2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« フランスのフランス語とケベックのフランス語 2 | トップページ | 記事にした水彩画について お知らせです »

2010年11月29日 (月)

国立歴史民俗博物館そばにいた猫(佐倉市)

032

この猫さんは尻尾が独特です。私の住んでいる場所では、「日本の猫」というと、こういう尻尾の猫を想像する人が多いです。

どうしてこのような尻尾なのか、遺伝なのか、それとも切られたのか、いろいろな方に尋ねられるのですが…

« フランスのフランス語とケベックのフランス語 2 | トップページ | 記事にした水彩画について お知らせです »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

不思議ですよね~
南から渡ってきた猫と、大陸から渡ってきた猫は長くて、海から渡ってきた猫は短いと聞いたことがあります。
逆かな?

遺伝だよね。。たぶん。。日本のにゃんこちゃんだけだよね。。
今。。N.Y。。でも人気なんだよね。。日本猫ちゃん。。。。
シロクロちゃんだね。。白がおおいけど。。似合うなぁ。。
背景と。。大好きこの写真。。。。。heart02

日本の猫、独特なのですね・・・flair
うちのメイは、この形のしっぽですthink
幼少時に切られたわけじゃないんだ・・・

katzenmamaさん
ありがとうございます。
遺伝・・・よかったですconfidentheart04
「日本人は子猫のしっぽを切る習慣があるのか?」と尋ねられるたびに、「ひええsweat01(子猫の虐待だと思われているかな~)」と心の中で思っていたので・・・
海から渡ってきた猫・・・きっと船shipでネズミなどを捕まえていたのでしょうか。ということは、もしかして、南洋の島には今も、しっぽの短いご先祖様がいるのかもしれませんね。

多分、最初は遺伝子異常かなにかだと
思いますが
日本では昔、尻尾の短い猫のほうが良いと
されていた時代があって重宝されてたから
そのころに増えた名残?で
今でも時々尻尾の短い猫を
見かけるのかもしれませんね~。

しかし丸々太った猫ちゃんですなhappy02

jazzmaineさん
こちらでも、柴犬と、この写真にあるネコに似ているジャパニーズボブテイルは結構注目されているようで、「(柴犬もしっぽの短いネコも)見たことがないが、知っている」人が結構います。興味のある人は、さらに、柴犬や日本のネコ・ジャパニーズボブテイルの写真等を探して、実際の姿を見て驚く・・・という感じです。
るぅさん(夫の母)は、日本を取材した番組(?)で柴犬を見て、「日本人はキツネまで飼うの?!」と・・・犬だと説明しても、キツネにしか見えなかった様子・・・それほどまでに似てはいないと思うのですが・・・しっぽの短いネコについても、なにかで見たらしく、「そもそも遺伝か手術か」という質問を繰り返されました。coldsweats01
それから、このネコさんは、本当にその場所の雰囲気に溶け込んでいました。地元ネコさんなのだろうと思います。confidentheartcat

jazzmaineさん 続きです。
それから写真を褒めていただきありがとうございますsign03嬉しいです。happy02

marumiさん
独特みたいですね、日本のcatは。happy02
切られたhairsalonわけではないようでよかったです。confidentdash
切られたら痛そうですよね。ネコのしっぽにはしっかり骨と神経が通っているようですし・・・

のルルさん
昔の人たちのセンス(好悪)が、ネコさんのタイプを決めてしまったんですね・・・私はしっぽの長いネコさんばかりになぜか縁がありますが、しっぽの短いネコさんを見ると、「触ってみたい」と思ってしまいます。しっぽが面白いですよね。heart04
そうですね、このネコさんは少し年をとっていて、結構太っていました。それから、愛想があまりなかったような・・・このネコさんの近くにいたネコさんは、「撫でて頂戴!」という感じでしたが、このネコさんは私たちをジーと見つめた後、ゆっくりと私たちの前を横切って、門の向こうへいってしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384934/37488805

この記事へのトラックバック一覧です: 国立歴史民俗博物館そばにいた猫(佐倉市):

« フランスのフランス語とケベックのフランス語 2 | トップページ | 記事にした水彩画について お知らせです »