2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 20 | トップページ | ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 21 »

2010年12月26日 (日)

道端にたくさんの鳥 危険です

森を突き抜けるたった一本の道があるのですが、そこを通ったとき、道端にたくさんの鳥がいました。道路の雪を道端に寄せるので、道端に何か、食べられるものでも集まっていたのでしょうか。

鳥たちは、車が近づくたびに飛び立つのですが、飛び立つ方向が間違っている鳥さんたちがなかにはいます。私の車に向かって飛び立ってきて、フロントガラス前で鳥さんが吹き上げられるようにして飛び去っていくことが何度もあって、ひやひやしました。なかには他の車によって不運な目にあう鳥さんたちもいたようで、道の真ん中に倒れている鳥さんを何回か見ました。

そういう鳥さんたちとは別に、カラスさんが道沿いを飛んでいて、えさを探していました。一度、道の真ん中に降り立ったので、クラクションを鳴らしたのですが、最初飛び立とうとしませんでした。そして、二度目のクラクションでやっと飛び立ちました。それくらいカラスさんにとって魅力的なものが道の真ん中にあったようですが、私には見えませんでした。

一度、ヤマウズラの類(Perdix (英語でもフランス語でも同じつづりです)(フランス語ではPerdrixと一般的に呼ばれることが多いようです))が数羽、道の真ん中で地面をつついていました。たぶん、フランス語で、Perdix perdix (perdrix grise)と呼ばれ、英語で Grey pardridgeと呼ばれるヨーロッパヤマウズラとか、ヤマウズラとか訳される種類の鳥だと思います。

車は時速100キロメートルは超えていたので、急いで減速し、ヤマウズラの類が群れているところを避けて走行しました。下の図の赤い×がヤマウズラの類の位置を、灰色の線が私の車の走行した動線を示しています。

Cocolog_oekaki_2010_12_24_23_18

轢いてしまったらどうしようと、怖かったです。ヤマウズラの類は空高く飛ぶことはないですが、鶏のように、何メートルかを飛ぶことはあるので、ヤマウズラの類が飛び立つと私の車にはねられてしまう確率が高いと思いました。

そんな私の心配を他所に、すぐそばを通ったのに、ヤマウズラの類は何もないかのように地面をつつき続けていました。同乗の人が、「ヤマウズラは馬鹿だからね」と言いました。

ヤマウズラは、狩猟の対象になるのですが、大きさがそれほど大きくないので、頭を狙います。ヤマウズラは頭が体の大きさに対して小さいので、狙えるのだろうかと思っていましたが、道路で車が来てものんびりしているくらいなので、きっと人が近寄ってものんびりしているのだろう、的になりやすいのだろう、と思いました。

ヤマウズラは、よく砂利道にいて、消化を助けるために砂利を食べるのですが、このときも、道路で砂利を探していたのかもしれません。砂利が必要なのはわかりますが、その前に自分の身の安全はきちんと確保しておいたほうがいいだろうな、と思いました。

« ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 20 | トップページ | ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 21 »

野生の生き物観察」カテゴリの記事

コメント

手書きの道線と×マーク気に入りました(*^ー゚)bグッジョブ!! いつものイメージと違いますね 誰かの影響をを受けて来てるのかな、相手への思いやりと気使い、良いですね ニコッ

山ウズラの話は、今の時期の話ではないですよね?
100キロ以上のスピードで運転ということは。。。。。
それにしても鳥と走行の跡の図が可愛いです。
山ウズラの世界では、ものすごいスピードで飛んでくる猟銃の弾や、大きな鉄の塊は本来存在しないものだから、彼らにとっては迷惑な存在ですよね。。。。。
鳥をよけるためにハンドルを誤ることもあるので、気をつけてくださいね。

mid night 7さん
こんにちは。ヽ(´▽`)/
褒めていただきありがとうございます。(o^-^o)
いつもの感じと違うでしょうか。(^^;)図は、言葉で説明できない故の苦肉の策だったのですが…
思いやりと気遣い、頑張りたいと思います。

katzenmamaさん
今から一週間から10日前くらいの話です。今は猟の時期ではないと思うので、一安心して、ヤマウズラさんたちは人のいる場所に出てきたのかな、と思います。知り合いにこの話をしたら、「自分だったら、車ではねて、捕まえて、お土産にするなあ」とのことでした。どうやらその手の経験があるようです…そういう場所に暮らしています。(^^;)
ヤマウズラさんたちには、きっと、私たちは見えていないのですね。たしかに…あののんびりさはわかっていないことの証拠のような気がします。( ̄○ ̄;)!
森の道(舗装されている道)では、車は時速100キロくらいだと、ゆっくり過ぎて、後続車に抜かれるはめになるので、危険なくらいです。舗装されていない道でも、時速100キロくらいだと思います。いずれの道でも、凍結していたり、雪が積もっている場合は別ですが…
運転についての心配、ありがとうございます。m(_ _)m気をつけます。運転の話は他人にしたことがなかった(皆、そういうものだろうと思っていました)ので、深く考えたことはなかったですけれど、冷静に考えると、時速100キロを超えるスピードでの走行は結構危険ですね。ほんとうに、気をつけます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384934/38208411

この記事へのトラックバック一覧です: 道端にたくさんの鳥 危険です:

« ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 20 | トップページ | ピエール・ファラルドーの言葉 引用を訳しました 21 »