2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« チューリップ(エヴィータ)の球根の写真 | トップページ | 今年最後のハンザかな。写真(9月30日) »

2010年10月 1日 (金)

ふるさとを思い起こさせる空

この写真は2010年9月12日に出先で撮影したのですが、こういう空を見るとふるさとの夏を思い出します。みなさんがふるさとを思い浮かべるとき、そこにはどんな空が広がっていますか。今なら、ふるさとの秋を思い起こさせる空だと思いますが…

17_2

« チューリップ(エヴィータ)の球根の写真 | トップページ | 今年最後のハンザかな。写真(9月30日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

きいろひわさんのお写真は、
とても立体的ですね!
青が深くて、白い雲が、浮き出て見えます

私のふるさとの空は、水平線に沈む夕焼け。
祖母の家は函館の坂の一番上にあったので、
そこから海に沈む夕日を見るのが大好きでした

青い空に浮かんだ白い雲が、とっても綺麗ですね
ふるさとの空は…関東平野の真ん中だったので、どっちを向いても家ばかりで、真上にしか空がなかったように思います。
小学校の屋上に登ると、晴れた日には、遠くに小さく富士山が見えました。
たくさんの家と、平らな空と、遠くの富士山が、ふるさとの空かなぁ

私の故郷は山と港があるので。。やはり山が見える空が一番
実家の私の部屋から。。山が正面にあったので。。
あとはやっぱり海もね。。水平線とか。。いいですね。
と共演。。

クシネさん
こんばんは。
水平線に沈む夕焼け!ロマンチックですね。
私は、旅先でしか、水平線に沈む夕日を見たことがありません。見たときは感動でした。そんな夕日が心の中に息づいているとは素敵ですね。私も想像してみました…函館は行ったことがないので、町並みが映画で見た瀬戸内の情景になってしまっていますが、とてもきれいです

イルカねこさん
こんばんは。
私も関東平野出身です。
屋上から富士山!私もありました。中学校でしたが、富士山が夕日にうっすら浮かぶのが「たまに」見えて、みなで「富士山が見えたから受験は大丈夫」というわけのわからないことを言っていたのを思い出しました。いいですよね、富士山

jazzmaineさん
山と港!私の知らない世界です。素敵ですね
私は関東の、山も海もあまりない地域(関東平野ですね)出身なので、「山・港=旅行先」です。部屋から山と空、水平線と空…「うっわー」と思います。気持ちが広々としそうです…

私は空だけなら入道雲のある空かな。。。。夏休みの。
今でも入道雲を見ると、夏休みに近くの川へ泳ぎに行った時の道とその雰囲気を思い出します。
秋なら、山に沈む夕日です。
つるべ落としとはよく言ったものだ…と思いながらよく見ていました。小学生のころ。。。シブ・・・・

katzenmamaさん
こんにちは。
夏の入道雲、夏らしくていいですね。そういう空の下での川での水泳、夏休みの楽しい雰囲気が伝わってきます。私は川で泳いだことがないのですが、プール臭(薬品の匂い)がしなくていいだろうな、と思います。
小学生の頃から、つるべ落としと…かっこいいですね。私の母ならとても喜ぶと思います。私の母は、幼い私に「秋の日はつるべ落とし」だとか、冬至が過ぎたころになると「毎日畳の目一つだけ日脚が伸びる」(これは記憶がかなり曖昧です…)だとか、いろいろ教えてくれたような気がします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふるさとを思い起こさせる空:

« チューリップ(エヴィータ)の球根の写真 | トップページ | 今年最後のハンザかな。写真(9月30日) »