2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 21 | トップページ | ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 22 »

2010年12月27日 (月)

The Triplets of Belleville ( Les Triplettes de Belleville)について (感想)

The Triplets of Belleville(フランス語タイトルはLes Triplettes de Belleville)は、カナダ・フランス・ベルギー・イギリス合作のアニメ映画です。

日本語訳がどうなっているのか、よくわかりませんが、このアニメ映画は面白いです。

絵が暗いのが特徴的ですが、怖い内容ではありません。ユーモア、ブラック・ユーモア、愛情、思いやりが見られます。

よく知られている良い映画ですが、しかしながら、幼いお子さんには向かないかもしれないと思います。というのも、台詞がなくて、歌(?)と手振り身振りが中心なので、イメージに集中しないといけないのと、マフィアが出てきて、賭け事をしたり、誘拐したサイクリストを麻薬づけ(?アルコールづけ)にしたり(このあたりはぼかして表現されていますが)するシーンがあるからです。また、ブラック・ユーモアは幼い子どもさんには難しいかな、と思います。それから、絵に暗い色が多いので、子どもの好きそうな明るくて澄んだ感じがしないかもしれません。

あらすじは、ひとりのおばあさんが、両親をなくした孫を引き取り、犬を飼い、自転車を買い与え、孫はツールドフランスに出るようなサイクリストになり、おばあさん自身はそのコーチになるのですが、ツールドフランスの最中に孫(とその他ふたりのサイクリスト)がマフィアによって誘拐されてしまい、ベルヴィル(たぶんニューヨークをイメージした都市)に連れて行かれ、おばあさんも後を追って海を渡るが、孫を見出すことはできず、「ベルヴィルの三つ子」と呼ばれるおばあさん三姉妹(もともと有名な歌手?だったのが、今は落ちぶれている)に助けられ…という感じです。タイトルになっているのが、おばあさんでも孫でもなく、「ベルヴィルの三姉妹」というのが面白いと思います。

機会があったら、見てみるといいのではないかな、と思います。

« ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 21 | トップページ | ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 22 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

なんだか。。ちょこっとオモロそうね。。そのアニメ
フランス語だと。。きっと無理だけど。。英語か日本語
が。。あるといいけど。。探してみようかなぁ。。pc
今。。you tube。。で見た。。いいねぇ。。画風がオシャレ
音楽も素敵だったよ。。英語だったし。。。最高あとで
もっかい見ようっと。。。。。heart02

jazzmaineさん
こんにちは。ヽ(´▽`)/
この映画、ちょこっと面白いです。(*^-^)
英語版はあるはずです。公開された当時、かなりの高評価を得たはずなので…アカデミー賞の二部門にノミネート、音楽でセザール賞を獲得しているようです。それから、BBCの賞も貰っているようです。(全てウィキペディアからの情報ですが…)
それと、カナダが関わっているとき、大体映画などは二言語(英語とフランス語)の両方が作られることが多いので、たぶん、この映画も英語とフランス語の両方であるのではないかな、と思います。
なにはともあれ、日本にあるといいのですが…(これがわからないのです…)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384934/38085332

この記事へのトラックバック一覧です: The Triplets of Belleville ( Les Triplettes de Belleville)について (感想):

« ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 21 | トップページ | ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 22 »