2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« わかる人にはわかる怖い話 | トップページ | Lathyrus latifoliusを植えました。 »

2010年9月11日 (土)

怒りを感じた話

結構前の話です。近所にでいさん(仮名)という知り合いが住んでいるのですが、そのお宅のネコさんは、いつも紐に繋がれて、でいさんの家の前で日向ぼっこしていました。ある日、夫と二人で、ネコさんが日向ぼっこしているそのお宅の前を通り過ぎたところ、妙な気配がしました。私が見たのは、小さな女の子(幼稚園生くらい?)がそのネコさんを頭の上に両手で持ち上げる瞬間だけでした。夫は、その直後、その女の子がそのネコさんを地面に叩きつけるようにしたのを見ました。

私たちは引き返して、その女の子のほうへ行きました。すると家から、でいさんも出てきました。でいさんは家のなかにいて一部始終を見ていました。

ネコさんは茂みに隠れていたのですが、でいさんがドアを開けたので中に入りました。

大人三人に囲まれて、女の子は黙っていました。「もうやってはだめだよ」といったことをでいさんが言い、女の子は隣の家のほうへ行きました。どうやらお隣のお宅の女の子かお隣に来ているお客さんのお子さんだったようです…女の子は平気な様子で、遊び始めました。信じられません…

私は多分女の子は同じことを繰り返すと思います。でいさんもそう言っていました。隣だから強いことが言えない、とも言っていました。

子どものなかには後悔して、より良くなる子どもがいます。親が、社会・学校がきちんとしつける子どもがいます。しかし、私の住んでいる地域には、子どもがよくなる・よくなれるような雰囲気がありません。親は若くして結婚していることが多く、親の識字率や学歴が低い場合が多いです。そのような環境で、多くの親は教育を子どもに勧めません。子どもには学習よりも肉体労働で日銭を稼ぐほうを勧めるようです。子どもを育てるときも、子どものことを考えてモノを与えるというよりも、周囲に見せびらかすために子どもにモノを与えるようなところがあります。学校は子どもに学校に来させることに熱心でそれ以上のことはまだまだです。進学率などは低くて当然の場所です。行儀も悪いし、服装にかなり問題がある子どもが多いです。

そういう地域なので、子どもをよりよく育てるという発想があまり無く、子どもを注意できません。子どもを注意したら、子どもに恨まれるのみならず、その親に逆恨みされてしまいます。子どものしたことは、どんなことでも、条件無しに許すか、お金で解決するくらいしかないのです…

その後、その女の子が道で遊んでいるのをよく見るのですが、ネコさんは家で過ごす事が多くなったようです。それが良い解決法だと思いました。

« わかる人にはわかる怖い話 | トップページ | Lathyrus latifoliusを植えました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

sun地域性がつかめないので。。
難しいですね。。やはり。。直接。
注意したり。。できる。環境が
できていないと。。難しいでしょうね。
長年つちかって来た。地域性は。。
そう簡単には。。ねぇ。。。catface
バリの人は。。にこやかで。。やさしそう。
なのですが。。実は妬みが凄く。。
親戚同士でも。。呪いをかけたり。
今でもするみたいです。。
踏み込めない何かがありますね。。JAZZ

ぶつけようのない気持ちになりますね。
なんだか残念です。
人や動物など、生き物を大切にするという考え方は、学校へ行かなくても教えてあげれることなのに・・・

そこはしっかり 叱るべきだと思います。
お隣のお子さんだからこそ 叱るべきだったとおもいました。
えらそうに・・・スミマセンcoldsweats01

jazzmaineさん
こんにちは。happy01
「地域性」「踏み込めない何かがある」…確かにその通りだと思いますthink。視野の狭い共同体は難しいですね…そこにどっぷりつかってしまえば楽なのだと思いますが。bearing

kAoLIさん
こんにちは。happy01
kAoLIさんの言うとおりだと思います。生き物を大切にするなんてことは、日々の小さな思いの積み重ねで理解し、納得し、実行に移せる事ですよね…
本当に、私も残念に思います…

みぃこのおっちゃんさん
こんにちは。happy01
私も本心はみぃこのおっちゃんさんと同じです。実家の近くなら「こらこら!だめでしょう!」poutとか「何をやっているの!!!」thunderとか「うちのネコを何だと思っているの!」とか、かなり強い語気で子どもは叱られると思います…そして、子どもは自分の親にそのことを話して、親が飼い主のところに謝りに来ると思います…みぃこのおっちゃんさんの感覚が普通だと思います。
結局のところ、大人が子どもを甘やかしているのですよね。そう考えてみると、叱ってもらえないなんて、女の子は少しかわいそうですね…

怖い。。そう思いました。。
子供とはいえ。。無抵抗な動物に、そんな事をしてしまう。。

”周囲に見せびらかすために物を”あ・・あります私の周りにも。
なんていうか、簡単に物を与えすぎる親さんなんですよ・・
そんなに簡単に”欲しい”からって与えていいのかな?って思うんだけど・・

難しい・・人の子に注意するのは難しいですよね。

真雪さん
おはようございます。
私も怖いと思います。自宅の庭に若木を植えたのですが、いつ近所の子どもに倒されるだろうかとひやひやしています。
とはいえ、何かあったとしても、…本当に難しいですね。
実は、私の周囲にもいます。直ぐに与える親…この前、成長期の子どもにキャラクターロゴ入りのTシャツや半ズボン、アクセサリー類などを「大量に」買い与えていました。「子どもがほしがるから」と言っているのですが…私の観察からいえば、子どもは親に構ってほしいだけのような。親御さんには言えませんけれど…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384934/36631205

この記事へのトラックバック一覧です: 怒りを感じた話:

« わかる人にはわかる怖い話 | トップページ | Lathyrus latifoliusを植えました。 »