2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« ネコの写真(メモ) | トップページ | フランスのフランス語とケベックのフランス語 1 »

2010年11月13日 (土)

アスチルベが咲きました。(9月20日)

アスチルベのモンゴメリーが咲きました。今から半月ほど前の事です。

詳しい情報は、以前の記事(2010年7月7日(水)の「ガーデニング・室内植物」カテゴリーの記事「消えるアスチルベ なぞの庭 怪しいのは奴だっ!」 アドレス http://kiirohiwa.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-4a47.html

)にあります。右にある赤いのがアスチルベです。左に見える白い花は、リュウカンテマムのスノーランド(コッシーさんによると日本ではノースポールとして流通しているようです)です。小汚い庭で申し訳ないです。

1_4

一応、簡単に情報を以前の記事から引用します。

アスチルベ モンゴメリー Astilbe japonica Mongomery (花色は赤・紅色)

日当たりのいいところか半日陰で育つ。

8月が開花時期。

高さは60センチメートル、幅は40センチメートルくらいになる。

湿った土を好む。

切花としても楽しめるし、花壇に植えたままでも良い。

(7月7日当時の私のコメント)8月開花のはずが今(7月上旬)既に花が咲いています。それから、高さは30センチくらいです。栄養不足かしら。でも栄養が足りないなら、なぜ既に花が咲いているのだろう。

以下が、現在の私のコメントです。

7月の後、消えてしまい、またもやと思ったら8月からいきなり葉が出て、9月になったら花を咲かせました。不思議です。

「栄養不足よりも、そもそもこのあたりの庭の土はアスチルベ栽培には向いていない」と隣の家の人は言っていたのですが…二度咲いたので、良いとしましょう。隣の人に今度見せたいと思います。

それにしても他のアスチルベはどこへ行ったのだろう…

« ネコの写真(メモ) | トップページ | フランスのフランス語とケベックのフランス語 1 »

ガーデニング・室内植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アスチルベが咲きました。(9月20日):

« ネコの写真(メモ) | トップページ | フランスのフランス語とケベックのフランス語 1 »