2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« Arabis caulasia ‘snow cap’を植えました。 | トップページ | シラー・シビリカ(アルバ) 昨秋・今春の反省  »

2010年9月12日 (日)

野鳥を観察するタイプとは?アメリカの場合

以下が参考にしたサイトです

U.S. Fish & Wildlife Service http://library.fws.gouv/Pubs/birding_natsurvey06.pdf

アメリカ合衆国で、野鳥を観察するタイプ(アマチュア)は、2006年の調査によると、以下の通りだそうです。

性別は女性

年齢は50歳以上

人種的には白人

良い教育を受けている

収入は多いほう

庭に来る鳥を観察する事が多い

なんとなく、納得です。日本ではどうなんでしょう?こういう調査ってあるのかしら・・・

« Arabis caulasia ‘snow cap’を植えました。 | トップページ | シラー・シビリカ(アルバ) 昨秋・今春の反省  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

chickchickどうだろう?
ヒワっちが。。やってみたらpencilmemo
今まで。。興味がなかったけど。。ブログ巡りするうちに。。
なんか。。スキかも。私。。決してきらいでは無いかも
JAZZっちpenguin//

野生の鳥を観察するような人は
時間とお金に余裕がある人ってことなのかしらsweat01
日本では…どうなんでしょうね?(・・;)
日本では山ガールなんて言って登山する
女性が増えてますが、軽装で富士山登るような人たち
なので、野鳥とか野草とかに興味がなさそうな気がします…。

jazzmaineさん
こんばんは。ヽ(´▽`)/
後ろ盾がないので~…かなり難しいような気がします。しかも、このブログはあまり鳥に関係していないですし。(残念ですが。)(´~`)
ネコ好きの人は、ネコの好きなものに興味があると思うので、鳥が嫌いになれないと思います。wink

のルルさん
こんばんは。ヽ(´▽`)/
(第一次)ベビーブーマーのなかで、あるていど成功した人たちなのだろう、と想像しています。
日本の山ガールは、最初の頃はワンゲル(ワンダーフォーゲル)の女の子たちかと思ったのですが、違うみたいですね…(^^;)

いろんな事を調べるところがあるんですねぇ
日本では、どうなのかな?
都会に住んでる人が自然に憧れて…
なんとなくそんなイメージがあるけど、
野鳥観察公園なんてのもかなりあるみたいだし、
意外と若い人もいるのかも。

野鳥観察を始めて5年近くになりますが、家から30分以内の
フィールドで100種類以上の野鳥をカメラに収めました(o^-^o)
始めたきっかけは近くの川で綺麗な翡翠をみて撮りたい・・・
単純な動機です。

http://13.pro.tok2.com/~qtaro/
よかったら覗いて見て下さい(o^-^o)

みぃとぉちゃんさん
こんばんは。ヽ(´▽`)/
本当に、いろいろなことを調べるところがあります…(^^)
日本だと、若い人の割合がもう少し多そうな気が、私も、します。目立つからかもしれませんが…

アメリカ合衆国の場合ですが、数で言うと、大都会に鳥を観察する人が多いそうですが、人口にたいする割合で言うと、小さな町や田舎での割合のほうが高いそうです。(大都会の人口に占める鳥類観察者の割合は17%で、小さな町・田舎での割合は27%だとか。)経済効果は、鳥観察旅行をすることで、約120億ドル、鳥類観察のための器具などの購入で、約240億ドルほどあるそうです(結構な額なので驚きです…)。

Q太郎さん
こんばんは。ヽ(´▽`)/
アドレス、お気に入りに登録しました。これからゆっくり拝見させていただきますね。(^^)
翡翠…お気持ちわかります。私の(ここでの)場合は、オウゴンヒワでしょうか…実家の近くにたくさんホオジロと鶯がいたので、それが本当のきっかけかもしれません。
家から30分以内の場所で、100種以上の鳥を観察…すごいです!たくさん鳥がいますね。地域がら、渡り鳥も多いのでしょうね。

私の家の近所にそれくらいたくさんの種類の鳥が来たら楽しいのに、と思います。今は、オオクロムクドリモドキが朝に来て、昼はホオジロの仲間の鳥たちが来ます。湖に行くと大きな鳥もいるのですが、私のデジカメではとても記録できません…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384934/36690257

この記事へのトラックバック一覧です: 野鳥を観察するタイプとは?アメリカの場合:

« Arabis caulasia ‘snow cap’を植えました。 | トップページ | シラー・シビリカ(アルバ) 昨秋・今春の反省  »