2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 12 | トップページ | ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 14 »

2010年12月19日 (日)

ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 13

http://www.independance-quebec.com/falardeau/frame.php

から引用しました。

"Jusqu'aux films de Perreault, je m'imaginais un ouvrier comme quelqu'un de très exotique, en vélo et une baguette de pain sous le bras. Avec lui, je me suis aperçu qu'il parlait de mon voisin, avec sa boîte à lunch et sa casquette de chasse."

ペローの映画を見るまで自分はとても異国情緒にあふれた、自転車に乗ってフランスパンを小脇に抱えたような労働者だと思っていた。ペローの映画を見ているうちに、ペローが弁当箱を持ってハンチング帽をかぶった俺の隣人のことを問題にしているんだとわかったんだ。

ケベックのフランス語話者は、英語話者が多数を占めるカナダでは、フランス人と自分たちを同一視しようとするところが、昔、あったようです。例えば、テレビドラマなどでは、昔の番組ではフランスアクセント・発音のフランス語(カナダのフランス語のアクセント・発音とは異なりますが理解は出来ます)で役者さんが演じていたこともあったりします。

そういうイメージから脱却するのに映画が役立ったということを語っているのでしょうか。

そういえば、ピエール・ファラルドーは、ドキュメンタリー映画も多く撮っていますね。

PerreaultとはPierre Perreault ピエール・ペロー のことだと思います。

« ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 12 | トップページ | ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 14 »

フランス語圏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 13:

« ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 12 | トップページ | ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 14 »