010年7月11日 - 2010年7月17日 »

2010年7月4日 - 2010年7月10日の33件の記事

2010年7月10日 (土)

「遺伝子組み換え作物が怖い人に…」に情報を付け足しました。

「遺伝子組み換え作物が怖い人に 海外旅行のとき知っておいたほうがいい言葉」(旅行・地域カテゴリー)に情報を付け加えました。

先日購入した4鉢を庭に植えました オリヅルランの鉢、ゼラニウムの鉢をかえました

先日購入した、アスチルベ、ケマンソウ、ヘメロカリスを植えました。嵐が来るというので、その雨の恩恵を受けようと、庭に急いで植えたのですが、結局雨は降らずじまいでした。

どの鉢も、根が結構張っていて、今まで地植えにしてやらなかったのが、可哀想に思われました。

ヘメロカリスは、花が一日しかもたないという話ですが、わが家の花は二日はもっていました。一つの花が終わると、新しくもう一つの花が咲きます。

アスチルベは、我が家に来てから、成長しました。

ケマンソウは、相変わらずです。

それから、ついでに、室内植物の巨大オリヅルランの鉢も大きなものにかえました。このオリヅルランは前の住人のものです。前の住人の方が老齢のため、引っ越す際に、全ての植物を置いていってしまったので、私が面倒を見ています。3株だったのが、今では20くらいに増えました。今度、誰かに寄付しなければ…

また、蚊を追い払うというゼラニウムの鉢も交換しました。近所の園芸店で値段を見たら、1500円位するのですが、私は、自分で増やしたのでただです。今、10鉢くらいあるので、財産が増えたみたいで、面白く感じます。場所をとるので、冬は大変ですが(冬は気温がマイナス40度位になりかねないので、外に放置するわけにはいきません)…

ミニバラに合計17、花がつきました。一方ピラカンサの苗は…

先日買ったミニバラ二鉢はまだ枯れていません。虫もついていませんし、病気にも罹っていないようです。嬉しいです。

昨日花の数を数えてみたら、それぞれ、8つ、9つ花がついていました。

嬉しい限りです。今年は枯らしたくないです。枯らさないコツは何でしょう。

ピラカンサの種を植えたところ、かなりの数が発芽したのですが、今元気なのは3株くらいです。この3株を生かしておくには、どうしたら良いのでしょう。高さが1,2センチくらいなので、植え替えるのは早いような気がするし・・・

ふう。

日本語名の外国人がここにも ミツさん(歌手・司会者) ケベック

ミツ・ジェリナ Mitsou Gélinas さん(通称MITSOU ミツ)は、ラジオ・カナダ Radio Canada の「カンパイ! Kampaï! 」の司会者をしているので、なじみのある方も多いのではないでしょうか。彼女は司会者として今は活動していますが、1990年前後には、当時のファッションで、結構過激な歌を歌っていました。(現在は、「Mitsou la collection」というCDに、当時有名だった曲は(ほぼ?)全て収録されています。Bye Bye Mon Cowboy、Les Chinois、 Dis-moi Dis-moi、 Le Yayaなどが有名かしら。)カナダのケベックで主に売れていたようですが、彼女のプロモーションビデオがかなり過激だったので、カナダの英語圏でもかなり話題になったようです。(英語圏に放映される番組に出ることもあったようですが、彼女の英語はちょっと「…」だと思います。)ミツが日本語で「蜜」を意味するのは有名らしく、日本の話題になると、ケベックの人には、しばしば「ミツって本当に蜜を意味しますか。」と尋ねられます。ミツさんのお母様の名前にも、日本語由来かしらと思われるユキという名前がついています。(ちなみに、ミツさんの妹さんはAbeille(アベイユ・アベイュ)(蜂の意)という名前で芸能活動しています、たしか。姉が蜜で、妹が蜂…)

詳しくは以下のサイト(フランス語)をご覧下さい。系図のサイトです。

ミツについては http://www.nosorigines.qc.ca/GenealogieQuebec.aspx?genealogie=Mitsou_Gelinas&pid=65998&lng=fr

ミツのお母様については http://www.nosorigines.qc.ca/GenealogieQuebec.aspx?genealogie=Yuki-Solange_Rioux&pid=65997&lng=fr

どのような経緯で日本語が名前についたのかはわかりません。

ケベックからは多くの宣教師が日本に来ていたので、その関連かもしれませんね。

ケベックから日本に来た宣教師についての歴史の本には、「日本で活躍したケベック人の歴史 」があります。カナダ首相出版賞を受賞しているようです。原題は直訳すると「富士の山陰のユリ 日本におけるフランス系アメリカのかかわりの歴史」(酷い訳)のようになっています。著者の名前が、アマゾンではRichard Leclere ですが、Richard Leclercですね。

2010年8月4日補足

CDの題名 : Mitsu la collection

CDの番号 : SPLK-7303

CDの販売年 : 2005年

CDの販売(?)元 : Unidisc Music Inc. (住所 57-b Hymus Boulevard, Pointe-Claire, Québec, Canada, H9R 4T2)

他に現在入手が可能なのは、

CDの題名 : Demande spéciale Mitsou / Les B. B.

CDの番号 : AGEK‐2123

CDの販売(?)元 : Unidisc Music Inc. (住所は上に同じ)

2010年7月 9日 (金)

多分日本で初めての紹介? ピエール・ファラルド-さん ケベックの映画作家 その4

シリアスな内容の映画は、15 février 1839を見ています。この映画は、ジュトラ賞を受けるなど評価が高いです(シュヴァリエ・ド・ロリミエを演じたリュック・ピカー Luc Picard は悪くありませんでしたし、他にも多くの関係者が受賞しています。)夫婦愛のシーンが結構長かったです。

ウィキペディアに記事があります。

http://fr.wikipedia.org/wiki/15_f%C3%A9vrier_1839_(film)

内容は日本語でも有名ですが、1937-8年の愛国者の蜂起に関連しています。1937-8年に愛国者達が立ち上がったが、戦いに敗れ、愛国者の多くが捕まった後から話は始まります。シュヴァリエ・ド・ロリミエChevalier de Lorimierが主人公です。(彼の書いた文章については研究の対象になっているので、興味のある方はこの名前で検索をかけてください。)彼の処刑までの時間を追っています。

当時の牢獄の様子がわかる内容で面白かったです。また、フランス語がわからない看守達の、それにもかかわらず、愛国者達に共感する言葉などもあり、英語話者を一括りにして悪者扱いしたりしないので、安心してください(笑)。

とはいえ、内容のせいか、政府からの補助金などでいろいろあったようです…

その5に続きます。

多分日本で初めての紹介? ピエール・ファラルド-さん ケベックの映画作家 その3

他にドキュメンタリーで有名なのは、Pea Soup Speak White でしょうか。この二つはジュリアン・プーランさんと一緒に制作しています。

Pea Soupでは、ケンタッキーフライドチキンをむさぼる男の子がいて、その子と一問一答するのですが、 それが、なんというか皮肉というか…です。

Speak Whiteは、ミシェル・ラロンド Michèle Lalonde さんの詩を基にしています。詩を著作権の関係で、引用できないのが残念です。ウィキペディアに記事がありますが…。

http://en.wikipedia.org/wiki/Speak_White(英語)

http://fr.wikipedia.org/wiki/Speak_white(仏語)

その4に続きます。

多分日本で初めての紹介? ピエール・ファラルド-さん ケベックの映画作家 その2

このように、言葉遣いだけを聞くとびっくりしてしまいますが、この方は目の優しい方です。また、修士号を持っているようです。専門が人類学だったと思うのですが、アフリカのフランス元植民地とその独立(過程)などに興味があったようで、ドキュメンタリー作品があったと思います(アフリカのお祭り・儀式のちょっと気持ち悪いシーンがあります)。カナダの先住民族にたいしてはかなり共感していたようです。講演を聴いた人の話によると、「映画監督になるにはどうしたら良いですか」という質問をした若い人には「映画の勉強だけではなくて、他の事もしっかり勉強しなさい」(というか、「まずなにか専門を(映画のほかに)持ちなさい)みたいな言い方だったような気もしますが…よく覚えていません…)というような助言をしたそうです。また、英語話者全般にたいして、あからさまに反感を持っているのか、というと、日常生活ではそうでもなかったようです。

ということで、発言力のある有名人にはかなり辛辣な言葉を投げかけるようですが、普通の人にたいしては、常識ある良い方のようです。TVAのスクレ・サレSucré Salé(甘塩っぱい???訳せません)というバラエティ番組のインタヴューでも、普通のおじさんのようでした。

ということで、前置きが長かったですが、彼の作った映画についてです。

彼の映画の評判は微妙だと思います。でも、一部に熱狂的ファンがいるのは事実で、カルト的かもしれません。彼の映画に出てくる役者さんには、ジュリアン・プーラン Julien Poulin さんがまず挙げられます。プーランさんは制作などにもかかわっていたようです。ファラルドーさんとプーランさんは本当に仲よしで、たしか、学生時代くらいから友人だったようです。ファラルドーさんがお亡くなりになられたときには、プーランさんは本当にショックだったようです。他には、イヴ・トルーデル Yves Trudel さんがしばしば見られます。

私は、ファラルドーさんの映画は以下のものしかまだ見ていません。

Continuons le combat (1971)

À mort (1972)

Les Canadiens sont là (1973)

Le Magra (1975)

À Force de courage (1977)

Pea Soup (1978)

Speak White (1980)

Elvis Gratton (1981)

Les Vacances d'Elvis Gratton (1983)

Pas encore Elvis Gratton! (1985)

Elvis Gratton : Le king des kings (1985)

Le Temps des bouffons (1993)

Elvis Gratton, président du comité des intellectuels pour le non (1995)

Une minute pour l'indépendance (1995)

Elvis Gratton II: Miracle à Memphis (1999)

15 février 1839 (2001)

Elvis Gratton XXX : La Vengeance d'Elvis Wong (2004)

皮肉に満ちたコメディとドキュメンタリーとシリアスなのとありますが、Elvis Grattonというのがコメディで、15 février 1839 が愛国主義者の獄中生活と処刑を扱ったシリアスなもので、他はドキュメンタリーだと思います。

ドキュメンタリーの中では、Le Temps des bouffons が有名です。レストランに録音したビデオカセットを放置して、客に持ち帰ってもらい、口コミで作品を広めたのですが、大学にいくつも所蔵されているので、どれだけたくさんの人がダビングしたのかわかると思います。内容はウィキペディアhttp://fr.wikipedia.org/wiki/Le_Temps_des_bouffonsにあるようなものですが、映像で見ると「すごいなあ」と思います。

その3に続きます。

多分日本で初めての紹介? ピエール・ファラルド-さん ケベックの映画作家 その1

ピエール・ファラルドー Pierre Falardeau (1946年12月28日生 2009年9月25日没)さんは、ケベッコワの映画作家・作家・コメンテーター・独立主義者で、フランス語で活動なさっていました。おそらく、彼の作ったエルヴィス(エルビス)・グラトンやメオというキャラクターで、日本では知られているかもしれません。ひとつだけ、エルビス・グラトンに言及したブログを見つけたので。

去年、癌にてお亡くなりになられましたが、ケベックの世論(?)において彼の発言は結構物議をかもす事が多く、有名でした。ケベックのことはよく知らないのですが、知り合いがいるので、伝え聞きと自分で調べた事を中心に書きます。

詳しくは、ウィキペディアなどをご覧下さい。

http://en.wikipedia.org/wiki/Pierre_Falardeau(英語)

http://fr.wikipedia.org/wiki/Pierre_Falardeau(フランス語)

当然のことながら、この方についてはフランス語でのほうが詳しいです。

それから、この方についての公式ホームページです。http://www.pierrefalardeau.com/

この方は、日本人の間ではきっと、日系カナダ人の(環境保全を訴える活動家?)デヴィッド・スズキさんが、2008年頃「ケベック人は保守党に投票した」という発言をしたのにたいし、(ケベックの人はブロック・ケベッコワに投票している場合が多いのは周知のことのはずなので、おそらくスズキ氏の軽はずみな発言にいらだったのでしょう。ケベックでは、「かつて」独立主義者は保守党に投票する傾向があった(連邦主義者は自由党に投票します)のは事実ですし、ブロック・ケベッコワの設立の経緯(ウィキペディアなどご覧くださいhttp://fr.wikipedia.org/wiki/Bloc_qu%C3%A9b%C3%A9cois)からもそれがうかがえると思うのですが、なにはともあれ) petit japanouille à barbiche (山羊ひげのチビ日本人 ???訳せません。)と書いてしまい、ケベックで大反感をかっていました。ラジオ・カナダの人気テレビ番組「Tout le monde en parle」(みんなが話題にしている???訳せません。)で、ギ・A ・ルパージュ Guy A. Lepage に突っ込まれていましたし。(ギ・A ・ルパージュについては、いつか、Rock et Belles OreillesRBO)の記事で触れるかもしれません。)

蛇足かもしれませんが、デヴィッド・スズキ氏についてはウィキペディアに記事がありました。http://en.wikipedia.org/wiki/David_Suzuki(英語)

こういう風に書くと、「ピエール・ファラルドーさんはアジア人嫌いなのかな」と思われるかもしれませんが、彼の場合は同郷の人に対しても(同郷の人に対してのほうが?)容赦ないです。詳しくはウィキペディアなどをご覧下さい。(酷いなあ、と思われるかも。)

その2に続きます。

映画のこと クシシュトフ・キェシロフスキ監督について

クシシュトフ・キェシロフスキ Krzysztof Kieślowski 監督については日本でかなり有名なので、色々情報があります。トリコロール三部作は、ジュリエット・ビノシュ(青)、ジュリー・デルピー(白)、イレーヌ・ジャコブ(赤)と女優さんも良いですし、「二人のヴェロニカ」(ヴェロニクの二つの人生)も面白いし、他にも大体面白く出来ていると思います。

フランス語に興味があると、トリコロールという題名は、フランス語では「三つの色」なんですよね。それから、日本語訳にある「青(白・赤)の愛」などの副題はありますが、「の愛」はついていません。「三つの色 青(白・赤)」という結構なタイトルです。

「トリコロール(三つの色)」の「青(の愛)」は、「ポン・ヌフの恋人」(ポン・ヌフの恋人たち)に出ていたジュリエット・ビノシュがまたもや病人(けが人)だ、と思いました。使われている青は親しみやすいなあ、とも思いました。

「トリコロール(三つの色)」の「白(の愛)」は、なぜかアッバス・キアロスタミ監督の「桜桃の味」を思い出させます…

「トリコロール(三つの色)」の「赤(の愛)」で盗聴する人が出てきますが、「アメリ」(原題は「アメリ・プーランのすばらしい運命」)にも似たようなタイプがいるような。覗き見ってつかいやすいモチーフ(テーマ???)なのかしら。ちなみに、アメリの苗字のプーランは、フランス語では、子馬とか若駒とか、秘蔵っ子など色々な意味が、普通名詞として、あります。

死を考えさせるテーマが含まれていることが多いので、本当に落ち込んでいるときは危険かもしれませんが、希望がそこらじゅうにちりばめられているので、きちんと考えられるときには、勇気付けられ、もう一寸頑張ってみようと思わせてくれる映画が多いと思います。

カポナータもどきを作りました 

今日も暑くて仕事が手につかないので、午後からの雷雨に期待しながら、カポナータもどきを作りました。参考にしたのは、オールアバウトのイタリア料理のサイトですが、私があまりに適当に作っているので、きちんと作りたい方はオールアバウトのサイトのほうをご覧下さい。サイトのアドレスは以下の通りです。http://allabout.co.jp/gm/gc/178650/ 「イタリアンの定番!野菜たっぷりカポナータ」

私が作ったカポナータもどきの作り方は簡単です。

用意するもの

厚めのフライパン(大きいほうが無難・鍋のほうが良いのかもしれない)

オリーブオイル・ガーリック(にんにく)・玉葱・赤と黄色のパプリカ(色つきのピーマンみたいなもの)・ナス・ズッキーニ(見た目はきゅうりだけど、かぼちゃの仲間の野菜ですが、無ければ無くても良いと思います)・トマト・(赤ワインビネガーのはずですが、家になかったので、)バルサミコ酢(うーん…大丈夫かな)です。

ケイパーを入れるべきなんでしょうが、夫が嫌いなので入れません。

野菜は全て一口大に切ります。そして、食べたくない部分はきちんととります(たまねぎの皮(?)とか、パプリカやトマトの中身とか、ナスのへたとか、ズッキーニの両端とか)。

量は、ガーリックは好み(私は大目かも)で、たまねぎ:パプリカ:ナス:ズッキーニ:トマトは2:2(赤1黄1):2:1:2くらいでしょうか。私はたまねぎを4個分くらい使いますが。また、トマトは大きい場合は一個で十分だと思います。野菜は、毒ではないので、イタリア料理にあいそうな野菜を好きなように入れたら良いと思います。注意すべきは、火の通りやすい野菜を使う事でしょうか。そして、火が通っていたほうがおいしいものから、入れていくことだと思います。

オリーブオイルをフライパンにひいて、弱火でガーリックをいため、軽く色がついたら、たまねぎを入れて、中火(弱火?)で炒めしんなりさせて、それから、パプリカを入れて、炒めて、ナスを入れて、炒めて、それからズッキーニを入れて、炒めて、それから、トマトを入れて、軽く炒めてから、(蓋があれば蓋を使い、無かったらアルミホイルなどで)フライパンに蓋をして、じゅくじゅくと音が立つ程度のまま、弱火で煮込みました。そして、最後にバルサミコ酢を大匙1から2くらい入れて、味を確かめて、もう一回沸騰させておしまいにしました。バルサミコ酢で大丈夫かなと思ったのですが、毒ではないと思うし、食べてみたら、おいしかったので、良かったです。

これを、荒熱をとった後、冷蔵庫で冷やして食べます。

おせっかいかもしれませんが、一言です。フライパンの底にたまねぎやなすやズッキーニやトマトがはり付かないように、炒めるときにのフライパンの底からかき混ぜるようにしたほうがいいです。フライパンにもよるでしょうが、私の家のフライパンはたまねぎとズッキーニがはり付きやすいです。

ということで、今日の夕飯にはカポナータもどきを食べます。メインはズッキーニとトマトのパスタの予定です。パスタはファルファーレを使う予定です。

皆さんの夕飯はいかがでしょうか。

2010年7月 8日 (木)

気温が28度まで上がりました。ひええ。

私の住んでいるところは北なので、朝は4時から夜は10時近くまで明るいのですが、気温はそれほど上がりません。ところが、昨日は、気温が28度まで上がりました。なれない暑さに私は参ってしまいました。

外の気温がマイナス40度のときも大変ですが、外出しなければ済む話ですし、万が一外出しなければならないときには、きっちり着込めばどうにかなります。外出するといってもが外気に触れるのは数分ですし。でも、暑いのはどうしたらいいのでしょう。そこらじゅう暑いです。家の中も外も。クーラーはないですし。ゲーターレードを飲んで、脱水症状を抑え、地下室に行って、そこで体を冷やしましたが、なんだかすっきりしません。

アイスノンをさがしにいこうかしら…ここにアイスノンの類って売っているのかしら…

こんな暑い日でも良いことがありました。一ヶ月ほど前に種を蒔いた場所にやっと芽が出たのです。今まで寒かった(?)ので、きっと芽が出なかったのでしょう。カラスさんに食べられませんように。

ブログに写真が載せられたらいいのに

プロフィールをどうにかしなくては、と思いつつ、いろいろな方のブログを拝見させてもらっていると、写真を掲載しているブログが数多くあるのに改めて気がつきました。私は接続の環境が悪いので、写真が私のコンピューターの画面に現れるまで、時間がかかる(写真が現れないことも多いです)のと、カメラがないのと、二つの理由から、写真は載せられないのですが(写真を載せたら、自分のブログが見られなくなります)…もしブロードバンドが私の住む地域にも導入されたら、写真を載せてみたいです。(日本はブロードバンドが安価で利用できるようですが、私の住んでいる地域は質と価格があっていないという評判なので、ブロードバンドが導入されても利用するかは微妙ですが…悲しい)

皆さんのブログの写真が拝見できたときは、嬉しくて、かなりの頻度でコメントを入れますので、そのときは「運よく見られたのね」と思ってくださいね。

食べに来たのでしょ、ミヤマシトドさん

ミヤマシトドというのはホオジロ族の鳥です。ウィキペディア(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%88%E3%83%89)に書いてありました。英語だと、White-crowned Sparrowで、フランス語だと Bruant à couronne blancheで、学名だとZonotrichia leucophrysのようです。英仏語直訳だと、白冠ホオジロかしら?

この鳥は冬は南で、夏は北で過ごす鳥です。ですので、えさ箱がおいてある私の庭にも、多数やってきました。夫は、「庭が鳥だらけだ」と驚いていますが、旅の疲れを取るためか、びっくりするぐらい熱心に食べています。

この鳥はみんなで移動するせいか、普段は仲良くならんでえさ箱でえさをつついているのですが、昨日ちょっと面白い鳥を一羽見つけました。その子は、自分のとまっているえさ箱に来た仲間を追い払うのです。(だから、他のえさ箱にはびっしりミヤマシトドがとまっているのに、そのえさ箱にはその子しかいません。妙な光景です。)そのえさ箱には7羽くらいはとまれるはずなのですが、この子は、自分の傍に来ていない仲間のところまで飛んでいって追い払うのです。その間食事はお休みです。きっと目障りなんでしょうけれど…えさはえさ箱に十分に入っているし、本来の目的は食べる事なんだから、目に入る相手にいちいち目くじら立てなくても…

どの世界にも神経質な子はいるんだなーと思いました。私も仕事をしていた頃、通勤電車では、結構ぴりぴりしてましたし。まあ、変な人が多いと悪評のある路線だったから仕方ないけれど、傍から見たら面白かったかもしれないな…

2010年7月 7日 (水)

160センチ以下の身長の女性向けの失敗しにくい服選び(わたしの経験から)その三

続きです。

そして、ボトムですが、ともかく注意を引かないよう頑張ったほうが良いです。Aラインのスカート、ストレートカット・ブーツカットのズボンが無難です。色はうるさくないほう(濃い目の色、モノトーン)が良いです。生地は、ひらひらしていない方が無難「かも」しれません。私は夏にはひらひらした生地のAラインのスカートをよく履いていたのですが…

それから、注意を上半身に向けるのもかなり良い方法です。イヤリング・ピアス、ネックレス、ブローチ、スカーフ、ヘアスタイルなどで注意を上に向けさせてください。

お腹が出ている場合、ズボンもスカートもいわゆるありふれた形が無難です。スカートはAラインが良いと思います。ギャザースカートは避けたほうが良いです。スカートはローウエストは避けたほうがいいです。それから、流行なのか、スカートのウエスト部分が直線でないのがありますが、それは避けたほうが良いです。そういうスカートを買った場合は、直線の裾のシャツかニットなどをウエスト部分に重ねて、直線を作ったほうが良いです。

お腹が出ている場合、夏は暑いので大変ですが、お腹を隠すかっちりとしたジャケット(ウエストが少し絞り気味のもので、きちんとV字のラインができるもの)を着るのも良いと思います。

腰周りががっちりしている場合の対策はお腹が出ている場合とほぼ同じです。スカートについてはAラインのほかに、ストレートのラインもいけるそう(店員さん談)ですが、私はお腹が出ているので、ストレートのラインのスカートは身に着けませんから、なんともいえません。スカートやズボンのポケットは縦についているのが無難です。縦にポケットのついているズボンはあまり見かけないかもしれませんが、ありますので、興味があったら探してみてくださいね。

太ももが太い場合にも、ともかく注意を引かないよう頑張るほうが良いかと思います。色は暗いほうが良いです。

太ももが太い場合、ジーンズなどで、足のラインがしっかり出るようなのは避けたほうが無難です。それから、半分色落ちしたようなジーンズはだめだそうです(店員さん談)。一色のみのブーツカットが無難だそうです。太ももが太いと、太いズボンをはきたくなりますが、それは避けたほうが絶対良いです。

太ももが太い場合、縦のラインが出るような服が良いそうですが、はっきりとした縦じまは、わたしの経験から言うと、太ももが目立つので、避けたほうが良いです。それよりもAラインのスカート、プリーツスカートや縦の方向にされている(曖昧な・目立たない)模様のあるスカートなどが無難かも。

足が短い場合は、つい足を隠したくなりますが、ウエストを(ベルトをするか、ウエストを絞った服を着るかして)きちんと作って、スカートを膝丈にすると、良いです。そして、ボトムとストッキングを同系色でまとめます。ヒールのある靴で、かっちり感をだすとさらに良いかも。足が短いときは、ローウエストは避けたほうが良いです。

ふくらはぎが太い場合も、つい足を隠したくなりますが、足が短い場合と同様にすると良いと思います。避けるべきは、ふくらはぎを見せる形になるブーツやソックスです。また、ふくらはぎが裾の部分と同じになるスカートやズボンも避けたほうが良いです。それから、ハイヒールは良いと思いますが、ピンヒールは避けたほうが良いです(ふくらはぎが太くて、ヒールが細いと奇妙な感じが…)。要は、太いふくらはぎとコントラストをなすようなものは避けたほうが無難という事ですが…ふくらはぎが太い場合、足が短い場合と同様、靴とスカートとストッキングを同色にすると無難ですが、とくに、ストッキングを不透明なもの(厚手のもの)にすると、良いです。暑すぎて、夏には出来ませんが…

皆さんの洋服選びの基準はどのようなものですか。

160センチ以下の身長の女性向けの失敗しにくい服選び(わたしの経験から)そのニ

「おちびさん向けの、失敗しにくい服選び」のその二になります。ファッション・センスがそれほどなくて、背が低くて小太りの私のための服選びなので、背が低くてもスマートな方や、センスの良い方には無用かもしれません。そういう方ではなくて、「なんとなくいつも着ている物について不安なんだけれど、いちいち他人様に『今日の私のファッションはどうですか』なんて尋ねてまわるわけにもいかないし」と思っている方はどうぞ見てください。そして、もし同じような基準でお洋服を選んでいたら、「同じような人っているんだなー」と、もし異なる基準でお洋服を選んでいたら、「こんな基準で服を選んでいる人っているのねー」くらいに、思っていただけるとありがたいです。もし「洋服選びの基準がわからないのよ」と思ってらっしゃる方がいたら、そのときにはお役に立てたら嬉しいです。

全般的に言えるのは、V字ネック・Uネックの服、ちょっときちんとした形(型?)のある服、ウエストがある服、モノトーン(同系色でまとめた)色の服、流行に流されない一般的な形のスカート・ズボン(特に、スカートについてはAライン、ズボンについてはブーツカット)が無難かと思います。きちんと感のある服が無難という事ですね。それから、アクセサリーや髪形に気をつけます。他人は案外目立つものしか見ていないものなので、体型よりも素敵なアクセサリーなどを見ていただきましょう。

ということで、まずは洋服の袖から始めます。

洋服の袖は、基本的にひじか、ひじより長い長さのものを選びます。ひじ丈、七 分丈、長袖どれでも良いですが、ゆったりと生地に余裕のあるものを選ぶと良いと思います。

半袖は危険です。と言うのも上腕部のもっとも太い部分で袖が終わってしまう事が多いので、太い部分が目立ちます。どうしでも半袖を選びたい場合には、ゆったりとした袖のものを選ぶと良いです。そして、袖口が締まっていないものの方が良いと思います。

袖なしを着る場合には、腕よりも首に視線がいくように、ネックレスやスカーフなどを身に着けると良いかも。

それから、首が短いと悩む人が多いようですが、私の友人に首が短い子がいて、その子が言っていた事ですが、首が短いときは、V字ネックなどで胸元を開け、首から下に縦のラインを作るのだそうです。ボートネックや締まった丸首、とっくりなど、首を(胴から)しっかり区切るスタイルはだめだそうです。

そして問題は胴です。

ずん胴の場合、ウエストに絞りが入っていると良いです。

胸が(というより胴が?)大きい(まるまると太い)場合、胸を強調したいくない場合は、U字ネック、V字ネックになるようなスタイルか、襟がドレープ状になっているようなものが良いかも。それから、襟が詰まりすぎているようなスタイルは避けたほうが良いかも(胸を強調したいなら良いけれど)。生地は太い目のニットなどは避けたほうがいいかも。繊細な織りのニットで、胸の部分になにもモチーフなどないものが無難かも。(上記の注意でしないほうが良いことをすると、胸が強調されます。つまり、襟をつめ、胸ポケットやモチーフなどがあるものを着ると、胸が強調されます。だから仕事場では、小太りの私は胸ポケットやモチーフのある服は避けました。

撫で肩の場合、V字ネック・U字ネックが良いですが、襟が立つようなの(生地が厚いものや目の荒めのニット)だと素敵だと思います。だから、胸がどっしりしていて撫で肩の場合、襟が悩みの種になります…襟を強調するか、しないか…私は、「どちらでも似合う」と考えるようにしていますが、仕事着の場合は、胸を強調しないようなスタイルを選んでいます。撫で肩は仕事に支障が出にくいですが、胸の大きいのを強調したスタイルはともすればセクシー(笑)になるかもしれませんから。

ボトムについては、「160センチ以下の身長の女性向けの失敗しにくい服選び(わたしの経験から)その三」に書きます。

プロフィールについて 

プロフィールの欄に何を書くべきなのかわからないまま、ブログを始めてしまい、早十日が経とうとしています。いろいろな方のブログを見て、構成やプロフィールなどを見ているうちに、自分の書いたプロフィールがなんとなく変なのに(的を射ていないことに・プロフィールらしくないことに)気がつきました。今まで見てくださった方、わかりにくい内容ですみませんでした。少し手を入れましたが、もっと良い書きようがあるだろうと思うので、これから少しずつ直していきたいと思います。

消えるアスチルベ なぞの庭 怪しいのは奴だっ!

昨日買った植物についての覚書です。丈夫な植物を買ったつもりなので、アブラムシに注意するくらいで、あまり手入れはしなくて平気そうです。

と書きながら、実は私は、アスチルベが消えてなくなる庭のある家に住んでいます。アスチルベの苗を植えたのに、三日後くらいに消えていたことが既に三度あるのです。アスチルベは病気に罹ると消えるのでしょうか。枯れた葉っぱや根っこくらい残っていても良いと思うのですが。

まさか、鳥が食べているわけではないですよね。うちの庭に来るコルネイユ君(カーカー鳴くカラス)たちのなかに私たちの家の庭(とくに私が植物を植えた区画)が大好きな子がいて、その子が私の植えたスイートピーの種とせっかく芽の出たコスモス(だけではないはず)を食べてしまったようなのです。そのほかにもこのコルネイユ君はきっと既にいろいろな種類の植物(とりわけその種)を食べてしまっているのですが、まさか、アスチルベの葉って、食べられるのでしょうか。

それから、今度買った植物には、ケマンソウがあるのですが、ケマンソウは毒があるそうなので、コルネイユ君には食べてほしくないのですが…コルネイユ君はわかってくれるでしょうか。それともケマンソウは鉢植えにして、テラスに置いて、庭には出さないほうが良いかしら。

ケマンソウのあるお宅の方がいたら、どうしているのか聞きたいです。

カラスはケマンソウを間違って食べたりしませんか。

閑話休題。今回買った植物についてのメモです。これが今回の記事の本来の内容のはずなので。

ネット上で、映像は比較的見つかりやすい(アスチルベ モンゴメリーとケマンソウとヘメロカリス ジョアン・シニアは直ぐに見つかりました。グラッドストーンは日本語のサイトでは見つかりませんでした。)ですが、情報は直ぐに見つからないものもありそうなので、書いておきます。育て方は簡単なので、ヤサシイエンゲイのサイなどを見ていただければ、と思います。

アスチルベ モンゴメリー Astilbe japonica Mongomery (花色は赤・紅色)

日当たりのいいところか半日陰で育つ。

8月が開花時期。

高さは60センチメートル、幅は40センチメートルくらいになる。

湿った土を好む。

切花としても楽しめるし、花壇に植えたままでも良い。

(私のコメント)8月開花のはずが今(7月上旬)既に花が咲いています。それから、高さは30センチくらいです。栄養不足かしら。でも栄養が足りないなら、なぜ既に花が咲いているのだろう。

アスチルベ W.E.グラッドストーンAstilbe japonica W.E.Gladstone (花色は白色)

日当たりのいいところか半日陰で育つ。

6月と7月が開花時期。

高さは60センチメートル、幅は50センチメートルくらいになる。

湿った土を好む。

切花としても楽しめるし、花壇に植えたままでも良い。ロックガーデンにも向いている。

(私のコメント)小さすぎて今年は花を望めそうにないです。高さ5センチないと思います。来年まで元気でいてね。コルネイユからすさんに食べられませんように。

ケマンソウ Dicentra spectabillis (花色は赤色

日当たりのいいところか半日陰で育つ。

5月と6月が開花時期。

高さは90センチメートル、幅は60センチメートルくらいになる。

湿った土を好む。

切花としても楽しめるし、花壇に植えたままでも良い。鳥の中にはこの花を好むものがいる。

(私のコメント)毒があるのに、鳥が好むのは不思議です。花の蜜には毒がないのかしら。

ヘメロカリス ジョアン・シニア Hemerocallis ‘Joan Senior’ (花色は白色)

日当たりのいいところか半日陰で育つ。

6月が開花時期。

高さは45センチメートル、幅は45センチメートルくらいになる。

どのような土でも大丈夫。

コンテナーに植えても、庭の囲みに使っても、切花にしても楽しめる。沢山植えると壮観。花は一日で枯れるが、次々に新しい花が咲くので一ヶ月くらい楽しめる(らしい)。

(私のコメント)つぼみがついているので今週末くらいには咲きそうです。嬉しいです。近所のネコさんとワンちゃんが踏みつけないことを祈ります。

「映画のこと 都会と田舎…」の重大な間違いを訂正しました

「映画のこと 都会と田舎 Bienvenue chez les Ch'tis など」http://kiirohiwa.cocolog-nifty.com/blog/cat40421609/index.htmlにあった重大な間違いを訂正しました。フランス語のわかる人なら、簡単に「ケアレスミス」とわかってもらえると思うのですが、そうでない方には誤った情報を伝えかねないので、急いで訂正しました。どうもすみませんでした。

2010年7月 6日 (火)

今日は庭に植える植物を四鉢買いました。

今日、家のテラスにおいてある気温計で気温が30度を超えました。

先日まで10度くらいの気温だったので、今日は異様に暑く感じられました。湿気がないのが救いです。

今日は、アスチルベを二種類、球根植物を一種類、ケマンソウを一種類買いました。

アスチルベは日本のアスチルベと書いてあるのを選びました。白いのとピンクのと。ピンクのほうはもう花がついていましたが、白いほうはどうなることやらといった感じです。

家に帰ってきて調べたら、ケマンソウって毒があるんですね。ケマンソウはフランス語で、Cœur-Saignantと言い、英語で bleeding-heartとよく言いますが、変に訳したら、「出血している心臓」ですね…

名前のわからない植物については明日、鉢についていたラベルを見てみようと思います。

160センチ以下の身長の女性向けの失敗しにくい服選び(わたしの経験から)その一

私は身長160センチありません。おチビさんだと思います。しかも、小太りです。

でも、学校や仕事場ではいつも「綺麗な感じ」「スマートな感じ」と言われて過ごしてきました。「感じ」がミソです。実際は綺麗でもスマートでもないのですから。

私の唯一の自慢のこの「感じ」の出し方をメモしておこうと思います。まずは身長のごまかし方からです。

私みたいな平凡な人向けですので、センスの良い方には向いていないかもしれませんが。

まず、色は同系色でまとめます。同系色に一色だけ上半身に(同系色に合った)違う色を少し加えるのはOkです(スーツなどの場合、紺スーツに白のブラウスなどは仕方ないですよね。ちなみに紺スーツに青系のブラウスのほうがシルエットが長く見えます、たぶん。)。同系色で頭の先からつま先までまとめると、シルエットが「長い」感じが演出できます。(良い例:銀河鉄道999のメーテル。黒一色です。)

それから、柄のあるものは縦模様を選びます。横縞よりも縦縞です。カットも縦で。ボタンも、普通に縦にボタンの並んでいるほうが良いです。ジッパー(ファスナー)などのついている服の場合もジッパー(ファスナー)が縦についているものを選ぶと無難です。

それから、アクセサリー類は妙に大きいのは避けたほうが無難です。繊細なものなら多少大きくてもOkですが…

ベルトは服の色と同系色で細いものの方が良いようですが、太いのが好き・似合うという人はそうしてください。ウエストとの兼ね合いで、太いのが似合う人もいると思うので。私が若いときそうでした。ウエストよりも少し上にベルトをして、下半身を長めに見せていました。ベルトは、できれば、飾りの少ないシンプルなものの方が良いと思いますが、色を抑える(服の色と同系色にする)なら、飾りがあっても良いのではと私は思います。個性が出せますし。

仕事柄靴の選べない方が多いと思いますが、出来るなら、「ごつい靴(登山靴のような靴)」は避けたほうが良いです。体の小ささに対して靴に存在感がありすぎることがあるので。ギャグ漫画の登場人物のような姿になる事もあります。ごつい靴を履いたほうが良い・履かなければならない場合はどうぞ履いてくださいね。それから、ぺったんこ靴は、おちびさんにはだめと言う人がいますが、そんなことは無いと思います。ただ、ぺったんこ靴でも、先が丸かったり、角ばっていたりするものよりも、先のとがっているものの方が良い「かも」しれないです。ここら辺の選択は曖昧で良いと思います。

靴の色についてですが、服の色と同系色のほうが良いです。

洋服の生地についてですが、靴と同じで、存在感のありすぎるごつい(固めの・重めの)生地は避けたほうが良いかも。

洋服の襟はU字やV字などの形をしているのが無難です。

洋服の袖は、七部袖が無難です。(太い腕を隠してくれて、細い手首を見せてくれるから、シルエットの長さが強調されます。)

シャツやジャケットなど上半身に着る服の丈が短めか普通のときは、下半身が長く見えるのでOK。上半身生きる服の丈をあまり長くすると、引きずった感じ(サイズの合わないお下がりを着ているような感じ)に見えることもあると思います。ここらへんはモード・スタイル次第ですが。

シャツやジャケットなどのウエストは絞ったほうが無難です。ジャケットなどの上着ではなく、シャツなど上半身に着ているものの裾はズボンやスカートのウエスト部分に入れたほうが無難です(上半身に着ているものの裾がズボンやスカートの上に来るとだらしない印象に。)

スカートは膝丈が無難です。超ミニスカートは子どもっぽく(かわいらしく?)見せたいなら良いですが、そうでないなら、避けたほうがいいかもしれません。

ズボンの場合は、膝丈でも良いですが、いわゆる足の長さにあった正しい長さのものが一番無難だと思います。ズボンは、身体に合ったものを選び、ぶかぶかなものは選ばないほうが無難です。(ブーツカットやクラッシックな形が無難かと。細い人(若い人かしら?)なら、レギンズなどもいけるでしょう。)

それから、自分の体型に合ったシルエットの服を着たほうが無難です。

自分の体型にあった服選びについてはまたの機会(多分次回のブログ記事)に書きます。背が低くて小太りの私のための服選びなので、一部の人にしか当てはまらないと思いますが…

目元のメイク落とし 注意(当たり前だけれど)

もっとよい方法があったら教えてください。私の知っているのは以下の通りです。

まず、目元用のメイク落としを使います。顔用のメイク落としは目元の薄い皮膚には刺激があるかもしれないので。

1目元用メイク落としに特別に使い方が書いていない場合は、メイク落とし用コットンにそれを含ませて、軽く押し付けるようにして、メイク落としが肌になじむようにします。こすってはだめです。

2それから、コットンを瞼の上から下に向かって、または、顔の中心から外側へ動かし、落ちたメイクをふき取ります。

3それから、まつげに移ります。まつげの根元から先に向かってコットンを動かします。

4目を半分閉じて、まつげの上と下を顔の内側から外側に向かってコットンを動かします。

5コットンの汚れ具合によっては、何枚かコットンを使ってください。(私は二枚です。)

とりあえず大事なのは、目元をこすらないことです。

私の知り合いで、「メイク落としをするとき、目元がこすられて赤くなってひりひりするから、私は肌が敏感なの」と言っていた人がいましたが、目元をメイク落としのついたコットンでこすったら、結構な数の人が目元が赤くなってひりひりすると思います…

前開きボタン止めシャツのボタンとボタンの間が開いて、肌が見えるとき

原因:胸がシャツのサイズに対して大きすぎる。

ですから、シャツを購入する前に正しい大きさ(サイズ)かどうか確認しましょう。シャツのサイズをSMLくらいで考えるのではなくて、シャツの胸周り(バスト)も見ましょう。

それから、ブラジャーを選びましょう。胸を大きく見せるブラジャーを着けると、胸のサイズがシャツのサイズとのあわなくなって、開いてしまうかも。

もし自分の胸のサイズに合うシャツがないなら(例えば、胸のサイズはLだけれど、シャツのサイズはSの場合など)、シャツのスタイルを選びましょう。着物のように襟を合わせるタイプのシャツのように、開きができないスタイルや胸の脇に水平のプリーツ(?)が入っていたりして胸の部分に空間があるスタイルを選びましょう。

新しいシャツを買いなおすのが嫌なときは、ピンで開く場所を留めてしまえば、誤魔化せます。

おまけ:下を向いたとき、首から胸が見えてしまうときは…

シャツが体に対して大きすぎたり、首周りと襟が上手くあっていなかったりすると、下を向いたときなどに、胸の部分が見えてしまいますが、それも、シャツのサイズを正しいものにし、首周りのカットを開かないようなものにすれば解消できます。

新しく買いなおすのが嫌なときは、シャツの襟と首の間にスカーフなど巻けばごまかせます。

2010年7月 5日 (月)

遺伝子組み換え作物が怖い人に 海外旅行のとき知っておいたほうがいい言葉

日本では遺伝子組み換え作物が使われている(可能性がある)場合、表示されますが、外国のなかには、そういう表示のない国があります。そういう国で、遺伝子組み換え作物が使われていないものを探すときに、

OGM = Organisme génétiquement modifié (フランス語で遺伝子組み換え作物の意)

GMO = Genetically modified organism(英語で遺伝子組み換え作物の意)

という言葉を知っておくと便利だと思います。

フランス語で、Sans OGM と、英語でNo GMOとパッケージにかいてあったら、「遺伝子組み換え作物を使用していません」の意味です。

OGM、GMOとアルファベット3つなので覚えやすいと思います。

アメリカの大企業のお菓子にこの手の言及はなかなかないですが…

つけたし 2010年7月10日 

北米で売られているポテトチップスでKettle Foods Inc.のKettle Brandのシリーズは、遺伝子組み換え原料を使っていないようです。以下のように書かれていました。

Non-Genetically Engineered ingredients (英語)

Ingrédients non modifiés par génie génétique (フランス語)

女性のための防犯講座 路上編 覚書

昔、私がまだ若かった頃、大都会に出てきた女性の知り合いの多くが、(本人は気をつけているといっているのですが)ちょっとした(?)犯罪にあいやすく、困っているのを見て、なんとなく、別れ際の挨拶のときの一言「気をつけてね」だけでは(一応首都圏出身の)私の目には十分ではないように思われて…以下のようなことをちょっとずつ言った事があります。私の感覚では常識だったのですが、どうやら常識ではないようなので、一応、覚書として、残しておきます。気を害されたらご免なさい。

出かけるときは、安心して話せる知り合い(友人)に自分が何処に行くのか、特に自分のとる道順について話しておこうよ。アドバイスがもらえるかも。

道順には、近道だとしても、公園や細い道を含めないほうが良いよ。公園は変な人がいるかもしれないし、細い道だと変質者がいたら逃げるとき背中を見せる羽目になるし、それは危険。

道順には、交番やコンビニなど、いざというとき助けを求められる施設のある道を選んだほうが良いよ。

道順には、人がいて、街灯などがしっかりついている道を選ぼうよ。

道順には、自分の知っている道を選ぼうよ。自分の知っている道がやばそうだったら、安全な道を選ぶか、遠回りしてでも、電車・バス・タクシーなどの交通機関を使ったほうが良いかもよ。それか、誰か知り合いと一緒に知っている道を歩くとか(でも、複数の人で歩いても、危険な道が危険な道であることにはかわりがないよ)。

車の通る道の場合、車道側に近い場所を歩かない。車道側に自分のバッグなどを持たない。(ひったくられるから。)

自転車で移動するときは、自転車かごの中に重要なものは入れない。自転車カゴにネットをかけていたとしても。

自転車で移動するとき、人気(ひとけ)のない瞬間があって、近くに人・車が来たら、「自転車ごと倒されるかも」と警戒したほうが良いよ。

歩くときは、きょろきょろしない。ふらふらしない。バッグを振って歩かない。いつでも警戒状態。自分の本能を研ぎ澄まし、危険を五感(六感)で感じ取る!

自分が「つけられている」(追跡されている)と感じたら、前方の安全を確認してから、後ろを確認する。追跡されているなと思ったら、人のいる場所・建物(駅・交番・コンビニ・レストラン・人がいるとあからさまにわかるお宅(知らない人のお宅でも))に入る。そして、助けを求める。駅やコンビニなどに入って、それでも変な人が立ち去らなくて、でも助けを呼ぶのが恥ずかしい場合は、携帯などで、知り合いを呼ぶんだ!犯罪にあうよりましだよ。

自分が歩いているときに、自動車に乗った人に呼び止められたら、自動車に連れ込まれないよう、自動車やその扉には近づかない。無視しても良いけれど、とっさのときって、無視できないことも多い。無視できない内容のことも多い(都会では道を尋ねられることが、場所によっては非常に多いからね。小さな親切はしたほうが良いと思うのはありがちだし、まちがっていない。でも、相手に注意・警戒はしてね。)。だから、話したけられて答えるなら、大声で答えるんだよ。相手が小さな声でしゃべってきたら、近づかないで、「もっと大きな声で言ってください。聞こえません」と答えるんだ。

鍵とか身分証明書の類は、バッグの中ではなくて、自分の身につけるんだ。具体的に言うと、外から他人の手が簡単に入らないような場所にあるポケットに入れるのが無難。だから、ポケットが丸見えにならないよう、重ね着はしたほうが良い。

鍵は、車の鍵の場合でも家の鍵の場合でも、ドアの前で探すような事をしてはだめだよ。そうやってもさもさしていると、うしろに誰かがやってきててもあなたは気づかず、あなたがドアを開けた瞬間あなたをドアの内側へ押し倒すから。もしくは、あなたが変な人に気づいてもあなたには(あなたはドアとその変な人に挟まれて)逃げ場がなくなっているから。

鍵は人の多い場所にいるときから手に握っておこうよ。鍵は金属のことがおおいから、いざというときあなたを守る武器にもなる。鍵が武器になるのは知らない人が多いみたいだけれど。だから鍵は、あなたが最後に寄る人気(ひとけ)のある場所(駅・バス・コンビニのなかなど)で出して、手に握っておこうよ。

公衆トイレに入るときは、全ての個室をチェックしよう。それから、入り口もね。場合によっては、清掃用具入れも見ておこう。女性がたくさんいる公衆トイレなら、安心度は高い。でも、女性達が去ってしまったら、あなたはそのトイレに一人かもしれないから、それを忘れずに。

公衆トイレを使うときは、バッグを床近くや扉の上部に置かない。置きたいなら、とられないような大きさ、重さがあることを確認。

公衆トイレを使うときで、バッグを扉の上部や床近くにやむをえず置きたいときは特に、バッグにお金や鍵や身分証明書を入れておかないこと。

服装は、軽薄なものでも、清楚なものでも、変な人をひきつけるときはひきつける。気をつけるべきは、目つきやあしどりや姿勢。ちょっとでも疲れている様子や迷っている様子、ぼんやりした様子を見せたら、変な人は弱みを見つけたと思って、やってくるかも。目つきは鋭くしっかりと、足取りは着実に(ふらふらせずに)、姿勢はぴんと。歩いているときに誰か(彼氏とか)の事をぼやっと考えていると、変な人にあいやすいのかも。

だから出かける前にきちんと道順など計画を立てておくんだよ。考え事は安全な場所でして、外を出歩くときは、しっかり歩く事を考えるんだよ。

意気込んでしまいました…すみません。

ブログを始めて一週間がたちました

ブログを始めて一週間がたちました。一週間も続くなんて思っていなかったので、驚くとともに嬉しく思います。

皆さんのブログを見ているうちに、昨日あたりから、「カテゴリー」の意味する事と「カテゴリー」が重要だと言う事がわかり始めたので、自分のブログのカテゴリーにちょっと手を加えました。これからも加えなくてはいけないかな、と思っています。まだまだきちんとしなくてはならない事がたくさんあるようです。

ブログを始めるまでは、ブログの内容ばかり読んでいて、その形式に注意した事がありませんでした。ブログを始めてから、皆さんのブログを読むときに、皆さんのブログの構成に注意するようになりました。そして、皆さんの気遣いと器用さに驚かされました。(私が不器用で気が利かないだけなんでしょうが…)

来週もまたブログを続けていけたら良いなと思います。どうぞよろしくお願いします。

来週も皆さんとともに元気で過ごしたいです。

きいろひわ

ルバーブについて

ルバーブ rhubarbe という植物は日本で一般的になじみがあるのかどうか知りませんが、少なくとも私の周囲では見たことがありませんでした。私のいるところでは、ルバーブが元気です。巨大です。巨大な葉の茂る大きな植物(木ではありません)で、茎をあく抜きして、ラズベリーとあわせてジャムのようなものにして、食べるようです。生食はしないと思います。

去年の冬の初め、夫がルバーブの葉や茎を取り除いてほしいと言うので、恐る恐る取り除きました。冬の寒さに、枯れた葉や茎で出来た防御(マルチのようなもの)がなくて平気だろうかと大分心配しましたが、今、ルバーブは元気に茂っています。

今年はマルチをしようと思います。ごめんね、ルバーブさん、今年の冬は寒かったでしょう・・・

Bruantは Bruyantだ

フランス語でBruant(ブリュアン・ブリュオン)は、日本語ではホオジロ属の鳥の事をさすようですが(手元の仏和辞典による)、うるさいです。フランス語で「うるさい」を表現する言葉の中に、Bruyant(ブリュイアン・ブリュイオン)があるので、親父ギャグをしてみました。フランス語の発音をカタカナで上手く表現できなくてすみません。

家の中にいるときは、外の音は聞こえないのですが、扉を開けると、ものすごい鳴き声が聞こえてきます。えさ箱近くに8羽くらいいるうえに、庭の木からもさえずりが聞こえます。皆がいっせいにしゃべっているのでしょうね・・・

近所の犬のこと

近所にバセットハウンドと思しき犬がいることは、以前記事(「近所の猫を触った後、近所の犬を触ろうとしたら・・・」http://kiirohiwa.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-cde9.html)で書きました。私はファブリーズ犬と呼んでいるので、この文章ではファブリーズ犬と呼びます。

今日、車でファブリーズ犬を飼っているお宅の前を通ったら、飼い主のお嬢さんらしき女性とファブリーズ犬が外にいました。そこに、ジャックラッセルテリアみたいな形だけれど、ジャックラッセルテリアよりも二周りは大きいワンちゃんが、飼い主さんに連れられて通りかかりました。車の窓から見ていたら、ファブリーズ犬は首をすくっともちあげて、信じられないくらいしっかりとした眼差しで、通り過ぎるワンちゃんを見ていました。一寸怖いかもしれない、ファブリーズ犬…いつもぼやっとした様子しかしていないと思ったのに…ファブリーズ犬は、結構、敏い性格なのかもしれないと思いました。

ちなみに大きめジャックラッセルテリア犬君も、飼い主に引っ張られながらもしっかとファブリーズ犬のほうを見ていました。大きさではファブリーズ犬のほうが圧倒的だけれど…

緊張がとけて

今日、展覧会が終わりました。小さな作品を一点お買い上げいただきました。値段は2千円くらいが良いだろうと思ったのですが、お客様が取っておきなさいと、3千円くださいました。

自分でも良い作品だと思っていたので、気に入ってくれたお客様に大感謝です。

小さな作品(カード類)は全て売り切れました。手作りだからお買い得だったようです。お客様の反応でわかりました。

緊張が続いていて、ものすごく疲れましたが、やっと食欲が湧いてきました。

今日はきちんと夕食をとろうと思います。

コンピューター・写真がある時代に超写実的な絵を制作する… 

わたしは凡庸な事しか言えませんが。

今の時代、コンピューターに画像を取り込んで、様々に加工することができます。

そういう時代に手で(つまり機械の手を借りないで)写実画(超写実的絵画)をやるのはどういうことを意味するのだろうと考えます。写真があり、コンピューターで陰影や色調などが調整できる時代…

私は描く人の手と視線がわかるような絵がすきなのかもしれません。

多分、続きますが、今日はこのあたりで。

2010年7月 4日 (日)

あと半日でやっと緊張の期間が終わります

プロの画家の方に私の水彩画を公の場で見せないかとお話を頂いたのが数ヶ月前。

理由も目的もなく、単に趣味としてというか、趣味を通じて知り合いが出来たら良いなと期待しながら、水彩画をしていたので、お誘いにはかなりびっくりしましたが、断る理由も見つからず、幾つか作品を選んで、会場にもって行きました。

水彩画を始めた理由が、「趣味の合う知り合い・友人がほしい」ですから、プロの画家の方の前で、へれへらとその理由を言うわけにも行かず、「水彩画に興味があって始めたんです」等と言いつつ、これまでお付き合いしていました。プロの方は、今回の会場で初めてまともに私の経歴を(一部とはいえ)知る羽目になり、「本当に美術の専門的な訓練を受けていないのですか」と驚かれていました。幼い頃にそれなりに訓練を積んだので、「訓練をまったく受けていないわけではないです。」と答えたのですが、幼い頃の訓練は、プロの方の考慮に入れてもらえず…「今度、履歴書(経歴書?)を見せてください」と言われてしまいました。履歴書はあまり見せたくないのですが…そういうものなのでしょうか。

展示会場では、多くの人に出会えてとても嬉しかったです。いろいろな人と話が出来て楽しかったです。お褒めの言葉(半分以上はお世辞だとわかっていますが)さえ頂き、びっくりしました。

あと数時間(半日あるけれど)で、数日前から始まったこの緊張の期間が終わります。

この数日、「眠れない」「食べられない」が続き、少々憔悴していたので嬉しいです。

映画のこと 都会と田舎 Bienvenue chez les Ch'tis など

この10年くらい、田舎と都会と言うか、「都会の人が田舎に来て・・・」といった筋立ての映画をしばしば見ます。フランスのBienvenue chez les Ch'tisやケベックのLa grande séductionや日本のフラガールみたいな映画の事です。

Bienvenue chez les Ch'tisはフランス北部の郵便局に異動になった人の話ですが、とても面白いです。異動先の町の人が、犬(les) chiensと(彼ら・彼女達たちの)身内・家族(les) siensの発音を区別しないでいるので、パリから来た主人公は理解できないなど、日本人で、フランス語を学び始めた人の中には苦笑いしたくなるようなシーンもあって、フランス人といってもみんな同じフランス語を話すわけではないのだなと、しみじみ感じます。パリの人たちの田舎にいる人たちへの偏見なども、素直に面白く描かれています。

フランス語を学んでいて、「おフランス」「花の都パリ」「芸術の都パリ」「素敵なプロヴォンス(プロヴァンス)」みたいな高級な(?)イメージにうんざりしている人がいたら、見てみると、東京とどこかの田舎でもありそうな雰囲気が感じられるかな、と思います。

私は首都圏出身で、本当の田舎を知らないと友人に指摘された事があるので、私のこの感想も正しいのかどうか少々疑問ですが・・・

ケベックのLa grande séductionは生活保護で生き延びている寒村の人たちが、医師がいれば、工場を誘致できるということで、運悪く?この寒村に滞在する羽目になった医師をどうにかして引きとめようと悪戦苦闘する話です。面白おかしく見ることも出来ますが、工場という外部の力がなくては、生活を成り立たせることが出来ない(らしい)ケベックの寒村の経済的状況に驚きました。ケベックの地方(田舎)では、一つの企業に村全体の存続がかかっているという冗談みたいな話を聞いたことがありましたが・・・経済に詳しくないので何もいえませんが・・・なんというか、悲劇的だと思いました。

フラガールについては、よく知られていると思いますが、炭鉱のあとにハワイアンセンターという発想が好きです。日本人ではない方(で日本語が殆どわからない方)にお見せしても、映像から内容が理解できるようで、結構好かれます。

日本語がよくわからない日本人ではない方に好かれる映画にはほかにはどのようなものがあるのでしょうか・・・

2010年9月30日追記

Bienvenue chez les Ch'tisについては2010年9月10日(金)の記事「Bienvenue chez les Ch'tisに関して」もご覧下さい。

アドレスは以下の通りです。

http://kiirohiwa.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/bienvenue-che-1.html

水彩絵の具を買い足すときに

水彩絵の具を買い足すときに、どの色から始めれば良いのか迷いますよね。予め特定の色がほしい場合なら悩む必要はないですが、なんとなく色が足りない、色が作れていないような気がする場合などは、自分のパレットにどんな色を加えれば良いのかわからないと思います。

そういうときは、薄い色を選ぶと無難です。薄い色なら、購入後使うときに、他の色を混ぜて、色を変えるのも濃くするのも、濃い色よりは簡単かと思います。

それから、自分の絵を見て、何色系統が使われているにもかかわらず、もの足りないのか、もしくは単純に何色系統の色をよく使っているのか、把握して、その色系統のものを足すと便利「かも」しれません。

水彩画を始めて少したった頃、私は、セルリアン・ブルーが好きで以前使っていたのに私の手持ちのパレットにはその色がなかったので、買い足し、それから、肌色を出すのに必要な色味が私の持っている絵の具にはあまりないような気がしたので、薄い肌色系の色を買いました。

« 2010年6月27日 - 2010年7月3日 | トップページ | 2010年7月11日 - 2010年7月17日 »