2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 絵画を入れる額(がく)について 自分のための覚書 | トップページ | ナタリー・シマー(シマール) Nathalie Simard さん 歌手 ケベック »

2010年8月 1日 (日)

ルネ・シマー(シマール) René Simard さん 歌手・司会者など ケベック

日本でよく知られている人なので、検索していただければ、たくさん資料が見つかります。

だから、取り上げる必要はないと思っていたのですが、とりあえず、日本関連で、ケベックというとこの人のようなので…

この方が何年か前に、ラジオ・カナダの「Tout le monde en parle」(直訳すれば「みんなが話題にしている」ですが、話題の人を呼んで語ってもらう番組です。RBOのギ・A ・ルパージュ Guy A. Lepage が司会で、道化役がダニー・トゥルコット(ツルコット)Dany Turcotteです。フランスにあった番組のコンセプトを借りてラジオ・カナダが制作しているようです。)に出たときも、登場するときの曲が日本の曲でした。

この方のラジオ・カナダでの番組は終了している(L’heure de gloire)のですが、その最終回で歌を歌ったのですが、とても上手かったです。家族の皆さんも会場に駆けつけていました。ルネ・シマーさんのお子さんには聴覚障害があるのですが、それを初めて明かしたのが、日本のテレビ番組でした。たぶん、「あの人は今」系の番組だったと思うのですが、ケベックの人たちは、日本のテレビ番組(の内容)を通じて、ルネ・シマーのお子さんについて知る事になったようです。

生まれた年は、1961年で、生まれた場所はケベックのサゲネ(Saguenayのシクチミ(Chicoutimi)ということですが、育ったのはケベック市近くのオルレアン島(L’Île d’Orléans)だと思います。家はあまり裕福ではなかった事はよく知られています。多くの人がルネ・シマーはイル・ドルレアン(オルレアン島)出身だと思っているようです。

妹のナタリー・シマーも歌手などをしていますが、「キャンディ・キャンディ」の主題歌(「そばかす、なんて♪」みたいな歌いだしの有名な曲のフランス語版)を歌っていました。

ルネ・シマーもナタリー・シマーも、プロデューサーのギ・クルチエ(Guy Cloutier)に見出され、子どもスターになったようですが、ナタリー・シマーとギ・クルチエについては、また別の記事で書きます。

ナタリー・シマーの半生について書かれた本(題名Briser le silence, biographieで、 Michel Vastelという人が著者で、出版は2005年のはずです)で、ナタリー・シマーがギ・クルチエに性的虐待を受けていたときに、ルネ・シマーがそれを公にしないようにナタリーに言ったとか、いろいろありましたが、ルネ・シマーはこれを否定しています。

1996年7月にサゲネで大洪水があった後には、ナタリーとレジスとルネの三人で「Mon village」を歌っているようです。

ルネ・シマーは1970年代のスターですが、いまでもいろいろ活動しているようです。フランス語がわかる方でしたら、多分いろいろな情報が簡単に入手できると思います。

以下に参考にしたサイトの一部を載せます。

参考サイト

http://fr.wikipedia.org/wiki/Ren%C3%A9_Simard

http://www.qim.com/artistes/biographie.asp?artistid=239

http://www.radio-canada.ca/nouvelles/societe/2005/11/17/003-Simard-Rene-Vastel.shtml

« 絵画を入れる額(がく)について 自分のための覚書 | トップページ | ナタリー・シマー(シマール) Nathalie Simard さん 歌手 ケベック »

フランス語圏」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

私は36年来のルネ・シマール・ファンが高じて、ファン・ブログを管理しています
shimazaki runeと申します。

きいろひわさんはカナダにお住まいなのですか?
私は旅行で2度ほど行ったことがあるだけなりで、
まだ少ししか読ませていただいていないのですが、
特にカナダの仏語圏であるケベックについての情報は興味深いです。

当ブログはルネとカナダ中心の内容なのでとてもマニアックですが、
もしよろしければいらしてください。
きいろひわさんのカナダ情報を楽しみにしています。

shimazaki runeさん、こんにちは。はじめまして。コメントをどうもありがとうございます。
shimazaki runeさんのサイトにはお邪魔した事が既に何度かあります。また、これからもお邪魔すると思います。
(shimazaki runeさんのサイトについては、実は、ケベック出身の方から教えてもらいました。ケベックでも知っている人はshimazaki runeさんのサイトを知っているようです。)
私自身はケベックのことはあまり詳しくないのですが、フランス語と英語に興味があるので、興味からいろいろ書いています。インターネットを通じて情報を集めたり、、フランス語と英語への興味からできた知り合いから情報が入ったり、といった具合です。

今は、フランス語圏のなかでもケベックが多く扱われていますが、そのうち、アフリカのフランス語圏やハイチなどについても書いてみたいです。

コメントのお返事ありがとうございます。
当ブログはカナダのファン・サイトにリンクして
いただいておりまして、
ブログで紹介している私のコレクション画像も
ファン・サイトで公開されていますので、
カナダのルネ・ファンの方の中には、それをご覧になったことが
ある方もいらっしゃるでしょう。カナダのファンの方たちに、
日本でのルネの活動を知っていただけたら嬉しいと
思っていたのですが、むしろカナダでの方が、
日本での活動の様子を細かく記事にしていたようです。
でも、日本の記事の方が印刷がきれいなので
喜んでいただいています。

また、ルネの2人の子どもたちが聴覚障害を持っていることを
公にするきっかけが日本のTV番組だったというのは
知らなかったので、とても参考になりました。
時々寄らせていただきますので今後ともよろしくお願いいたします。

追加情報をありがとうございます。
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
shimazaki runeさんのサイト(ミドリ色の屋根は永遠に~René Simard に首ったけ~)がこれからもますます盛んになりますように。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 絵画を入れる額(がく)について 自分のための覚書 | トップページ | ナタリー・シマー(シマール) Nathalie Simard さん 歌手 ケベック »