2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 15分程度の運動で喫煙したい衝動が抑えられる?! | トップページ | ブログを始めて2ヶ月が経ちました。 »

2010年8月28日 (土)

ブライダルベール(ブライダルヴェール) 自分のための覚書

ブライダルベールは、主に室内で育てられる観葉植物です。学名はGibasis pellucida、英語名はTahitian bridal veilで、フランス語名は、Le voile de la mariéeです。英語名の「タヒチのブライダル・ベール」というのはなかなか面白い名だな、と思います。

育てるのがとても簡単で、初心者に向いているといわれるようです。日本では昭和50年代に広まったとあるので、今から30年位前からポピュラーなようです。

ブライダルベールは根の成長が早いらしく、今年の春に鉢を替えたのですが、昨日また鉢を一回り大きなものに変えました。植え替えのたびに切れて落ちる枝を挿して増やしたので、最初は小さな一鉢だったのが、今では四鉢ほどに増えました。

ということで、情報です。

参考にしたサイトは以下の通りです。詳しく載っています。

http://www9.plala.or.jp/mosimosi/green/others/braidalbale.htm

http://www.engeinavi.jp/db/view/link/1348.html

http://www.yasashi.info/hu_00026.htm

ブライダルベールは、ツユクサ科ギバシス属だそうです。原産地は熱帯アメリカ、メキシコなどとなっています。非耐寒性とありますが、気温が5度前後でも大丈夫だそうです。私は、関東地方の温暖な所で、室内に入れないで冬越しさせているのを見たことがあります。常緑匍匐性多年草とのことですが、匍匐させるというより、鉢を吊り下げるなどして、枝がぶら下がってゆらゆらしているのを見ることが多いです。

葉は小さく、葉の表は濃緑、裏は紫色です。

枝は枝分かれしています。少し触ると切れる事が多いです(私が乱暴だから???)。その切れた枝を使って、挿し木で増やすことができます。

花は白で、直径一センチもないほど小さいですが、葉の色が濃緑なので、とても目立つと思います。花は昼に開き、夜は閉じます。(でも、私が見るときは夜でも開いているような気がするのですが…照明のせいでしょうか。)日が当たらないと花が咲かないようです。

育てる場所は、明るい場所が良いのですが、直射日光が強く当たる場所はあまり好まないようです。薄暗いところでも大丈夫のような気がしますが、花が咲きません。

水は遣ったほうが良いですが、水はけがよくないとまずいと思います。育つ時期(春夏と初秋くらい)は規則正しく(三日に一回くらい)やって、他の時期は様子を見て、土が乾いてから与えると良いかな、と思います。水をやらないとクタッとなるので、できれば、毎日様子は見たほうがいいかな、と思います。

冬などに地上部が枯れても、暖かくなると再び芽が出るので、心配しなくても良いと思います。

植え替えは、葉が水遣りなどで問題がないにもかかわらず様子がおかしくなった場合など、根詰まりを起こしている事が多いので、行います。一、二年に一度と書いてあるものもありますが、私は一年に二回行った事もあります。鉢の大きさが小さすぎたのかもしれませんが…

植え替えの土は普通の観葉植物用の土でOKです。(庭の土でも大丈夫でした…(^^;))

葉水(葉に霧吹きなどで水を噴霧すること)を好みます。

肥料は、意識的にあたえなくてもOKです。私は、たまに(一年に一、二度)、液体肥料を与えます。

挿し木については、「ヤサシイエンゲイ」に詳しく載っていますが…枝を切って、それをまとめて(まとめなくてもいいですけれど)、土に穴をあけたところに入れて、その穴を埋めて、水をやり、それからは毎日葉水を欠かさず、土が乾かないよう水遣りを忘れないようにしておくと、だいたい根付きます。根付いた頃(2週間前後たったころ、葉がぴんとしてくるのでわかります)に、液体肥料をやることが多いです。挿し木で増やすときには、葉の数や茎の長さなどは、私は気にせず、増やしています。考えのないこのような挿し木の方法でも増えているので、強い植物だと思います。

« 15分程度の運動で喫煙したい衝動が抑えられる?! | トップページ | ブログを始めて2ヶ月が経ちました。 »

ガーデニング・室内植物」カテゴリの記事

コメント

きいろひわさん、おはようございます!
「ブライダルベール」・・・その名の通り、ブライダルの時期、つまりは、6月になると入荷は多くなるし、注文も増えます
一年通して入手可能な植物ですかね!
この前、お客さんが温室を持っているので見に行ったのですが、温室の中には、バナナやミカン、パッションフルーツ、マンゴーなどが植えられていて、実も生っていました趣味で胡蝶蘭も育てて、見事に花が咲いていましたよで、ブライダルベールもあったのですが、見てびっくりじゅうたんの様に地面を覆っていたのです吊り鉢のイメージしかなかったので、ある意味感動しました

こっしーさん
おはようございます!ヽ(´▽`)/
ブライダルベールのじゅうたんですか!すごいですね。イメージが湧きます。綺麗でしょうね。
温室を持っているお客さん、ちょっとだけうらやましいです…私の夢(というか一応計画)の一つに温室を持つというのがあるので…温室の中に、様々な植物…夢のような世界ですね。温室なら蘭も育てやすそうですね。
温室が出来たら、地面にブライダルベールのじゅうたん…いいかもしれません(*^-^)

こんばんわ〜ぁ
そうだよね。。ごめんね聞いて。。
ブライダルベール我家の重宝娘さんでもう14,5,年程
屋外で生きとる。。それにね。。ここにもって。。
差しとくと。。ほんといい子です。
このページ気づかなかった。。あべこべ。だけど
ウレシくって。。ここにかいちゃった。。
リクエスト。。植物の光周性について。。
知りたいんだなぁ。。最近。。

jazzmaineさん
ブライダルベールは良い子ですか、こちらもです。
光周性についてですが、たぶん、jazzmaineさんのほうがよく知っているのではないでしょうか(^^;)。ブログの自己紹介でも書いてしまっているのですが、私は何のとりえも無くて、私が知っているのは、インターネット上で手に入るくらいのことでしかないので…それでもよければ、今度、書きますね。

何となく。。webで調べたけど。。ん。難解で。ちみの
分析力に期待して。。掘り下げ気味にヨロシク

jazzmaineさん
早いレスをありがとうございます。(^^)
では、挑戦してみますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブライダルベール(ブライダルヴェール) 自分のための覚書:

« 15分程度の運動で喫煙したい衝動が抑えられる?! | トップページ | ブログを始めて2ヶ月が経ちました。 »