2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« シャネルのホワイト エサンシエル メークアップ ベース ロゼについて(感想・覚書) | トップページ | Colette Desmaisonさんの山羊座の絵葉書 »

2010年12月21日 (火)

冬の森

森に散歩に行きました。

1_272

ノウサギの足跡と見られるものがしばしば見られました。

英語でノウサギは(a) hare ですが、フランス語では(un) lièvre( 男性名詞なので、オスのノウサギのイメージがあるかもしれませんが、一般的にノウサギというと、この単語を使うようです)だったかと思います。ちなみに、フランス語でノウサギのメスは (une) haseと呼ぶようです。 (une) haseというのは狩猟用語らしいです。

オスのノウサギは英語では(a) buck hare、メスのノウサギは英語では (a) doe hareと呼ぶようです。

私の知り合いにはウサギを食べる人が結構いて、私はウサギを食べるのにはためらいがあるので、困ったことがあります…

1_276_2

この日は気温はマイナス10度くらいで比較的暖かく、風もなく天気の良い日だったので、 他にも何人かの人に道で会いました。気持ちよかったです。

« シャネルのホワイト エサンシエル メークアップ ベース ロゼについて(感想・覚書) | トップページ | Colette Desmaisonさんの山羊座の絵葉書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うわ~、すごい雪ですね。
こんな雪、スキー場でしか見たことがありませんが、
リフトに乗っているとき、動物の足跡を見つけるのが楽しみでした。
雪たくさんの森に行ってみたいですconfident
ドイツ語では野うさぎはHase,ですね。メスと子ウサギではまたちょっと変わりますが

はじめまして。
ぽちっとありがとう。happy01

すごくきれいな雪景色ですね。confident
日常には考えられない幻想的な世界です。
冬の森…厳しそうな中に引き込まれる何かがありそうで足を踏み入れたくなってしまうかんじです。
雪の日のシーンとした時間を思い出しました。snow

うわ~!まるで映画のような雪景色ですlovely
埼玉では絶対に見られないような景色。
でも出身地の北海道では、ちょっとだけ
似たような雰囲気が味わえるかなheart
きいろひわさんが住むところへ行ったことがないのに、
懐かしく思えたのは、そのせいかしらwink
雪の上についた動物たちの足跡って、
すごくかわいいんですよねheart04

ウサギって見た目のかわいさとは裏腹に、
結構、勇敢で強気だったりするんですよね!
おはなしに登場するウサギたちも
戦士のようなウサギたちが多いので、
男性名詞なのも、なんとなくうなずけるような気もwink

わぁ~shineすてき~heart01

ロマンチックですねーlovely・・・いいなぁheart04

katzenmamaさん
ドイツ語の野うさぎという言葉は、フランス語のメスの野うさぎを指す言葉と同じつづりなのですね。面白いです(^。^)
すごい雪でしょう?実際はもっと凄いです。wink
雪たくさんの森は、天気の良い昼間に、散歩すると気持ちいいです。そういえば、たしか、cat国の森も有名ですよね。heart04

マイナス10度でも暖かい方なんて!
寒いところにお住まいなんですね~。
でも、とても綺麗な景色で、絵葉書みたいですshine
ウサギさん…黙って出されたら食べるけど、これはウサギですって言われたら、食べづらいかもcoldsweats01
テンプレート、クリスマスらしくて素敵ですねhappy01

ままさん
はじめまして。コメントをありがとうございます。シャンプーの件、残念でしたね。
森に入ると、いつまでも続く針葉樹に、時間も方向も距離もわからなくなる感じがします。時計は必需品です。また、小さなわき道に気を取られないよう、気をつけなければなりません…。でも、そういうところが好きです…
また、寒いと音が響きにくくなるらしく、冬の森は音が確かにあまりしません。シーンとしています。そこに突然轟音が響いて、スノーモービルがやってくるので、びっくりしますよ。ロマンチックで幻想的な世界が、いきなり元気な娯楽の世界に変わるのですから…

ここでは、初めまして。
マイナス10℃で比較的暖かいなんて。。。
私のいる大阪では考えられないcoldsweats02
今週末の最高気温が10℃を割るって聞いただけで、
寒い~~って思うのに。。。
私は画像だけで楽しむことにします。wink
綺麗な写真ありがとう。confident

綺麗~><*
おとぎ話に出てきそう♪

はじめまして
ぽちっとありがとうございます

すごい雪ですね
雪に埋もれた森…とっても素敵です
もしかしてもっと寒くなると凍裂の音が聞けるような所にお住まいですか?

雪を踏みしめる音と枝からドサッと落ちる雪の音が聞こえました  スローライフを考えさせられます ありがとうです

クシネさん
こんにちは。ヽ(´▽`)/
北海道みたいですよね(といいつつ、私は北海道を二言ったことがないのですが…)。私の知り合いは、長野のよう、と言っていましたが、なにはともあれ、なんとなく、日本の風景に似ているようです。
野ウサギさんには、実は一度か遭遇したことしかないのですが、結構たくましく見えました。今思うに、案外、大きかったです。

クシネさん
こんにちは。ヽ(´▽`)/
北海道みたいですよね(といいつつ、私は北海道に行ったことがないのですが…)。私の知り合いは、長野のよう、と言っていましたが、なにはともあれ、なんとなく、日本の風景に似ているようです。
野ウサギさんには、実は一度か遭遇したことしかないのですが、結構たくましく見えました。今思うに、案外、大きかったです。

Hana*花 さん
ありがとうございます。
でも、しっかり着込まないと寒いので、服装はぜんぜんロマンチックでないのが残念です。(^-^;

イルカねこさん
こんにちは。ヽ(´▽`)/
そうなんです。寒いところです。夏、気温が25度を超えると、めったにないことなので、住民が皆びっくりするような場所です。
冬の景色は本当にきれいで、知り合いは写真を撮ってカードにしています。(o^-^o)
ウサギについては、ビュッフェなどでは、まず形や大きさから「これは何だろう、鶏かな?」という話題が出て、それから、ウサギだと判明して…という感じです。そこで、食べる人とそうでない人に分かれます…
そういえば、昔、知り合ったばかりの人と、干支か何かに関連して、ウサギの話をしていて、「ウサギ、かわいいですよね」と私が言ったら、「ウサギ、おいしいよね」と返されたことも…(゚ー゚;

すず母さん
こんにちは。ヽ(´▽`)/
コメントをありがとうございます。
日本では、隙間のある服(変な表現ですみません)を着ることが多いので、寒さが身にしみると思いますが、こちらではみっちり(変な例えですが、たまねぎとかラッキョウみたいに)重ね着をするので、マイナス10度くらいの寒さはそれほどこたえません。(*^.^*)
でも、寒いのは本当なので…外に出るときは覚悟が必要です…
写真を見ているほうが、実際に行くよりは楽ですね、確かに。(^^)

真雪さん
こんにちは。ヽ(´▽`)/
おとぎ話に出てきそうでしょうか。たしかに、どこからか、小人が野うさぎにのって、私たちの前を横切ってきそうでした。(^^)

silent-hollyさん
こんにちは。はじめまして。ヽ(´▽`)/
凍裂という言葉を知らなかったので、勉強になりました。ありがとうございます。m(_ _)m 
凍裂の音は、多分、去年、聞ききました。凄い音だったので、何だろう、と思ったら、木が寒さに耐えかねて破裂した音だと教えられたので…
マイナス25度くらいで凍裂は起きるというので、ここらへんではきっとしばしばある現象ではないかな、と思います。

mid night 7さん
音が聞こえましたか。よかったです。o(*^▽^*)o

スローライフは、聞こえがいいですが、実はここでは少しばかり問題(?)になっています。ここは、あまりにも文明(!?)から遠ざかっている(わけでは、実際には、ないのですが)ので、ここに一ヶ月以上暮らしていると、普通の人は精神的に参ってしまうとのことです。一ヶ月くらいしたら、文明のある土地(ショッピングセンターや映画館やきちんとしたレストランなどのある場所)に出かけて、そこでリフレッシュしないと、まずいそうです。
私はあまり精神的に参ることはない(と思っている)のですが、森と湖ばかりで、人が、人ごみがない場所に暮らし続けるのは、精神衛生上大変かもしれないと思うことはあります…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384934/38154455

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の森:

« シャネルのホワイト エサンシエル メークアップ ベース ロゼについて(感想・覚書) | トップページ | Colette Desmaisonさんの山羊座の絵葉書 »