2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 紅葉・黄葉の写真 | トップページ | 胡蝶蘭(白)の写真 »

2010年9月29日 (水)

アフリカン・バイオレット(セントポーリア)(ピンク)

前のアフリカン・バイオレット(紫)と同じとき、今から4年前に、スーパーマーケットで買ったのですが、こちらは白が勝って、ピンクが消え気味です。写真の質については、私が撮っているので、容赦してくださいね。同じ鉢なのに、写真によって色がまちまちです。

セントポーリアだと思うのですが、アフリカン・バイオレットと書かれて売られていたので、アフリカン・バイオレットと書いておきます。英語なら、African violet 、フランス語なら、La violette africaine(ラ・ヴィオレット・アフリケン)で、セントポーリアなら Saintpauliaと書くようです。

育て方は、あちこちのサイトにあるので、私が何か書き足すことのほどはないですが、私の家のアフリカン・バイオレットは、乾燥している状態が大好きです。「空気は湿っていたほうが良い」と書いてある園芸本があったのですが、そんなことすら気にせず、放っておいても元気で、花が咲きました。この植物が枯れる第一の原因は、水のやりすぎによる根ぐされだと聞いたことがありますが、そのくらい、この植物は水が多少足りなくても元気です。

日当たりについては、私は、直射日光の当たらない、比較的良いところにおいています。以前、直射日光のあたる場所に置いたら、葉が痛みました。私は、アフリカン・バイオレットを外に出さず、室温がだいたい19度くらいから25度くらいの間の場所においているせいか、年中花が咲きます。

ただ、鉢は小さめのモノのほうがいいようです。私は、鉢がなくて、大き目の鉢に植え替えてしまいましたが、最初の数ヶ月は花のつきが悪かったです。その後、アフリカン・バイオレット用の肥料を与えたら、直ぐに花はつきましたが。

一枚目の写真の左上に少し見えるのが、サンスベリア、右端に少しだけ葉が見えるのが蚊よけのゼラニウムです。サンスベリアについてはもう写真を載せたのですが、蚊よけのゼラニウムについても、そのうち(10月中旬くらいには)写真を載せたいと思います。大きな雑草に見えると思いますが…

5_2

6_2

1_022

« 紅葉・黄葉の写真 | トップページ | 胡蝶蘭(白)の写真 »

ガーデニング・室内植物」カテゴリの記事

コメント

可愛いくて、存在感のある花ですね
花がら摘みは、頻繁にするんでしょうか?
紫の花も、ピンクの花も、白が入っていて綺麗ですね~

イルカねこさん
褒めていただきありがとうございます。アフリカン・バイオレットたちも喜ぶと思います。

はい、花がら摘みは頻繁にします。そうすると、花つきがよくなるそうです。また、私の家の場合ですが、花がら摘みをすると枯れた花びらが落ちて葉にくっつくのが防げると思います。
確かに、かわいくて、存在感があります。形がいつも整っているので、剪定などする必要がないので楽です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アフリカン・バイオレット(セントポーリア)(ピンク):

« 紅葉・黄葉の写真 | トップページ | 胡蝶蘭(白)の写真 »